home-chintai-instagram-image

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

近年、住宅や賃貸の情報をSNSで検索して参考にする人が増えています。

特にマイホームの購入や引っ越しといったライフイベントでは、SNS上に投稿されているリアルな感想や口コミによって、購入者の選択を左右するまでSNSが重要視される時代になりました。

中でもInstagramは、綺麗な写真コンテンツを活かした情報発信ができるため、ユーザーの購買意欲にインパクトを与えることが可能です。

本記事では、「住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選」と題し、Instagramキャンペーンを活用して、成約獲得やブランディングの向上に繋げている事例をポイントと合わせて紹介しています。

ぜひ最後までご覧ください!

住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選

real-estate-company-Instagram-campaign

それではさっそく、住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選をご紹介していきましょう。

積水ハウスのInstagramキャンペーン

sekisuihouse-instagram-campaign

画像:SEKISUI HOUSE 「オーナー様限定 Instagramキャンペーン Photoコンテスト #わが家の幸せ時間」

まず最初に紹介する「住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選」は、積水ハウスの「オーナー様限定 Instagramキャンペーン Photoコンテスト #わが家の幸せ時間」です。

当キャンペーンは、

  • オーナー様限定
  • ハッシュタグ「#わが家の幸せ時間」「#積水ハウスファミリー」を付ける
  • 家族と過ごす幸せなひとときを撮影

という条件で募集され、抽選で一眼レフカメラや調理家電など豪華賞品が当たる、オーナー限定のハッシュタグキャンペーンです。

今回のInstagramキャンペーンのポイントとして、

  • オーナー(既存顧客)限定のキャンペーン
  • UGCの効果を引き出すハッシュタグキャンペーン

という2点が挙げられます。

 

企業がオーナー(既存顧客)限定のキャンペーンを実施することは、住宅を購入してくれたユーザーへの感謝を伝えることでもあります。

住宅を購入してくれたユーザーとのアフターコミュニケーションを続けることで、SNS上にポジティブな口コミや投稿を増やしていくことに繋げられるでしょう。

そして既存顧客から新規顧客への新規開拓にもなり、とても良いラインが自然と作られるキャンペーンです。

 

また、UGC(=一般ユーザーによって作られた投稿)を促すキャンペーンの場合には、ハッシュタグキャンペーンの設定が非常に重要になります。

 

今回の事例では、「#わが家の幸せ時間」というハッシュタグと、「コンテスト形式」が採用されていることで、

  • 日常のあらゆる場面の写真が条件に含まれるため、参加しやすい。
  • コンテスト形式のため、高クオリティの写真が集まりやすい。

といったメリットが見受けられ、UGCの効果を活かせるハッシュタグキャンペーンになっていることが分かりますね。

新規で住宅購入を検討しているユーザーはキャンペーンに参加は出来ないものの、参加条件であるハッシュタグを追うことで購入後のイメージも付きやすく、購入までのステップを後押ししてくれます。

 

特に、写真コンテンツに特化したInstagramとフォトコンテストは、相性のいいキャンペーンなのでぜひ覚えておきましょう!

いい部屋ネットのInstagramキャンペーン

次に紹介する「住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選」は、いい部屋ネットの「#わたしの暮らす部屋 写真投稿キャンペーン」です。

フォロワー1万人突破記念として行われた当キャンペーンは、

  1. アカウントをフォロー
  2. ハッシュタグ「#わたしの暮らす部屋」を付けて
  3. 素敵なお部屋やお気に入りスペースの写真を投稿

することで、抽選で10名にルームフレグランスが当たる内容になっています。

また上記の事例では、

  • フォロワー1万人突破記念という注目の集まるタイミングでキャンペーンを打ち出している。
  • 企業アカウントの「TOP画像」「キャッチコピー」と同じフレーズをハッシュタグに用いている。

点が参考にしたいポイントですね。

 

”フォロワー1万人突破”など、アカウントフォロワー数の節目は、

  • 企業の勢いをアピールすることができる。
  • 注目を集めることで、瞬間的な売り上げを獲得できる

など、企業のマーケティングにとって絶好のチャンスでもあります。

キャンペーンの情報とともに「1万人突破」という情報を提げて拡散されれば、気になったユーザーがアカウントへ訪れるなど、更なる新規ファンの獲得にも期待ができます。

また、応援してくれるフォロワー(ファン)は、企業アカウントのフォロワー“5000人”や“1万人”という節目の突破にも注目していることが多いです。

この機会を逃さず、お得な情報や楽しいキャンペーンを打ち出すことで、商品の売上アップや更なる認知拡大を目指しましょう。

 

また、もう一点のポイントとして、ハッシュタグ選びにも工夫が見受けられます。

ハッシュタグに使われている「#わたしの暮らす部屋」というフレーズは、TOP画像やアカウント名の中でキャッチコピーのように使われており、ハッシュタグキャンペーンが、直接ブランドイメージを想起させるように設定されています。

Instagramアカウントを運営する目的や伝えたいテーマなど、軸に沿ったキャンペーンを実施することで、ブランドイメージを定着させていきましょう。

トヨタホーム愛知のInstagramキャンペーン

続いて紹介する「住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選」は、トヨタホーム愛知の「フォロワー様限定 トヨタホーム愛知 お正月プレゼントキャンペーン」です。

フォロワー限定で抽選1名に最新のオーブンレンジが当たるという内容になっています。

 

特に参考にしたいポイントは、

  • ファン(ユーザー)への感謝が強く伝わる内容になっている。
  • 賞品の魅力が詳細に紹介し、キャンペーンへの参加意欲を向上させている。

という点です。

フォロワー(ファン)限定の「お年玉企画」として日頃の感謝を伝えるキャンペーンとして、投稿の紹介文にもファンに対する感謝の思いが丁寧に綴られていますね。

更にこの投稿に対し、ファンからは温かい返事(コメント)が寄せられており、企業とファンの間で理想的な信頼関係が構築されていることを窺い知ることができます。

 

また、投稿されている画像の中では、キャンペーンの賞品であるオーブンレンジの魅力が、具体的に紹介されていることが分かります。

当然ながら賞品が魅力的であればあるほど、キャンペーンに対しての参加意欲の向上が見込め、更にはキャンペーンに参加するためにフォローしてもらえることで、新規ファンの獲得にも期待ができます。

今回のファン限定キャンペーンの事例では、賞品の素晴らしさが伝われば伝わるほどに、「応援してくれるファンの皆様のために素晴らしい賞品を用意しました」という意味合いが伝わり、ユーザーに対する感謝の表現にもなりますね。

ジブンハウスのInstagramキャンペーン

jibunhouse-instagram-campaign-himekurijibun

画像:ジブンハウス「日めくりジブン Instagramキャンペーン」

続いて紹介する「住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選」は、ジブンハウスによる「#日めくりジブンキャンペーン」です。

これまでに過ごした思い出を振り返って、お気に入りの写真に、「#日めくりジブン」をつけて投稿することで、抽選で50名に「なつかしおかしつつみセット」が当たるハッシュタグキャンペーンとなっています。

「#日めくりジブンキャンペーン」で参考にしたいポイントとして、

  • 当選者を多く設定することで、参加率の向上に繋げている。
  • 定期的に複数回キャンペーンを実施することで、常にユーザーの関心を惹きつけている。

という点が挙げられます。

今回の事例では当選者が50人と多めに設定されており、ユーザーが当選に高い期待を持つことでキャンペーンの参加率が上がり、

  • 話題性による認知拡大
  • ファンのロイヤリティ向上

などのメリットを最大限に得ることに繋がります。

 

また、ジブンハウスでは、テーマを変えながら定期的に複数回のキャンペーンを実施しており、常にユーザーに楽しい話題を提供することで、

  • ユーザーを飽きさせない
  • 企業とフォロワーの日常的なコミュニケーションが生まれる

など、Instagramキャンペーンを上手に活用しています。

企業は、同じ予算の中でも、賞品の価格帯や当選数を調整してキャンペーンを複数回に分けるなど、目的に合わせた戦略で集客や売り上げに繋げていきましょう。

住友林業のInstagramキャンペーン

最後に紹介する「住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選」は、住友林業のインスタライブ機能を用いたキーワードキャンペーンの事例です。

オーナー宅の見学会のインスタライブ中に発表されるキーワードを応募条件とし、抽選でプレセントが当たるという珍しい事例になっています。

 

インスタライブ×キーワードキャンペーンを組み合わせることで、

  1. インスタライブの視聴維持率の向上に繋がり、
  2. 自社の住宅の魅力を余すことなく伝えられる。

というメリットを得ることができます。

 

インスタライブなどのライブコンテンツでは、「ユーザーをどれだけライブに引きつけられるか」が重要です。

今回の住友林業の事例では、

  1. キャンペーン応募の鍵となるキーワードがインスタライブ中に発表されることをあらかじめアナウンス
  2. 視聴者に「キーワードが気になる」と思わせることで、インスタライブの内容に集中させる

という仕組みになっています。

インスタライブの視聴維持率を高めることで、自社商品の魅力を余すことなくユーザーにプロモーションすることができますね。

インスタライブに限らず、SNSのライブ機能を利用する際には、視聴者をライブに滞在させる工夫を心がけましょう。

まとめ

real-estate-company-Instagram-campaign1

今回は、「住宅・賃貸企業のInstagramキャンペーン事例5選」と題し、住宅や賃貸企業がインスタグラムキャンペーンを活用している事例を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ハッシュタグキャンペーンを一つとっても、ハッシュタグの選び方や賞品の選定など、細かな工夫によってキャンペーンの効果は大きく変わります。

ぜひ本記事を参考にして、今後のインスタグラム運営に活かしていきましょう!

 

あわせて読みたい

 

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」(運営:Find Model)では、Instagramアカウント運用・SNSマーケティングのプロフェッショナルが貴社ブランドの成長のためにお力添えさせていただきます。

  • Instagramアカウント設計、KPI設計
  • Instagramのコンテンツ作成
  • 炎上対策
  • フォロワーとのコミュニケーション
  • Instagramキャンペーンの実施
  • Instagramアカウントの分析レポート

など、専門チームがつき、あなたのInstagramアカウントを理想の状態に運用代行させていただきます。

Instagramに力を入れたいが人が足りないなどお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事