youtube-shorts-advertisement-eyecatch1

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

今や現代人にとってあらゆる面で欠かせないプラットフォームとなったYouTube。

YouTubeにあるコンテンツは、娯楽に限らず、ノウハウを学んだり新たな知識を手に入れたりと、幅広く生活にかかわってきています。

そんなYouTubeの中でも最近注目されているのが「YouTubeショート」です。

YouTubeショートボタンを押すと、ユーザーは最大60秒の短尺の動画を楽しむことができ、スクロールするだけで次から次へと楽しい短尺動画を視聴することができます。

全世界で、1日平均300億回も再生されていると言われているYouTubeショート。

最近では、通常のYouTube動画コンテンツに加えて、YouTubeショートに企業が広告を打ち出すケースが増えてきています。

また今後、YouTubeショートだけに広告を配信することも可能になると言われています。

本記事ではYouTubeショートについての詳細、そして企業の方がYouTubeショートに広告を出稿するときの方法や注意点をご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

YouTubeショートとは

youtube-shorts-advertisement

YouTubeショートがYouTubeと異なる点は主に

  • 動画の尺が最大60秒である
  • 動画のサイズがスマホ向けの縦長サイズである

という2点です。

イメージとしてはTikTokやInstagramのリール機能に近いと言えるでしょう。

通常のYouTube動画と違い、次の動画に移るのはスクロールだけでいいので、ユーザーは自身の興味ある動画をサクサク見ることができます。

さらにYouTubeのアルゴリズムにより自分好みのおすすめ動画が出てきやすくなるので、いろんな動画を気付いたら何時間も見ていた、ということも珍しくありません。

現在ではYouTubeショートのみで1日平均300億回も再生されており、特にTikTokなどでショート動画に馴染んでいるZ世代に支持されている機能であると言えるでしょう。

 

関連記事

YouTubeショート動画を見る・投稿する方法

【話題】企業のYouTubeショート動画活用事例

 

YouTubeショートの広告について

youtube-shorts-advertisement1

YouTubeショートの広告タイプ

日本では、2021年7月からYouTubeショートのサービスが運用開始されました。

通常のYouTube動画にはTrueViewインストリーム広告やTrueViewディスカバリー広告など、さまざまな種類の広告をつけることが可能でした。

一方、YouTubeショートにはこれまで一切広告がありませんでしたが、2022年5月からYouTubeショートの広告の展開が開始されました。

広告の方法は現在、ショート動画とショート動画の間に挟まれるパターンのみとなっています。

つまり、ユーザーがショート動画をスクロールしていると広告動画が現れる仕様です。

さらに、ユーザーはアプリでYouTubeショートの広告をタップしても、ブラウザに切り替わることなく、アプリ内で広告の商品が表示されます。

YouTubeショートの広告出稿方法

YouTubeショートの広告出稿方法については、YouTubeの広告出稿方法と全く一緒です。

YouTubeの広告出稿方法の詳細は下記の関連記事にございますので、ぜひご覧ください。

ただし注意点として、YouTubeショートにのみ広告を出す、という選択肢は2022年7月時点ではまだありません。

また、YouTubeショートの広告はスマホでは見ることができますが、パソコンのブラウザからは見ることができません。

将来的には変更するかもしれませんが、現状では注意しましょう。

 

関連記事

YouTube動画広告の特徴や作り方、出稿方法手順をわかりやすく徹底解説

 

YouTubeショートの広告のコツ

youtube-shorts-advertisement11

縦動画で撮影する

通常のYouTube動画とYouTubeショートの違いは何といっても「縦画面かどうか」です。

YouTubeショートの広告では横画面の広告も現れますが、その場合は上下に黒い部分が現れるため、ユーザーは「ショート専用の動画ではない」と判断してしまいます。

前述の通りYouTubeではショート専用で広告を出すという選択肢はありませんが、縦画面で1分以内の動画はショートで流れやすくなります。

最初の3秒にこだわる

YouTubeショートはスクロールでサクサク見ることができるのが大きな魅力ですが、それは裏を返せば「つまらなければすぐにスクロールされてしまう」ということでもあります。

特に尺が短いYouTubeショートでは「最初の3秒が大事」だと言われています。

この3秒でユーザーの心をつかめば最後まで見てもらえる可能性も高まるため、いかにインパクトの強い動画の入りにするかは非常に重要です。

流行っているテンプレートを真似する

TikTokをはじめとしたショート動画の文化の一つに「流行っているテンプレートを真似する」というものがあります。

ある人物によって流行ったチャレンジやダンスなどを他の人もチャレンジし、ブームとして広がっていくという流れです。

ユーザーもそのブームにはまれば、アルゴリズム的に同じテンプレートのものがショート動画に流れやすくなります。

しかも最近では、Z世代向けのテンプレートをあえて企業の重役クラスが真似することでバズる、という例も少なくありません。

企業の広告でもこのアルゴリズムを利用すれば、比較的簡単に再生されるようになるでしょう。

まとめ

youtube-shorts-advertisement

本記事ではYouTubeショートの広告について解説いたしましたが、いかがだったでしょうか?

YouTubeショートの中でも広告の表示は2022年5月から開始されたばかりということもあり、まだまだ新規参入の余地がある分野です。

特にZ世代向けの商品の広告を打ち出したい企業にとっては、あえてYouTubeショートに特化した縦動画を集中的に出すとかなり効果的でしょう。

ぜひ本記事を参考に、YouTubeショートの広告を作成し、出稿されてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

【無料】YouTube動画広告の特徴や作り方、出稿方法手順をわかりやすく徹底解説資料プレゼント

YouTube動画広告の特徴や作り方、出稿方法手順をわかりやすく徹底解説資料を掲載しています。

無料でダウンロードできますので、あわせてご活用ください。

⇒ ダウンロードページは こちら

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、YouTubeによる動画マーケティング支援が可能です。

多数の実績を作り出したSNSマーケティングのプロが、

  • 目的(認知~販促・購買)に最適なYouTube施策立案
  • YouTube動画コンテンツ企画~作成
  • YouTube広告運用
  • 人気ユーチューバーによるコラボPR

など貴社の目的に最適なSNSマーケティング支援をさせていただきます。

「そもそもYouTubeを活用して何ができるの?」といったご質問にもお答えできますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事