eyecatch-how-to-use-instagram-story

アップデートによって日々様々な機能が追加されているInstagram。

中でもストーリーは非常に人気であり通常のInstagram投稿(フィード投稿)よりもストーリーを見ている人も多くいます。

そこでこの記事では、Instagramのストーリー機能について

  • Instagramの「ストーリー」とは
  • ストーリーを見る
  • ストーリーを投稿する
  • ストーリーで活用したい機能
  • ストーリーの足跡を見る
  • ストーリーのアーカイブ確認ハイライトを設定する
  • ストーリーを削除・保存・共有する
  • ストーリーを見る人を制限する
  • ストーリーで売り上げアップを目指す

の順を追ってわかりやすい図解で解説していきます。

ストーリーの攻略はInstagramのフォロワー獲得に大きく貢献してくれますので、ぜひ使い方をマスターしましょう。

Instagramの「ストーリー」とは

まず、Instagramのストーリー機能について簡単に紹介しておきましょう。

Instagram「ストーリー」は24時間で消える特別な投稿

instagram-stories-image画像:インスタグラム ストーリーズの展開から1周年を記念し、関連データを発表|Facebook Newsroom

Instagramの「ストーリー」は15秒のショートムービーを共有できる機能です。

通常のフィード投稿とは異なり、投稿から24時間で自動的に消えてしまう点が大きな特徴です。

スマホの縦型全画面の没入感の高い写真や動画投稿が可能で、ARフィルターをかけたり、文字を入力したり、スタンプを押したり、音楽を追加したりと編集機能も豊富。

24時間経って消えてしまうストーリーですが、アーカイブされ「ハイライト」という形で自分のInstagramプロフィール上にまとめて保存・公開することもできます。(後述)

より気軽にコンテンツの投稿・閲覧を楽しめる点から、ストーリーは大変人気のある機能となって毎日多くのInstagramユーザーが利用しています。

 

以下ではInstagramストーリーの使い方を順を追って紹介しましょう。

【見る】Instagramストーリーの使い方

Instagramストーリーを見る方法は簡単です。

フォローしているユーザーがInstagramストーリーを公開すると、自分のフィード画面の上部に一覧で表示され、タップすることで閲覧することができます。

instagram-stories-watch-1

 

また、Instagramストーリーの下部から、ストーリーを投稿した人に向けてダイレクトメッセージやリアクションを送ることができます。

instagram-stories-direct-message

画像左:閲覧者のストーリー画面
画像右:投稿者のダイレクトメッセージ閲覧画面

ストーリーの感想など、積極的にコメントしてみましょう。

【投稿する-1】Instagramストーリーの使い方

ここからはInstagramストーリーを投稿する方法や各種機能の使い方を紹介していきます。

Instagramストーリーの投稿はたったの3ステップ

Instagramストーリーの投稿は非常に簡単です。

【ステップ1】まず、自分のプロフィール画面を表示し、「プロフィールアイコン」をタップするとストーリーの作成画面が表示されます。

(同じ画面から「リール」や「ライブ」の投稿もできるようになっています。)

instagram-stories-make-1

 

【ステップ2】画面下の「シャッターボタン」をタップしてストーリーに投稿する被写体を撮影するか、画面左下の「カメラロールアイコン」から撮影済みの写真や動画を選択します。(画像左)

【ステップ3】さいごに、編集画面(画像右)の上部にある様々な機能を使い、写真や動画に加工を施し、画面下の「ストーリーズアイコン」をタップすればストーリーの投稿が完了です。

instagram-stories-make-2

 

作成したInstagramストーリーがフォロワーへ共有されました。

instagram-stories-make-3

Instagramストーリーは基本的にこのシンプルな3ステップで作成できます。

様々なエフェクトやスタンプ、音楽を追加し、魅力的なInstagramストーリーを作成しましょう。

【投稿する-2】Instagramストーリーの様々な機能

Instagramストーリーには、コンテンツを魅力的にする様々な機能がありますので、紹介していきましょう。

6種のストーリー撮影モード

Instagramストーリー作成画面では以下の撮影モードを選択できます。

instagram-stories-make-function-1

  • 作成する
    テキストやアンケートなどシンプルなストーリーズを作成します
  • Boomerang (ブーメラン)
    往復再生されるショートムービーを撮影します
  • レイアウト
    3分割や4分割など複数枚の写真を一つのストーリーズにまとめて投稿します
  • デュアル
    外側カメラと内側カメラの両方を使って同時に撮影します
  • Superzoom (スーパーズーム)
    高倍率のズームを使って動画を撮影します
  • ハンズフリー
    撮影ボタンを長押ししなくても撮影できます(1回目のタップで撮影開始、2回目のタップで撮影終了)

Instagramストーリーの加工・編集機能

Instagramストーリーの様々な加工・編集機能を紹介しましょう。

instagram-stories-make-function-2

  • ①ダウンロード
    作成したストーリーをスマホに保存します
  • ②エフェクトフィルター
    様々なエフェクトを追加します
  • ③リンク
    IGTV、URLリンク、ブランドタグを追加します(※URLは一定条件を満たす必要あり)
  • ④スタンプ
    GIF画像やアンケートなどスタンプを追加します
  • ⑤ペン入力
    手書きペンによる入力をします
  • ⑥テキスト
    テキストを追加します
  • ⑦ストーリーズ
    フォロワー全体へストーリーズをシェアします
  • ⑧親しい友達
    作成済みの友達リストへストーリーズをシェアします
  • ⑨送信先
    特定のユーザーへストーリーズをシェアします

 

特に使用頻度の高い機能を以下でさらに紹介しましょう。

エフェクトフィルター

様々なエフェクトやARフィルターをストーリーズに追加できます。

instagram-stories-make-function-filter

スタンプ

様々なスタンプをInstagramストーリーに追加できます。

instagram-stories-make-function-stamp-1

利用頻度の高いスタンプとして以下があります。

  • 「場所」スタンプ
    Instagramストーリーに位置情報を追加できます
  • 「@メンション」スタンプ
    別のユーザーをInstagramストーリーに関連付けます。@メンションスタンプをタップすることで関連付けられたユーザーのプロフィールを表示できます
  • 「#ハッシュタグ」スタンプ
    ハッシュタグを追加できます。ハッシュタグスタンプをタップすることで、ハッシュタグ投稿一覧を表示できます
  • 「ミュージック」スタンプ
    Instagramストーリーに様々な楽曲を追加できます。
  • 「アンケート」スタンプ
    ストーリーを見た人に二者択一の質問ができます。
  • 「質問」スタンプ
    ストーリーを見た人に自由形式のコメント入力を促せます
  • 「カウントダウン」スタンプ
    指定したタイミングに終了するカウントダウンタイマーを追加できます。
  • 「絵文字スライダー」スタンプ
    ストーリーを見た人に対して気持ちの度合いをスライダーで表現してもらえます。
  • 「クイズ」スタンプ
    2択~4択のクイズを作成できます。

特に、「アンケート」「質問」スタンプはフォロワーとの双方向のコミュニケーションができるためよく使われています。

 

また、「ミュージック」スタンプは、視覚だけでなく聴覚にも訴えるInstagramストーリーを作成でき、ユーザーの注目を集める効果があります。

好きな楽曲を見つけて組み込み、音楽とあわせてInstagramストーリーを楽しみましょう。

instagram-stories-make-function-music-1

リンク

「リンク」アイコンをタップすると、IGTV動画やブランドコンテンツの設定を行うことができます。

※ブランドコンテンツとは、ブランドとInstagramユーザーが公式に関連性を持っていることを示す機能です。インスタグラマーに依頼して製品を宣伝してもらう際などに使われます。

instagram-stories-make-function-links

また、一定の条件を満たすことで外部サイトのURLリンクを設定して誘導できるようになります。

URLリンク利用の条件はInstagramから公式に発表されていませんが、一般的にフォロワー数が1万人を超えると利用できるといわれています。

自社のウェブページへの入り口として是非活用したい重要な機能です。

関連記事
Instagramブランドコンテンツのタイアップ投稿タグについて詳しく解説

 

【アーカイブ/ハイライト】Instagramストーリーの使い方

Instagramストーリーは24時間経つと消えますが、アーカイブとして保存されます。

また、誰が閲覧してくれたか足跡を確認することもできますのでその方法を紹介しましょう。

Instagramストーリーのアーカイブを見る

まず、自分のプロフィール画面右上の「メニュー」から「アーカイブ」をタップしましょう。

instagram-stories-archive-1

 

過去に投稿したストーリーのアーカイブを一覧で表示することができます。

instagram-stories-archive-2

なお、上部の「ストーリーズアーカイブ」をタップすると、通常のフィード投稿のアーカイブ表示に切り替えることができます。

24時間経ったストーリーズをハイライトで表示する

24時間経つと消えてしまうストーリーズですが、「ハイライト」という機能により、自分のプロフィール画面上に復活させ長期的に表示させることができます。

投稿したストーリー、もしくはハイライトからストーリーを表示させ、右下の「ハイライト」アイコンをタップしましょう。

作成済みのハイライトに追加するか、新しいハイライトとして名前を付けて作成するか選ぶことができます。

instagram-stories-make-function-highlight

ハイライト設定が完了すると、上画像右のように、ハイライトが追加され、訪問者が閲覧できるようになります。

たとえば「今月のコーディネート」「旅行先まとめ」「美味しかったお菓子」など、カテゴリー分けする使い方が一般的です。

ハイライトは最大100件まで作成できますので、積極的に活用しましょう。

【足跡・データを見る】Instagramストーリーの使い方

自分の投稿したInstagramストーリーの足跡(見てくれた人)やどのようなアクションがとられたかデータを見ることもできます。

投稿したInstagramストーリーを表示し、左下の「●●人が既読」をタップしましょう。

instagram-stories-insight-1

 

すると、以下のインサイトデータが表示されます。

左赤枠の「グラフアイコン」では閲覧者のアクションについてのデータを、右赤枠の「閲覧アイコン」ではストーリーを閲覧してくれた人(足跡)をそれぞれ確認できます。

instagram-stories-insight

この画面から閲覧してくれた人に対してダイレクトメッセージを送ったり、閲覧を制限することもできます。

【削除・保存・共有】Instagramストーリーの使い方

投稿したInstagramストーリーを24時間経つ前に削除できたり、保存したり、他の人へシェアしたり様々なメニューが用意されていますので紹介しましょう。

自分のInstagramストーリーを削除・保存・共有する

投稿したInstagramストーリーの右下「その他」アイコンをタップするとストーリーのメニューが開き、目的のアクションができます。

instagram-stories-menu-1

以下の操作が可能です。

  • 削除
    24時間経つ前にストーリーを削除します
  • 保存
    投稿したストーリーを保存します
  • 投稿としてシェア
    ストーリーを自分のフィード(タイムライン)に再投稿します
  • 宛先を指定して送信
    特定のユーザーへストーリーを送ります
  • リンクをコピー
    ストーリーのURLリンクを取得します。ただし、24時間経つとリンクは使えなくなります。ハイライトされているストーリーは24時間経過後も利用できます。
  • シェアする
    Instagram外のSNS(LINE、Twitterなど)にシェアします
  • 宣伝
    ストーリーを広告として配信します
  • ビジネスパートナーをタグ付け
    ストーリーとビジネス(企業やブランド)との関連付けをします
  • ストーリーズ設定
    ストーリーの表示先や制限の設定ができます(後述)

ストーリーを削除したい場合はこちらのメニューから削除できますので活用しましょう。

【親しい友人、ミュート・ブロック】Instagramストーリーの使い方

Instagramストーリーズは

  • 特定のユーザーにのみシェアする
  • 特定のユーザーの閲覧をブロックする
  • 特定のユーザーのストーリーをミュートする

など、閲覧を制限する機能もあります。

以下で使い方を紹介しますので、Instagramストーリーをより快適に利用するために活用してみてください。

特定のユーザーにのみストーリーをシェアする

特定のユーザーのみにInstagramストーリーをシェアしたい場合は、ストーリー投稿前の編集画面にて右下の「送信先」をタップしてストーリーのシェア設定を行います。

instagram-stories-friends-list-1

 

  • ストーリーズ
    フォロワーへストーリーをシェアします。「オーディエンスを編集」にて指定した人へストーリーが表示されないように設定できます
  • 親しい友達
    「親しい友達リスト」を作成できます。家族、身近な友人など、特定のコミュニティへストーリーをシェアしたいときに便利です
  • 検索・おすすめ
    検索することで特定のユーザーへストーリーを送ることができます。おすすめには自分と親和性が高いユーザーが表示されます

特定のユーザーの閲覧をブロックする

特定のユーザーに自分のストーリーが表示されないように設定できます。

自分のプロフィールアイコンをタップし、ストーリーの撮影画面を表示します。

左上の「設定」アイコンから、「ストーリーズを表示しない人」をタップしましょう。

instagram-stories-block-1

 

フォロワーの一覧が表示され、「非表示にする」をタップすることでストーリーを表示しない人を指定できます。

instagram-stories-block-2

なお、ストーリーを表示しない人に設定したユーザーへは非表示にした通知はされません。

非表示に設定された人は同画面の上部に一覧で表示され、いつでも解除できます。

特定のユーザーのストーリーをミュート(非表示)する

自分がストーリーを見る側になるとき、他の人のストーリーをミュート(非表示)にできます。

他のユーザーのストーリーをミュート(非表示)にしたいときは、フィード画面上部のストーリー一覧から「ミュートしたいユーザーのアイコンを長押し」します。

instagram-stories-mute

 

メニューが現れ、「ストーリーズをミュート」をタップすることで、そのユーザーのストーリーを非表示にできます。

また、「投稿とストーリーズをミュート」にするとユーザー自体を非表示にできます。

instagram-stories-mute-2

 

ユーザーを再表示したい場合は、ストーリーズ設定画面からいつでも元に戻すことができますので覚えておきましょう。

インスタグラムストーリーで売り上げアップを目指す

もし、あなたがECサイトで物品の販売やイベントの集客などをしているなら、インスタグラムストーリーを使うことでさらに売上をアップさせることが期待できます。

ストーリーにショッピングタグを追加しよう

instagram-shopping

インスタグラムの「ショッピング機能」とは、自分の写真・動画・ストーリー投稿に、ECサイトで売っている商品ページのタグを貼り付けることができる機能です。

商品の詳細や価格が表示され、タップするとユーザーをそのままECサイトに遷移させることができるため売り上げアップが期待できます。

また、将来的にはInstagram内で決済が可能になり、Instagram内で商品の発見から購入が完了できる取り組みも進められています。

ストーリーのような動画を通して商品をアピールすることで訴求力が高くなり、見ているユーザーの購買意欲を掻き立てることができますのでぜひ活用しましょう。

関連記事

 

まとめ

photogenic

いかがでしたか。

超人気の機能であるストーリーは、インスタグラムを楽しみ活用するためには絶対に外せない存在です。

特に、Instagramストーリー上での健全なコミュニケーションはInstagramのアルゴリズム(システム)により評価され、発見タブにおすすめ表示されやすくなる傾向にあります。

自分で投稿することで様々な学びを得ることができますので、何はともあれまず実践して、フォロワーとのコミュニケーションを是非楽しんでみてください。

あなたにおすすめの関連記事