SNSを活用したマーケティング施策として現在最も注目を集めていると言っても過言ではない「インフルエンサー」ですが、その意味を正確に知っていますか?インフルエンサーの意味をなんとなく理解していても、インスタグラマーとの違いやなぜインフルエンサーが注目されているのかを詳しく理解できている人は多くないかもしれません。

この記事では、「インフルエンサー」の定義や意味から、「インフルエンサー」が注目される理由、チェックすべき「インフルエンサー」をSNS別に紹介していきます。

用語解説:インフルエンサー

youtube-influencer

インフルエンサー(influencer)とは、影響や感化、効果作用を表す「Influence」を語源とし、他者の購買行動に強い影響力を及ぼす人のことを指す言葉です。特に、SNSを中心とするCGM(Consumer Generated Media・消費者発信メディア)が情報伝達の中心となっている現代において、多くのフォロワーを持つオピニオンリーダーのことを指す場合も多いです。

一般的にはテレビや雑誌に出演する芸能人、スポーツ選手といった、いわゆる「有名人」がインフルエンサーでしたが、インターネットやブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といったソーシャルメディアが普及してからは、インターネット上で消費者の購買意思決定に大きな影響を与える人物を指す場合に使用するケースが多くなりました。

具体的には、ブログ上で、日記やコンテンツを配信し、多くのPV(ページビュー)を獲得する「ブロガー(Blogger)」や、動画共有サービスYouTubeで圧倒的人気を博している「ユーチューバー(YouTuber)」、写真共有サービスのInstagramで大勢のフォロワーがいる「インスタグラマー(Instagrammer)」などが挙げられます。

インフルエンサーの種類と特徴

インフルエンサーの意味と語源

影響や勢力を意味する単語「influence」を語源とするインフルエンサーは、世の中に大きな影響を与える人のことを表します。特に、インターネットのメディアにおいて、消費者の購買意思決定に影響を与える人たちのことを指します。

人気タレントやファッションモデル、スポーツ選手、特定分野の知識を有した専門家や政治家などがインフルエンサーの代表格ですが、それ以外にも特定の層からの圧倒的な支持を得る一般人でもインフルエンサーになり得ます。
デジタル大辞泉(小学館)では、インフルエンサーについて以下のような定義がされています。

《影響、感化、効果の意》他に影響力のある人やもののこと。特に、インターネットの消費者発信型メディア(CGM)において他の消費者に大きな影響を与える人。

インフルエンザの語源と一緒

インフルエンザの語源について、Wikipediaでは次のように説明しています。

「インフルエンザ」の語は16世紀のイタリアで名付けられた。当時は感染症が伝染性の病原体によって起きるという概念が確立しておらず、何らかの原因で汚れた空気(瘴気、ミアズマ)によって発生するという考え方が主流であった。冬季になると毎年のように流行が発生し春を迎える頃になると終息することから当時の占星術師らは天体の運行や寒気などの影響によって発生するものと考え、この流行性感冒の病名を、「影響」を意味するイタリア語influenzaと名付けた。この語が18世紀にイギリスで流行した際に日常的語彙に持ち込まれ、世界的に使用されるようになった。なお、日本語となっている「インフルエンザ」はイタリア語での読みと違い、イタリア語での読みは「インフルエンツァ」である。

このことから、インフルエンザとインフルエンサーの語源は同様であると理解できます。

インフルエンサーとマイクロインフルエンサー

tiktok-girls

インフルエンサーと比較して、影響力は小さいが、特定のコミュニティにおいて一定の影響力を持つ人を「マイクロインフルエンサー」と呼ぶことが有ります。

マイクロインフルエンサーはインフルエンサーよりもエンゲージメント(情報発信に対する情報受信者のリアクションのこと。SNSにおいては「いいね」やコメント、リツイート等をさす)が高いことが特徴で、インフルエンサーを活用したマーケティング手段である「インフルエンサーマーケティング」において効率的なマーケティング手段であると注目を浴びています。

インフルエンサーの舞台となるソーシャルメディア

インフルエンサーが活躍する主な舞台は各ソーシャルメディアです。どのようなメディアにインフルエンサーと呼ばれる人たちが存在するのでしょうか。

  • ブログ(アメブロ、はてなブログ)
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

インフルエンサーが主な媒体として使用しているのが以上の5つです。他のソーシャルメディアにおけるインフルエンサーも存在しますが、大きな媒体として上記5つが主になっています。

プラットフォームの移り変わり

インフルエンサーという人たちが登場したのは、ブログサービスが始まり、ブログブームが起こった頃だと言われています。

当時は「アルファブロガー」「パワーブロガー」と呼ばれる人たちがが数多く登場しました。ブロガー・インフルエンサーとして圧倒的な影響力を与えたのが女優でタレントの紗栄子さんです。ブログで紹介した商品は常に話題となり、1周間で完売してしまうほどでした。

しかし最近では、テキストベースのソーシャルメディアではなく、写真や動画をメインにしたインスタグラムやYouTubeが注目されています。特にインスタグラムは、Facebookの利用者数を超えるほどになっています。

各SNSの代表的なインフルエンサー

各SNSの代表的なインフルエンサーと呼ばれる人たちを紹介していきます。
今回はマイクロインフルエンサーではなく、芸能人を中心に特に影響力の強いインフルエンサーを紹介いたします。

Twitter

有吉弘行

フォロワー数:6,111,821人
お笑い芸人として活躍する有吉弘行さん。芸能活動についてのツイートがほとんどですが、政治やビジネスに対する社会的なツイートも多いのが特徴となります。毒舌キャラとして、身近なニュースにコメントするのが世間から受け入れられているのかもしれません。

きゃりーぱみゅぱみゅ

フォロワー数:4,515,411人
独自の世界観を持つアーティストのきゃりーぱみゅぱみゅ。フォロワー数は有吉弘行さんに続く国内第2位という数字を誇ります。サブカルチャー系の話題を多く発信し、原宿系のファッションを好む女の子に人気となっています。

孫正義

ソフトバンクグループ創業者の孫正義さん。著名なビジネスパーソンとして、ビジネスマンを中心にフォロワー数を集めております。通信関係のニュースに関わらず、ビジネス関わる発言が多くの反響を得ています。

インスタグラム

渡辺直美


フォロワー数:630万人
お笑い芸人として活躍する渡辺直美さんは、国内トップのフォロワー数を誇ります。奇抜なファッションで、トップモデルや女優が真似出来ないような独特の世界観が注目を浴びています。フォロワーは日本に限らず海外にも多くいます。

ローラ

A special cover look for my fansshot by my dear @kevin_amato

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 -


フォロワー数:440万人
日本のトップモデルとして活躍するローラさん。自身のファッションを撮影した投稿が多いのが特徴です。インスタグラムに限らず、ツイッターのフォロワー数も350万という数字を獲得しています。

Kei Yamazaki

CHEESE CRAFT WORKSさんとのコラボレーションで、淀屋橋本店でテイクアウト可能な『フロマージュブラン』を使って朝ごはんを作りました。今回はシンプルなフレンチトーストにたっぷりとのせて、苺とはちみつをプラス。新鮮で出来たてならではのフロマージュブランは生クリームよりもあっさりとしていて、朝ごはんにぴったりでした。 淀屋橋本店の店内で作られるフレッシュチーズは、今回の 『フロマージュブラン』 の他、『リコッタチーズ』『カッテージチーズ』 もテイクアウトできます。詳しくはこちら http://www.cheese-cw.jp/

Kei Yamazakiさん(@keiyamazaki)がシェアした投稿 -


フォロワー数:60万3000人
著名な芸能人やビジネスパーソン以外にもインフルエンサーと呼ばれる人たちはいます。Kei Yamazakiさんはフォロワー数60万3000人を獲得するインフルエンサーです。投稿する内容は色とりどりの食材で作られた朝ごはんの写真が中心となっています。投稿した内容が書籍にもなっています。

 

Instagramを活用したマーケティングは事例から活用法まで幅広く学ぶインスタグラムマーケティングの教科書にて詳しく解説しています。

 

YouTube

はじめしゃちょー


チャンネル登録者数:4,968,631人
「〇〇をやってみた」というおもしろ企画動画で話題のはじめしゃちょー。小中学生などの年齢層の人気が高くなっており、新しいインフルエンサーとして注目されています。はじめしゃちょーもTwitterフォロワー数が国内でもトップとなっております。

Hikaskin


チャンネル登録者数:3,989,900人
商品レビューやゲーム実況で話題を集めるHikaskin。人気モデルやアーティストとのコラボも多く幅広い年齢層に注目されています。

 

YouTubeを活用したマーケティングについてはYouTube動画マーケティング3つの手法の特徴と成功事例、効果を出すポイントなど徹底解説の記事にて詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

インフルエンサーを起用したマーケティングが注目されている

以上のように、インフルエンサーという言葉を用いるときは、ソーシャルメディアやWEBのインターネット上の世界のインフルエンサーを指すようになってきました。

今後、今回紹介したSNS以外にも多くのインフルエンサーが誕生してくるでしょう。企業は、どのSNSを利用して、どのようなインフルエンサーを起用するのかといったことを考えなければいけません。今後、インフルエンサーマーケティングの導入を検討している方は予備知識として参考にしてみてください。

インフルエンサーマーケティングについてより詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください。

 

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、人気インスタグラマーやユーチューバーを起用したキャンペーン拡散やブランディング、企業アカウント運用などSNSマーケティング施策でお力添えできますので、お気軽にご相談ください。

1,500件以上の実績を作り出したインスタグラムマーケティングのプロが、施策に最適なインフルエンサーの提案、PRの実施から効果分析レポートまでワンストップで提供させていただきます。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

「インフルエンサーマーケティング」何から取り組めば良い?
とお悩みの企業担当者の方へ
CTA画像

インフルエンサーマーケティングで確実な成果を出すためには、緻密な戦略が必要不可欠です。

やるべきことが分からず、なんとなくSNSフォロワーの多い人に商品を無料で提供してみても、狙い通りの認知拡大や売上増加の実感を得ることは出来ません。

確実な成果を上げ、最短経路を歩みたいのであれば、実績や経験の豊富なインフルエンサーマーケティングの専門家へ相談しましょう。

インフルエンサーマーケティング専門企業 Find Model は、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
所属するインフルエンサーのインスタグラムやブログ、Twitterの総フォロワー数は3000万人以上
デジタルマーケティングのスペシャリストがKPI設計や効果検証までしっかり対応

相談から実施まで、最短3週間で始めることができます。

ぜひこの機会にインフルエンサーマーケティングの実施を検討していきましょう。

おすすめの記事