sns-advertisement-trend222

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

近年では、SNSの勃興と共に、SNSに広告を打ち出すマーケティングが流行っています。

SNS広告は、各SNSの特徴を活かしたよりターゲット精度の高い広告戦略を打ち出すことが可能です。

そのためには、各SNSの特徴はもちろん、各SNSにはどのような広告スタイルがトレンドなのかを把握することが大切です。

本記事では、2022年のSNS広告のトレンドをご紹介していきます。

今後のSNSマーケティングにぜひご活用ください!

SNS広告のメリットとは

sns-advertisement-trend2221

SNS広告のトレンドを把握する前に、SNS広告を利用することによるメリットをぜひ理解しておきましょう。

少額での出稿が可能

SNS広告は、テレビCMのひと枠いくらといったような固定費用で設定されるわけではありません。

SNSユーザーのタイムラインに表示された回数や、クリックされた回数によって広告費が決まるものが大半です。

余計な広告費をかけることなく、費用対効果の高いマーケティングを実現できる点がSNS広告の特徴です。

認知拡大を目指せる

SNS広告を窓口にして、企業アカウントのフォローや企業のwebサイトへの流入をはかることが可能です。

そのためにも、魅力的な画像やフレーズで特色のあるSNS広告を施策することが大切ですね。

精度の高い広告が打ち出せる

他の広告媒体と比較して、SNS広告はよりターゲット精度の高い広告を打ち出すことができる点に特徴があります。

多くのユーザーを抱えるSNSのほとんどは、登録時に自身のプロフィールを入力します。

年齢や性別、住所などといったプロフィール情報をもとに利用されているSNSアカウントに向けて、親和性の高いSNS広告を流すことが可能なのです。

SNS広告で重要な運用ポイント

sns-advertisement-trend22211

SNS利用者と親和性のある広告を用意する

SNS利用者の利用目的とあまりにもかけ離れたようなSNS広告は、ユーザーの興味を惹くことができません。

元々、SNSは楽しむことを目的としたサービスなので、あまりにもビジネス色の強い広告はユーザーに受け入れられない可能性が高いです。

SNS上で人気のインフルエンサーとコラボした広告や、フランクな表現を取り入れた広告などが効果的でしょう。

SNSにうまく溶け込んだ広告を施策することが大切ですね。

炎上に注意する

SNSに広告を打ち出す際には、炎上リスクに注意が必要です。

SNSには、国籍も年齢も様々なユーザーが存在します。

ユーザーが抱えている考え方も様々なものがありますので、特定のコミュニティを傷つけるような表現には注意しましょう。

SNSは、拡散力が高いサービスであることからも、一度炎上してしまうと企業イメージを毀損してしまうことにもつながってしまいかねません。

トレンドのSNS広告3選

sns-advertisement-trend222113

それでは、トレンドのSNS広告を3つご紹介していきましょう。

Instagramストーリー広告

sns-advertisement-trend1111

画像:https://www.facebook.com/business/ads-guide/video/instagram-story

まずはじめにご紹介するのは、Instagramのストーリーに出稿できる広告です。

Instagramは、10代から20代といった比較的年齢層の若い世代が多く利用しているSNSです。

女性の利用者も多いことからも、コスメ用品やアパレルなどといった企業が多く広告を出稿しています。

Instagramのストーリーはスマホの画面いっぱいに動画や画像が流れるため、没入感の高いコンテンツが流れる人気機能です。

ストーリー機能は、ユーザーが投稿したストーリーが次から次へとテンポ良く流れてくるため、その一部として打ち出される広告は没入感そのままのユーザーを惹きつける広告が実現できます。

関連記事

【かんたん図解】Instagram広告の出し方マニュアル。費用対効果を高めるポイントも解説

TikTokインフィード広告

sns-advertisement-trend2

画像:https://www.tiktok.com/business/ja/apps/tiktok

TikTokインフィード広告は、ユーザーの投稿の間に挿入されて登場する広告のことです。

ユーザーの通常の投稿の間にまぎれるような形で出稿できる広告のため、ユーザーからスキップされにくいといった特徴があります。

広告感の少ない印象で、ユーザーにコンテンツを訴求することができるので、TikTokでも特におすすめの広告スタイルです。

関連記事

【かんたん解説】TikTok広告の基本3種類とそれぞれの特徴を分かりやすく解説

YouTubeショート広告

sns-advertisement-trend11

画像:https://blog.google/products/ads-commerce/resilience-results-reinvention-google-marketing-live/

YouTubeショート広告は、YouTubeショート動画の間に挿入される広告のことです。

YouTubeショートの人気は凄まじく、ショートの再生回数は1日平均300億回とも言われています。

そんな人気のコンテンツに広告を打ち出せるYouTubeショート広告は、まさに全世界から待望されているSNS広告と言えるでしょう。

米国時間の2022年5月25日に行われたGoogleのイベントにて、今後世界中の広告主がYouTubeショートに広告を出稿することができるようになることが発表されました。

2022年8月現在では、まだ一部の広告主しか出稿できない状態ですが、Googleが発表したように、今後すぐに多くの企業がYouTubeショートに広告を出稿できるようになるでしょう。

YouTubeショート広告は、今最も注目が集まっているSNS広告の一つです。

関連記事

YouTubeショートとは?広告の出稿方法手順も含めてわかりやすく徹底解説!

まとめ

sns-advertisement-trend2221134

2022年最新版のトレンドSNS広告をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

SNS広告は、費用対効果の高い広告媒体として多くの企業が利用しています。

本記事でご紹介したSNS広告は、

  • Instagramストーリー広告
  • TikTokインフィード広告
  • YouTubeショート広告

の以上3つです。

今後もインスタラボでは、SNS広告の最新動向を随時ご紹介していきます!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

あわせて読みたい▼

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、Instagramマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • Instagramアカウント運用代行
  • Instagram広告運用・分析改善
  • Instagramキャンペーン実施
  • Instagramインフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なInstagramマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

具体的なアドバイスも無料でしています

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事