explanation-of-twitter-advertisement-policy11111

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

Twitterを利用していて、タイムラインなどに企業の広告が表示されるのを見たことはありますか。

Twitterでは、広告を出稿できる手続きや仕組みが簡略化されおり、簡単に効果的な広告を出稿できることで人気です。

日本では、4,500万人以上のTwitterユーザーがいると言われており、Twitterに広告を出稿することでマス広告と同等以上の効果を期待できるでしょう。

本記事では、「Twitter広告をはじめてみたい!」という方に向けて、Twitter広告ポリシーをわかりやすく解説しております。

ぜひ最後までご覧ください!

Twitterの広告ポリシーとは

explanation-of-twitter-advertisement-policy1

Twitterの広告ポリシーとは、Twitterに出稿できる広告の要件を定めた規定のこと。

Twitterには、誰でもフリーに広告を出稿することはできません。

広告を出稿する際には、Twitterの広告ポリシーに沿った内容であるかどうかの審査が行われるのです。

Twitterの広告ポリシーの詳細は、Twitter社の公式サイトから確認することができます。

Twitter社の公式サイトでは、Twitter広告の概要として以下のように説明されています。

Twitter広告に関する責任はTwitterの広告主様にあります。広告主様は適用されるすべての法令や規制を順守し、誠実な広告を作成すること、安全にかつマナーを守って広告活動を行うことが求められます。リンクの記事で、Twitterの広告ポリシーについて説明しています。このポリシーは広告主様に法令の順守を求めていますが、法的なアドバイスを提供するものではありません。

引用:Twitter広告ポリシー | Twitter

Twitter社は、法令や規制に沿った誠実な広告であって、安全に広告活動を行うことを広告主に求めていることがわかります。

上記のポリシーに記載されていないような内容であっても、公序良俗に反する事柄などは当然のように出稿の許可は出ません。

またTwitter広告の審査にかかる時間は、一般的に1〜2営業日と言われています。

Twitterアカウントを開設して間もない頃にすぐ広告申請を出すと、審査に時間がかかってしまう傾向があります。

ですので、Twitter広告を検討している際には、あらかじめアカウントを作成して準備を整えておきましょう。

広告審査は、最大でも2〜3週間で完了するので、数週間経っても審査結果が届かない場合にはTwitter社にお問合せしましょう。

 

関連記事

Twitter広告の特徴とメリットや作成方法をわかりやすく解説

【必見】Twitterの広告ポリシーに違反しないためには

explanation-of-twitter-advertisement-policy111

Twitterの広告ポリシーに違反せず、広告審査に通るためにはどの様な点に注意すれば良いのでしょうか。

以下では、Twitter広告の審査落ちを回避するためのポイントをご紹介いたします。

一般的によく見られるTwitter広告の審査落ちの例としては、

  • 性的な表現を使用している広告
  • 特定のユーザーが不快に思う画像を使用している広告
  • 年齢制限に関わる広告

といったものが挙げられます。

上記の例を避けることで、審査落ちの可能性は低くなるでしょう。

 

関連記事

Twitterで出稿可能な「動画広告」の種類について解説します!

性的な表現を使用している広告

Twitter広告に性的なコンテンツを表現しているイラストや画像を使用している場合には、審査に通らない可能性が高いです。

また、イラストや画像といった視覚的なものだけでなく、テキストに性的なコンテンツを含んだ広告でもNGとなる点に注意が必要です。

男女のキスシーンなどのコンテンツは避けて、誰がみても性的なコンテンツと認識されない広告を作成することが大切です。

特定のユーザーが不快に思う画像を使用している広告

Twitter広告では、使用している画像が特定のユーザーを不快に思わせてしまうものであると判断され、審査に通らないことがあります。

特定のユーザーを不快に思わせてしまう画像の例としては、

  • 痩せすぎている人の画像
  • ニキビが過度に強調されている画像

などが挙げられます。

自社の美容製品の広告を発信する際、製品使用前のいわゆるビフォーの状態を画像に使用する場合には、上記のようなコンテンツを避けることが得策です。

年齢制限に関わる広告

Twitter社では、年齢制限に関わる広告の出稿を制限しています。

例えば、お酒やタバコといった商品の広告は審査に通りにくいとされています。

Twitterは、年齢制限がなく誰もが利用できるSNSであるため、未成年者などにとって相応しくないコンテンツが容易に届いてしまう可能性があります。

Twitter広告に使用する画像やテキストには、年齢に関係なく誰もが利用できるコンテンツを用意することが吉です。

Twitterの広告ポリシー概要

それでは、実際にTwitter社の広告ポリシーに規定されているコンテンツをご紹介していきます。

Twitter社の広告ポリシーには、

  • 成人向けの性的なコンテンツ
  • アルコール関連のコンテンツ
  • 理念に基づく広告
  • 著作権
  • 偽造品に関するポリシー
  • 薬物、薬物関連品
  • 絶滅危惧種
  • 金融商品・サービス
  • 賭博関連のコンテンツ
  • ヘイト表現を伴うコンテンツ
  • 健康および医薬品に関する商品とサービス
  • 不適切なコンテンツ
  • マルウェアとソフトウェアのダウンロードに関するポリシー
  • 政治に関するコンテンツ
  • 18歳未満または未成年者に禁止されているコンテンツ
  • 品質
  • 国営メディア
  • タバコとタバコ用品
  • 商標
  • チケットの不正販売
  • 禁止されている商行為
  • 武器と武器用品

上記が規定されています。

詳細の説明は、Twitter社の公式サイトをクリックしてチェックしてみてください。

以下では、特に把握しておくべきコンテンツに絞ってご紹介します。

成人向けの性的なコンテンツ

わいせつな画像またはポルノ画像
同伴サービスや売春
完全または部分的な裸体
男性器増大関連の商品とサービスおよび豊胸サービス
性的なモデル着用の衣服
性的な出会い、不倫を斡旋している出会い系サイト
デートの見返りに金銭、商品またはサービスのやり取りが発生する出会い系サイト
メールオーダーブライドサービス
性的な玩具
ホストクラブやホステスクラブ(キャバクラ)

著作権

著作権で保護されているコンテンツの無断配信を促している。
メディアのデジタル著作権管理(DRM)をバイパスするソフトウェアの利用を促している。
メディアの違法コピーを容易にするツールの利用を促している。

金融商品・サービス

ペイデイローン、現金ローン、P2P*
イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)、イニシャル・デックス・オファリング(IDExO)
分散型暗号通貨の借入/貸出、DeFi保険、DApps、分散型取引所
暗号通貨マイニング
バイナリーオプション
保釈保証

 

関連記事

【2022年】Twitter最新ニュースまとめ

まとめ

explanation-of-instagram-advertisement-policy1211

Twitterの広告ポリシーについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

Twitter広告は、多くの見込み顧客にリーチできる魅力的な広告形態です。

企業のTwitterマーケティングを成功させるためにも、Twitterの広告ポリシーに沿った適切な広告配信を行なっていきましょう。

Twitterの広告ポリシーに違反しないためには、

  • 性的な表現を使用している広告
  • 特定のユーザーが不快に思う画像を使用している広告
  • 年齢制限に関わる広告

といったコンテンツを避けることにまず注意してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

▼おすすめ資料をダウンロードする

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Twitterマーケティング支援が可能です。

豊富な支援実績をもつSNSマーケティングの専門チームが、

  • 目的(認知~販促・購買)に最適なTwitter施策立案
  • Twitterアカウント運用代行
  • Twitter広告代行
  • Twitterインフルエンサーによる口コミ獲得
  • 炎上・ステマ対策
  • 効果分析レポーティング

など貴社の目的に最適なSNSマーケティング支援をさせていただきます。

「そもそもTwitterで何ができるの?」といったご質問にもお答えできますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事