【写真付きで解説】InstagramにおいてKPIとして設定すべき数値例

【便利!】インフルエンサーマーケティング見積シミュレーター
⇒ツールの利用はこちら


 

近年では、企業が自らInstagramを活用して、自社の商品・サービスを宣伝していく手法が多くなってきています。

いわゆるSNSマーケティングと呼ばれるこの手法は、広告宣伝費をかけることなく、理想とするターゲット層にアプローチをすることが可能です。

そしてSNSマーケティングにおいては、その運用の際にKGI・ KPIの設定が大変重要です。

本記事では、KGI・ KPIとして設定することができる、Instagram内において認識できる数値をご紹介していきます。

なお本記事は、こちらの記事と合わせて読むことがおすすめです。


Instagram運用における「KGI」と「KPI」とは。設定方法を詳しく解説

Instagram運用におけるKGI・KPI設定の重要性

instagram-value2

KGIとは、Key Goal Indicator:重要目標達成指標

KPIとは、Key Performance Indicators : 重要業績評価指標

のことです。

簡単な言葉で表現すると、KGIは最終ゴールのことで、KPIはその最終ゴールを達成するために必要な中間ゴールのことです。

企業のマーケティング活動において、KGI・ KPIの設定が重要であることをご存知の方は多でしょう。

SNSマーケティングにおいてもその重要性は変わりません。

SNSでは、フォロワーやいいねの数、コメントの返信数など、一般消費者からのリアクションが数値として明確に表示されます。

SNS上で表示される数値と、企業のマーケティング活動において必要なKGI・KPI設定における数値目標はとても親和性が高いのです。

企業がInstagramを活用する上で、Instagram内において認識することのできる数値をしっかり把握してそれに基づくKGI・KPIを設定することが重要です。

Instagram運用において確認することができる数値例

それでは、KGI・KPIを設定する際に有効である、Instagram内で認識できる数値をご紹介していきましょう。

Instagram内で数値を確認できるようにするには、以下の手順が必要です。

  • 「設定」の画面から「アカウント」を選択
  • 「アカウントタイプを切り替え」の画面から「ビジネスアカウントに切り替える」を選択

以上の手順を踏むことで、「インサイト」画面から様々な数値を確認することが可能となるのです。

「設定」の画面から「アカウント」を選択

instagram-option1

「アカウントタイプを切り替え」の画面から「ビジネスアカウントに切り替える」を選択

instagram-option

フォロワー数

instagram-option5

自分のことをフォローしてくれている人の数が表示されます。
自社アカウントをフォローしてくれているユーザーは、そのアカウントから写真や動画が投稿されるのを楽しみにしています。
このようにフォロワーが多いということはその分だけ、自社のファンが多いということにもなります。
自社のファンの獲得を意識して、フォロワーの数値にこだわった運用もSNSマーケティングとして重要です。

フォロワーの増やし方についてはこちらで詳しく紹介しています。

また、インサイトでは、日別での増加数も確認できるため、1日◯人、1週間◯人、1ヶ月◯人など、細かくKPIを設定し、日々の増減の理由を分析しながらフォロワー数増加を目指すのがおすすめです。

インプレッション数

instagram-option3

自社アカウントの投稿などが閲覧された合計回数を表す数字です。
インプレッション数は、同じユーザーが3回閲覧した場合には、閲覧数が3回と表示されます。
上記の写真のように、インプレッションの数字は内訳ごとに表示され、プロフィールやホーム画面などユーザーが訪れた数をそれぞれ把握することが可能です。
インプレッションを伸ばすためには、発見タブと呼ばれる虫眼鏡マークのページに表示されることがポイントになります。後述するエンゲージメント率を高めることで、インプレッション数が伸びやすい傾向にあります。

リーチ数

instagram-option4

自社アカウントの投稿をみたユーザーの数が表示されます。
インプレッション数とは違い、リーチ数には投稿を閲覧したユニークユーザー数が表示されるのです。
つまり、一人のユーザーが同じ投稿を5回閲覧した場合、インプレッション数では5と表示されますが、リーチ数は1と表示されます。
リーチ数を高めることは、どれだけのユーザーに自社の認知を広められたかに直結するので、KPIとして設定したい数値の一つです。
まずはフォロワーにしっかり届け、エンゲージメント率(いいね数・コメント数・保存数)を高め、おすすめ投稿に表示されることがインプレッションを伸ばすポイントになるため、フォロワー数以上のリーチ・インプレッションをKPIとするのがお勧めです。

エンゲージメント率

エンゲージメントとは、自分の投稿に対する、「いいね」・「コメント」・「保存」の数を表します。エンゲージメントをフォロワー数で割ることでエンゲージメント率がわかり、エンゲージメント率が高いということは、投稿にポジティブな反応をしてくれるフォロワーが多く、インフルエンサーの人気度やフォロワーの熱量を測ることができます。
エンゲージメント率が高いほど、おすすめ投稿として表示され、インプレッション数が伸びやすい傾向にあるとも言われています。
エンゲージメント率は最低でも2%以上になるようにKPI設定し、見せたい投稿とユーザーが見たい投稿のバランスをとりながら投稿していきましょう。

まとめ

instagram-value3

Instagram内において、認識することのできる数値例をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

今回ご紹介した数値を、KGIやKPIとして設定することでより効果的なInstagramマーケティングを行うことが可能です。

またこちらの記事も合わせて読むことで、InstagramマーケティングにおけるKGI・KPIの全てが理解できるので大変おすすめです。

関連記事

logo_instalab

Instagramマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、Instagramマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に5,500件以上の支援実績がございます。

  • Instagramアカウント運用代行
  • Instagram広告運用・分析改善
  • Instagramキャンペーン実施
  • Instagramインフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なInstagramマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

具体的なアドバイスも無料でしています

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

 

あなたにおすすめの関連記事