fashion-brand-eyecatch

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

洋服は私たちの生活に欠かせないアイテムです。毎日必要なものだからこそ、自分なりのこだわりを持っている人も多いのではないでしょうか。

お気に入りのファッションブランドがたくさんある!という人も少なくないはず。

企業にとっても同様で、生活に欠かせないファッションアイテムだからこそ、効果的にターゲットとなる消費者に届けたいと考えています。

現代では消費者へのアプローチ方法には様々なものがありますが、人気SNSであるTwitterを活用してマーケティングを行っているファッションブランドも多くあります。

そこで今回は、ファッションブランドが行ったTwitterキャンペーン事例を5つご紹介します。

マーケティングで参考になるポイントもあわせて解説していますので、ファッションブランドのTwitterキャンペーンを行う際のヒントとして是非お役立てください。

ファッションブランドのTwitterキャンペーン集客成功事例

では早速、ファッションブランドのTwitterキャンペーン集客成功事例を5つご紹介します。

samanthaホリデープレゼントキャンペーン

twitter-campaign-fashion-samantha-tavasa

画像:サマンサグループのポップアップショップが12月11日から12月25日までの期間限定で開催決定!「Samantha Holiday Trip」にご招待|PRTIMES

はじめにご紹介するファッションブランドのTwitterキャンペーン事例は、Smantha Group Official informationによる「samanthaホリデープレゼントキャンペーン」です。

このTwitterキャンペーンは、指定されたアカウントのフォロー+該当ツイートのリツイートで応募が完了する「フォロー&リツイート形式」で実施されています。

応募した方から抽選で107名に、サマンサグループのおすすめアイテムがプレゼントされます。

Samantha Tavasaと言えば、女性向けのブランドとしてすっかりお馴染み。知名度が高くなるほど、ファンも多いはず。ファンからすればとても嬉しいキャンペーンですよね。

 

このキャンペーンの特徴は、応募するためには、サマンサグループに属する6ブランド

  • Samantha Tavasa
  • SAMANTHAVEGA
  • Samantha Thavasa Petit Choice
  • Samantha Tiara
  • Samantha Thavasa UNDER25 & NO.7
  • KINGZ

全てのアカウントのフォローが必要だということです。

サマンサグループに属するブランドの中で、もっとも知名度のあるブランドはThamantha Tavasaですので、「Thamansa Tavasaは好きだし、アカウントもフォローしているけれど、他のブランドのアカウントはまだフォローしていない…」という方々も少なくないはず。

このTwitterキャンペーンは、そんな既存顧客に、より幅広いブランド・商品へ興味を持ってもらう機会を作り出しています。

知名度の高いブランドの商品だけでなく、同グループの他の商品にも興味を持ってもらいたい、という場合に参考にしたい方法です。

また、キャンペーンはクリスマスシーズンに開始されており、ブランドへの関心が高まっているタイミングでキャンペーンを実施している点も参考にしたいポイントです。

関連記事
【クリスマス 編】Twitterキャンペーン・プロモーション事例まとめ

 

オンラインショップ11周年記念 6日間連続コーデまるごとプレゼントキャンペーン

次にご紹介するファッションブランドのTwitterキャンペーン事例は、Honeysによる「オンラインショップ11周年記念 6日間連続コーデまるごとプレゼントキャンペーン」です。

プチプラなのにおしゃれ!ということで、若い女性を中心に人気を集めているファッションブランドHoneys。こちらのキャンペーンも、最も一般的な「フォロー&リツイート」形式で実施されています。

当選者には、トップスやボトムスはもちろん、靴やカバンに至るまで全身コーディネートが丸ごとプレゼントされました。

掲載されているコーディネートはどれもおしゃれで魅力的です。ターゲット層の心をしっかりと掴むTwitterキャンペーン内容ですね。

このキャンペーンの大きな特徴は、以下の2点です。

  • フォロワーが#(ハッシュタグ)をつけてツイートするよう工夫している
  • キャンペーンのアフターフォローをしている

キャンペーンや、ブランドの認知度を上げるためには、リツイートだけでなく#(ハッシュタグ)を使ってフォロワーに参加してもらうことが重要です。

このキャンペーンは、応募自体はフォロー&リツイートで完了しますが、それに加えて、「#ハニキャン」「#ハニジョ」などのハッシュタグと共に11周年のお祝いメッセージやキャンペーンへの思いをリプライすると、当選確率が上がる「ダブル応募」という仕組みも設けられています。

当選確率が上がるというメリットをフォロワーに感じてもらうことで、#(ハッシュタグ)をつけたリプライをしてもらえる可能性が高まります。

キャンペーンに参加してくれたフォロワーをもう一押しして、より積極的にツイートしてもらうこの方法は、ぜひ真似したいですね。

 

また、このキャンペーン終了後には、オンラインショップでのお買い物が8%オフになるというクーポンが配布されました。

抽選に外れた方に対するアフターフォローもしっかりとされています。

こうしたアフターフォローをすることで、フォロワーの気持ちをブランドにぐっと引きつけることができます。ぜひ参考にしたいですね。

「#わたしとマザーハウス」キャンペーン

motherhouse-top

画像:「#わたしとマザーハウス」キャンペーン | MOTHER HOUSE

次にご紹介するファッションブランドのTwitterキャンペーン事例は、マザーハウスによる「#わたしとマザーハウス」キャンペーンです。

財布やバッグ、ジュエリーなどを主に販売しているマザーハウス。

このTwitterキャンペーンは、ブランドの15周年記念として開催され、マザーハウスの製品を購入したことがあるユーザーへ、マザーハウス製品との思い出やエピソードの投稿が呼びかけられました。

キャンペーンに参加した方を対象にしたオンラインイベントが開催された他、投稿者全員に15周年限定ステッカー、投稿が選ばれた方にはこれまでに販売されていないレアアイテムがプレゼントされました。


このキャンペーンの特徴は、キャンペーンの目的が「既存顧客とのエンゲージメント強化」に絞られていることです。

マザーハウス製品との思い出を投稿するというキャンペーン内容から、投稿者は既存顧客に絞られます。

このことから、もともとブランドのファンである方に、もっと愛着を持ってもらいたいという目的のキャンペーンであることが分かります。

公式サイトのキャンペーン詳細ページには、フォロワーから寄せられたマザーハウスとのエピソードが掲載されている他、

  • 「投稿されたエピソードには、マザーハウスの代表、副社長、スタッフが全て目を通す」という旨、さらに
  • 「マザーハウスの製品を生産している他国のスタッフにも翻訳して届ける」

という旨が記載されています。

このような対応から、企業側が並々ならぬ熱量でこのキャンペーンに取り組んでいることが分かります。

その気持ちはきっと顧客へも伝わっているはず。

企業の熱意に触れた顧客は、ますますブランドへの愛着を深めてくれるでしょう。

また、投稿者全員に対して15周年の限定記念ステッカーがプレゼントされますが、受取りは店頭になっています。既存顧客に改めて店舗に足を運んでもらうきっかけ作りになっています。

このように、既存顧客のロイヤリティを向上させたいという場合は、徹底した「ファン向け」のキャンペーン作りを意識しましょう。

関連記事
SNSマーケティングとは?具体的な5つの手法と成功事例を徹底解説

 

〈WillLOUNGE〉2020 AW collection発売記念 プレゼントキャンペーン

nanouniverse-top

画像:〈WillLOUNGE〉2020 AW collection発売記念 プレゼントキャンペーン | nano universe

次にご紹介するファッションブランドのTwitterキャンペーン事例はnano universeによる「〈WillLOUNGE〉2020 AW collection発売記念 プレゼントキャンペーン」です。

こちらのキャンペーンも、アカウントのフォローとリツイートで応募ができる「フォロー&リツイート」形式で実施されています。

当選者には、ラグジュアリーホテル「MALIBU HOTEL」のスイートルーム宿泊券や、ホテルに隣接したレストラン「MALIBU FARM」のブランケットやマグカップ等、オリジナルグッズがプレゼントされます。


このキャンペーンの特徴は、ブランドのターゲット層に合わせた贅沢なプレゼントを用意することで、新規顧客獲得につなげていることです。

また、プレゼント商品が自社のアパレル製品ではなく、ホテルの宿泊券という異業種他社のサービスであるというところもポイントです。

今回キャンペーンを行っている「WillLOUNGE(ウィルラウンジ)」は、ラグジュリーなアイテムを販売する、30〜40代向けのブランドです。

そして、今回のキャンペーンで宿泊券がプレゼントされる「MALIBU HOTEL」は、神奈川県逗子市にあるスモールラグジュアリーホテル。客室数が11室とかなり少なく、それゆえに洗練された贅沢な時間を過ごすことができるというホテルです。

「MALIBU HOTEL」が打ち出しているイメージと、ブランドが想定しているターゲット層との親和性が非常に高いことが分かりますね。

このように、ブランドのターゲット層に合わせたプレゼントを用意することは、新規顧客獲得のために重要です。

ターゲット層の心をつかむような商品で、かつ、自社製品以外のものをプレゼントすることで、より多くの見込み客にリーチすることができます。

新規顧客の獲得を目的とする際は、ターゲット層に合わせたプレゼントを設定するようにしましょう。

アウター全品10%OFFのOUTER PARTYキャンペーン

coen-top

画像:Twitter フォロー&リツイート&コメントキャンペーン】お好きなアウターを抽選で3名様にプレゼント! | coen

最後にご紹介するファッションブランドのTwitterキャンペーン事例は、coenによる「アウター全品10%OFFのOUTER PARTYキャンペーン」です。

このキャンペーンに応募するためには、アカウントのフォローとリツイートの他に、「今年の秋冬に着たいアイテム」をコメントする必要があります。

応募者から抽選で3名に、coenのアウターがプレゼントされます。

このTwitterキャンペーンの特徴は、

  • 当選者が自らプレゼントを選べる
  • コメントを通じたリサーチを行なっている

という点です。

多くのキャンペーンでは、プレゼントされるアイテムはあらかじめ決まっています。

しかし、このTwitterキャンペーンでは、当選者は自分が欲しいcoenのコートをプレゼントに指定することができるのです。

選べるコートの幅も非常に広く、coenのオンラインストアで販売されているものであれば、どれでも選ぶことができます。色やサイズも選ぶことができるので、必ず自分に似合うものを選ぶことができます。

プレゼントを当選者に選んでもらうというのは珍しく、面白い工夫ですよね。

さらに、Twitterキャンペーン応募の際にコメントを募集することで、顧客の意見を直接ヒアリングすることもできています。

このように、キャンペーンという場を活かして積極的にリサーチをしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はファッションブランドのTwitterキャンペーン集客成功事例を5つ紹介しました。

プレゼントの内容や、キャンペーンの実施時期、ハッシュタグの活用など、各社それぞれに工夫されていましたね。

今回ご紹介した事例を参考に、今後のプロモーションにぜひお役立てください。

あわせて読みたい

 

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Twitterキャンペーン支援が可能です。

たとえば

  • 人気インフルエンサーの口コミでTwitterキャンペーンを広く拡散
  • Twitterユーザーへ直接届けるD2Cプレスリリース配信
  • Twitter広告・企業Twitterアカウント運用によるファン獲得

など、Twitterマーケティングでお力添えさせていただきます。

Twitterキャンペーンでお悩みの際にはお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事