【必見!】Twitterを運用する際にバズらせるポイント

 

SNSでは頻繁に、拡散されて多くの人から注目される投稿が話題を集めることがあります。

SNSにおいて話題性を集める投稿のことを「バズった」という言葉で表現することがあります。

特にTwitterにおいてこの「バズる」といった現象は日々起こっています。

そこで本記事では、企業がTwitterアカウントを運用する際に「バズる」を狙った投稿ができるように「バズる」ためのノウハウをご紹介いたします。

Twitterとは

まずはじめに、数あるSNSの中でも、Twitterとは一体どのようなSNSなのでしょうか。

また最近では個人の利用を超えて、企業が自らアカウントを作成し、運用するケースが多くなってきています。

企業がTwitterを運用するメリットはどこにあるのでしょうか。

以下で詳しく解説していきます。

Twitterとは

twitter-buzz2

Twitterとは、文章を主体としたSNSで、140文字以内の文章や、他人の投稿を気軽にシェアすることができるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

今や、誰もが利用しているイメージのあるTwitterですが、その誕生は比較的最近です。

Twitterは2006年に、IT超大国であるアメリカのサンフランシスコにて誕生したSNSなのです。

世界でのTwitterの利用者はなんと3億人以上と言われています。

わが国日本での利用者も4,500万人以上いると言われ、若い世代を中心に人気を博しているSNSなのです。

企業がTwitter運用することのメリットとは

twitter-buzz3

日本において4,500万人以上もの人々が利用しているTwitter。

そんなTwitterを、企業がマーケティングに活用することで大成功をおさめているケースが多くあります。

企業が利益を上げて、生産・営業・販売を行っていくためにマーケティングは重要な役割を担います。

企業の数あるマーケティング活動の中で、主にSNSを通してマーケティングを行う手法のことを「SNSマーケティング」と呼びます。

そして、SNSマーケティングは近年では大変盛り上がりをみせているマーケティング手法の一つなのです。

SNSの中でもTwitterをマーケティングの手法として利用することは、

  • 企業のブランディングができる
  • ユーザーからフィードバックが得られる
  • ユーザーとのコミュニケーションが取れる
  • 販売促進が期待できる
  • 爆発的な拡散が期待できる

などといった多くのメリットがあります。

Twitterでバズるとは

twitter-buzz4

SNSの投稿に対して、拡散されて人気が出る投稿のことを「バズる」と表現することが多いです。

そんな「バズる」という表現にはどのような意味が含まれているようでしょうか。

また「バズる」ことにおいてどのようなメリットが存在するのでしょうか。

バズるとは

twitter-buzz5

そもそもバズるという言葉は、英語の「buzz」という動詞に「る」をつけた日本独自の表現です。

英語の「buzz」には、「うわさする・ざわざわする」といったような意味があります。

日本において、バズると表現をする時の多くは、SNSでの文脈になります。

比較的短期間において、SNSユーザーの間で爆発的に話題が広がり、多くのユーザーの注目や話題を集めるといった意味で使われる言い回し。

Twitter上においては、多くの人にリツイート(他人が投稿した内容をそのまま自分も投稿して拡散していくこと)されることでどんどんと拡散していき、注目を集める状況になっている投稿をバズっていると表現します。

またTwitterには、トレンドという機能が存在します。

トレンドとは、Twitterが独自に選出したトレンドキーワードのことで、リアルタイムで更新されていくことで、注目の投稿がすぐにTwitter上に表示されていくのです。

トレンド機能も相まって、Twitterで人気を集める投稿は瞬く間に拡散されていきバズる状態になります。

バズるメリットとは

twitter-buzz6

企業のTwitterアカウントによる投稿がバズることにより、

  • 拡散されることで広告費をかけることなく宣伝が可能
  • 自社アカウントのファンを増やすことができる
  • コンテンツが受け入れやすくなる

といったメリットがあります。

拡散されることで広告費をかけることなく宣伝が可能

インターネットを用いた、企業の宣伝方法としてはリスティング広告(ヤフーやGoogleなど検索エンジンの検索結果画面に、ユーザーが検索したキーワードに連動して掲載される広告のこと)やディスプレイ広告などが主流です。

しかし、リスティング広告やディスプレイ広告でユーザーに対してアプローチをかけようとするとどうしても広告費が発生していまします。

そのような宣伝方法とは対照的に、バズりによる拡散を狙う場合には、広告費をかけずに行うことが可能なのです。

注目を集めるような投稿は、Twitterの一般ユーザーが自主的にリツイートして拡散していくことから、企業が広告費をかけて拡散していく必要がないのです。

自社アカウントのファンを増やすことができる

バズることで、自社のツイートに対する一般ユーザーからのエンゲージメント(ユーザーが、投稿に対して行うリアクションのこと)が増えます。

エンゲージメントが増えることにより、企業アカウントのプロフィール画面に飛んだり、他のツイートを確認してもらったりまた自社サイトへの閲覧にも誘導することができるのです。

このようなコミュニケーションを通して、自社のファンになってもらうことが可能です。

Twitterでは、気軽に気になったアカウントのフォローができる環境づくりがされているため、バズった投稿を窓口に、自社ブランディングを容易に行うことができます。

コンテンツが受け入れやすくなる

企業アカウントのSNSから流れてくる情報には、どうしても広告臭が漂ってしまいがちです。

個人対個人のコミュニケーションを基本としているSNSの世界においては、その性質上、企業からの情報発信には抵抗感を覚えてしまうユーザーも少なくありません。

しかしバズった投稿に対しては、「一般ユーザーによる拡散」といったユーザー自身による拡散の性質を持っているため、広告臭が少なくなり、そのコンテンツがすんなり受け入れやすいといったメリットがあるのです。

バズった企業ツイートの事例

実際にネットニュースに取り上げられるほどに、バズった企業アカウントの投稿をご紹介いたしましょう。

こちらは、日本マクドナルドの公式Twitterアカウント(@McDonaldsJapan)によるツイートです。

このツイートには21万いいね・5.2万リツートもされている名実ともにバズったツイートです。

マクドナルドは、パンをメインとした商品を展開する企業であるにもかかわらず、「お米たべたい」といった発言には意外性があり、話題を呼びました。

このツイート後、マクドナルドは「ごはんバーガー」というお米を使った新商品を発売しました。

このツイートは、「ごはんバーガー」という新商品のプロモーションに大きく貢献したのです。

こちらは、丸富製紙株式会社の公式Twitterアカウント(@maru_tomi0103)によるツイートです。

このツイートには25.6万いいね・13万リツートもされている大変にバズったツイートとなっています。

コロナウイルスによる状況下において、テレビやネットなどでトイレットペーパーが無くなってしまうといった噂が流れた時期のこと。

家庭紙メーカーである丸富製紙株式会社は、自社の倉庫にトイレットペーパーの在庫がまだまだたくさんあるといったツイートを写真付きで投稿することで、このツイートを見たユーザーに安心感を与えました。

時流に乗ったコンテンツを投稿し、拡散されることで自社のブランディングにも成功することに貢献するのです。

Twitterをバズらせるためのコツ

それでは、実際に企業がバズるツイートを投稿しようとする際に、意識すべきポイントをご紹介していきます。

意識すべきポイントとしては、

  • 自社のイメージとギャップのある投稿をする
  • 企業アカウントならではの役立つ情報を投稿する
  • 時流に乗ったコンテンツを作成する

の以上3つをご紹介します。

自社のイメージとギャップのある投稿をする

twitter-buzz7

どうしてもお堅いイメージが先行してしまう企業アカウント。

そんな企業アカウントからのフランクな印象を与えるツイートは頻繁にバズる現象が起こっています。

企業アカウントなのにもかかわらず、「こんな発言大丈夫なの?」「こんなことをしているの?」といったようなギャップを生み出すツイートはバズりやすいのです。

そのようなギャップ溢れるツイートからは、他の人にもすすんでシェアしたいという欲望からリツイートされて拡散されていくのです。

TwitterなどSNSという媒体において、企業コンプライアンスを意識した真面目感あふれるコンテンツは受け入れがたいものがあります。

SNSを利用しているユーザーに対して、ギャップを用いたユーモアのある投稿を意識することは、重要です。

企業アカウントならではの役立つ情報を投稿する

twitter-buzz8

企業からの情報発信としては、近年ではSNSの存在は欠かすことができません。

特に、Twitterにおいては140文字以内の文章の投稿を基本としたSNSであることからも、Twitterのユーザーは文章を読む機会と経験に慣れています。

そんなTwitterにおいて、企業からの有益な情報発信は大変受け入れやすいものです。

お堅いだけの印象を与えてしまうのは、Twitter運用の戦略としてよくないですが、企業としての専門知識をしっかりとユーザーに届けることも有益なことです。

企業から発信される専門知識が含んでいるツイートは、一般ユーザーにとって有益であり、他の人にシェアしたくなる動機作りがされやすいコンテンツとなります。

そのようなツイートは、たくさんリツイートされていくことで瞬く間に拡散されていくのです。

時流に乗ったコンテンツを作成する

twitter-buzz9

Twitterで話題になっている、その時々の時事ネタ・流行にうまく便乗することは拡散されバズるために有力な要素です。

Twitter内で流行しているコンテンツなどは、文章にしろ画像・動画にしろ容易にリツイートされていく性質があります。

流行しているコンテンツについて、その時流に乗るには前述した「トレンド」機能が参考になります。

トレンドに乗っている話題になっているコンテンツを把握して、うまく便乗することで、バズったツイートを連発している企業アカウントが多いです。

時事ネタや流行に便乗したツイートをすることは、ユーザーにとってとても共感性の高いコンテンツとなることからも、拡散されやすく、バズりやすいのです。

まとめ

twitter-conclude

Twitterにおいてバズるとはどのようなことなのかご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

企業がTwitter運用するケースは近年では決して珍しいケースではありません。

もはやTwitterを活用したマーケティング活動は、SNSマーケティングとして無視することのできない重要なものとなっています。

Twitter運用をする際には、本記事を参考に、バズりやすい投稿のポイントを意識して運用してみましょう。

logo_instalab

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Twitterアカウント運用支援が可能です。

5,500件以上の実績を作り出したSNSマーケティングのプロが、

  • 目的(認知~販促・購買)に最適なTwitter施策立案
  • Twitterアカウント運用代行
  • Twitter広告代行
  • Twitterインフルエンサーによる口コミ獲得
  • 炎上・ステマ対策
  • 効果分析レポーティング

など貴社の目的に最適なSNSマーケティング支援をさせていただきます。

「そもそもTwitterで何ができるの?」といったご質問にもお答えできますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

 

あなたにおすすめの関連記事