what-is-sns-eyecatch

【簡単見積もり】インフルエンサーPRの見積もりシミュレーター
⇒シミュレーションを始める


 

すっかり人々の生活に溶け込んだSNS。「SNS」という言葉自体、以前より格段に耳にする機会が増えました。

「SNSという言葉は何度も聞いたことがあるけれど、実際どんなものか分からない…」「始めてみたいけれど、どうしていいか分からず不安…」という方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで本記事では、SNSとはいったいどのようなものなのかを知りたい人向けに

  • SNSとは
  • SNSで出来ること
  • SNSの種類
  • SNSを始める手順
  • SNSに対する疑問

についてご紹介します。

SNSとは

3-famous-sns

SNSとは、Social Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)を略したものであり、インターネット上で、個人同士が繋がれるような場所を提供しているサービスの総称です。

SNSでは、サービスに登録した会員同士で個別にコミュニケーションを取ることができるほか、グループに参加して他のユーザーと交流することも出来ます。

SNS上に存在するグループの種類は多岐に渡ります。

例えば、「ガーデニング好き集まれ!」「俳句・短歌同好会」など趣味で括られているものや、「〇〇大学卒業生」「関西限定」など住んでいる地域や大学で括られているものなどなど…いろんなグループが存在します。

実生活でも、趣味や出身地など共通の関心をきっかけに友人や仲良しグループが出来ることがありますよね。

それと同じように、オンライン(インターネット)上で人間関係を築くことの出来る場所が、SNSです。

SNSで出来ること

インスタグラム広告

次に、SNSで出来ることをご紹介します。

SNSで出来ることは大きく2つに分けられます。「情報の発信・共有・収集」と、「他ユーザーとの交流」です。

情報の発信・共有・収集

SNSに登録すると、インターネット上に自分のページを持つことが出来ます。

自分のページは、個人の日記帳のようなものです。

インターネット上の日記帳(SNS)は、一般的な紙の日記帳と違い、

  • インターネットを使っている全員が見ることが出来る
  • 文字だけではなく、写真や動画も添えることが出来る

ことが大きな特徴です。

SNSでは、自分のページに投稿することで、個人自らが情報を発信することができます。

具体的にどんなことが出来るのか、ご説明します。

近況を友だちに知らせる

SNSに登録すると、自分のページを持つことができます。

自分のページに「投稿」することで、つながっている友だちに自分の近況を知らせることができます。

写真や動画を投稿する

SNSには、文章だけではなく、写真や動画を投稿することも出来ます。

文章だけでは伝えきれない情報でも、写真や動画を利用すれば簡単に伝えることが出来ますよね。

SNSの中には、写真や動画の投稿に特化したものもあります。主に写真や動画を投稿したいという方は、写真動画特化型のSNSを使うと良いでしょう。

ニュースに対する意見を述べる

個人の近況を投稿するだけではなく、ニュースに対する意見を公に発信することも出来ます。

自分の意見を発信することで、同じ意見を持った人があなたの記事にコメントをしてくれるかもしれませんし、同じニュースに関心を持っている誰かの考えを深めるきっかけになるかもしれません。

SNSでは、自分の近況だけではなく、社会で起こっていることに対する意見も述べることが出来ます。

今話題のニュースなど情報収集ができる

SNS(特にTwitterやInstagram)は、「今起こっていること」「今流行っていること」を素早く、多くの人に発信することが出来ます。

多くの人に素早く情報が発信出来るということは、多くの人が素早く情報を受け取れるということでもあります。

したがって、SNSは、話題のニュースなどについての情報収集にも向いています。

他ユーザーと繋がる

同じSNSを使っている人同士で、交流することが出来ます。

お互いに心地の良い距離感で、他ユーザーとコミュニケーションをとっていきましょう。

「いいね」機能で共感を表す

SNSで投稿した場合、投稿の下には通常、「いいね」ボタンがついています。

このボタンを押すと、その投稿への共感を表すことが出来ます。

あなたが他の人の投稿を見て、「面白い!」「かわいい!」「共感した!」「なるほど、勉強になるなあ」など、ポジティブな気持ちを持った時には、「いいね」ボタンを押して、その気持ちをユーザーに伝えてみましょう。

共感や好意を相手に気軽に伝えることが出来るのが、「いいね」ボタンです。

リプライ(=返信)をして交流を深める

「いいね」ボタンは、共感や好感を気軽に相手へ伝える手段です。

でも、「『いいね』ボタンを押すだけでは伝えきれない!自分の気持ちをもっと具体的に伝えたい!」という場合もあるでしょう。

そんな時には、その投稿にリプライをしてみましょう。

リプライは「返信」と同じ意味で、Webメールのように相手へメッセージを送ることが出来る機能です。

  • 他の人も見ることができる返信
  • 他の人は見ることができない個人間のメッセージやりとり

などがあります。

「いいね」だけでは伝えきれない情報や感情がある場合には、リプライをしてメッセージを送ってみましょう。

グループチャットに参加して交流を深める

SNSでは、実生活での友人とコミュニケーションを取ることが出来ますが、同時に、共通点を持った不特定多数の人と会話することもできます。

冒頭で、SNSではグループに参加することで、他ユーザーとコミュニケーションを取れるとご説明しました。

例えば、「映画好き集まれ!」というグループに参加した場合、映画が好きな他のユーザーとチャットのやり取り等を通じてコミュニケーションを取ることが出来ます。

共通の関心を通じて、見知らぬ人たちと交流することが出来るのが、グループチャット機能です。

SNSの種類

social-media-logo-icons

SNSの概要をご説明しました。SNSには多くの種類があります。

それぞれ得意としているものも違いますので、SNS名を出しながら具体的にご説明します。

Facebook(フェイスブック)

 

facebook-logo-SNS- marketing

 

Facebook(フェイスブック)は、世界最大のSNSです。

アカウントは実名での登録が基本ですので、家族、友人、会社の同僚など、実生活の知り合いへ向けて近況を詳しく報告したい/近しい人たちの近況を知りたいという場合に利用すると良いでしょう。

Facebookへの投稿は「写真+長文」がスタンダードで、絵日記を公開するようなイメージになります。

Twitter(ツイッター)

twitter-logo-sns- marketing

Twitter(ツイッター)は、短文での投稿が一般的で、1投稿140文字以内の短文が投稿できます。

短文での投稿が主ですが、写真や動画をつけて投稿することも可能です。

動画の添付は1投稿あたり1件ですが、写真であれば1投稿あたり最大4枚まで添付することが出来ます。

Twitterでの投稿は短文であるため、気軽に行えることが特徴です。

ニュース情報もすぐに入ってくるため、情報収集用のSNSとしても人気です。

短く、でも頻繁に情報発信したい/文章で情報を収集したいという場合におすすめのSNSです。

LINE(ライン)

 

line-logo-201908

 

LINE(ライン)は日本で利用者が最も多いSNSです。

他のSNSは利用していなくても、LINEだけは使っているという方もいるのではないでしょうか。

LINEは他のSNSとは違い、家族や友人間などの親しい間柄での連絡用(Webメール代わり)に使われる場合が多いです。

LINEでは、文章の送受信だけではなく、音声通話やビデオ通話も可能です。

顔見知りの家族や友人と日常的にやり取りしたいという場合は、LINEがぴったりでしょう。

Instagram(インスタグラム)

instagram-logo-sns- marketing

Instagram(インスタグラム)では、写真や動画をメインにした投稿が一般的です。

投稿する場合は、「写真+短文」という形式になることが多いでしょう。

絵日記だけれど、絵を描くスペースがかなり大きいというイメージでしょうか。

Instagramは、写真や動画投稿メインのSNSですので、画像や動画の編集や加工も簡単に行うことが出来ます。

写真を主に投稿して情報を発信していきたい/文章を読むよりも綺麗な写真をたくさん見たいという方におすすめのSNSです。

YouTube(ユーチューブ)

 

youtube-logo-SNS- marketing

 

YouTube(ユーチューブ)では、様々なジャンルの動画が投稿されており、幅広い世代が面白い動画を見たり、情報収集の場として利用しています。

YouTubeには、質の高い動画を投稿し、多くのファンを獲得している"ユーチューバー"と呼ばれるクリエイターが存在します。

YouTuberのように動画を投稿するというのは少しハードルが高いので、SNS初心者の方は、まず興味の惹かれるジャンルの動画を視聴するところから始めてみるとよいでしょう。

TikTok(ティックトック)

 

TikTok-logo-SNS- marketing

 

TikTok(ティックトック)は主に15秒〜3分の短い動画を投稿する動画SNSです。

TikTokは、主に10代〜20代を中心に人気のSNSですが、じわじわと他の世代にも浸透してきています。

YouTubeとは違って、TikTokに投稿されるのは15秒〜3分のごくごく短い動画です。

利用者は主に10〜20代なので、活発でノリの良い動画が多い印象です。

若い世代(あるいは孫の世代)がどんなものに夢中になっているのか知りたい、という方はTikTokを見てみると良いでしょう。

SNSを始める手順

SNS-marketing2

それでは、実際にSNSを始める手順をご説明します。

1. 好きなSNSを選ぶ

まず、どのSNSを始めるかを決めましょう。

主に短文を投稿したいのならTwitter、写真を投稿したいのならInstagram、親しい人へしっかりと近況報告をしたいのならFacebook…等、自分がやってみたい投稿スタイルに合わせて、SNSを選びましょう。

始めても絶対に投稿しなければならない訳ではないので、SNSを通じて見たいもの・知りたいもの(綺麗な写真を見たい、友だちの近況を知りたい、好きな有名人の投稿を見たい…等)を基準に選んでも良いでしょう。

アプリをインストール

SNSを選んだら、SNSのアプリをインストールしましょう。

スマホがiPhone(アイフォン)なら「App Store」から、Android(アンドロイド)なら「Google Play」からアプリをインストールすることができます。

SNSの名前を検索してダウンロードしましょう。

SNSのアカウントを作成

アプリをインストールしたら、SNSアカウントを作成しましょう。

「アカウント作成完了=SNSへの会員登録の完了」ですので、アカウントの作成段階では、利用者の基本情報を入力することになります。

一般的には

アカウントの作成に主に必要となる基本情報は一般的には

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ユーザーID(SNS上での識別番号のようなもので、各利用者が異なるものを利用している)

の3つです。事前に準備が必要なものはメールアドレスですが、普段使っているメールアドレスがある方はそのアドレスを利用すれば問題ありません。

場合に応じて以下も必要になる場合があります。

  • 利用者の名前・ニックネーム(Facebook以外は本名でなくてもOK)
  • 電話番号
  • 生年月日

あらかじめ用意しておくのがおすすめです。

【重要】ログイン情報は必ずメモしておくこと

アカウントを作ったときの情報、特に

  • メールアドレス
  • パスワード

は忘れてしまうとSNSを見たり投稿したりできなくなってしまいますので、必ずメモなど残し、わかる場所に大事に保管しましょう。

 

プロフィールを作成

基本情報を設定したら、次にプロフィールを作成しましょう。

プロフィールページは、他の利用者に対する自己紹介ページです。

年齢、趣味、性格など、自分が他ユーザーに知ってほしいと思う事柄を書きましょう。

プロフィール画面では、「プロフィール画像」を設定することが出来ます。

何も設定しなくても良いですが、自分の個性や好きなものが伝わる画像を設定していた方が、他ユーザーとコミュニケーションを取りやすくなります。

【重要】個人情報は記載しないこと

SNSは誰が見ているか分からない性質があるため、むやみに個人情報をプロフィールに記載しないようにしましょう。

たとえば自宅住所、電話番号、銀行口座、マイナンバーなど、重要な情報は公開しないようにしてください。

 

実際に投稿してみる

プロフィールの設定ができたら、実際にSNSに投稿してみましょう。

初めての投稿は戸惑うことも多いかもしれませんが、焦らずに、そのSNSにはどんな機能があるのか、確認しながら記事を作成しましょう。

プロフィールを書く際と同じように、個人情報の漏洩に繋がる内容でないか確認して投稿しましょう。

また、他人を傷つける内容でないか等にも気をつけましょう。

他の人と交流してみる(いいね、コメント、フォロー)

自分の情報を発信すると同時に、他の人の投稿にも目を通して見ましょう。

素敵な投稿があれば、「いいね」ボタンを押して共感を表したり、「コメント」で具体的な気持ちを伝えたりしてみましょう。

お気に入りのユーザーが見つかったら「フォロー」して、そのユーザーの投稿を見逃さないようにしましょう。

自ら情報発信すると共に、いいねやコメントをすることで、他ユーザーとのコミュニケーションが活発になります。

フォローとは

「フォロー」とは、気に入った人をブックマークする機能です。

わざわざその人のSNSに移動しなくても、その人の投稿や写真・動画が自分の画面に自動で表示されるようになる便利機能です。

ちなみに、気に入らなくなった人のフォローを止めるのも簡単ですので、積極的にフォローしてみましょう。

 

SNSについてのよくある質問と答え

girls-thinking

ここまでで、SNSの概要をご説明しました。

最後に、SNSに関してよく聞かれる疑問とその回答をご紹介します。

SNSって無料?

SNSは基本的に無料です。

今回この記事でご紹介したSNS(Facebook, LINE, Twitter, Instagram, YouTube, TikTok)は全て、無料で利用することが出来ます。

一定期間経過すると料金が発生するということも全くありませんのでご安心ください。

SNSのアプリは絶対インストールしなきゃいけないの?

Google ChromやSafariなどのWebブラウザを利用すれば、SNSのアプリをインストールしなくても、投稿をしたり、見たりすることが出来ます。

例えば、Twitterをアプリを使わず利用したいという場合には、googleなどの検索サイトで「Twitter」と検索すると、Twitterのログインページにアクセス出来ます。

ログインページで、自分のユーザーIDとパスワードを入力すれば、アプリを使わずTwitterを利用できます。

ただ、アプリを利用した方が格段に投稿がしやすいですし、他のユーザーの投稿もスムーズに見られます。SNSを積極的に使っていきたいという方は、アプリをインストールしておくと良いでしょう。

SNSアカウント登録をしないと使えないの?

SNSのアカウント登録をしなくても、他のユーザーの投稿を見ることはできます。ただし、マイページへの投稿や他ユーザーへのコメント等、様々な機能が制限されてしまいます。

特定の人のSNSを見るだけという方なら問題はないですが、自ら発信したい、他の人とコミュニケーションを取りたいと言う方はSNSアカウントの登録が必要です。

SNSは他の人の投稿を見ているだけでもいい?

SNSは自分が投稿せず、他の人の投稿を見ているだけでも問題ありません。

実際に、そのような使い方をしているSNS利用者の方も多くいます。

SNSに登録をしたら絶対に投稿をしなければいけないという訳ではないので、自分のペースで気になる人の意見、写真、動画を楽しみましょう。

どのSNSから始めればいい?

SNSに触れたことがないという方は、とりあえず利用者数の多いSNSから始めてみると良いでしょう。

利用者数の多いSNSの中から、自分の投稿したい題材に合わせて、好きなSNSを選びましょう。

以下、選ぶ際の参考です

  • テキストでいろんな人の意見を気軽に知りたい
    ⇒ Twitter(ツイッター)
  • 写真(動画)を楽しみたい
    ⇒ Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)
  • 動画を楽しみたい
    ⇒ YouTube(ユーチューブ)
  • 若い人の流行を知りたい
    ⇒ TikTok(ティックトック)

写真を主に投稿したいという方なら、Instagramを始めるのが良いでしょうし、文章を気軽に投稿したいという方なら、Twitterを始めるのが良いでしょう。

動画投稿は初心者には少しハードルが高いかもしれないのでまずは見るだけに留めて、雰囲気をつかんで投稿してみましょう。

きっと、機能の多彩さに驚くはずです。

LINEはSNSですか

気軽に個人間のやり取りが出来るということから、LINEをWebメールと同じように捉えている方も多いと思いますが、実はLINEはSNSに分類されます。

それはLINEに備え付けられている機能を使えば、不特定多数の人とコミュニケーションを取ることが出来るからです。

例えば、LINEには「オープンチャット」という機能があります。

このオープンチャットでは、共通の関心をきっかけに集まった、他のLINEユーザーとチャットを通じて交流することが出来ます。

このように、不特定多数の人と交流できるような機能も持っておりその他人とのコミュニケーションができる機能が豊富なことから、LINEはSNSに分類されます。

SNSSMSの違いは?

SNS(エス・エヌ・エス)とSMS(エス・エム・エス)は響きは似ていますが、全く異なるサービスです。

SNSは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、ご説明した通りインターネットを使って色々な人と交流ができるサービスです。

SMSは「ショート・メッセージ・サービス(Short Message Service)」の略で、電話番号を使って相手に短いメッセージを送ることが出来るサービスです。

SMSは電話番号を知っている相手にしか送ることが出来ません。したがって、家族や友人等、親しい人たちとの連絡手段に限られるということですね。

SNSの種類にはどんなものがある?

SNSの種類には様々なものがありますが、現在特に利用者数の多いものは、先ほどご紹介した

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

です。自分の投稿したいものや、見たいものに合わせて好きなSNSを始めてみましょう。

複数のSNSを利用している方も多いです。一つのSNSに慣れたら、別のSNSにもトライしてみましょう。

関連記事
【最新Excel配布中】日本・世界のSNSユーザー数まとめ(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE)

 

SNSでは何ができるの?

SNSは、文章、写真、動画などを通して人と人とのコミュニケーションをすることを目的としたサービスで、人と交流するための機能を豊富に利用できます。

SNSでできることとして以下を挙げることができます。

  • 文章で自分の意見を発信する
  • 素敵な写真や動画を他の人に見てもらう
  • 他の人にメッセージを送り交流する
  • 他の人文章、写真、動画を見て楽しむ

SNSをきっかけに仲良くなり、実際に会って交流を深めるといったこともSNSで人と繋がる醍醐味です。

フォローとフォロワーの違いは?

「フォロー」とは自分が気に入った人をブックマースする機能。

「フォロワー」とは自分を気に入ってフォローしてくれたSNS上の他の人のことを指します。自分のファンと言ってもよいでしょう。

SNS上で投資などの儲け話を聞きましたが、詳しく話を聞いてもよいでしょうか?

詐欺の可能性があるので十分な注意が必要です。怪しい儲け話は無視して返信しなくても問題ありません。

SNS上では「ぜったい儲かる」「儲かった方法教えます」と言って投資や儲かる話をして近づき、さまざまな高額商材を売りつける詐欺が、残念ながら横行しています。

特にSNSを始めたばかりだと、「有益な情報がこんな簡単に手に入るんだ!」と思い込みやすく、詐欺の格好のターゲットになります。

十分に注意しつつSNSをはじめた本来の目的を楽しみましょう。

まとめ

SNSとはどのようなものか、どんなことができ、どんなSNSがあり、どのように始めればいいか、一通り紹介してきました。

SNSは今や世界中の人々にとって日常生活に欠かせない存在となっています。

もしSNSに興味があるなら、この機会に気になったSNSをはじめてみるとよいでしょう。

新しい刺激が得られて、新しい人と繋がれて、人生の可能性も広がりますよ。

あわせて読みたい

 

あなたにおすすめの関連記事