母の日は毎日頑張るお母さんへの感謝を伝える良い機会。

そうした母の日にSNSを活用したキャンペーンを行い、お母さんへの感謝の気持ちを後押ししてくれる企業も多くあります。

今回は、そんな母の日をテーマにしたTwitterキャンペーンの事例を紹介してまいります。

工夫されていて参考になるポイントも詳しく解説していますので、母の日にTwitterを活用してキャンペーンを行う際にぜひお役立てください。

母の日をテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーション事例

mothers-day

それではさっそく、Twitterにて行われた母の日をテーマにしたTwitterキャンペーン事例を紹介していきましょう。

「#今年は僕が届けます」キャンペーン ~毎日のヒントを頼りに、Twitterで予想をつぶやこう!~

twitter-campaign-mothers-day-hana-cupid画像:花キューピット「#今年は僕が届けます」キャンペーン ~毎日のヒントを頼りに、Twitterで予想をつぶやこう!~|PRTIMES

まず最初にご紹介する母の日をテーマにしたTwitterキャンペーンは一般社団法人JFTD(花キューピット)と花キューピット株式会社が行なった「#今年は僕が届けます キャンペーン」です。

このTwitterキャンペーンは、キャンペーンの当選者1名に著名人が直接お母さんにお花を届けてくれるというプレゼント内容。ただし、お花を届けてくれる著名人は誰なのかがわからず、運営から毎日発信されるヒントをもとに誰が花を届けてくれるのかをTwitterで予想するというものです。

こちらのキャンペーンへはTwitterで花キューピット公式アカウントをフォローした上でハッシュタグ「#今年は僕がお届けします」をつけて予想コメントをツイートすることで応募できました。

このTwitterキャンペーンの面白いところは、キャンペーンに積極的に参加した人はプレゼントの当選確率が高まるという仕組みがある点です。

  • キャンペーンに応募し、さらに毎日のヒントをリツイートやいいねでたくさん拡散した人の中から抽選で1名にAmazonギフト券10,000円分&母の日特別お届けキャンペーンの当選確率が10倍
  • キャンペーンに応募し、見事に予想を当てた人の中から抽選で1名にAmazonギフト券10,000円分&母の日特別お届けキャンペーンの当選確率が5倍
  • キャンペーンに応募した方人の中から抽選で100名にAmazonギフト1,000円分

のように、Twitterキャンペーンに参加するだけではなく、参加者が当選確率を高めるためにキャンペーン自体を積極的に拡散・いいねするようにつくられています。

Twitterキャンペーン参加者によるUGC(ユーザー生成コンテンツ)が増えるとともに、Twitterキャンペーン自体も拡散されて話題になりやすくなる大変上手い企画です。

Twitterキャンペーン参加者とのコミュニケーションを行いやすく、その後のファン化を促しやすい点もメリットとなりますので、是非参考にしたいポイントです。

ちなみに、2019年は人気俳優の新田真剣佑さん、2020年はこちらも人気俳優で劇団EXILEのメンバーである鈴木伸之さんが母の日の花をプレゼントするということで、大きな話題になりました。

twitter-campaign-mothers-day-hana-cupid-makkenyu

画像:新田真剣佑が“直接”お花を届ける 「母の日特別お届けキャンペーン」を開始|Hana-cupid Co., Ltd.

twitter-campaign-mothers-day-hana-cupid-suzuki-nobuyuki画像:俳優 鈴木伸之さんが“直接”お花を届ける「花キューピット 母の日特別お届けキャンペーン」を実施します。|PRTIMES

Twitterのユーザーのわくわく感を演出して、著名人のファンの心もがっちりとつかんだ母の日のTwitterキャンペーンとなっています。

「母の日を、わたしの日に。」キャンペーン

twitter-campaign-mothers-day-sanyo画像:「母の日を、わたしの日に。」キャンペーン開催|SANYO Style MAGAZINE

続いてご紹介する母の日をテーマにしたTwitterキャンペーンは、アパレルメーカーである株式会社三陽商会が行った「母の日を、わたしの日に。」キャンペーンです。

このTwitterキャンペーンは、ハッシュタグ「#母の日をわたしの日に」をつけて「自由に使える時間をプレゼントされたらやりたいこと」をTwitterで投稿することで参加でき、抽選で5名の方にSANYO MEMBERSHIPポイント20,000円分と、家事代行サービスを提供する「キッズライン」の3,000円分のクーポンがプレゼントされました。

 

こちらのTwitterキャンペーンはもともと、指定期間中に対象店舗で税抜20,000円以上のお買い物をした人に、ベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」3000円分クーポンを先着2500名にプレゼントするという店舗集客型のキャンペーンとあわせて行われていたもの。

Twitterキャンペーンに当選すると各ブランドで使える20,000円分のポイントが付与されるため「実質ゼロ円」のイメージを生み出す効果もあり、ユーザーの興味を高めています。もちろん、店舗で購入していない人にとってもこの金額のプレゼントはかなり魅力的といえるでしょう。

また、Instagramでも同じキャンペーンを展開しており、様々なSNSを使うことで参加者のハードルを下げ、より多くのキャンペーン参加者を集客する工夫も参考になります。

 

さらに、本キャンペーンの真に素晴らしいところは、実際のお母さん方にアンケートを実施し、その結果をふまえてプレゼントを提供している点です。

twitter-campaign-mothers-day-sanyo-graph画像:「母の日を、わたしの日に。」キャンペーン開催|SANYO Style MAGAZINE

実は世のお母さんたちは、「時間がほしい」と感じている割合が大変多いことが分かります。

そのために同社は、ベビーシッター・家事代行サービスを提供する「キッズライン」とコラボし、Twitterキャンペーンにて頑張るお母さんへの時間のプレゼントとして組み込んでいます。

リサーチを通して消費者ニーズに刺さる魅力的なプレゼントを用意することで、Twitterキャンペーン参加者の興味を強く掻き立てることができますので、キャンペーンのプレゼントは自社製品のみならず、様々な角度からターゲットが求めるものは何かを検討しましょう。

関連記事
【母の日編】Instagramキャンペーン・プロモーション事例まとめ

 

母の日の特別企画 思い出のツイートキャンペーン

twitter-campaign-mothers-day-hibiyakadan

twitter-campaign-mothers-day-hibiyakadan-2画像:母の日の特別企画 思い出のツイートキャンペーン|日比谷花壇

続いてご紹介する母の日をテーマにしたTwitterキャンペーンは株式会社日比谷花壇が行った「母の日の特別企画 思い出のツイートキャンペーン」です。

日比谷花壇の公式Twitterアカウント(@hibiya_GIFT)をフォローし、ハッシュタグ「#母と私の思い出」をつけてお母さんとの思い出に残るエピソードや写真をツイートすることで参加が完了となり、抽選で10名にその月の一番旬なお花を毎月1回、合計4か月分がプレゼントされました。


Twitterキャンペーンは自社に関するハッシュタグをつけて投稿してもらうのが一般的ですが、本事例では「#母と私の思い出」というやや汎用的なハッシュタグがつけられています。

このようにビジネス色を消すことで消費者がTwitterキャンペーンに参加しやすくなるメリットがあります。純粋に母への感謝を伝えるきっかけとして活用してもらいたかった企業の気持ちも表れているかもしれませんね。

また、Twitterキャンペーンのプレゼントも豪華で、4か月にわたりお花が送られてくるというもの。

毎月違うお花が送られてくることで、自社商品である「花」を身近に感じてもらうことができ、さらに自社ブランドを長期的に想起してもらえるメリットもあります。

送られてきた花を毎月SNSに投稿してもらえる可能性もあるため、UGCの獲得にもつながるアイデアです。

お花をはじめ、たとえば食品や消費財などを数ヶ月にわたりプレゼントするというのは運営としてはなかなか大変ですが、その分魅力的なプレゼントにしやすく、消費者の参加意欲を刺激しやすくなります。

自社のTwitterキャンペーン実施のリソースとあわせて検討してみるとよいでしょう。

関連記事
Instagramで美しい花を「魅せる」フラワーアレンジメントインスタグラマー10名

 

母の日ギフトPRアンコール!フォロー&リツイートキャンペーン

twitter-campaign-mothers-day-kokkaen画像:KOKKAEN OFFICIAL TWITTER CAMPAIGN|国華園

続いてご紹介する母の日をテーマにしたTwitterキャンペーンは、株式会社国華園が行った「母の日ギフトPRアンコール!フォロー&リツイートキャンペーン」です。

こちらは同社の公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートすることで参加完了となり、抽選で3名に「中の人」が選んだ鉢花がプレゼントされました。

フォロー&リツイートキャンペーンはTwitterキャンペーンの中でもポピュラーなキャンペーン形式の一つです。

自社Twitterアカウントのフォロワーを増やせるとともに、キャンペーンツイートが拡散されるため、より多くのユーザーへの認知拡大やTwitterキャンペーンへの参加を促せるメリットがあります。

さらに、本事例で特徴的なのは「中の人」が選んだ鉢花がプレゼントされるという点です。(※「中の人」とはこの場合、「SNSアカウントを運用している人」という意味になります。)

同社のTwitterアカウントは2020年4月時点で3.5万人のフォロワーをかかえている人気で、その人気の秘訣は公式Twitterアカウントでのユーザーとのコミュニケーションが積極的であることが挙げられます。

たとえば以下の投稿は、野菜の栽培に関するワンポイントアドバイスをツイートしたものです。

フォロワーへ役立つ情報を発信していることに加えて、一つ一つのコメントへ丁寧に返信もしています。コメントをくれた一人一人と丁寧にコミュニケーションを行い、その結果信頼を獲得している大変すばらしいTwitterアカウントです。

これはもはや、企業アカウントでありながら「インフルエンサー」と呼ぶこともできるでしょう。

企業よりも、より消費者に近い立場にいるインフルエンサーは、多くの人からの信頼を獲得しているため、たとえば普通のチューリップであっても「インフルエンサーの選んでくれたチューリップ」のように付加価値を帯びるようになります。

そのため、「中の人が選んだ花」といえど、フォロワーは「あの人(国華園のTwitter担当者)が選んでくれた花なら間違いない」とプレゼントの価値を認識してくれるようになるのです。

SNSアカウント運用は、消費者とのコミュニケーションを通してブランドのコアファンを獲得できる重要度の高いツールとして多くの企業が取り入れています。

Twitterキャンペーンで爆発的にフォロワーを増やすことももちろん戦略として大切ですが、SNS・Twitterアカウント運用による丁寧なコミュニケーションを通して消費者との信頼関係を築くことも大変重要ですのでぜひ実践してみましょう。

関連記事
インフルエンサーとは?意味と定義から注目すべきアカウントまで解説

 

父の日・母の日に #贈る筋肉 キャンペーン

twitter-campaign-mothers-day-innophys画像:父の日・母の日に「#贈る筋肉」キャンペーン|株式会社イノフィス

最後にご紹介する母の日をテーマにしたTwitterキャンペーンは、株式会社イノフィスが行った「父の日・母の日に #贈る筋肉 キャンペーン」です。

同社の公式Twitterアカウント(@musclesuitEvery)をフォローしたうえで、ハッシュタグ「#贈る筋肉」をつけて、親へのメッセージと使ってもらいたいシーンをコメントを付けてリツイート(引用リツイート)することで参加完了となり、抽選で51名に同社製品であるマッスルスーツの特別価格購入権がプレゼントとしてもらえました。

 

同社の「マッスルスーツ」は低い位置からの持ち上げ作業など腰へ負担のかかる重労働を強力なサポーターにより軽減する製品。もともと税込15万円ほどの高価な製品ですが、母の日・父の日キャンペーン特別価格として6,210円と大変安い価格で提供していることもあり、大きな注目を集めています。

面白いのは、普通のリツイートを用いているのではなく、「コメントを付けてリツイート(引用リツイート)」することでTwitterキャンペーンに参加完了となる点です。

普通のリツイートは対象の投稿のリツイートボタンをタップすることで完了となりますが、その投稿に対するコメントはリツイート元の投稿に「返信」という形で行う必要があります。

一方、「コメントを付けてリツイート(引用リツイート)」は、対象の投稿をそのまま引用しつつコメントも追加できるため、キャンペーン向けに一言コメントを添えてもらうのに最適な機能となっています。

以下はコメントをつけてリツイートされている投稿例です。

 


Twitterキャンペーン参加者の気持ちを表したコメント+キャンペーンツイートへのリンクが付加されているので、見てくれた人の共感を生み出しやすく、Twitterキャンペーンにも興味を持ってもらいやすくなるメリットがあります。

ただし、普通のリツイートはタップのみで完了のところ、コメントを付けてリツイート(引用リツイート)はユーザーにコメントを追加してもらう手間が発生するため、Twitterキャンペーンへの参加ハードルは少し高くなることを覚えておきましょう。

Twitterキャンペーンの目的や企画の内容にもよりますが、

  • フォロー&リツイートのみ
    ⇒Twitterキャンペーンのシンプルな拡散を狙う
  • フォロー&リツイート&リツイート元投稿へのコメント
    ⇒Twitterキャンペーンの拡散と、キャンペーンツイートの盛り上げを狙う
  • フォロー&コメントを付けてリツイート(引用リツイート)
    ⇒引用を付加したオーガニック投稿を促して共感を生む形でTwitterキャンペーンの拡散を狙う

のような使い方があるので、目的に応じて使い分けていきましょう。

 

まとめ

grandmother

母の日にちなんだTwitterキャンペーンを紹介してきましたが、いかがでしたか?

母の日は大切な人に感謝をつたえる良いきっかけとなるため、毎年のイベントとして多くの企業も母の日にちなんだキャンペーンを実施しています。

贈り物をしようと、消費者も購買意欲が高まるシーズンでもありますので、ぜひ逃さず自社の利益に貢献できるようなTwitterキャンペーンを実施しましょう。

今回紹介したTwitterキャンペーンの事例とワンポイントが、自社施策の一助となれば幸いです。

logo_instalab

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、

  • 人気インフルエンサーを起用したSNSキャンペーン集客・拡散
  • 4大新聞社や大手ニュースサイト掲載率の高いプレスリリース配信によるキャンペーン拡散
  • SNS広告や企業SNSアカウント運用による認知拡大やファン獲得

など、デジタルマーケティングでお力添えさせていただきます。お悩みの際にはお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

あなたにおすすめの関連記事

「SNSマーケティング」何から取り組めば良い?
とお悩みの企業担当者の方へ

自社でもSNSを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、自社アカウントの運用やSNS広告など、その手法は多岐に渡ります。

なんとなく自社公式アカウントを開設してみても、思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

その一方、SNSの利用者は7200万人を超え、SNSをうまく活用することができた企業は認知拡大や売上増加の大きなチャンスを掴んでいます。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「SNSマーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー(株))は、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にSNSを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

殿堂入り記事
おすすめの記事