2022-hit-product-image1

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

コロナ禍による自粛ムードが徐々に薄れ、様々な面で回復の兆しが感じられた2022年。

日経トレンディ2022年12月号」 では、今年もヒット商品をランキング形式でまとめた「2022年ヒット商品ベスト30」が発表されました。

慢性的なコロナ疲れと闘ってきた人々は、どのような商品に惹かれたのか、そしてヒット商品の背景には、どのようなSNS戦略があったのか。

本記事では、日経トレンディが選ぶ2022年ヒット商品のベスト5を取り上げ、今年バズった商品のSNS戦略について解説していきます。

今年のトレンドの要因を探ることで、自ずと来年以降のSNS戦略に活かせるポイントが浮かび上がってくるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください!

今年バズった商品のSNS戦略とは?日経トレンディの“2022年ヒット商品ベスト5”を解説!

2022-hit-product-image2

それでは早速、「2022年ヒット商品ベスト30」の1位〜5位までのヒット商品を、SNS戦略の観点から解説していきます。

1位 Yakult1000/Y1000

2022- hit-product-yakult1000

画像:Yakult(ヤクルト)1000/Y1000|TOP

「2022年ヒット商品ベスト30」の1位に輝いたのは、株式会社ヤクルト本社が販売する乳酸飲料「Yakult1000/Y1000」です。

1日の販売数は100万本以上を記録し、あまりの人気ぶりに店頭では常に品薄状態に。

テレビ番組内で、マツコ・デラックスさんが愛用していること明かしたことでも、大きな話題になりました。

 

「Yakult(ヤクルト)1000」がバズった背景には、Twitterを中心とした口コミ投稿の加速が強く影響しています。

店頭販売開始以前の時期では、インフルエンサーによるタイアップPRを実施し、ストレスや不眠に悩まされている現代人の健康をサポートする飲料としてのイメージを少しずつ定着させていきました。

インフルエンサー独自の紹介画像の他に、

  • ストレスをやわらげる
  • 睡眠の質を高める

といった現在は当然のように定着している、商品イメージを含めた共通の画像が用意されていることが分かります。

商品の魅力やイメージを、早い段階から明確に押し出したPRを行うことで、徐々に一般ユーザーにも口コミを通じて認知を拡大させていきました。

 

そして、2021年10月の店頭販売開始後には、一般ユーザーの手に渡る機会が増えたことにより口コミが急増。

Twitterでのインフルエンサータイアップや、商品イメージの浸透によって、いつか商品を試してみたいと興味を持つ潜在顧客が蓄積していたことも、店頭販売開始後の爆発的な話題に繋がりました。

 

2022年3月18日から4月30日にかけて実施された「Yakult(ヤクルト)1000」35万本プレゼントキャンペーン」では、キャンペーンに応募した先着5万世帯に「Yakult(ヤクルト)1000」が1パック(7本)がプレゼントされました。

本キャンペーンは、「世界睡眠デー」に合わせて実施することで、それまでTwitterの口コミなどで囁かれていた「Yakult(ヤクルト)1000=睡眠の質を改善する商品」というイメージをさらに引き出し、訴求することに成功しています。

また、キャンペーン期間中は、公式Twitterアカウントで積極的に情報を発信。口コミ投稿が活発だったTwitterでの情報拡散をさらに活性化させることで、キャンペーン自体の認知・拡大に加え、新規顧客の獲得にも繋げています。

結果的に応募サイトがサーバーダウンを起こすほどの大好評となり、早期終了という形で幕を閉じました。

 

さらに立て続けに同年4月には、「Yakult(ヤクルト)1000プレゼントキャンペーン」というTwitterキャンペーンも実施。

まさにバズり真っ最中のTwitterでのキャンペーンに絞っていることや、世間の関心の高まりを逃さず連続してキャンペーンを実施したことが功を奏し、本キャンペーンには1.5万以上を超えるリツイート(応募)がありました。

明確なイメージを浸透させながらタイアップPRなどを通して口コミ投稿を促進そしてキャンペーン実施など、世間の熱量を維持したままスピード感のあるSNS戦略を打ち出し続けた点こそが、「Yakult1000/Y1000」がバズった要因と言えるでしょう。

 

尚、Yakult(ヤクルト)1000については、以下の記事でも詳しく解説しておりますので合わせてご覧ください。

関連記事

【1日の販売数100万本以上!】Yakult(ヤクルト)1000はどうやって人気になった?経緯を徹底解説!

2位 ちいかわ

2022- hit-product-chiikawa

画像:ちいかわ|Twitter

「2022年ヒット商品ベスト30」の2位に輝いたのは、「ちいかわ」です。

ちいかわ」は、イラストレーター・ナガノによる漫画作品『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』に登場するキャラクターです。

2020年のTwitterでの連載から人気を集め、2021年には講談社から単行本化、そして2022年位はアニメ化に至るなど、SNS発信のキャラクターとして大躍進を遂げました。

 

まず、Twitterでの連載から国民的キャラクターに至った背景を作品の特徴から考察すると、キャラクターの見た目と設定のギャップが挙げられます。

本作では、可愛らしい画風とは裏腹に、キャラクターたちが皆、仕事で収入を得て暮らしているという現実的な側面を持ち合わせており、ストーリーにおいても不条理やシビアな現実を突きつけられるような描写が見られます。

内容では人々が生活の中で直面する人生の難しさに共感を感じさせつつも、マスコット的な可愛さを持つキャラクターたちが読者の感情を受け流していく。

従来のマスコットキャラクターとは異なる、奥行きのある内面の描写が、現代の人々の琴線に触れる内容になっているのです。

これらの特徴はファン層にも表れており、Twitterのフォロワーの4割は男性ユーザーであるという点からも、見た目としての可愛さのみで人気に拍車がかかったわけでないということが窺えます。

 

次に、Twitterでの連載における工夫や、大ヒットに至るまでの過程におけるポイントに触れていきます。

連載における工夫では、作中にヤクルトチャルメラといった実在の食品を含めることで、人々の生活に馴染みのあるコンテンツになっていることが挙げられます。

特に、酢昆布や、チャルメラなど、ノスタルジーを感じさせる食べ物の登場も多く、「懐かしい」「久しぶりに食べたい」といった共感性の高さが原動力となり、SNSでのシェアを促しています。

ユーザーの投稿のきっかけとなる素材を散りばめている点は、多くのSNSアカウント運用においても参考になるでしょう。

 

大きな施策としては、2021年にちいかわのコラボカフェを初めて開催しています。

グッズ販売以外に、作中に登場したラーメンが食べられるなど、既存のファンの性質(男性ファンが多い)を踏まえたコラボ施策で成功を収めました。

 

そして現在では、全国各地でコラボカフェを開催しているほか、GUとのコラボ商品の発売や、人気アニメとのタイアップなど、SNS発の国民的キャラクターとして大きな飛躍を遂げています。

Twitterは元々男性ユーザーが多いSNSでもあります。

マスコット的なキャラクターの要素に、人間味の深い内面的な要素を取り入れ、コラボ施策にもしっかりと踏襲させることで、「ちいかわ」は男女問わず幅広い層から人気を獲得することに繋がったと言えるでしょう。

 

3位 PCM冷却ネックリング

2022- hit-product-cool-neck-ring

画像:COOLOOP アイスネックリング|コジット

「2022年ヒット商品ベスト30」の3位に輝いたのは、「PCM冷却ネックリング」です。

「PCM冷却ネックリング」は、約28℃以下で凍る素材を使った冷却グッズです。

首に巻くだけで全身の熱をクールダウンしてくれることから、熱中症対策グッズとして2022年に大流行しました。

猛暑、マスク使用による熱中症への懸念、電気料金の値上げなどが重なり需要が激化。

各メーカーから、様々な「クールリング」や「ネックリング」商品が発売され、雑貨店やECサイトでも看板商品やおすすめ商品として取り上げられました。

 生活雑貨を取り扱うママイクコの公式Instagramアカウントでは、「フォロー&いいねキャンペーン」の賞品に採用

世間の関心の高まりや商品への需要を逃さず、キャンペーンを通じて自社アカウントのフォロー獲得や認知拡大に繋げています。

 

上記のツイートでは、レースクイーン・モデルなどで活躍する人気インフルエンサー、あのんさん が、中国発のECプラットフォーム、Love Stock(ラブストック)とのタイアップPRを実施。

人気のクールリング商品とインフルエンサーの訴求効果を掛け合わせることで、自社サイトの認知拡大や、全体的な売上向上に繋げています。

 

急な需要激化によるPCM冷却ネックリングの大ヒットでは、各企業の瞬発的なSNSマーケティング力が試される形となりました。

キャンペーンの賞品への採用や、看板商品としてインフルエンサーとのタイアップPRに活用している点などは、次なるヒット商品が流行した際にぜひとも参考にしたいですね。

 

関連記事

SNSキャンペーン成功事例と参考にしたいポイントをまとめて解説(Instagram,Twitter,TikTok)

4位 トップガン マーヴェリック

2022- hit-product-movie-topgun-maverick

画像:映画「トップガン マーヴェリック」公式サイト

「2022年ヒット商品ベスト30」の4位に輝いたのは、「トップガン マーヴェリック」です。

「トップガン マーヴェリック」は、トム・クルーズ主演の人気アクション映画「トップガン」の続編として公開された2022年の映画作品です。

前作から36年ぶりの続編ということで公開前から話題を集め、日本では初日から3日間で動員74万7,192人、興行収入11億5,756万4,620円と大ヒットを記録しています。

 

「トップガン マーヴェリック」では、公式アカウントが特設されるなど、SNSマーケティングによる積極的な宣伝活動が行われました。

Instagramでは、美しい写真コンテンツで映画のワンシーンを抜粋して投稿。

キャプションには本作の伏線を印象付けるような文章が添えられており、上映に向けてユーザーの興味・関心を引き出していきました。

 

そして、「トップガン マーヴェリック」の宣伝活動拠点として最も用いられたのがTwitterです。

  • 公開前の最新情報の発信
  • 公開中の関連ツイートのリツイート
  • 公開後の動画配信やDVD・グッズ発売の発信

などなど、毎日複数のツイートが発信・拡散され続けました。

オフィシャル性の高いの大きな発表以外に、イベントの模様などをリアルタイムで伝えるツイートも多く、まさに「トップガン マーヴェリック」のTwitterは、本編さながらのスピード感で活用されました。

 

また、「トップガン マーヴェリック」のPRでは、公開前から公開後に至るまで、Twitterを始めとしたSNSキャンペーンも数多く実施されました。


なかでも上記「胸熱マイルキャンペーン」は、「トップガン マーヴェリック」のPRにおける中心的な役目を果たしました。

本キャンペーンは、Twitterなどで発信される様々なミッション(特別任務)をクリアすることでマイルが付与され、合計マイル数に応じた抽選プレゼントに応募できるという企画になっており、

  • 公式Twitterの投稿にいいね!…100マイル
  • 公式Twitterの投稿にリプライ…200マイル
  • 公式Twitterの投稿にリツイートまたは引用リツイート…300マイル
  • 指定のハッシュタグをつけてツイート(※ハッシュタグは各ミッションで発表)…1000マイル

というように、日々発信されるツイートを拡散させたり、キャンペーン参加を促す戦略になっています。

また、本作のPRで頻繁に用いられた「#トップガン胸熱」というハッシュタグが該当ツイートやキャンペーンの度に用いられており、キャッチコピーとして広く浸透させることに成功しています。

公開前から公開後に至るまでユーザーを一時も飽きさせないコンテンツを発信し続け、すべての企画を包括する大規模なキャンペーンを成功させたことが、「トップガン マーヴェリック」を大ヒットに導いた要因と言えるでしょう。

 

5位 完全メシ

2022- hit-product-kannzenmeshi

画像:完全メシ|日清食品グループ

「2022年ヒット商品ベスト30」の5位に輝いたのは、「完全メシ」です。

「完全メシ」は、日清食品グループが販売する、栄養バランスに優れたインスタント食品シリーズです。

管理栄養士が推奨するほどの栄養食を即席ですぐに食べられるということで、単身世帯を中心に大ヒットしました。

 

最近では、パンの老舗ブランド、 木村屋總本店からコラボ商品が発売されるなど、消費者だけでなく企業からも注目されるようになり、更なるシェアを獲得しています。

また、当初の完全メシは、カレーやラーメンの商品など、手っ取り早く栄養バランスを整えたい男性ユーザーに人気のイメージがありましたが、最近では、ドリンクタイプの「完全メシ スムージー」で女性ユーザーからも高い評価を得ています。

 

「完全メシ スムージー」の販促では、InstagramでインフルエンサーによるタイアップPRを実施するなど、女性ユーザー獲得に向けた積極的なSNS戦略が見られます。


人気ママインスタグラマー「下村さき」さんや、人気ファッションインスタグラマー「ちい (モリチ)」さんなど、多くの女性ユーザーがライフスタイルを参考するインスタグラマーにタイアップを依頼することで、商品に最もマッチしたターゲット層に効果的な訴求を促しています。

 

完全メシシリーズのPRでは、ターゲット層に合わせて最適なSNS・インフルエンサータイアップを実施している点が非常に参考になります。

新商品を展開していく中では、「どのSNSを主軸にマーケティング戦略に活用していくか」ということを商品の特性などからしっかりと吟味していくといいでしょう。

まとめ

2022-hit-product-image3

以上、本記事では、2022年にバズった商品のSNS戦略について解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

トレンドの要因について理解を深められたことで、来年以降のSNS戦略に活かせるポイントが見えてきたのではないでしょうか。

ぜひ本記事をご参考に、今後のSNSでの販売戦略にお役立ていたでれば幸いです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

 

あわせて読みたい▼

インフルエンサーマーケティングとは? 基礎から応用まで5分で理解!

【2022年最新版】SNS広告のトレンドが丸わかり!人気のSNS広告3選

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

instagram-reels-manual

 

 

 

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、インフルエンサーマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • 施策目的に最適な「本物の」インフルエンサーキャスティング
  • インフルエンサーのマネジメント
  • PR実施ディレクション
  • 下書きチェック、ステマ防止
  • 効果分析レポーティング

まで、ワンストップで提供させていただきます。

インフルエンサーの過去PR成果データも豊富に蓄積されていますので、高い成果が期待できる目的に沿ったインフルエンサー選定・施策の実現が可能です。

貴社に親和性の高いインフルエンサーのリストとお見積も無料でご提供しておりますので、是非お気軽にご相談ください。

希望のインフルエンサーが見つかります

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事