the-case-study-of-promotion-by-foreign-company1

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

日本には、多くの海外企業が進出して日頃ビジネスを行なっています。

最近では、韓国や台湾グルメブームの影響もあり、原宿など若者に人気の町では至る所で海外グルメを手軽に楽しめるスポットが誕生しています。

日本で自社商品やサービスをPRする際には、SNSをうまく取り入れたマーケティングが一般的です。

そこで本記事では、海外企業が日本でPRを成功させるためのポイントを解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

海外企業が日本進出するメリットとは

the-case-study-of-promotion-by-foreign-company11

海外企業が日本へ進出する際には、大きく分けて3種類の進出形態があると言われています。

具体的には、

  • 駐在員事務所の設立
  • 日本支店
  • 子会社

の3形態です。

駐在員事務所の設立は、日本国内で事業を行うにあたっての一時的な形態と言われ、本格的に日本へ進出する企業が足がかりとして利用する形態です。

日本支店や子会社の設立は、海外企業が日本進出する上で一般的な形態と言えるでしょう。

日本での登記や日本の会社法が適用されるため、根を下ろした本格的なビジネスを行うことができます。

日本進出にはさまざまな形態がありますが、日本進出している外資系企業にはどのような業種が多いのでしょうか。

以下は、令和2年に経済産業省が調査した日本進出をしている外資系企業の分布状況を図にしたものです。

the-case-study-of-promotion-by-foreign-company11123

画像:第 54 回外資系企業動向調査(2020 年調査)の概況| 経済産業省

業種別では、全体の約39%を占める卸売業が最も多く、次点でサービス業、情報通信業が続いています。

日本では、ヨーロッパやアメリカの外資系企業が多く占めており、欧米にとって日本進出には魅力があることが伺えます。

実際、日本ではインフラが整っていたり、採用する日本人の教育レベルの高さから日本進出することに対する多くのメリットが存在します。

日本でのSNSマーケティング5つの手法

the-case-study-of-promotion-by-foreign-company111

日本のSNSマーケティングでは、主に5つの手法に基づいたマーケティングにより、成功をおさめているケースが大半です。

5つの手法とは、

  • インフルエンサーマーケティング
  • SNSアカウント運用
  • SNSキャンペーン
  • SNS広告配信
  • ソーシャルリスニング

の上記5つです。

実際に多くの外資系企業が上記いずれかの手法を用いてSNSマーケティングを行なっており、顧客ロイヤリティや商品認知度を高めることに成功しています。

中でもインフルエンサーマーティングを用いた手法は人気です。

インフルエンサーマーケティングとは、TwitterやInstagramなどSNSで影響力をもつ「インフルエンサー」と呼ばれるユーザーに対して、企業がブランドの製品やサービスを紹介してもらうマーケティング手法のこと。

インフルエンサーのフォロワーの行動変容を促すマーケティング手法であり、日本には何十万人以上のフォロワーを抱えるインフルエンサーが多く存在します。

 

例えば、上記は日本のビジネス系インフルエンサーとして有名なマコなり社長のYouTubeチャンネルです。

IT企業の社長という立場から、ビジネスで役立つノウハウや人生哲学などを紹介する動画は人気で、日本のビジネス系ユーチューバーでは異例の人気を誇っています。

マコなり社長が動画でおすすめの商品を紹介すると、動画が公開されてすぐに売り切れとなることが多々あり、インフルエンサーとしての影響力の強さを物語っていますね。

本事例のように、インフルエンサーマーケティングを採用することで、企業単体ではリーチできなかった層にまで商品やサービスの情報を届けることができます。

またインフルエンサーマーケティングは、広告臭を少なくプロモーションできることから普段以上の売上や集客を獲得することができるのです。

しかし、インフルエンサーマーケティングは自社に適切なインフルエンサーを選定することや、炎上リスクを避けることが難しい面があります。

そこで、日本でインフルエンサーマーケティングを行う際には、インフルエンサーマーケティング代行会社に依頼することがおすすめです。

インフルエンサー代行会社では、インフルエンサーの選定からプロモーション施策の考案まで自社に適切なマーケティングを実現できるノウハウを提供しています。

ぜひ、日本でのSNSマーケティングを行う際には、インフルエンサーマーケティング代行会社に依頼してみましょう。

 

関連記事

【2022年】も注目のインフルエンサーマーケティング会社まとめと選び方

日本でのSNSマーケティング成功ポイント

the-case-study-of-promotion-by-foreign-company1111

日本でSNSマーケティングを行う際には、

  • 自社に適したSNSを選定する
  • SNS専門の担当者やチームを用意する
  • ユーザーとのコミュニケーションを意識する

といった点が大切になります。

以下で具体的に解説していきましょう。

自社に適したSNSを選定する

日本でSNSマーケティングを成功させる際には、まず自社がプロモーションしたい商品やサービスに適したSNSを選定することが大切です。

日本で利用されているSNSは、海外での利用実態とは異なっていることがあります。

例えば、日本で流行している各SNSでは、ボリュームゾーンの年齢層が異なっていることがあるため、SNS別の利用者分布などを把握する必要があります。

若年層に向けたプロモーションを行う際には、TikTokやInstagramといった視覚的にアプローチできるSNSを選定することがおすすめです。

日本で主に利用されているSNSの実態を把握して、自社に適したSNSを選定することがSNSマーケティング成功の近道です。

 

関連記事

【最新Excel配布中】日本・世界のSNSユーザー数まとめ(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE,TikTok)

SNS専門の担当者やチームを用意する

本格的にSNSマーケティングを日本で行う際には、SNSに明るい人材やチームを用意することが大切です。

例えばSNSアカウントを運用する際には、ユーザーとのコミュニケーションを行う必要性から、継続的な情報発信などの更新作業が必要になってきます。

社内にアカウント更新を頻繁に行うことができるだけの工数をかける余裕がない場合には、SNSアカウント運用は難しいでしょう。

また、SNS専門の人材やチームを用意することにより炎上などの不測の事態に対して瞬時に対応することが可能になります。

SNSで炎上してしまうと、企業イメージまで毀損してしまうことになりかねないため、SNSに工数をかけることのできる人材を用意して、炎上を避けるための教育や情報の共有が必要です。

 

関連記事

SNSの「炎上」って何?リスクをしっかり捉えて未然に防ぐ方法と対処法を解説

ユーザーとのコミュニケーションを意識する

SNSマーケティングを行う際には、ユーザーとのコミュニケーションを意識した運用を行うことが大切です。

SNSを利用しているのは、多くが個人利用の一般消費者であるため、多数とのやり取りを意識するよりも対個人を意識した運用を行いましょう。

例えばSNSアカウント運用を行う際には、一対一のコミュニケーションを意識することで、消費者は企業アカウントに対して好意的な印象を抱くことになります。

SNSを通して顧客ロイヤリティを高めるためにも、対個人のコミュニケーションを大切にしましょう。

日本進出した企業のPR成功事例

スターバックス

restaurant-LINE-profile-3

画像:スターバックス|LINE公式アカウント

上記の事例は、スターバックスコーヒーのLINE公式アカウントです。

日本では、チャットツールとして「LINE」と呼ばれるアプリが大人気であり、利用者数は9,000万人以上を誇ります。

日本では、大半の日本人が利用しているSNSであるLINEを活用して、SNSマーケティングを行なっている企業が多く存在します。

スターバックスもLINEでSNSマーケティングを実施している企業であり、フォロワー数は800万人以上を抱える人気アカウントとなっております。

スターバックスは、LINEを通して

  • クーポン情報
  • ショップカード紹介
  • 商品紹介

といった情報などを定期的に発信しており、LINEを活用して自社商品の訴求力を高めることに成功しています。

イケア

上記の事例は、イケアのTwitter公式アカウントによるTwitterキャンペーンの事例です。

Twitterキャンペーンとは、「フォローしてくれた人に抽選で〇〇をプレゼント」といった具合に、ユーザーに対して賞品プレゼントを提供することにより自社アカウントやサービスの認知を高めることができる手法です。

上記の事例でイケアは、

  • 企業公式Twitterアカウント(@IKEA_Campaign)をフォロー
  • 好きな部屋のコーディネートを選択肢から選んでツイート

といった応募条件を設定してTwitterキャンペーンを開催しました。

イケアは、定期的にTwitterキャンペーンを実施しており、Twitter企業アカウントの中でも多くのフォロワーを抱えるアカウントへと成長しました。

SNSを活用して自社の知名度を高めるためにも、SNSキャンペーンを採用したマーケティング手法は非常に効果的です。
関連記事

SNSマーケティングとは?具体的な5つの手法と成功事例を徹底解説

まとめ

the-case-study-of-promotion-by-foreign-company111111

本記事では、海外企業が日本でPRを成功させるためのポイントや事例などをご紹介してきました。

日本でPRを行う際には、SNSマーケティングを活用した手法が一般的です。

中でもインフルエンサーマーケティングの効果は絶大で、日本で多くの企業が採用しているマーケティング手法としてご紹介させていただきました。

日本でPRを行う際には、ぜひインフルエンサーマーティング代行会社への依頼を検討してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい▼

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、SNSマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • SNSアカウント運用代行
  • SNS広告運用・分析改善
  • SNSキャンペーン実施
  • インフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なSNSマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

SNS運用・マーケティングのご相談はこちら

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事