tiktok-keyword

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

目次

あ行

アカウント

Tiktok上で自分の情報を入力して作ったページのこと。

avocados🥑frommexico🇲🇽

青森県青森市のご当地アイドルユニット「青森ナイチンゲール」のテーマ曲。とある男性たちが歌いながら楽しむ動画の視聴数が900万回を超えたことをきっかけに、リズムが癖になると真似する人が続出しました。

いいね

画面のの右パネルにある「ハート」をタップ、または動画をダブルタップすることでいいね!することが出来る。マイページから自分のいいね!した投稿を見ることができる。

いやヤバいでしょ

「いやヤバイでしょって話だよね!」のフレーズから始まる、独特すぎるラップ。元々は「えまぽち」さんのラップのメロディで「マツダ家の日常」さんが歌詞をアレンジして投稿し、大ブームになりました。

浮気されたけどまだ好きって曲。

シンガーソングライターのりりあ。さんの楽曲。歌詞への共感が反響を呼び、音楽チャート上位へランクインしました。

うっせぇわ

Adoのメジャー1作目の楽曲。弾き語りをした動画の他に、本家ミュージックビデオのように、クリエイターによるアニメーションやイラストによる映像制作動画が多く投稿されました。総視聴数は6億回を突破しています。

エフェクト

TikTok動画をカスタマイズして、詳細を追加するために使用するもの。 基本的にエフェクトは動画を撮影する前後どちらでも追加できますが、撮影前または撮影後にのみ利用できるエフェクトもあります。

絵文字チャレンジ

ルーレットの「絵文字」エフェクトに合わせて笑顔や驚き顔などの写真を撮影する、意外に難しく、ユーザーがハマったチャレンジ。

エモ動画

レトロ風の演出やミュージックビデオ風の動画など、音源や歌詞とシンクロしたエモい動画投稿がトレンドに。

おすすめ

ユーザーの興味に合わせて厳選された動画が表示される。好きなコンテンツやクリエイターを簡単に見つけることができる。

オーディエンス

Tiktokの動画を見ている人のこと。

おうちで過ごし隊

おうちが楽しくなるヒントをカテゴリーごとにお届けするチャレンジ。今年一番再生され関連動画は170億再生を突破しました。

か行

楽曲の追加

1. 画面下部の「+」をタップして、動画の作成を開始。

2. カメラ画面の上部から「楽曲 」をタップ。

3. 検索バーを使用して、特定の楽曲を閲覧するか、検索。

4. 楽曲をプレビューするには、「再生」をタップし、楽曲を保存するには、「ブックマーク」をタップ。

5. 動画に楽曲を追加するには、「チェックマーク」を選択。 で楽曲を追加することが出来る。

棺桶ダンス

事故や失敗などのハプニングの後に突然陽気に踊りだす、海外から火がついたミーム動画(海外のハッシュタグは #coffindance)。

顔半分だけ加工

顔半分だけが加工されるエフェクトを使って、加工・無加工エリアを行ったり来たりする遊び方が大流行。投稿本数は6万本、累計視聴数は2億回を突破しました。

興味ありません

動画を気に入らない場合に、動画を長押しして「興味ありません」をタップすることで、似たような動画の表示頻度が減ります。

きゅんです

指を重ねてハートをつくるポーズが話題に。ひらめさんの「ポケットからきゅんです!」の楽曲も一躍注目されました。

君の虜に

「君の虜になってしまえばきっと」の歌詞に合わせたダンスや歌唱動画が人気に。日本だけでなく世界的に話題の音源になりました。

巨人が来た

「指男(Yubio)」さんが元ネタを投稿し、バズったトレンド。外がうるさくて覗いてみると、巨人が出現していたという設定のコントが、世界中で人気になっています。

キンモクセイ

オレンジスパイニクラブの「キンモクセイ」を使った歌唱動画や、デュエット機能を使った合唱動画がトレンドに。

クリエイタープレイリスト

クリエイターが動画をカテゴリー分類することで、関連する動画を視聴者が連続して視聴できるようにすることが出来るようになる仕組み

グッバイ宣言

ボカロP Chinozoのオリジナル楽曲で、ジャケット画像のポーズを元にした手振りダンスが流行し、これまでで30万以上の動画が投稿されました。ミュージックステーションでは、“ネクストブレイク予測"として紹介されるなど、注目が高まっています。

グリーンスクリーン

カメラロールの画像や動画を背景として使えるエフェクト。あるあるネタや教師シリーズなどの動画がバズり、累計視聴数20億回を突破しました。

KP

飲み物を飲む時の乾杯(=KP)の掛け声として使われている。

コメント

動画にコメントをすること。

香水

瑛人さんの「香水」はTikTokで火がつき、TikTok以外でも芸人やアーティストによるカバー動画などが反響を生み、異例のヒットを記録。

高速道路乗ったwhip

大人気HIPHOPソング「TEENAGE VIBE feat. Tohji」の歌詞に合わせて、ドライブする振り付けで踊るトレンド。投稿数は10万以上にもなりました。

さ行

3150

「最高」を数字で表したもの。元ネタは田史郎さんがブログやYoutube(ユーチューブ)で発言したことだが、Tiktokで若者が発信したことにより人気になった。

シェア

動画を長押しして「シェア」を押すことで家族や友達にシェアすることが出来る。

しか勝たん

人や物、行動などが最高すぎて他に勝るものがない、という意味合いで使う。Tiktokきっかけで人気に。

自撮りに写ったら負け

おうちの中で友達や家族と一緒に楽しめるゲーム!インカメラをセットし、シャッターが切られる3秒間の間に、カメラに映らないようにどこかしらに隠れることができれば勝ちです。

シル・ヴ・プレジデント

“だ”の音が印象的なサビでのフィンガーダンスがミーム化した。

ジャケットチャレンジ

アルバムジャケットの表紙「ジャケ写」を撮影する遊び方。著名人も数多く参加し、累計視聴数は14万回を超えました。

スプリットスクリーン

計47万本の動画が投稿された大人気フォトモーション。〜した結果というビフォーアフターの動画が人気に。

ズームフリップ

今年のGWを代表するエフェクト。どこにズームされるかは分からない遊び方で、週間11万本もの動画が投稿されました。

た行

竹内ダディダディ

「竹内ダディダディ」が耳に残るユーザー発信のオリジナル音源。 友達とのダンスや、メイクの変身時音源などで人気を集めました。

タイムワイプ

画面端から時間が止まっていくエフェクト。その不思議効果で、物を浮かしたりLOVEの文字をつくったり、さまざまな遊びが生まれました。

誰でも二次元

誰でもアニメの主人公になれちゃうエフェクト機能。アニメ化前後のギャップの面白さが話題に。

チャイナアドバイス

クリエイターのロイ-RoE-さんが相対性理論の「チャイナアドバイス」をカバーし、リバイバルヒットとなりました。

手首からマンゴー

SNSで楽曲を発信するアーティスト「たかやん」の2019年のオリジナル楽曲。TikTokでの話題がきっかけで各配信サイトでチャートINするなどTikTok以外でも大きな人気に。年代問わず多く方の投稿に使用されました。

Tiktok

Bytedanceが提供するスマートフォン向けの15秒程度の動画共有サービス

TikTok教室

普段の生活に役立つ内容から文化や歴史など、TikTok内の学びコンテンツを特集したチャレンジ。累計180億再生を突破しました。

TikTokグルメ

料理動画やお店紹介など、#TikTokグルメ をつけたグルメ動画が話題に。料理やお店の雰囲気の伝わりやすさが注目されました。

TikTokでゲーム中

TikTokのエフェクトでできるゲーム用ハッシュタグ。現在展開中のゲームは50種類で、意外な難しさにハマる人が急増中。

Tiktoker

TikTokで動画をアップしているユーザー

Tikる

Tiktokの動画を取ってアップロードする事。

デュエット

友達とTikTok動画を作成できる機能

DM(ダイレクトメッセージ)

TikTok内で知り合った人とメッセージのやり取りをするための機能。 相手と1対1でメッセージをやり取りできる

トレンド

TikTokコミュニティの豊富なコンテンツを検索することができる機能

時を戻そう

昔の写真と同じ構図でポージング。昔と今のギャップを笑ったり懐かしんだりする遊び方に、世代問わずたくさんの方がチャレンジしました。

どうにかなりそう

トミタ栞さんのアカウントから発信された音源に合わせて、日常の「どうにかなりそう」な気持ちを表現する投稿が人気に。

な行

ナチョステーブル

メキシコ料理「ナチョス」をテーブル全体に広げて豪快につくるというもの。パーティー気分が味わえて、家族や友達とのやってみた動画が多数投稿されました。

日常vlog

アフレコ機能を使って何気無い日常を解説する、今までのTikTokになかったショートムービー尺のvlog投稿が増加。

は行

ぴえん

残念な出来事があった際に使用される「ぴえん」。泣き声の「ぴえーん」を省略化したもの。

ぴえんヶ丘どすこい之助

クリエイターのけんちょすさんが「ぴえんの最上級を表す言葉」として生み出した言葉に、思わず使いたくなる人が続出。一気に投稿が広まりました。

フォロー

お知らせに関する設定をオンにすると優先的にフォローした人の情報がタイムラインとして表示される仕組み。

Bluma to Lunch

「CHILDAYS」という楽曲で人気が出たHIPHOPグループBLOOM VASEが2020年12月にリリースした楽曲。 「#スプリットスクリーン」という、写真を使ったビフォー・アフターの投稿に使用され、ミーム化し認知度が高まりました。

べびたっぴ

TikTok内でタピオカにストローを刺す時の掛け声。多くの女子中高生が真似をして、タピオカ以外の飲み物を飲む際の掛け声としても使われるようになった。

ペッパーランチ

ホットプレートで、牛肉、コーン、バター、ライス、焼肉のタレを使ってつくるグルメトレンド。楽しくおいしくつくれて、大流行したもの。

本気出してみた

「本気を出した」姿をスライドショー形式の動画で投稿し、変化・ギャップを楽しむチャレンジ。みんなのさまざまな本気が話題に。

ま行

マイページ

プロフィール編集のページ。【TikTok】内の自分の部屋と呼べるもので、動画に対するアクションなどが分かる。

myra

Tani Yuukiさんの楽曲「Myra」。TikTok内では「エモい投稿」の先駆けとして人気を集めました。

みんなに見せたい動画

旅行やグルメ、結婚式などの思い出動画を使ったチャレンジ。みんなのカメラロールに眠っているたくさんの動画がシェアされました。

ミーム

「meme(ミーム)」とは、ネット上でユーザーがマネとアレンジを重ねながら広がっていくコンテンツのこと。TikTokでもさまざまな海外・国内のミームチャレンジが人気になりました。

蜜です

「距離をとって」という意味の「密です」のパロディとして多く使われたハッシュタグ。「蜜です」のコトバを使ったremix音源も広がりました。

目線ショット

〇〇目線のテーマで一人称視点で撮影する、海外で話題のPOV(ポイント・オブ・ビュー)を日本風にアレンジした人気コンテンツ。

や行

やりらふぃー

「CHERNOBYL 2017」の歌詞に「やりらふぃー」と聞こえる部分があることから、この音源を使った動画に #やりらふぃー とつける投稿が人気に。

よく聞かれる質問

自分がよく質問される内容に答える、テキスト機能を使ったチャレンジ。自虐も自慢も、いろいろなQ&Aが飛び出しました。

夜に駆ける

YOASOBIの「夜に駆ける」が、歌唱動画や演奏動画を中心に、TikTok内外で大きな話題に。

寄り酔い

2020年12月からTikTokなどに楽曲を投稿していた和ぬかの初のオリジナル曲!インパクトのある歌詞と柔らかい音像から、歌詞を載せたリップシンク動画や弾き語り系の投稿が多く生まれました。

ら行

レコメンドシステム

①動画の視聴している長さ(時間)

②動画にいいねをしている

③動画にコメントしている

④動画をシェアや保存している 

これらの4つの情報からユーザーに興味のある動画を表示される仕組み。