man-influencer

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

SNSで活躍するインフルエンサーが注目される中で、みなさんはTwitterで活躍する人気の男性インフルエンサーをご存知でしょうか?

Twitterで活躍するインフルエンサーの方々は、様々な専門性やカリスマ性を発揮して男女問わず多くのファンを抱えTwitterを盛り上げています。

そこで今回は、Twitterで人気の男性インフルエンサーをご紹介。あわせて、男性インフルエンサーが企業とタイアップをした事例も併せて紹介していきます。

Twitterで人気の男性インフルエンサーにはどのような方がいるのか、また、どのような形で企業とのタイアップ(インフルエンサーマーケティング)を行っているのかを学ぶ参考としてぜひ最後までご覧ください!

Twitterで人気の男性インフルエンサー3名と企業とのタイアップ成功事例

twitter-man-influencer

それではさっそく、Twitterで人気の男性インフルエンサー3名と企業とのタイアップ成功事例についてご紹介していきましょう。

shin5 (@shin5mt)

twitter-shin5-top

画像:shin5(@shin5mt)|Twitter

Twitterアカウント:shin5(@shin5mt)|Twitter

フォロワー数:約19.3万人(2022年1月現在)

 

まず最初に紹介するTwitterで人気の男性インフルエンサーは、「shin5 (@shin5mt)」さんです。

shin5さんは、サラリーマンとして会社に勤めながら、奥さんをはじめとする家族との日常を描いたTwitterで人気のインフルエンサーです。

Twitterの内容が共感を呼び、漫画や小説化に発展するなど、大きな注目を集めています。

 

特に最近の投稿では、LINEの切り抜きで描かれる夫婦模様のツイートが人気です。

4コマ漫画のように展開が分かりやすくまとめられていて、最後のオチでは思わず笑ってしまうような心安らぐ投稿ですね。

日常の微笑しい夫婦の様子が、ユーザーに対して共感や憧れといった様々な感情を掻き立てる素敵な内容になっています。

shin5 (@shin5mt)さんの企業タイアップ事例

上記の投稿は、女性に人気のシューズブランド、mayla classicとのタイアップで、鍵付きのプレゼントボックスをプロモーションする投稿です。

  • 「鍵」というキーワードを含めて商品のポイントを説明
  • 「どうにかして開けたい」というワードで、企業ブランドがユーザーに体験して欲しいドキドキ感を表現

するなど、LINEを用いた夫婦の会話の中で、商品が自然とプロモーションされている点が素敵ですね。

 

本事例のように、インフルエンサーと企業とのタイアップでは、露骨なプロモーションにならないように配慮することで広告臭が減り、ユーザーから共感を獲得しやすいPRを行うことができます。

shin5さんのように、自然なプロモーションでユーザーの共感や興味を引き出すことができるインフルエンサーはぜひチェックしておきたいですね。

関連記事
インフルエンサーマーケティングとは? 基礎から応用まで5分で理解!

 

ぼく◓いらすと料理家 (@boku_5656)

twitter-boku-illust-mangaka-top

画像:ぼく いらすと料理家 (@boku_5656)|Twitter

Twitterアカウント:ぼく◓いらすと料理家 (@boku_5656)|Twitter

フォロワー数:約36.9万人(2022年1月現在)

 

次に紹介するTwitterで人気の男性インフルエンサーは、「ぼく◓いらすと料理家 (@boku_5656)」さんです。

ぼく◓いらすと料理家さんは、イラストレーターと料理家として活躍するインフルエンサーです。

Twitterでの人気にとどまらず、イラストで紹介するレシピ本を発売するなど、特技を活かしたお仕事で活動されています。

上記の投稿のように、最近では主に、自宅で作れる料理レシピの紹介をしています。

投稿に詳細にに目を向けると、

  • 自身の投稿のコメント欄でレシピの詳細を紹介
  • 参考にしてくれたユーザーの投稿をリツイート

などの工夫でユーザーと積極的にコミュニケーションを取る様子が伺えますね。

ぼく◓いらすと料理家 (@boku_5656)さんの企業タイアップ事例

上記は全日本氷糖工業組合とのタイアップで、【氷砂糖しろっぷ】のレシピ紹介を通して、商品の氷砂糖をプロモーションするツイートです。

得意のイラストを活かした紹介で、ユーザーの目に止まりやすい、かわいいプロモーションになっていますね。

また、アレンジレシピを載せていることで、見た人の「このレシピを試してみたい」という欲求を上手く刺激し、購買意欲を高めています。

料理家とイラストレーターとしての説得力をふんだんに活かしたプロモーションです。

さらに、コメント欄にてユーザーからの質問にも丁寧に回答してくれているため、商品購入を迷っている人の不安を解消している点も見逃せません。

ぼく◓いらすと料理家さんは、イラスト×料理という二つの特性を活かせるので、幅広いプロモーションに応用できそうな魅力的なインフルエンサーですね!

関連記事

 

やしろあずき (@yashi09)

twitter-yashiroazuki-top

画像:やしろあずき (@yashi09)|Twitter

Twitterアカウント:やしろあずき (@yashi09)|Twitter

フォロワー数:約54.5万人

 

最後に紹介するTwitterで人気のをメインに活動する男性インフルエンサーは、「やしろあずき (@yashi09)」さんです。

やしろあずきさんは、漫画コンテンツを投稿するブロガーとしても活躍する人気インフルエンサーです。

 

Twitterでも、ユーモアやジョークを盛り込んだ漫画コンテンツで、ユーザーに楽しいツイートを届けています。

自身も漫画のキャラクターとなることで、ユーザーとの距離感を縮め、ユーザーからの愛着を獲得することに成功しています。

投稿に寄せられている「いいね」や「リツイート」の数からも、やしろあずきさんの人気が伝わってきますね。

やしろあずき (@yashi09)さんの企業タイアップ事例

上記の投稿は、Philips Japanとのタイアップで、髭剃りをプロモーションしているツイートです。

漫画の特性を活かしたポイントとして次の点が挙げられます。

  • イラストと文字を用いることで、Twitter特有の情報量の少なさを補い、商品を丁寧に解説している
  • 漫画としてジョークやオチを楽しめるので、PR投稿であってもユーザーが離脱しづらい

 

漫画だからこそ、登場人物の会話や解説などを通じて、たくさんの情報を折り込むことに成功していますね。

また、ジョークや細かなツッコミの描写で、思わずPRであることを忘れてしまうような笑いのあるコンテンツになっています。

通常、PR投稿は、広告と認識されることで閲覧数が下がってしまいがちですが、興味が湧き立つような企画力の高いPRを行うことで、ユーザーの関心を集めることに成功しています。

インフルエンサーマーケティングを行う際は、宣伝とわかっていても見たくなってしまう企画力の高いコンテンツ(=エンタメ性が高い、有益性が高い)を提供していきましょう。

関連記事
施策に起用したい!SNSで人気の漫画・イラストインフルエンサー13名

 

まとめ

business-man

さて、今回はTwitterで人気の男性インフルエンサー3名と企業とのタイアップ成功事例についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

Twitterでは、

  • イラストや漫画といったインフルエンサーの特性を活用する
  • コメント欄でコミュニケーションを取りながら情報を補完する

などの工夫をすることによって、より魅力的なタイアップに繋がることがわかりましたね。

また、インフルエンサーのTwitterアカウント運用を見ていく中で、Twitterでユーザーの関心を集めるポイントについても理解を深めることができたと思います。

ぜひ、今後のTwitterマーケティングの参考にしてみましょう。

 

あわせて読みたい

 

▼こちらもチェック▼
インフルエンサーマーケティングの基礎から成果を出す実践方法のすべて

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、インフルエンサーマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • 施策目的に最適な「本物の」インフルエンサーキャスティング
  • インフルエンサーのマネジメント
  • PR実施ディレクション
  • 下書きチェック、ステマ防止
  • 効果分析レポーティング

まで、ワンストップで提供させていただきます。

過去PR成果データも豊富に蓄積されていますので、高い成果が期待できる目的に沿ったインフルエンサー選定・施策の実現が可能です。

貴社に親和性の高いインフルエンサーの紹介とお見積も無料でご提供しておりますので、是非お気軽にご相談ください。

希望のインフルエンサーが見つかります

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事