「インフルエンサーマーケティング」が、Web担当者・マーケ担当者の間で注目を集めています。

多くの企業が自社サイトや広告キャンペーンといったデジタルマーケティングの施策にインフルエンサーと呼ばれる人物を起用するケースが増えています。

しかし、「インフルエンサー」の意味や「インフルエンサーマーケティング」の方法を正しく理解しないと、せっかくの施策が思うような結果に結びつかないこともあります。

この記事では「そもそもインフルエンサーって何?」という方から「インフルエンサーを活用して効率的にマーケティングをしたい」という方のために、インフルエンサーマーケティングの基礎から応用まで、どこよりも詳しく解説していきます。

ぜひ本記事を今後のマーケティング運用にご活用ください。

目次

多くのフォロワーを持つ一般人がインフルエンサーとして活躍する時代に、インフルエンサーマーケティングが加速した背景

インフルエンサー 女性 いいね

インフルエンサーとは、特定のコミュニティにおいて他ユーザーへの「口コミ」の影響力が大きい人物のこと

従来、芸能人などメディアに露出が多い人物のことをインフルエンサーと呼ぶ傾向が強かったのですが、現在は企業などに所属していない“匿名”の個人が影響力を持つケースも増えきました。

なぜなら、個人の情報発信・コミュニケーションの場としてSNSが普及した今、メディア露出の有無に限らず、多くのフォロワーを持つ一般人もインフルエンサーとして活躍する時代となったからです。

そもそも、インフルエンサーという人たちが登場したのは、ブログサービスが始まり、ブログブームが起こった頃だと言われています。

当時はアルファブロガー・パワーブロガーと呼ばれるインフルエンサーが登場しましたが、最近ではテキストベースではなく、写真や動画をメインにしたインスタグラムやYouTubeで活躍するインフルエンサーに注目が集まっています。

インフルエンサーの詳しい説明、各SNSを代表とするインフルエンサーについてはインフルエンサーとは?意味と定義から注目すべきアカウントまで解説の記事にて詳しく解説しています。

インフルエンサーマーケティングとは、特定のコミュニティにおいて強い影響を与えるインフルエンサーを企業が活用し消費者の購買行動に影響を与えるマーケティング手法

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、企業が直接消費者に対してメッセージを発信する従来型のマーケティングよりも、効果的に商品やブランドに対する認知や購買意欲の向上を実現することができる手法として注目されています。

具体的には、インフルエンサーに企業の商品やコンテンツを実際に利用してもらい、そのプロセスをブログやSNSを使って宣伝するのが一般的な方法となり、インフルエンサーによる投稿が他のユーザーに“拡散“されることが狙いの一つとなります。

10代の女子高生に影響力がある読者モデル、20代の働く女性にとってカリスマ的存在…のように、特定のコミュニティから絶大な支持を受けているインフルエンサーを起用することは、企業が効率的にターゲットを狙いやすくなることを意味します。

さらに、インフルエンサーはターゲットにとって共感性の高いコンテンツを生みだしてくれるため、質の良い「口コミ」がターゲット間でより拡散されやすくなるのです。

もしインフルエンサーマーケティングによるPRをご検討中でしたら、インスタラボ監修のインフルエンサーマーケティングサービスもありますので、お気軽にご相談ください。

▼▼Find Model-インスタラボ監修のインフルエンサーマーケティング-▼▼

 

また、インフルエンサーを起用した広告の効果・費用対効果を徹底分析の記事ではなぜ他の施策ではなく、インフルエンサーマーケティングがより効果を上げる施策として注目されているのか、様々な調査結果を元に詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

インフルエンサーマーケティングに活用されているSNSと効果測定の指標(KPI)

インフルエンサーマーケティングとSNSは親和性が非常に高いため、ほとんどの場合SNSを通してPR施策などが行われます。それぞれのSNSで利用ユーザーの属性や得意分野が異なるため、特徴を把握して自社のマーケティングに効果的なプラットフォームを選ぶことが大切です。

また、実施した施策の効果測定をするためにも、どんな数字(KPI)を観測すればいいのかも意識する必要があります。

ここでは、メインで活用されているSNSプラットフォームの特徴とよく使われる効果計測のKPIを簡単に紹介しておきましょう。

Instagram(インスタグラム)

instagram-logo

Instagram(インスタグラム)は写真をメインに投稿するSNSです。流行語になった「インスタ映え」や「フォトジェニック」など、新しいトレンドを生み出しました。従来は20代~30代の女性がメインユーザーでしたが、2018年11月のInstagram公式発表によると、ユーザーの男女比は女性53%、男性47%となっており男女問わず幅広い人気を集めているSNSとなっています。

グルメ、ファッション、美容、インテリア、旅行といった「写真映え」するものと相性がよく、後述するタレントとタイアップしてのPR投稿など幅広く活用されています。

また、Instagramでは投稿にURLを貼ることができないので自社サイトに誘導することが苦手なSNSでしたが、2018年6月から実装された「ショッピング機能」の登場により、投稿から自社ECサイトへ遷移させやすくなり購買に直接つなげることが可能となりました。商品の認知・ブランディングから購買までを円滑につなげるSNSとして大きく注目されています。

Instagramのインフルエンサーマーケティングで設定されるKPI例

  • エンゲージメント数・率(いいね、コメント等)
  • クリック数(遷移数、遷移率)
  • インプレッション数
  • リーチ数
  • フォロワー数
  • コンバージョン数・率(サービス登録、商品購入等)

など

Twitter(ツイッター)

twitter-logo

Twitter(ツイッター)は文章をメインに投稿するSNSです。投稿は最大140文字まで入力可能で、長すぎずサクッと読めるその手軽さが人気になっています。大きな特徴はその拡散性の高さで、「リツイート」と呼ばれるシェア機能を使うことで自分の投稿を広く拡散してもらうことができます。

メインユーザーは10代~20代の比較的若い層で、人気のトレンドが目まぐるしく変化します。Google検索よりもTwitterを使って情報を集める人も増えており、今話題になっている情報やリアルタイムの情報(天気、電車の運行状況など)の検索性に優れています。

投稿にURLを入力することができるので、自社サイトへの遷移させることも比較的容易であることも強み。上手く活用できれば他のプラットフォームには無い爆発的な拡散が期待できるSNSです。

Twitterのインフルエンサーマーケティングで設定されるKPI例

  • エンゲージメント数・率(いいね、コメント、リツイート等)
  • クリック数・率(遷移数、遷移率)
  • インプレッション数
  • リーチ数
  • フォロワー数
  • コンバージョン数・率(サービス登録、商品購入等)

など

Facebook(フェイスブック)

facebook-logo

Facebook(フェイスブック)は実名登録制のSNSです。投稿は文章と画像をあわせたものが多く、シェア機能もあり、スタンダードに扱えるプラットフォームです。また、「Facebookページ」機能はイベント集客や商品販売など、自社のビジネスページとしても活用できるため多くの企業が利用しています。

メインユーザーは20代~40代。実名登録制なのでFacebookを名刺代わりにビジネスの横のつながりを作るために活用している人も多い印象です。反対に、匿名で気軽にSNSを楽しみたいという10代~20代に対してはPR効果は薄くなります。

ユーザーが実名登録しているので安心感があり、Twitterほどではないまでも拡散性が高いためPR施策に使いやすいプラットフォームといえるでしょう。

Facebookのインフルエンサーマーケティングで設定されるKPI例

  • エンゲージメント数・率(いいね!、シェア、コメント等)
  • クリック数・率(遷移数、遷移率)
  • リーチ数
  • フォロワー数、友達数
  • コンバージョン数・率(サービス登録、商品購入等)

など

Youtube(ユーチューブ)

youtube-logo

Youtube(ユーチューブ)は動画コンテンツを配信するSNSです。動画であるため文字では表現できない投稿者の感情や心情が視聴者に伝わりやすいのが大きな特徴です。

メインユーザーは10代~20代と若い世代が多い印象。さらに、小さな子供のいる家庭では育児の中でYoutubeを見せているケースも一般化しており、小さな子供向けのチャンネルも需要が高まっています。

動画の中にボタンを追加して自社サイトに遷移させるといったこともできるので、例えば商品の説明を動画でしつつ最後にユーザーをECサイトに誘導するといった使い方ができます。訴求力が高く購買につなげやすいプラットフォームといえるでしょう。

Youtubeのインフルエンサーマーケティングで設定されるKPI例

  • 動画再生回数
  • エンゲージメント数・率(良い評価、悪い評価、コメント等)
  • クリック数・率(遷移数、遷移率)
  • インプレッション数
  • コンバージョン数・率(サービス登録、商品購入等)

など

 

主要SNSのメインユーザー数は【最新Excelデータ配布中】主要SNSのユーザー数と利用企業数の比較(Facebook, Twitter, Instagram, LINE)記事にて詳しく解説していますので併せてご覧ください。

インスタグラムを活用したインフルエンサーマーケティングが最も注目されている

女性 自撮り おしゃれ

インフルエンサーマーケティングの中でも一番注目したいのがインスタグラムを活用したインフルエンサーマーケティングです。

インスタグラムは2010年からサービスがスタートしたため、他の有名なSNSと比べると後発のメディアですが、近年ユーザー数の爆発的な増加で注目が集まっています。

Web担当者の方でも、FacebookとTwitterの運用は行っているものの、インスタグラムをどう効果的に運用していけばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか?

ここではインスタグラムを使ったインフルエンサーマーケティングについて詳しく解説していきます。

国内のユーザー数2900万人を突破!20代女性をはじめ多くの若者が利用するSNS

インスタグラム 利用者数 年代別 グラフ

インスタグラムとは、写真共有ができるSNSサービスです。

リリース当初は写真に特化したSNSでしたが、動画投稿も可能となったことでストーリーズ機能や動画をLIVE中継できる機能がリリースされるなど、よりダイレクトに感性へ訴えかけるメディアになっていき、ユーザー数も急増しています。

インスタグラムの公式発表によると、2018年6月時点において、全世界のユーザー数は10億人を突破しており、日本国内だけでも2018年11月時点においてユーザー数が2900万人を超えています。

特に2013年からは9ヶ月ごとに、2016年末からは半年以内ごとに全世界のユーザー数が1億人ずつ増加しており、爆発的な成長を続けています。

このような新機能の追加やユーザー数の増加は、企業によるキャンペーンやインフルエンサーマーケティングの可能性が広がっていることを意味します。

ユーザーの年齢分布はグラフの通り、20代をはじめとする若年層が中心となっています。さらに女性ユーザーから非常に高い支持を得ているSNSである点も特筆すべき特徴の一つです。

フォトジェニックなファッション・美容・グルメは、インスタグラムでマーケティングをするなら絶対に押さえておきたい3つの要素

インスタグラムも他のSNSと同様、企業がインフルエンサーを活用したマーケティングの場として盛んに利用されるようになっています。

ただし、インスタグラムの場合は広告が表示されず、ユーザー主体の楽しく使えるサービスとして成長してきたSNSです。

そのため現在も広告は最小限に抑えられており、広告としてのアプローチはフォロワーから毛嫌いされる傾向があります。

インスタグラムでインフルエンサーを活用する場合は、広告色を排除しフォロワーに受け入れられるような魅力的な画像やコンテンツを投稿していく必要があります。

インスタ映え フォトジェニック 写真

また、上記でも述べたように、インスタグラムは、特に10代~30代の女性から大きな支持を得ています。

そのため、インスタグラムをマーケティングに活用したい場合には、若い世代の女性をターゲットにした企業や商材の方がコストパフォーマンスの高い結果が得られやすくなります。

インスタグラムは他のSNSとは違い写真のコンテンツが主なので、フォトジェニックなジャンルのコンテンツが人気を得られやすい傾向にあります。

フォトジェニックとは写真映えする、という意味で用いられている用語です。

ただし、一口にフォトジェニックといってもSNSによって多くのコメントやいいね!がもらえる写真の傾向が異なります。

インスタグラムにおけるフォトジェニックな写真は「女性からの好感度が高い」「おしゃれで可愛い」という傾向が見られ、このような写真に向いている商品・サービス・スポットは「インスタ映え」するものとしてインスタグラム上で多くのリアクションを集めることができます。

インスタ映えについては流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」とは?徹底解説しますの記事で詳細に解説しています。

では、インスタ映えするとして根強い人気を誇る3つのジャンルは何か、見ていきましょう。

女性の関心が高く、安定した人気を獲得できるファッション

ファッション アイテム 女性

女性の関心が高いファッションはインスタグラムでも安定した人気を獲得できます。

画面に画像がずらっと並ぶので、カタログを見ているような感覚で活用できるため、ファッションに関心の高いユーザーが多く存在します。

特にコーディネート系のハッシュタグが人気なので、製品単体だけではなくコーディネートを提案することで製品の魅力を上手にアピールするのがおすすめです。

他の事例については、アパレル業界のインスタグラム活用事例まとめでご紹介しています。

ヘアスタイルやコスメ、スキンケアなど美容関係

女性 メイク モデル

美容関係もインスタグラムで強いジャンルの1つです。

ヘアスタイルやコスメ、スキンケアと、女性に人気のあるジャンルは幅広く需要があります。

インスタグラムには、ファッション関係と美容関係のジャンルに強いインフルエンサーが多数在籍していることも強みです。

また、インスタグラムでインフルエンサーを起用したキャンペーンを企画し、インフルエンサーに企業アカウントをタグ付けしてもらうことでSNS上での露出度が大幅に増加します。

以上のことからも、インスタグラムは、ファッションや美容系のインフルエンサーマーケティングと相性が良いソーシャルメディアと言えるでしょう。

他の事例については、美容・化粧品業界のインスタグラム活用事例まとめでご紹介しています。

多くの「いいね!」を集めやすい料理・グルメ

カラフル アイスクリーム 笑顔

フード関連のジャンルは多くの「いいね!」を集めやすいコンテンツです。

理由の1つはインスタグラムで人気の出やすいフォトジェニックな写真を誰でも撮りやすいからです。

飲食業界ではインスタグラムの拡散を狙い、フォトジェニックな商品をあらかじめ企画し流通させるケースもあります。

もう1つ料理・グルメで人気のコンテンツはレシピ動画です。最近では「クラシル」や「デリッシュキッチン」など動画でレシピを紹介するメディアが人気を博しています。

1分ほどの短い動画は写真よりも作業工程が分かりやすいため、再生時間の短い動画が特に若い世代で人気があります。

他の事例については、食品・外食業界のインスタグラム活用事例まとめでご紹介しています。

インスタグラムとインフルエンサーを活用したマーケティング事例3選

実際にインスタグラムとインフルエンサーを活用したキャンペーンや事例を見ていきましょう。

日本一のインスタグラマーを起用、吉本興業株式会社(渡辺直美)×東京ディズニーシー

#夏5でやってみた #PR #東京ディズニーシー

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 -

2017年2月7日、芸能プロダクションの吉本興業株式会社がインフルエンサーマーケティングに参入したことを発表しました。

吉本には約6000人を超えるお笑いタレントが所属しており、SNS上で多くのフォロワーを獲得しています。

日本一のインスタグラマーで、フォロワー数600万超えを保持する渡辺直美さんを筆頭にインスタグラムでは1,600万以上というフォロワー総数を叩き出しています。

ハッシュタグで1万以上の投稿を獲得、高橋愛×三島スカイウォーク

伊豆と箱根の中間に位置する三島スカイウォークが開催した「みんなのスカイウォーク|写真投稿キャンペーン」はモーニング娘。の元メンバーの高橋愛さんを起用。

写真投稿キャンペーンとして、フォロワーによる二次拡散も期待できるこちらの投稿が話題になりました。

実際に「#三島スカイウォーク」というハッシュタグでは、1万件以上の投稿が集まりました。

250万フォロワーを持つインフルエンサーの動画PR、柴犬まる×モフール


250万フォロワーを有する柴犬まるさんの投稿です。犬猫限定の10秒動画共有サービス『モフール』のPRとして投稿された動画になります。

このように写真だけでなく動画投稿もできるのがInstagramの特徴です。

インフルエンサーマーケティングの成功事例はインフルエンサーを起用し、商品を魅力的にPRできた成功事例8選の記事で数多く紹介しているので参考にしてみてください。

企業が狙うターゲット層にとって影響力のあるインフルエンサーとして起用できるかどうかが、インフルエンサーマーケティングの成功を左右する

男 女 インスタ 閲覧
インスタグラムには様々なインフルエンサーが存在しますが、世代別のライフスタイルやカルチャーに合わせて支持されるインフルエンサーが変化してきます。

例えば、10代が支持するインフルエンサーはファッションリーダー的象徴であることが多く、20代は仕事やキャリアと女性らしさの両立を実現できている人に共感します。

30代のユーザーになるとまた大きく変わり、今度は子育てとライフスタイルを両立しているインフルエンサーを支持する傾向にあります。

そのため、企業が狙うターゲット層にとって影響力のある人物をインフルエンサーとして起用できるかどうかが、インフルエンサーマーケティングの成功を左右すると言っても過言ではありません。

各年代別の人気なインフルエンサーは下記のそれぞれの記事で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

https://find-model.jp/insta-lab/influencer-30s/

インフルエンサーマーケティングを始めるなら「ステマ対策」と「運用ルール・KPI設定」は必須

インフルエンサーを活用したマーケティングを行う際には、事前に運用ルールなどを決めてから行う必要があります。

ここでは特に注意しておきたい2つのポイントについてご紹介します。

企業のブランド損失にならないためにも、ステマと思われない対策をとる

インフルエンサーに商品を提供し、写真や使用感をブログやインスタグラムに投稿する「口コミ」によるマーケティングが主流です。しかし、「ステマ」にならないように注意してください。

ステマとは「ステルスマーケティング(Stealth Marketing)」のことで、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることです。

インフルエンサーが何らかの対価を得て投稿する場合は、広告であることが明確にわかる表記を行わないと、「やらせ」ということがユーザーに伝わりブランドの信用を失ってしまう場合もあります。

インフルエンサーマーケティングはWEB担当者の知識や配慮が足りないと、かえって炎上などのリスクをうける可能性もあるので、正しい知識やノウハウを培うことが大切です。

企業アカウント担当者は注意!インスタの運用ルールを最適化の記事では、インスタグラムを活用したマーケティング施策を行う前に決めておきたい基本的な項目を7つ紹介しています。何から決めれば良いか分からない方はこちらも参考してみてください。

「何を目標として」「何を成果とするのか」など、運用ルールや基本のKPIをしっかり決める

インフルエンサーマーケティングの事前準備として、少なくとも運用ルールとKPIの2つは細かく決めておく必要があります。

インスタグラムの場合、効率的に自社商品やキャンペーンを拡散するには、「いいね」やフォロワー数を集めるのが近道です。

そこには戦略的かつ効率的なマーケティングが必要になります。

マーケティングで大切なのは「何を目標として」、「何を成果とするのか」ということをきちんと決めることです。

そしてこの効果を測定するために用いられるのがKGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)とKPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標 )の2つになります。

効果測定を行うことで売り上げを低コストで伸ばしたり、自社のブランドイメージを高めたりという目標を効率的に達成していけるのです。

例えば自社の認知度や好感度を高めるためのブランディングを目的とした場合、インスタグラムで必要なことはフォロワーの増加やいいね!等の反応を多く得ることです。

その場合見るべきKPIはフォロワー数やエンゲージメント率となります。

KPI設計を間違えると、期待の効果が得られなかった、意図した結果に結びつかない結果になり、時間や労力が無駄になってしまうので注意してください。

インスタグラムの効果測定はどうする?KPIの設定方法の記事では、KPIの具体的な設定方法、施策の目的別に確認すべき指標やうまく成果が上がらないときにチェックしておきたい数値を詳しく解説しています。

インフルエンサーマーケティング成功の鍵は、インフルエンサーのキャスティング

若者 自撮り インスタ映え

誰にどのような投稿をしてもらうかを決める「インフルエンサーキャスティング」は最重要事項

インフルエンサーマーケティングを行う際に重要になってくるのが、誰にどのような投稿をしてもらうのかということを決定するインフルエンサーキャスティングです。

適切なキャスティングができた上で、マーケティング全体の整合性を取り、相乗効果のある施策を実現することができるため、慎重に行いましょう。

キャスティングの際には自社のプロダクトが狙うべきターゲットを多く抱え、またブランドイメージとの整合性の高いインフルエンサーを選ぶ必要があります。

また、必要な認知量から、キャスティングするインフルエンサーの人数や、インフルエンサーのフォロワー数が導き出されます。

インフルエンサーをキャスティングするには3つの方法があります。それぞれメリット・デメリットを踏まえ、ご紹介していきます。

インフルエンサーキャスティングサービスを提供する企業にキャスティングを依頼する

インフルエンサーキャスティングを專門する企業に依頼を行うことで、インフルエンサーの候補のリストアップから各インフルエンサーとの交渉、サンプリング品の個別発送やディレクション、最終的なレポーティングや支払いまでを代行してもらうことが可能です。

ノウハウは豊富な企業であればあるほど、その効果を最大化することができるでしょう。

デメリットとしては、キャスティングサービスの利用料(マージン)が発生することであり、それに見合ったノウハウや業務委託が可能であるかを判断する必要性があります。

また、当メディアを運営しているFindModelでも、キャスティングサービスを行なっています。

既に取引のある広告代理店にキャスティングを依頼する

既にリスティング広告の出稿であったり、その他マーケティング施策を依頼している広告代理店がある場合、その会社に依頼することも選択肢の一つとしてあるでしょう。

この場合、自社について十分に理解した上での提案があがってくることが一番の魅力である場合が多いです。

デメリットとしては、結果として広告代理店がインフルエンサーキャスティングサービスを提供する別会社に再発注する場合が多く、その際はマージンが二重に発生してしまい極めて割高になる可能性があります。

また、自社とインフルエンサーの間に入る企業が多くなると、結果としてディレクションのクオリティやスピードが落ちる可能性もあります。

自社で直接インフルエンサーをキャスティングする

キャスティングしたいと考えているインフルエンサーが既に確定している場合、そのインフルエンサーに直接連絡する手段もあります。

連絡先はインフルエンサーによって事務所であったり、専用のメールアドレスを設けていたり、インスタグラム内のDM(ダイレクトメッセージ)を利用したり様々な方法があります。

この手法のメリットは、金銭支払がインフルエンサーへの報酬のみとなる点で、気軽に始めてみることが可能な点です。

デメリットとしては、個人事業主の多いインフルエンサーに対して個別の支払いや源泉徴収の手続き等を自社で行わなければならない点と、ディレクションに工数がかかる点です。

まとめ

インフルエンサーマーケティングまとめ

この記事では「インフルエンサー」の意味や定義から「インフルエンサーマーケティング」についてのトレンドや、SNSを活用した事例などをご紹介しましたがいかがでしょうか?

最近はインフルエンサーを活用したインフルエンサーマーケティングに注目を集まり、大手企業や芸能プロダクションなどで有効に活用しているケース増え、今後ますます市場が拡大するマーケティング手法になると言われています。

この機会に、是非企業の皆様もインフルエンサーマーケティングの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

今後もインスタラボではインフルエンサーマーケティングのナレッジや事例をご紹介していきます。御社のマーケティング活動の参考になれば幸いです。

もしインフルエンサーマーケティングによるPRをご検討中でしたら、インスタラボ監修のインフルエンサーマーケティングサービスもありますので、お気軽にご相談ください。最新ノウハウを駆使したキャスティングサービスで貴社ブランディングに貢献いたします。

▼▼Find Model-インスタラボ監修のインフルエンサーマーケティング-▼▼
「インフルエンサーマーケティング」何から取り組めば良い?
とお悩みの企業担当者の方へ
CTA画像

インフルエンサーマーケティングで確実な成果を出すためには、緻密な戦略が必要不可欠です。

やるべきことが分からず、なんとなくSNSフォロワーの多い人に商品を無料で提供してみても、狙い通りの認知拡大や売上増加の実感を得ることは出来ません。

確実な成果を上げ、最短経路を歩みたいのであれば、実績や経験の豊富なインフルエンサーマーケティングの専門家へ相談しましょう。

インフルエンサーマーケティング専門企業 Find Model は、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
所属するインフルエンサーのインスタグラムやブログ、Twitterの総フォロワー数は3000万人以上
デジタルマーケティングのスペシャリストがKPI設計や効果検証までしっかり対応

相談から実施まで、最短3週間で始めることができます。

ぜひこの機会にインフルエンサーマーケティングの実施を検討していきましょう。

おすすめの記事