instagram-video-advertising

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

SNSを運営するうえで、切っても切れない関係なのが「広告」

特に国内の月間アクティブアカウント数は3,300万(2019年6月情報)を超えたInstagramでは近年、広告の中でもより多くの情報を伝えることができる「動画広告」が注目されています。

ただ、一口に「動画広告」と言ってもInstagramの投稿形式によって特徴は異なります。

それぞれの動画広告について特徴をつかんでおけば、コスパの良い広告出稿につながることでしょう。

本記事ではInstagramの動画広告について、その特徴や作成のコツをお教えいたします。

Instagramの動画広告の種類と特徴

instagram-video-advertising

Instagramの動画広告について、その特徴をご紹介いたします。

フィード広告

Instagramのアプリを開いた際、すぐに表示されるタイムラインを「フィード」と呼びます。

ここにはフォローしているアカウントの投稿やおすすめの投稿が出てきますが、その間に現れるのが「フィード広告」です。

フィード広告は3投稿から5投稿くらいに1回の頻度で現れますが、他のフィード投稿と同様に「写真」と「動画」のどちらも存在します。

そんな中でも、動画広告はユーザーの目を引き付けるので、スクロールの手が止まりやすくなります。

動画の下部に「詳しくはこちら」「購入する」「インストール」などの誘導も出現するため、どのようなジャンルの商品かわかりやすいのも特徴です。

フィード広告の長所は「出稿する広告がフォローしているアカウントと似ていれば、広告だと感じさせずに見てもらえる」という点です。

フィード動画広告で満たすべき要件は、Metaビジネスヘルプセンターよりご確認ください。

フィード動画広告の例

instagram-video-advertising

画像引用:PostCoffee® / ポストコーヒー

上記のフィード動画広告は、美味しいコーヒーの通販サイトPostCoffee® / ポストコーヒー」Instagramアカウントの動画広告です。

当広告では「コーヒーのサブスク」を掲げており、最初の画面でそれが一発で伝わるようになっています。

その後は落ち着いた音楽をバックに、サブスクで届けられるグッズの解説や、ドリッパーの組み立て方が説明され、実際にコーヒーを入れる様子までが収められています。

動画でInstagram特有の雰囲気を壊すことなく、すんなり馴染むようになっているのがポイントです。

さらに下部のテキストで「余ってもスキップできるから安心」などを記載し、動画内で入らなかった内容を補足しています。

こうした補足が文章で一目で見やすいのもフィード動画広告の特徴です。

ストーリーズ広告

「ストーリーズ」はフィードの上部にある縦型の画像・動画投稿で、手軽に投稿できるのが特徴です。

日本での利用者のうち70%以上がストーリーズを利用するというデータもあり、より広告も見てもらいやすくなっています。

ストーリーズ広告はフィード広告と同様、フォローしている他のユーザーの投稿と同じように表示され、3投稿から5投稿くらいに1回、または2回連続の頻度で現れます。

通常のストーリーズは24時間で消えるためユーザーが気軽に投稿できるのも人気の秘訣ですが、ストーリーズ広告の場合は24時間では消えません。

ストーリーズ広告の長所は何といっても、「閲覧機会が多いこと」と「縦型の動画広告であること」です。

フィード広告より大きく表示されるため視認性も高く、ユーザーをよりブランドや商品の世界観に引き込むことが可能です。

また、ストーリーズ広告にはアンケート広告もあり、ユーザーにより最適な広告を表示できます。

さらに、ストーリーズ広告の下部には「詳しくはこちら」「インストール」という表示もあり、広告に興味を抱いたユーザーが次のアクションを起こしやすくなっています。

ストーリーズ動画広告では、以下の条件を満たす必要があります。

  • アスペクト比: 9:16および4:5~1.91:1
  • 最長時間: 60秒
  • 最大ファイルサイズ: 4GB
  • 動画の幅(最長): 500px
  • 対応動画タイプ: .mp4、.mov
  • 動画の画質: H.264圧縮、正方形ピクセル、固定フレームレート、プログレッシブスキャン
  • 音質: ステレオAACオーディオ圧縮、128kbps+
  • 音声: 任意
  • キャプション: ご利用いただけません。 字幕やキャプションは動画ファイルの一部とする必要があります。

参考元:Metaビジネスヘルプセンター

ストーリーズ動画広告の例

instagram-video-advertising

画像引用:貼るだけ!手をキレイに魅せるネイルチップ!

上記のストーリーズ動画広告は、ネイルチップやペディキュアの販売サイト・FINGER SUITが運営するInstagramアカウント「貼るだけ!手をキレイに魅せるネイルチップ!」の広告です。

当広告ではペディキュアをつけるところからサイズの説明・取り外し方までを丁寧に案内しています。

ストーリーズ広告では他の動画広告と異なり、音声は入りません。

そのため、「映像だけでしっかりと伝える」ことがより重要になります。

さらに動画内容もまるでインスタグラマーが紹介しているような内容になっているので、ユーザーも違和感なくすんなりと見られる内容になっています。

リール広告

「リール」とはInstagramで投稿できるショート動画機能で、ストーリーズと同様に縦型で表示されます。

ストーリーズと異なり、ユーザーが意図的に表示を変えない限り、同じ投稿が繰り返し再生されます。

リール広告は他のリール投稿の間に表示されますが、リールには「フォローしているアカウント以外の動画も再生される」という特徴があるため、突然広告が出てきても違和感が少ないです。

さらに、ストーリーズと異なり「いいね!」やコメントが残せるため、リール広告のいいねやコメントの数を把握することができます。

いいね数やコメントはアルゴリズムに反映されるだけではなく、商品を購入したユーザーのコメント自体がさらなる広告になる可能性もあるのです。

リール広告の長所は「ユーザーの声が反映される」「広告が全画面で表示される」点です。

リール広告の出稿方法については下記の関連記事でご確認ください。

 

関連記事

Instagramのリール広告とは?メリットや表示される場所などわかりやすく解説

リール動画広告の例

instagram-video-advertising

画像引用:BIJOUPIKO / ビジュピコ 結婚指輪・婚約指輪

上記のリール動画広告は、国内最大級のブライダルリングセレクトショップ『BIJOUPIKO』が運営するInstagramアカウント「BIJOUPIKO / ビジュピコ 結婚指輪・婚約指輪」の広告です。

上記の画像は冒頭部分の画像ですが、「知らないと損!」「ダイヤのピアス無料でもらえる」と記載することで、スワイプされやすいリールの視聴者の関心を引き付けています。

さらに「※やり方は最後に紹介」と書くことで、最後まで見てみようという気にさせてくれます。

最初につかむということを十分意識している好例と言えるでしょう。

動画広告の作成ポイント

Instagramの動画広告を利用する場合に気を付けておきたいポイントをご紹介します。

動画開始3秒で引き付ける

ストーリーズをはじめ、流れてきた動画を見続けるかどうかは最初の2,3秒のうちに判断されてしまいます。

一つ一つをじっくり確認するユーザーはほとんどいません。

そのため、最初の3秒でインパクトを持たせ、「その後も見たい!」と思わせる必要があります。

後半に見せ場がある、オチがあるといった広告もよいですが、その場合でも冒頭部に工夫をする必要があります。

また、動画全体の長さもあまり長くなりすぎず、30秒前後で収まるようにしましょう。

音声がなくても伝わるようにする

動画というのは映像+音楽の要素で成り立っていますが、ユーザーの全員が音楽を聴くことができるとは限りません。

例えば電車の中などでスマホを見るとき、YouTubeであればイヤホンをつなぐかもしれませんが、Instagramを見るときにわざわざイヤホンで音まで聞こうとする人は少数派でしょう。

特に動画広告ではナレーションで説明するパターンもあると思いますが、それだけでは伝わらない場合もあるのです。

そのため、テロップや画像を用いて視覚的にわかりやすい動画を作ることを心がけましょう。

広告感をあまり出さない

InstagramをはじめSNSには広告がつきものですが、広告に嫌悪感を示し、すぐにスキップする人が多いのも事実。

そのため、商品に興味のある人だけにでも届いてほしいと思うかもしれませんが、そこで商品の良さを強調するような広告は実はかえって逆効果です。

広告感が強くなってしまうと、ユーザーの抵抗感は増し、スキップされる確率が高まってしまうのです。

強調しすぎたフォントを避けたり、すでにバズっている投稿を真似したり、ユーザーに違和感なく見られるような工夫を凝らしましょう。

上下に重要なコンテンツを配置しない

ストーリーズでは、画面上部の約14%(250ピクセル)に アイコンや名前が、下部の約14%には前述の通り「詳しくはこちら」などのアクションボタンが表示されます。

また、リールでも下部に名前や使用音源が表示されます。

ストーリーズやリールの動画広告を作成する場合は、上下に重要な情報を入れないほうがよいでしょう。

実際に広告動画を投稿する際には、スマホで見たときに重要な情報が被っていないかを「プレビュー」で確認すべきです。

ループしても違和感がないようにする(リール広告)

リールはストーリーズと異なり、動画を見終わったあとに次の動画に飛ばないのが特徴です。

そのため、ループしても違和感がない動画にすれば、動画の表示時間が長くなるでしょう。

むしろ「ループしてでも見たい」という動画であればバズる可能性も高まり、より拡散されるため宣伝効果もアップします。

Instagramが挙げる「おすすめ動画に選ぶ観点」を意識する

ヘルプページの「おすすめ動画に選ぶ観点」を意識して動画制作を行うことも、非常に大切なポイントです。

Instagramのヘルプセンターの「リールに関するQ&A」では、「Instagramにはどのような種類のリール動画が表示されますか。」という質問の回答として「おすすめ動画に選ぶ観点」「おすすめされにくい動画のポイント」が挙げられています。

これはリールだけではなく、広告も含めた投稿全体に言えることでしょう。

以下の観点でおすすめのリール動画を選んでいます。

  • 幅広いオーディエンスに面白いと感じてもらえる可能性がある
  • 創造力をかき立てるものである(例: 他の利用者が参加できる新しいトレンドを作る)
  • リールの音源ツールを使用してInstagramミュージックライブラリの曲またはオリジナル音源を追加している縦向きで撮影されている
  • コミュニティに関連のある有意義な出来事を表現している
  • 多様なバックグラウンドや考え方を持つクリエイターの作品である

以下の内容にあてはまるリール動画は表示されにくくしています。

  • ぼやけている、低解像度である、枠線、ロゴまたはウォーターマークがある、画像の大部分がテキストで覆われている
  • オリジナルの動画ではない
  • 政治問題を扱っている、または政治家や政党、政府関係者(またはその代理人)によって作成されている

Facebookのコミュニティガイドラインへの違反(例: ヘイトスピーチや過度な暴力描写を含む)やおすすめに関するガイドラインへの違反がある

引用元:リール | Instagramヘルプセンター

まとめ

instagram-video-advertising

いかがでしたでしょうか?

動画広告は静止画の広告と比べ情報量が多く詰め込めますが、その詰め込み方に工夫をしないと、ユーザーにすぐに飛ばされてしまいます。

しかし逆に言えば、動画広告がバズって想定以上の反響が来る可能性も大いにあるということです。

動画広告を作成する際は、本記事の記載事項を参考にされてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

「リール」の作り方を動画でわかりやすく解説▼

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」(運営:Find Model)では、Instagramアカウント運用・SNSマーケティングのプロフェッショナルが貴社ブランドの成長のためにお力添えさせていただきます。

Instagramアカウント運用、ひいてはSNSを活用した施策でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事