twitter-green

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

音声SNSアプリ「Clubhouse」の誕生以降、各SNSが様々な機能追加や仕様変更に追われています。

Instagramでは、これまでのインスタライブのキャパシティを増やす「Live rooms」。
Twitterは音声のみでやり取りを行う「Spaces」のベータテストを行っています。

そんなTwitterの「Spaces」が、テスト中の「Spaces」に関するアップデートを行いました。

Twitterのアップデートによって、一体どのような変化があったのでしょうか。

今回は、Twitterの音声サービス「Spaces」についてご紹介します。

Twitter「Spaces」とは?

twitter-prevail1

Twitter「Spaces」は、2020年12月にベータテストが開始された音声サービスです。

Twitterによると、「Twitterの利用者が集まり、音声を使って自分たちで作り上げるTwitterのコミュニティ」という案内になっており、主にテキストでやり取りを行うTwitterにおいて、声を使ってリアルタイムなコミュニケーションが取れる画期的な機能になっています。

関連記事
【音声SNS】もうすぐ完成!?Twitter社もClubhouseのような音声サービス「Spaces」を検証中

米Twitterはアメリカ時間の3月10日、Twitterアプリのアップデートを行い「音声を使ってリアルタイムで会話できるSpacesをご紹介します」という案内の旨を公開しました。

ベータテストを継続していたSpacesがついに実用化に向けた動きを見せ始めていくようです。

Twitter「Spaces」の特徴

twitter-world

ベータテスト中のSpacesには、様々な制限がありました。

その制限が、アプリのアップデートによって変わっていく兆しが見えています。

ここからは、Spacesの特徴とアップデートによる変更点をご紹介します。

Spacesの特徴

Space-building

公開範囲

立ち上げられたSpacesは全てのユーザーに向けて公開されます。

Spacesが立ち上げられるとフォロワーのFleetに表示されるので、自分のフォロワーに向けてSpacesを立ち上げたことがダイレクトに伝わる形になっています。

また非公開アカウントはSpacesを立ち上げることはできません。

リスナーとしてSpacesに参加することは可能ですが、参加している事が他ユーザーに表示されます。

参加ユーザー

Spacesを立ち上げたホストユーザーは、参加するユーザーの管理を行うことができます。

たとえばSpaces内で発言できるユーザーは、

  • 全員
  • フォローしているアカウント
  • 発言できるユーザーとして招待したアカウントのみ(ダイレクトメッセージで招待状を送れる)

から選択できます。

ホストユーザーはSpacesを開いている間はいつでも発言できるユーザーを選びなおせます。

また、荒らしや迷惑行為を行うアカウントを削除、報告、ブロックすることもできます。

人数制限

Spaces内で発言できるユーザーは最大10人。

リスナーの人数には制限がありません。

Spacesの終了後

Spacesを終了できるのは立ち上げたホストユーザーのみになります。

SpacesはTwitterのルール違反を行っていなければ、終了後30日間コピーが保存されます。

また、Twitter側が違反していると判断し、その判断をホストユーザーが誤りだと思う場合、異議申し立てを行えるようにコピーの保存期間を90日間に延長する場合もあるようです。

Spacesのコピーが保存されている期間は、ホストユーザーはSpacesをダウンロードすることもできます。

2021年3月のアップデートで変更された点

twitter-data

Androidユーザーも利用可能に

 

ベータテスト中のSpacesはiOSアプリのユーザーしか利用することができませんでした。

ですが、3月のアップデートによってAndroidアプリのユーザーもSpacesにリスナーとして参加できるようになりました。

今後全てのユーザーが利用可能になる予定を発表

 

Spacesは現在、一部のユーザーのみが立ち上げることができ、その他のユーザーは参加することしかできない仕様になっています。

上記のツイートでは、4月を目安に全てのユーザーがSpacesを立ち上げられるようにしていく意向を発表しています。

まとめ

Twitter-skyblue

今回は、Twitterの新機能「Spaces」についてご紹介しました。

Clubhouseの登場によって様々なSNSが新機能を追加しています。

Instagramでも、Clubhouseと同じ活用方法で利用できる「Live rooms」が実装されたばかりです。
こちらも追加されたばかりの新機能で、多くのユーザーから注目を集めています。

関連記事
Instagram、ついに4人ライブ機能が実装!?最大4人でライブ配信可能な「ライブルーム」とは

長期間ベータテストを行ってきたSpacesですが、いよいよ実用化される日が近づいているようです。

Spacesが正式に実装された際は、インスタラボでもSpacesの使い方についてご紹介していきますので、是非ご期待ください。

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Twitterアカウント運用支援が可能です。

豊富な支援実績を作り出したSNSマーケティングのプロが、

  • 目的(認知~販促・購買)に最適なTwitter施策立案
  • Twitterアカウント運用代行
  • Twitter広告代行
  • Twitterインフルエンサーによる口コミ獲得
  • 炎上・ステマ対策
  • 効果分析レポーティング

など貴社の目的に最適なSNSマーケティング支援をさせていただきます。

「そもそもTwitterで何ができるの?」といったご質問にもお答えできますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事