percentage-cafe

【便利!】インフルエンサーマーケティング見積シミュレーター
⇒ツールの利用はこちら


 

TwitterなどのSNS運用について調べていると、エンゲージメント率というワードを目にすることがあると思います。
このエンゲージメント率は、SNS運用をするにあたり非常に重要な要素で、企業のTwitterアカウント運用の指標になったりもします。

しかし、エンゲージメント率の意味や詳細を詳しくご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、Twitterにおけるエンゲージメント率についてご紹介していきます。

Twitterのエンゲージメント率とは?

people-ask-question

「エンゲージメント」という言葉には「約束、婚約」といった意味がありますが、SNS運用におけるエンゲージメントは少し意味合いが異なります。
では、そもそもエンゲージメントとは何かを見ていきましょう。

Twitterにおけるエンゲージメント

sns-social-media-engagement

Twitterにおける「エンゲージメント」は、一言でいえば、Twitterの投稿に対する反応のことです。
エンゲージメントに数えられる反応は複数存在し、

  • クリック数
  • リツイート数
  • 返信数
  • フォロー数
  • いいね!数

の上記5つの反応を合わせたものをエンゲージメントといいます。

エンゲージメント率と計算方法

kpi-instagram11

次に「エンゲージメント率」についてです。
エンゲージメント率とは、投稿を見たユーザーが実際に反応(エンゲージメント)した割合です。

Twitterのエンゲージメント率は、

「エンゲージメント率=エンゲージメント数÷インプレッション数×100」

で求められます。

インプレッション数とは、ユーザーが投稿を見た回数のことで、フォロワーでなくとも投稿を閲覧すればインプレッション数に加算されます。
つまり、エンゲージメント率が高ければ高いほど、ユーザーの興味を惹く投稿を行っているということになります。

Twitterでエンゲージメント率を上げるメリット

instagram-manual2

Twitterでアカウント運用を行っている企業は、投稿や広告、キャンペーンを発信した際の結果を確認する際に、エンゲージメント率を指標にする場合が多いです。

エンゲージメント率が上がるということは、一投稿を見たユーザーに対してより多くのユーザーが反応しているということ。つまり、効果的な投稿や広告を行えているという結果が一目瞭然になるためです。

では、実際にエンゲージメント率を上げることでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

話題になる可能性が高まる

twitter-buzz5

Twitterでエンゲージメント率を上げることができれば、話題性を高めることに繋がります。

Twitterは特に流行に敏感なSNSで、今話題になっていることが「トレンド」欄に掲載されます。
トレンド欄には企業のキャンペーンやハッシュタグなども掲載されるので、トレンドになることができれば、それまで自社のコンテンツに触れてこなかったユーザーにも投稿を届けることができます。

フォロワー獲得の可能性が高まる

eyecatch-instagram-follow

Twitterで出した広告などのエンゲージメント率が高まれば、自社の商品やサービスだけでなく、企業自体の認知度を上げることにも繋がります。
エンゲージメント率の高い投稿は大きな反響を得ているためユーザーの目に留まりやすく、その投稿をきっかけに企業やアカウントに興味を持つユーザーが増えていきます。

また、フォローまで繋がったユーザーは自社の最新の情報を通常の投稿で届けられるため、SNS上での継続的な繋がりを持つことができます。

拡散範囲が広まる

instagram-manual

Twitterには「リツイート」機能が存在し、リツイートするだけで自分のフォロワーに簡単に投稿を共有することができます。
Twitterは簡単に投稿をシェアできるため、拡散力が高く、短時間で多くのユーザーに投稿が届く可能性があります。

また、リツイートされた広告や投稿に対する反応もエンゲージメントになるため、拡散されればされるほどエンゲージメント率は上昇していきます。

Twitterのエンゲージメント率を上げるポイント

instagram-app-howto-3

Twitter運用におけるエンゲージメント率は効果測定のためにも重要な要素です。
また、広告やキャンペーンを行う際に、ユーザーにどのようにアプローチするのかを検討する指標にもなります。
ここからはエンゲージメント率を上げる際のポイントをご紹介します。

ターゲットユーザーを明確にする

sns-target

Twitterで広告やキャンペーンを行う際は、かならずターゲットユーザーを明確にしておきましょう。
また、ターゲットユーザーを想定する際にはペルソナを想定することも大切です。

ペルソナとはターゲットユーザーの人物像のことです。年齢、職業、Twitterを閲覧するタイミングなど、様々な視点から人物像を想定します。
ペルソナが具体的であればあるほど、ユーザーのニーズが想定しやすくなります。
ニーズがわかれば、ターゲットユーザーに効果的なプロモーションを行いやすくなるため、エンゲージメント率向上の可能性を高めます。
反応されやすいキーワードや時間帯など、ユーザー目線で考えることでエンゲージメント率の高い投稿を行うことができます。

ハッシュタグを活用する

Twitter運用では、ハッシュタグの利用も効果的です。
ハッシュタグを付けることで、ハッシュタグ検索を行っているユーザーにアプローチできる可能性を高めます。
また、キャンペーンに関連したハッシュタグであれば、ハッシュタグ検索を行っているユーザーとの関連性も高いため興味を持ってもらいやすく、エンゲージメント率の増加に繋がりやすくなります。

ユーザーとコミュニケーションを取る

instagram-manual5

TwitterをはじめとするSNS運用では、ユーザー間のコミュニケーションも大切です。
SNSは企業側からの一方的な情報発信ではなく、お互いにコミュニケーションを取ることができる点が最大の強みです。
ユーザーは広告やキャンペーンであってもいいね!やコメントなどで投稿に反応することができます。

ユーザーからコメントや問い合わせがあった場合は、丁寧な対応を心掛けましょう。
適切な対応を行うことで、ユーザー側に親切な印象与え、対応の満足度も高まります。

また、ユーザー間のやり取りは他のユーザーも見ることができるため、対応が丁寧である所をアピールできれば、他のユーザーも反応しやすくなり、今後のエンゲージメント率増加に繋がります。

まとめ

engagement

今回は、Twitterにおけるエンゲージメント率についてご紹介しました。
エンゲージメント率を意識して日々の投稿を行うことで、より効率的にユーザーにアピールできるような施策に繋がります。
広告やキャンペーンを行う際は、効果測定に最適な指標にもなるので、運用の際は是非、エンゲージメント率に注目して運用を行ってみてください。

 

logo_instalab

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Twitterアカウント運用支援が可能です。

5,500件以上の実績を作り出したSNSマーケティングのプロが、

  • 目的(認知~販促・購買)に最適なTwitter施策立案
  • Twitterアカウント運用代行
  • Twitter広告代行
  • Twitterインフルエンサーによる口コミ獲得
  • 炎上・ステマ対策
  • 効果分析レポーティング

など貴社の目的に最適なSNSマーケティング支援をさせていただきます。

「そもそもTwitterで何ができるの?」といったご質問にもお答えできますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事