【2018年最新版】インフルエンサーマーケティング支援企業まとめ

握手 依頼 交渉成立

本メディアは2017年初め、インフルエンサーマーケティング専門メディア「インスタラボ」として誕生しました。当時はインフルエンサーマーケティングを活用する事業会社や、それを支援する企業の情報も数少なく、少しでも多くの方にこのマーケティング手法をわかりやすく解説し、お客様に貢献したいという思いで運営を続けてまいりました。

2017年はインフルエンサーマーケティング飛躍の年となりました。流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれたり、三省堂 辞書を編む人が選ぶ今年の新語2017に「インフルエンサー」が選ばれるなど、人々の生活や消費行動の中にインスタグラムやインフルエンサーの影響があることが、証明された2017年であったと考えています。

そして2018年現在、インフルエンサーマーケティングを活用する事業会社が増えるとともに、それを支援する企業も多岐にわたっています。インスタラボを運営する株式会社FindModelもそのうちの一つですが、今回はインフルエンサーマーケティングを支援する企業についてまとめてご紹介したいと思います。

インフルエンサーマーケティングに多くの会社が注目する理由

情報の発信力が、マスメディアから個人に移り始めている

これまで人々の生活や消費行動に大きな影響を与えるのは、テレビやラジオ、雑誌などを中心とした「マスメディア」でした。情報の発信するには沢山の設備や資金が必要であったため、それを実現できるテレビ局や出版社しか情報を発信することが出来ず、また多くの人が、その数少ない情報の発信源を求めていました。

そのためテレビ視聴率や雑誌発行部数は現在と比較すると桁違いに大きく、そのパワーは絶大でした。そのパワーを使って自社の商品やブランドを宣伝することが、効率的に多くの人に情報を伝える最適手段であり、マスプロモーションが全盛を極めました。

しかし21世紀に入り、マスメディアの影響力はどんどん小さくなっていきました。その代わりに影響力が大きくなったのはインターネット。特に、誰でも気軽に発信することができるSNSの影響力が強くなってきています。これまで限られていた「情報を発信する」という権利が個人に移ったことにより、「インスタグラムで●●ちゃんが載せていたコスメ」「YouTubeで●●さんが紹介していたお菓子」という情報が、人々の消費行動において強い影響を持つようになりました。

趣味嗜好は多様化した結果、コミュニティを軸としたターゲット設定が必須になる。

インターネットやSNSの流行により大きく変化したことがもう1つあります。それはマーケティングをコミュニティ単位で考える必要性が生まれたことです。

これまでは、「若い女性」に対して「テレビCM」を使って「モテる口紅」をアピールするマーケティングが通用していました。しかし、現代において人々の価値観は多様化しています。また、誰もが見ているマスメディアは消滅し、インターネットを使って自分の好みにあう情報を取捨選択した上で取り入れるようになりました。そして、自分自身が好む情報の発信源に集まり、その情報を重点的に取り入れる「コミュニティ」がインターネットのあらゆる場所で形成されています。

これが、コミュニティの重要性の高まりです。同じ趣味嗜好の人々が集まったコミュニティに対してマーケティングを行うことは、非常に効率の良いマーケティング手法となりました。

逆に言うと、コミュニティ外の情報を得る機会は格段に減りました。自分自身の好まない情報は、簡単にシャットアウトしてしまいます。そのため、自社のブランドや商品のターゲットとなりうる人はどのコミュニティに所属していて、そのコミュニティで情報を拡散させるための手段はなにかを考える必要があります。

コミュニティのオピニオンリーダーから、コミュニティ全体に情報を伝達させるのが「インフルエンサーマーケティング」

インターネット上のコミュニティの最たる例が、SNS上での「フォロー」「フォロワー」という関係によって現れています。

自分の趣味趣向にあう情報を発信する人を「フォロー」するという行為は誰もが行っている一般的な行為ですが、その結果沢山の「フォロワー」を抱える人が誕生します。そのフォロワー達は、同じ趣味思考を持った「コミュニティ」の一員であると言え、また多くの「フォロワー」を抱える人は、そのコミュニティのリーダーとなります。

このリーダーのことを、「インフルエンサー」と呼びますが、「インフルエンサー」は多くの人が所属するコミュニティのリーダーであり、そのコミュニティメンバーに対して強い影響力を持っています。このリーダーを介して自社の商品やブランドの魅力を伝えることは、非常に有力なマーケティング手段となりました。これがインフルエンサーマーケティングに多くの会社が注目している最たる理由です。

インフルエンサーマーケティングの特徴

 

インフルエンサーマーケティング支援企業のサービス紹介

これからはインフルエンサーマーケティングを支援する企業のサービス紹介を行います。

ここに掲載している企業が全てではありませんが、インフルエンサーマーケティング専門メディアのインスタラボが調査できた範囲内において掲載しています。

今回は、インフルエンサーマーケティングの専門家がプランニングやディレクションを行う「総合ディレクション型」、クライアントがプラットフォームを利用して自分たちでインフルエンサーの選定や交渉を行う「プラットフォーム型」、特定のマイクロインフルエンサーを活用する「マイクロインフルエンサー特化型」の3つに、支援企業をカテゴリ分けしてそれぞれ紹介しています。

総合ディレクション型インフルエンサーマーケティング支援企業

総合ディレクション型とは、現在の日本のインフルエンサーマーケティング支援企業において、最もスタンダードとなるカタチです。専門のコンサルタントやプランナーが、クライアントの課題や与件をヒアリングした上で、最適なインフルエンサーマーケティング施策を提案するカタチです。インフルエンサーマーケティングの専門家が提案を行うため、最適なカタチのマーケティングプランを実行できることが最大の魅力となります。

Find Model / 株式会社Find Model

FindModelのインフルエンサーマーケティング紹介ページ

Find Modelは株式会社Find Modelが運営するインフルエンサーマーケティング支援サービスです。

本メディア「インスタラボ」も運営を行っているため、目まぐるしく変わるトレンドや業界ノウハウを常にキャッチし続けたディレクションが特徴です。

大手ナショナルクライアントを中心に1000件以上のインフルエンサーマーケティング支援実績を誇っています。具体的な事例の公開を積極的に行っていることも特徴の一つで、主な事例は次のとおりです。

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:1000件以上のプロジェクト支援

<<このような人におすすめです!!>>

業界先端ノウハウを詰め込んだ効果的な施策を実施したい企業。柔軟かつ細やかなディレクションを求める企業。

Find Model

3MINUTES / 株式会社3ミニッツ

本業はファッション動画マガジンMINEですが、一部、株式会社3ミニッツもインフルエンサーマーケティング支援を行っているようです。

3MINUTESは自社で動画マガジンを運営していることもあり、オリジナル動画コンテンツの企画・制作に強みを持つ企業です。動画を活用したインフルエンサーマーケティングや、投稿素材の二次利用を行う動画の制作を検討中の方は、一括で相談に乗ってくれる良きパートナーとなるでしょう。また、MINEへの出稿を前提としている方にもおすすめとなります。

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:不明
実績数:500件以上

<<このような人におすすめです!!>>

特に動画を中心としたマーケティングを展開したいと考えている企業。MINEへの出稿を検討している企業。

3MINUTES

Adgenic / THE COO株式会社 × 株式会社クリエイターズマッチ

AdgenicはTHE COO株式会社と株式会社クリエイターズマッチが共同運営するインフルエンサーマーケティング支援サービスです。

インフルエンサーがSNSに写真を投稿するだけでなく、投稿写真をインターネット広告バナー用に加工するサービスが含まれていることが特徴です。インフルエンサーの写真の二次利用については各会社オプションとなっている場合が多いですが、このサービスは元から含まれたパッケージになっているようです。

インフルエンサーの投稿写真をランディングページで二次活用することにより売上を向上させた事例についてはインスタラボのこちらの記事も合わせてご覧ください。

リラックスする女性
Instagramで多くのフォロワーを抱え、ユーザーから圧倒的な支持を集める「インスタグラマー」を活用し自社の製品の宣伝を行う企業が増えてきました。実際に多くの方が「インスタグラマー」が商品を自分自身のインスタグラムのタイムラインに商品を掲載する様子を見たことがあるのではないでし...
(続きを読む)

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

インフルエンサーのキャスティングから、バナークリエイティブの制作まで一貫して任せたい企業

Adgenic

INFLUENCER CLOUD / 株式会社EMOLVA

INFLUENCER CLOUD は株式会社EMOLVAが運営するキャスティングサービスです。

最低出稿金額2万円と明示しており予算の少ない企業でも発注が可能なキャスティングサービスとなっています。

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

予算がない中でインフルエンサーキャスティングの流れを体感してみたい企業

INFLUENCER CLOUD

Lollypop / 株式会社Candee

Lollypopは株式会社Candeeが提供するインフルエンサーマーケティングサービスです。

運営元のCandeeはインフルエンサーが配信するライブ配信ECアプリ「Live Shop!」を運営や、ライブ配信を活用したマーケティング支援も行っている企業です。インスタグラムやTwitterでもライブ配信が盛り上がる中、その点において強みのあるプレイヤーであると言えます。

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

20代をターゲットとしたインフルエンサーマーケティングを行いたい企業。

Lollypop

SWIM / サムライト株式会社

SWIMはサムライト株式会社が提供するインフルエンサーマーケティングサービスです。

ほとんどのインフルエンサーマーケティングの場合、クリエイティブの制作もインフルエンサーに任せることが多いですが、SWIMの場合同社が投稿用の動画をインフルエンサーに合わせて制作するようです。また、エンゲージメント課金(いいね数やコメント数に応じた課金形態)をとっているようです。

エンゲージメント課金は、フォロワー数というストックではなく、アクティブな成果に対してフィーを支払うことができる形態のため、対応するインフルエンサーマーケティング支援企業が増えていると感じています。(Find Modelもエンゲージメント課金での契約を結ぶ数が増えてきました)

支援形式:ディレクション型(投稿クリエイティブの制作も行う)
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

エンゲージメント課金型の契約を行いたい企業。高品質な投稿動画のクリエイティブを企業が行うほうが、安心できるという企業

SWIM

タグピク・インフルエンサーネットワーク / タグピク株式会社

タグピク・インフルエンサーネットワークはタグピク株式会社が運営するインフルエンサーマーケティングネットワークです。

アジア圏のインフルエンサーマーケティング企業との連携をしているため、アジア全域に沢山のインフルエンサーをネットワークしていることが最大の特徴となります。

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本、台湾、韓国、タイ、香港、中国など
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

アジア圏をターゲットとした大規模なインフルエンサーマーケティングを展開したい企業。

tagpic

Winsta / 株式会社クロスリング

Winstaは株式会社クロスリングが提供するインフルエンサーマーケティングサービスです。

日本だけでなく、タイや韓国などアジア圏のインフルエンサーが存在していることが大きな特徴の一つです。また、インフルエンサーDMP「SPRAY®」シリーズを広告代理店向けに提供しており、詳細なレポート等が期待できそうです。

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本、タイ、韓国など
実績数:1800件(年間投稿数)

<<このような人におすすめです!!>>

日本国内だけでなく、アジア圏にもプロモーションを展開したい企業、手厚いレポーティングが必要な企業

Winsta

プラットフォーム型インフルエンサーマーケティング支援企業

プラットフォーム型とは、クライアント自らがプラットフォームに登録しているインフルエンサーを選定し、プロモーション強力の依頼やギャラ恋鵜匠、ディレクションを行う形となります。自社にインフルエンサーマーケティングに対して深い知見のある担当者がいる場合、コストを抑えることができるのが一番の魅力と言えるでしょう。

CLOUD CASTING / BIJIN&Co.株式会社

CLOUD CASTINGはBIJIN&Co.株式会社が運営するキャスティングサービスです。

各社がSNSへの投稿に強みを持つインフルエンサーのキャスティングに強みを持つ一方、本サービスではECサイトの試着モデルや動画の吹き替え声優など、幅広いジャンルのキャスティングが可能な点がユニークポイントとなっています。強い広告効果を持つインフルエンサーは、一般的なモデルと比較してキャスティング費用が割高になる傾向があり、もしもSNSでの影響力を重視しない場合は、本サービスを利用することでコストを大幅に削減することが可能かもしれません。

支援形式:プラットフォーム型
プロモーション対象国:日本のみ
実績:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

ECサイトやカタログ等のモデルのキャスティング、その他動画の吹き替え声優など特殊技能を持つ人のキャスティング

CLOUD CASTING

expaus / 株式会社Lxgic

expausは株式会社Lxgicが運営するキャスティングサービスです。

30カ国2,500人のインフルエンサーが所属する、グローバルなインフルエンサーネットワークを構築していることが特徴です。プラットフォーム型を採用しており、担当者が直接インフルエンサーと交渉・ディレクションを行うことでプロジェクトが進行します。また、プラットフォーム利用料を月額制でとっていることは大きな特徴の一つといえます。

支援形式:プラットフォーム型
プロモーション対象国:30カ国
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

グローバルにインフルエンサーマーケティングを展開したい企業。月額利用料を支払ってもコストメリットが出るほど、大きな金額での発注を複数回実施予定の企業

expaus

マイクロインフルエンサー特化型支援企業

マイクロインフルエンサー特化型とは、SNSで何万、何十万というフォロワーによる強い影響力を持たないが、特定のコミュニティにおいて一定の影響力を持つインフルエンサーを活用する企業のことです。規模を求めることが出来ないものの、小さなコミュニティだからこそ、高いエンゲージメントが期待できることが最大の魅力となります。

Influencer Management / アライドアーキテクツ株式会社

Influencer Managementはアライドアーキテクツ株式会社が運営するインフルエンサーマーケティング支援サービスです。

多くのインフルエンサーマーケティング支援企業が、何万、何十万というフォロワーの抱えるインフルエンサーを活用することで、高い広告効果を提供しているのに対して、同社のサービスは、プロモーションの対象となる商品やブランドのファンであるマイクロインフルエンサーを活用することが特徴的です。同社が運営する400万人が所属する同社が運営するモニタープラットフォーム「モニプラ」の会員から、プロモーション対象となる商品やブランドのファンを選び出しすことが特徴的です

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

認知の量は求めず、コアなファンをマイクロインフルエンサーとして活用し認知の「質」を重視する企業

Influencer Management

lesolam / 株式会社レゾラム

lesolamは株式会社レゾラムが提供するインフルエンサーキャスティングサービスです。

HPに掲載しているフォロワーを見る限り「インフルエンサー10人でフォロワー数10万人以上」というようなプランが多いため、インフルエンサー1人あたりフォロワー数1万人程度のマイクロインフルエンサーのキャスティングが主力であると考えられます。20代のインフルエンサーに特化しているそうです。

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

20代をターゲットとしたインフルエンサーマーケティングを行いたい企業。

lesoram

P-conne / テテマーチ株式会社

P-conneはテテマーチ株式会社が提供するインフルエンサーマーケティングサービスです。

現役大学生をネットワークしていることが大きな特徴で、マイクロインフルエンサー特化型のサービスとなります。大学生は一般的な社会人と比較して「大学」というコミュニティの依存度が高いため、そのコミュニティに対してインフルエンサーマーケティングを仕掛けることを目的としています。大学生をターゲットとする商材やブランドであれば、高い効果が期待できるでしょう

支援形式:ディレクション型
プロモーション対象国:日本のみ
実績数:非公開

<<このような人におすすめです!!>>

大学生をターゲットにしたブランドや商品をプロモーションしたい企業

P-conne

マーケティングの目的や求めるサービスによって適切な選定が必要

インフルエンサーマーケティングがトレンドのマーケティング手法となった現在、多くの支援企業が存在しています。それぞれの特徴を理解して、適切なパートナーを見つけることが、インフルエンサーマーケティング成功の第一歩といえるでしょう。

「インフルエンサーマーケティング」何から取り組めば良い?
とお悩みの企業担当者の方へ

インフルエンサーマーケティングで確実な成果を出すためには、緻密な戦略が必要不可欠です。

やるべきことが分からず、なんとなくSNSフォロワーの多い人に商品を無料で提供してみても、狙い通りの認知拡大や売上増加の実感を得ることは出来ません。

確実な成果を上げ、最短経路を歩みたいのであれば、実績や経験の豊富なインフルエンサーマーケティングの専門家へ相談しましょう。

インフルエンサーマーケティング専門企業 Find Model は、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は700件以上
所属するインフルエンサーのインスタグラムやブログ、Twitterの総フォロワー数は3000万人以上
デジタルマーケティングのスペシャリストがKPI設計や効果検証までしっかり対応

相談から実施まで、最短3週間で始めることができます。

ぜひこの機会にインフルエンサーマーケティングの実施を検討していきましょう。

まずは無料で相談をしてみる

 
この記事に関連するキーワード