インスタグラムの機能「ストーリー」でライブ配信が可能になったことをご存知でしょうか。

Facebook LiveやLine Liveなど、2016年頃から各SNSにおいて動画配信サービスのリリースが増加している中、2017年1月からインスタグラムでも遂に
リアルタイムに動画配信ができる新機能「Instagram Live」がリリースされました。
今回はそのインスタグラムのライブ配信機能に関する使い方を、実際の使用事例を交えご紹介していきます。

1.新機能Instagram Liveとは?

インスタグラムのライブ配信機能「Instagram Live」はインスタアプリからリアルタイムな動画を配信可能な機能で、SnapchatやLine Liveと同じようなイメージです。

ライブ配信機能で配信を開始すると、アカウントをフォローしているフォロワー全員に対してライブ配信スタートについての通知が入るうえ、スートーリーバーのアイコンに「LIVE」と表示されるようになります。

2.ライブ配信する方法

ライブ配信を行う際はインスタグラムのアプリを起動し、タイムライン画面を左から右にスワイプして「ストーリー」の画面を表示させます。

画面をスワイプしてライブ画面へ切り替え

画面をスワイプさせると、下記のような画面に切り替わります。Instagram Liveを行う場合は、画面下の「LIVE」をタップした後、「ライブ動画を開始」をタップします。

ライブ配信画面

「ライブ動画を開始」をタップすると、下記のような接続確認の画面に遷移します。数秒待つとライブ配信がスタートしますが、ここで表示されている「キャンセル」のボタンをタップすると
ライブ配信をキャンセルすることが可能です。

ライブ配信前の接続確認画面

接続確認が終わり次第、カウントダウンが始まります。カウントが0になるとライブ配信スタートとなります。
カウントダウンは3秒しかありませんので、ライブ配信を開始する前にしっかり準備は整えておきましょう。

カウントダウンが始まりライブ配信が開始

選択したフォロワーのみにLive配信開始を通知する方法

ライブ配信について通知したくないフォロワーがいる、特定のフォロワーのみにInstagram Live配信を開始したことを報せたい場合などは画面左上にある歯車アイコン(設定)から通知しないフォロワーを予め選択しておくようにすると良いでしょう。

通知しないフォロワーを選択しておくことで、限定的なライブ配信を行うことが可能になります。

ブランディングで利用する場合、例えば新商品の仕入れで迷った際に自社アカウントをフォローしているエンゲージメント(いいね!やコメント)が高く熱量のあるユーザーのみを対象にクローズドで配信を行い、新商品に対するユーザー目線の意見を取り入れたい場合に便利な設定です。
熱量のある自社のファンをセグメントしてライブ配信を行うことで確度の高いユーザーの意見吸出しが行えるため、アンケートよりも遥かにピンポイントにヒアリングを行うことが可能です。

ライブ配信を行う際の設定画面

Instagram Liveを配信中は下記のような画面になります。

ライブ配信中の画面

ライブ配信中は「LIVE」のアイコンが画面左上に表示されています。
また、コメントを送付する場合などは画面下のコメント欄に入力してフォロワーとのコミュニケーションを行うことが可能です。

上記の画像はアウトカメラを利用して配信を行った場合の例ですが、インカメラに切り替えて配信することも可能です。
その場合は、画面右下の矢印アイコンをタップすることで、インカメラ⇔アウトカメラを切り替えることが出来ます。

ライブ配信を終了する方法

Instagram Live配信を終了する際は、Live中の画面右上にある「終了」の文字をタップします。
すると下記のような確認画面が表示されますので、配信を終了する場合は「ライブ動画を終了する」をタップしてください。

ライブ配信を終了する場合の確認画面

「ライブ動画を終了する」をタップした後、下記のような画面が表示されればインスタグラムでのライブ配信は終了となります。
タイムラインに戻るには画面下の「完了」ボタンをタップ。配信内容を保存する場合は、画面右上にある「保存する」をタップしてライブ配信の内容を保存します。

ライブ配信終了画面

他のユーザーによるライブ配信を閲覧する方法

他のインスタグラムユーザーによるLive配信を閲覧することも可能です。
フォロワーがLive配信を行っている場合は、ストーリーバーのアイコンに「Live」のアイコンが出ていますので、アイコンをタップして閲覧を開始してください。

また、フォロワーでもフォロー中でもないユーザーによるLive配信をは、検索画面上にある「人気ライブ」から閲覧することが可能です。

その他のユーザーの配信を確認する方法

今後のアップデートで地域別の絞込みが出来るようになると有り難いですね。

人気のライブ動画を閲覧する方法

3.企業アカウントでのライブ配信方法

インスタグラムのライブ配信は2017年にスタートしたばかりの状況のため、企業アカウントによるライブ配信の成功事例はまだほとんどありません。
しかし、ライブ配信終了後に動画が消えてしまう「Instagram Live」の特性はTwitterと比べて拡散性が低いため、クローズドなマーケティングに向いていると考えられます。

Instagram Live配信を利用して確度の高いファンと交流する

上記でも説明していますが、アカウントをフォローしている特定のユーザーのみを招待した非常にクローズドなライブ配信を行うことも可能です。
例えば、企業のアカウントをフォローしている熱意のあるユーザー(確度の高いユーザー)と直接繋がることが出来るため、これまで以上に親近感のある運用を行うことが可能です。

実店舗型のアパレルショップでは、スタッフさんによるコーデ紹介・解説をライブ配信で行うことで、店舗よりも気軽にユーザーとコミュニケーションが取れるフィールドになるのではないかと考えます。

セミナーにも使えるInstagram Live

クローズドなライブ配信を行えるため、セミナーにも利用可能です。
申し込みしたユーザーのアカウントを選択して配信を行ったり、自社アカウントのフォロワー全員に向けて自社セミナーの認知拡大のため、開始から15分間のみライブ配信するなどの利用方法も考えられます。

求人募集にも利用出来るInstagram Live

「ソーシャルリクルーティング」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
2016年から、自社のアカウントを求人採用の場として利用する企業が増加している傾向にあり、話題になりつつあります。

ライブ配信機能はこうした求人採用の場にも利用可能で、応募を検討しているユーザーに対して実際の社内の雰囲気をライブ配信で伝えることが可能です。
また、コメントで質問させることで所謂面接の場では聞き出しにくい内容もヒアリングし、コミュニケーションを取ることができます。

以上。
インスタグラムの新機能「Instagram Live」に関する使い方と、利用例をご紹介しました。

「インスタグラムのマーケティング活用」、何から取り組めば良い?とお悩みの企業担当者の方へ

今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営する株式会社Find Modelは、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にインスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

おすすめの記事