instagram-reel-housing-3

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

近年、TikTokを先駆けとして、短い尺で楽しめる動画コンテンツが普及しています。

Instagramにおいてもショート動画機能であるリール動画が導入され、現在ではリール動画用ホームタブからフォロー外のアカウントのリール動画も発見できるなど、注目されている機能です。

今回は、そんなInstagarmの機能であるリール動画の活用が上手い不動産系のアカウント5選をご紹介します。

不動産系アカウントでは部屋の内装や街の雰囲気を伝えるといった目的のため、動画とはかなり相性のいいジャンルです

リール動画を閲覧してもらうためどんな工夫をしているかといったポイントも踏まえてご紹介していきますので、ぜひご一読ください。

あわせてチェック▼
わかりやすい!Instagram「リール(Reels)」の使い方をシンプルに解説

「リール」の作り方を動画でわかりやすく解説▼

【事例】リール動画の活用が上手い不動産系アカウント5選

instagram-reel-housing-1

それでは早速、リール動画の活用が上手い不動産系アカウント5選をご紹介します。

Simple NAIKENでお部屋探し🏠

まず初めにご紹介するリール動画の活用が上手い不動産系アカウントは、Simple NAIKENでお部屋探し🏠 さんです。

instagram-accounts-reel-housing-2

画像:@simplenaiken| Instagram

アカウント:@simplenaiken | Instagram

フォロワー:約2万人(※2022年9月現在)

Simple NAIKENでお部屋探し🏠さんのアカウントは、「リアルに住めるちょっぴりおしゃれなお部屋」をテーマに物件を紹介しているアカウントです。

上記画像のリール動画のサムネイルはほとんどが白い内装・照明などで色が整っており、つい目が留まりそうな内観をしています。

リール動画はフォロワー以外の目にも触れやすいといった特徴があるので、サムネイルや動画の冒頭の数秒にインパクトを持ってくることが重要です。

 

上記は大阪旭区にある物件を紹介したリール動画です。

動画ではマンションの外観を映したのちに、内装をノーカットで歩いて進みながら紹介しています。

写真でスペースごとに切り分けて紹介される場合とは違い、部屋から部屋に歩いて進んでいるため、より部屋の導線や配置が伝わりやすくなっています。

また、冒頭部分で”これどういう構造?”という字幕を付けたり、”少し変わった構造のマンションを紹介します”といったナレーションを付けることによって、ユーザーの興味を引き、閲覧し続けてもらう効果を果たしています。

また、動画キャプション内でも”半地下とロフトのある生活ってどう?”などと呼び掛けており、ユーザーが物件に興味を持つようなフレーズをあらゆるところに入れています。

多くのユーザーの目に触れやすい分、数秒で他動画に流動されやすいといった特徴があるリール動画においては、上記のように動画に興味を持ち続けてもらうための工夫が重要となりますね。

だい◯不動産

次にご紹介するリール動画の活用が上手い不動産系アカウントは、だい◯不動産 さんです。

instagram-accounts-reel-housing-1

画像:@life_produce| Instagram

アカウント:@life_produce | Instagram

フォロワー:約1.8万人(※2022年9月現在)

だい〇不動産 さんは、一人暮らし専門の不動産屋として不動産仲介をされています。

多くの不動産仲介業者やアカウントが存在する中で、あえて一人暮らしのユーザーにターゲットを絞ることによって差別化を図ることはとても有効です。

上記のリール動画では、サムネイルに”【癖あり物件】閲覧注意”といった文字を入れています。

止められると逆に見たくなる”という人間の心理をうまく活用したフレーズであり、ユーザーが「どんな点が癖ありなんだろう」と興味を抱き、見続ける効果を果たしています。

現在部屋を探している人に絞らず、多くのユーザー層が関心を抱き、閲覧し続けるようなリール動画を作成することによって、現在はまだ部屋を探していないが、いつかは引っ越したいと考えている潜在顧客にもアプローチすることが可能です。

また、上記のリール動画では賃料・条件などの重要情報を動画の最後の部分で表示させる編集を行っており、それまでは字幕などによる詳細情報はほとんど表示していません。

間取りを他の情報ゼロで閲覧してもらうことによって、より部屋の内装に注目して閲覧してもらうことが可能です。

また、重要情報を見たい=興味関心が高いユーザーに対しては、最後まで動画を閲覧してもらう効果もあります。

一辺倒になってしまいがちな部屋の紹介のリール動画においては、

・その部屋の特徴を分かりやすい表現やフレーズで伝えること

・閲覧し続けてもらうために動画の後半にも情報を入れること

が重要となりますね。

QOLUPROOM『必ず見つかる』お部屋探し

続いてご紹介するリール動画の活用が上手い不動産系アカウントは、QOLUPROOM『必ず見つかる』お部屋探し さんです。

instagram-accounts-reel-housing-3

画像:@qol_up_room| Instagram

アカウント:@qol_up_room | Instagram

フォロワー:約1.6万人(※2022年9月現在)

QOLUPROOM『必ず見つかる』お部屋探し さんは、”QOL UP物件”と名付け、生活の質が上がるような物件の紹介をしています。

QOLUPROOMさんのアカウントでは、毎日18時と時間を決めて投稿を行っています

時間を決めた投稿を行うことで、フォロワーの生活に入り込むことができ、アカウントをより身近に感じてもらったり、投稿を閲覧してもらいやすくなります。

リール動画投稿のサムネイルでは、「豊洲一のタワマン」「近未来都市」など部屋ごとにキャッチフレーズを付けています

部屋の特徴を文字にすることで覚えてもらいやすい・興味を引くことができるといった役割があり、とても有効な方法です。

上記のリール動画では、間取り図を右上に表示しながら、部屋の内装を撮影しており、より部屋の作りを想像しやすくなる工夫がされています。

一方、気になる情報である家賃はリール動画内ではなくキャプションに記載しています。

上記の方法でキャプションを閲覧してもらうことで、アカウントに飛んでもらうことを訴求できるといった効果も期待できます。

リール動画を投稿する際は、投稿の閲覧で終わらず、アカウント自体に興味を持ってもらえる・フォローしてもらえる工夫をしていきましょう。

関連記事【事例】Instagramリール活用が上手いヘアケアブランド5選

アイズルーム「絶対に住みたい」を叶えるお部屋探し

続いてご紹介するリール動画の活用が上手い不動産系アカウントは、アイズルーム「絶対に住みたい」を叶えるお部屋探し さんです。

instagram-accounts-reel-housing-4

画像:@is_room_ | Instagram

アカウント:@is_room_ | Instagram

フォロワー:約3.2万人(※2022年9月現在)

アイズルーム「絶対に住みたい」を叶えるお部屋探し さんは、”洋服やヘアスタイルにこだわるように、住む家にもこだわりたい”というキャッチフレーズを掲げ、おしゃれな部屋に特化して物件紹介をしています。

ストーリーズではオシャレな家具を紹介しているなど、ターゲットとなるユーザーにとって有益な情報を発信し続けていることが伺えます。

リール動画では、マンションの外観・内装・部屋から見た景色といった情報を動画で提供し、それぞれのメリットや情報・ポイントを字幕で解説しています。

上記では階段がある物件の紹介を行っています。

部屋の配置が写真や間取り図では伝えにくい構造である場合は、特にリール動画で紹介することが有効となります。

また、キャプション内では”ストーリーズでリールや投稿に載せていないお部屋をご紹介してます”といった文章も記されており、投稿だけで閲覧を終了されないよう、アカウントへの流入の訴求も忘れていないのがポイントですね。

響(kyo)

最後にご紹介するリール動画の活用が上手い不動産系アカウントは、響(kyo)さん です。

instagram-accounts-reel-housing-5

画像:@kyo_clock | Instagram

アカウント:@kyo_clock | Instagram

フォロワー:2.4万人(※2022年9月現在)

響(kyo)さんは建築デザイナーで、中古マンションのリノベーションをされています。

カスタマーに対しては物件探しからお手伝いをされているようで、不動産仲介の役割も担っていることが伺えます。

通常の写真投稿ではリノベーションを行う際のポイントを解説したり、スート―リーズのハイライトでは中古物件を購入する際の知識をまとめていたりと、物件に関する様々な情報を投稿しています。

物件からインテリアまで幅広い有益情報を提供するアカウントとして、”いい部屋に住みたい”と考えている多くの人に支持されているアカウントであることが伺えますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

響(kyo)(@kyo_clock)がシェアした投稿


一方、リール動画では細かい情報は提供しておらず、部屋のオシャレな雰囲気やインテリアを見せています。

上記のリール動画では”ソファに座った瞬間に部屋が朝から夜に切り替わる”という演出をすることで、より一層雰囲気を際立たせていることが感じられますね。

他リール動画でも、オシャレな部屋作りを好むユーザーが憧れるようなデザイン性の高い部屋の内装や、リノベーションのビフォーアフターを動画にしています。

響(kyo)さんのアカウントでは、

・多くのユーザーの目に付きやすいリール動画→情報性の高さよりもコンテンツとして楽しめるような投稿を行う

フォロワーが閲覧することが多いストーリーズや通常の写真投稿→文字や図を多めに活用した情報性の高い投稿を行う

と、訴求できるユーザーによって投稿の種類を分けていることが分かりました。

Instagramアカウントの運用を行う際は、投稿の種類によって情報を分けることで、よりリーチを伸ばしていきましょう。

まとめ

instagram-reel-housing-2

リール動画の活用が上手い不動産系アカウント5選をご紹介しましたが、いかがでしたか。

不動産系アカウントは、部屋の内装を映す際に動画を使用することが有効となるため、リール動画とは相性のいいジャンルです。

その分、類似してしまいがちな投稿が埋もれないよう、投稿を見続けてもらう工夫が必要となることが分かりました。

この記事を参考にリール動画を作成し、アカウント・投稿へのリーチ数を増やしていきましょう!

「リール」の作り方を動画でわかりやすく解説▼

あわせて読みたい

わかりやすい!Instagram「リール(Reels)」の使い方をシンプルに解説

【美容・コスメ】Instagramまとめ機能の使い方が上手いブランド5選

【無料】

【美容・コスメ・ファッション編】企業のInstagramリール活用事例

資料プレゼント

【美容・コスメ・ファッション編】企業のInstagramリール活用事例資料を掲載しています。

無料でダウンロードできますので、あわせてご活用ください。

⇒ ダウンロードページは こちら

instalab-logo-from-202101月間180万PVを超える本メディア「インスタラボ」(運営:Find Model)では、Instagramアカウント運用・SNSマーケティングのプロフェッショナルが貴社ブランドの成長のためにお力添えさせていただきます。

Instagramアカウント運用、ひいてはSNSを活用した施策でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの記事