youtube-movie-review-influencer

【便利!】インフルエンサーマーケティング見積シミュレーター
⇒ツールの利用はこちら


 

あなたは普段映画をご覧になりますか。休日や余暇の過ごし方として昔から親しまれており、映画館で最新作を視聴したり、自宅でゆっくりくつろぎながら視聴したりと楽しみ方のスタイルも人それぞれです。

近年では様々な映画配信サービスが各社から提供されているため以前より気軽に映画を楽しむことができるようになったほか、昨今の新型コロナウイルス感染症の流行もあって休日には自宅で映画鑑賞を楽しんでいるという人も増えています。

そこで今回は、YouTubeで活躍する人気の映画紹介・レビューユーチューバーをご紹介いたします。

YouTubeで人気の映画紹介・レビューユーチューバー10名

それでは早速、YouTubeで活躍する人気の映画紹介・レビューユーチューバーをご紹介してまいりましょう。

1. 守鍬 刈雄のお暇なら映画でも

youtube-movie-review-influencer-suguwa-karuo

画像:守鍬 刈雄のお暇なら映画でも|YouTube

はじめにご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)は守鍬 刈雄(すぐわ かるお)」さんが運営されているYouTubeチャンネル「守鍬 刈雄のお暇なら映画でも」です。

YouTubeチャンネル:
守鍬 刈雄のお暇なら映画でも|YouTube

チャンネル登録者数:
約14.4万人(2021年7月現在)

守鍬 刈雄(すぐわ かるお)さんは、ジャンルを問わず多数の動画を取り上げた動画を制作し投稿しており、映画の内容やあらすじを短くまとめて紹介する動画や、ひとつの映画を深く掘り下げて内容や設定を解説・考察する動画などを数多く投稿されています。

投稿されている動画ひとつひとつが非常に丁寧で凝った内容になっているのが特徴的なチャンネルであり、メモ書き風の演出や多数のオリジナルイラストを用いた紙芝居風の演出、オリジナルキャラクターのアニメーションに合わせたトークなど、視聴者が観ていてわかりやすく楽しめる動画づくりに好感が持てます。

独自の目線による解説・考察が非常に興味深く、守鍬刈雄さんご自身の映画愛や造詣の深さを感じさせられます。視聴者による感想や独自の解釈・考察コメントも大変多く書き込まれており、ディープな映画ファンにも満足度の高いYouTubeチャンネルとなっています。

企業とのタイアップ事例:チームジョイ株式会社

こちらは「守鍬 刈雄のお暇なら映画でも」と「チームジョイ株式会社」のタイアップ事例であり、中国で制作・公開された映画「過春天 The Crossing」の日本公開版「THE CROSSING 香港と大陸をまたぐ少女」をPRしたものです。

チームジョイは映画の企画・制作、知的財産(IP)の開発管理および売買、イベントの企画・実施などを手掛けている企業であり、主に中国発のコンテンツを日本において発信しています。「THE CROSSING 香港と大陸をまたぐ少女」の日本公開は同社が配給を行っています。

動画では映画のあらすじやキャストといった基本的な情報に加えて、実際に映画を視聴した感想が守鍬刈雄さんらしい特徴的な語りで述べられています。

映画タイトルや舞台設定とその背景なども詳しく紹介されており映画に対する興味を引かれるほか、実際に映画を視聴する際により一層楽しめるような大変魅力的なPR動画となっています。

映画の設定や見どころなどの詳しい解説は映画ファンにとって興味を掻き立てられ、実際に見てみたい欲求を高めてくれますので、コンテンツ制作力をもった映画ユーチューバーを起用してPRすると期待の成果を得やすくなります。

 

2. シネマンション/映画好きチャンネル

youtube-movie-review-influencer-cinemansion

画像:シネマンション/映画好きチャンネル|YouTube

次にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)はシネマンション/映画好きチャンネル」です。

YouTubeチャンネル:
シネマンション/映画好きチャンネル|YouTube

チャンネル登録者数:
約7.5万人(2021年7月現在)

「シネマンション/映画好きチャンネル」は、グラビアタレントユーチューバーとして活動されている「RaMu」さんとお笑いコンビ「ジャガモンド」のメンバーでツッコミ役を担当されている「斉藤」さん、ピン芸人として活動されている「あんこ」さん3名のメンバーで運営されている映画情報YouTubeチャンネルです。

チャンネルのコンセプトは「映画好きが好き勝手映画について話していく番組」ということで、考察や解説といった難しい話は控えめに映画好きのメンバー3名が視聴した映画の感想を楽しく話すチャンネルとなっています。

最新の話題作から往年の名作、マイナーながらも面白い作品など様々な映画が紹介されているほか、企画・テーマに合った映画紹介といった動画が多数公開されており、それほど映画に詳しくないファンでもバラエティ番組感覚で楽しく映画の情報を集めることができます。

企業とのタイアップ事例:ハーゲンダッツジャパン

こちらは「シネマンション/映画好きチャンネル」と「ハーゲンダッツジャパン株式会社」のタイアップ事例です。ハーゲンダッツジャパンは日本においてアメリカのアイスクリームブランド「ハーゲンダッツ」のアイスクリームなどの製品を製造・輸入・販売する企業です。

ハーゲンダッツは同社が販売する製品「クリスピーサンド」の販促として「映画を観ながらクリスピーサンドを楽しんでもらいたい」という「CINEMA&CRISPY」という企画を実施しており、本動画は同企画のPR動画となっています。

動画の内容は「クリスピーサンド」を食べながら観るのにおすすめな相性の良い映画を紹介するというものであり、2つのおすすめ映画があらすじや感想とともに紹介されています。

「ジャガモンド斉藤」さんと「あんこ」さんは流石お笑い芸人といった感じで、軽いコントを交えて笑いを提供しつつもしっかりと「クリスピーサンド」の紹介もされており、製品と映画両方の魅力が伝わってくるとても面白いPR動画です。

本事例のように、「映画ユーチューバー」は映画しか紹介できないということは決して無く、映画を見る室内環境、グルメ、お酒、家具・家電など、様々な商材と相性がよいといえます。

ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングを実施する際に、ユーチューバーを選ぶ選択肢も広がりますので、自社商材と映画との相性も確認してみましょう。

関連記事
インフルエンサーマーケティングとは? 基礎から応用まで5分で理解!

 

3. もっちゃんねる

youtube-movie-review-influencer-mocchannel

画像:もっちゃんねる|YouTube

次にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)はユーチューバー「もっちゃん」さんが運営されているYouTubeチャンネル「もっちゃんねる」です。

YouTubeチャンネル:
もっちゃんねる|YouTube

チャンネル登録者数:約6.1万人(2021年7月現在)

「もっちゃんねる」ではもっちゃんさんが視聴した映画の紹介やレビュー、おすすめの映画の紹介などの動画が公開されているほか、ひとつの映画をより掘り下げて設定などを解説する動画やゲストを招いてのトーク動画などもあり、映画をより楽しむための情報が盛りだくさんです。

もっちゃんさんは大変映画好きな人物ですが、実はご自身で映画に出演されたり短編映画の監督を務めたこともあります。

映画の制作に携わった人の情報は専門性や視点もするどく参考になりますので、映画好きな方はぜひチェックしたい映画レビューユーチューバーです。

 

4. おまけの夜

youtube-movie-review-influencer-omakenoyoru

画像:おまけの夜|YouTube

次にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)は、映像作家の「柿沼キヨシ」さんが運営されているYouTubeチャンネル「おまけの夜」です。

YouTubeチャンネル:
おまけの夜|YouTube

チャンネル登録者数:
約7.9万人(2021年7月現在)

「おまけの夜」は深夜のファミレストークの閃きがテーマのカルチャートークチャンネルということで、映画をはじめドラマやアニメ、音楽など様々な作品について語りあうYouTubeチャンネルとなっています。

作品についての感想や考察を深く語ったり、業界のゲストを招いて業界についての詳しい話や裏話などを語り合うなど、明るく気楽な雰囲気ながらも非常に興味深く面白い内容の動画が多数投稿されており、このチャンネルの動画でしか知ることのできない情報も盛りだくさんです。

先にも触れた通り、映画をはじめアニメやドラマ、音楽、ゲームなど様々なジャンルの作品についての動画が投稿されているので多くの方が楽しめるYouTubeチャンネルです。

企業とのタイアップ事例:ワーナー ブラザース

こちらは「おまけの夜」と「ワーナー ブラザース ジャパン合同会社」のタイアップ事例です。

ワーナーブラザースジャパンはアメリカの映画会社「ワーナー・ブラザース」の日本法人であり、日本においてワーナー・ブラザース作品の展開を行っています。

動画ではワーナーブラザースが配給するクリストファー・ノーラン監督・脚本・制作のSF映画「TENET テネット」のPRが行われています。

柿沼キヨシさんとジャガモンド斉藤さんの2名で「TENET テネット」を実際に観た感想を語り合っており、作品の設定や世界観に触れての考察や作品から感じた映画づくりに対するこだわりなどを独自の視点から解説、映画についての深い知見のもと作品を魅力的に紹介しています。

核心には触れないネタバレなしの動画内容となっているので、これから作品を楽しむ人には作品をより楽しむことができ、作品をすでに視聴した人も新たな気付きを得られるようなとても面白い内容のPR動画となっています。

新規客の入口としても重要ですが、映画を何度も楽しめる工夫・隠し要素を紹介するといった企画もPRする際にぜひ取り入れてみましょう。

良作の映画は何度も見返されるものですので、1回目では気づかない映画の魅力を訴求することで、長期的な映画ファンの獲得につながっていきます。

関連記事
SNSマーケティングとは?具体的な5つの手法と事例を徹底解説

 

5. 最新映画感想レビュー - 茶一郎

youtube-movie-review-influencer-chaichiro

画像:最新映画感想レビュー - 茶一郎|YouTube

次にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)はユーチューバー「茶一郎」さんが運営されている映画紹介YouTubeチャンネル最新映画感想レビュー - 茶一郎」です。

YouTubeチャンネル:
最新映画感想レビュー - 茶一郎|YouTube

チャンネル登録者数:約4.5万人(2021年7月現在)

最新映画感想レビュー - 茶一郎」ではチャンネル名にもあるように最新の映画作品を中心に視聴した感想やレビュー、考察が公開されています。

話題の人気作品はもちろんのこと、

  • あまり話題に上らなかったマイナー作品
  • 映像配信サービスにおける新作
  • 劇場未公開作品
  • 旧作やB級と呼ばれる低予算作品

など幅広い作品の感想・レビュー・考察動画を数多く投稿されています。

投稿されている動画の中でも特徴的なのは作品についての考察動画であり、作品の設定や背景に関して理解を深め、しっかりと資料集めを行い、丁寧な編集を行った上で繰り出される軽快なトークからは映画愛と、映画作品をより多くの人に伝えたいという熱意が伝わってきます。

新作映画ランキングなども公開されているので、これから映画を観る人にはもちろんおすすめなのですが、視聴済みの映画について考察することが好きな映画ファンの方には更に楽しめる映画系チャンネルと言えるでしょう。

 

6. 有村昆のシネマラボ

youtube-movie-review-influencer-arimura-kon-cinema-labo

画像:有村昆のシネマラボ|YouTube

次にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)は映画コメンテーターとして活躍されている「有村昆」さんが運営されているYouTubeチャンネル「有村昆のシネマラボ」です。

YouTubeチャンネル:
有村昆のシネマラボ|YouTube

チャンネル登録者数:
約3.8万人(2021年7月現在)

年間500本もの映画を視聴し最新作からB級映画に至るまで映画に関する幅広い見識を持つ有村昆さん。

本チャンネルはそんな有村昆さんによる本音の「映画批評」をメインコンテンツとして扱っているチャンネルで、投稿されている映画批評や紹介は作品の「ココが良い/悪い」が明確で注目すべき点がわかりやすくなっているのが特徴です。

あまり映画に詳しくない人でも内容が理解しやすく非常にわかりやすいというのは普段映画の魅力を人に伝える映画コメンテーターのお仕事をされている有村昆さんだからこそと言えるでしょう。

しっかりとネタバレに配慮した動画づくりをされているので作品を未視聴の人が観たい作品を探す際に大変役立ちますし、視聴済みの人も動画視聴後改めて作品を視聴すれば新たな発見が得られるでしょう。

ライトからディープまで幅広い映画ファンにおすすめできる映画YouTubeチャンネルです。

企業とのタイアップ事例:popIn Aladdin(ポップイン アラジン)

「有村昆のシネマラボ」は「popIn株式会社」とタイアップし同社が販売する製品「popIn Aladdin 2」のPR動画を公開しています。

popInは2008年7月、当時東京大学情報理工学系研究科創造情報学専攻に所属していた中国人留学生「程 涛(テイ トウ)」氏が、同氏の発明をもとに設立したベンチャー企業。

現在は中国の検索大手「Baidu(百度)」の日本法人「バイドゥ株式会社」と経営統合し100%子会社化、「高性能プロジェクター」と「高音質スピーカー」を内蔵した多機能シーリングライト「popIn Aladdin 2」をはじめとしたマルチメディア機器の開発・製造・販売を行っています。

PR動画では有村昆さんが普段お仕事をされている仕事部屋を公開、普段どのような感じでお仕事や映画鑑賞をされているかが紹介されています。

その後は室内プロジェクターである「popIn Aladdin 2」を仕事部屋に設置し製品の特長や使用方法を実際に使用しながら解説、使ってみた感想を述べながら製品の魅力を紹介しています。

実際の使い心地やサイズ感、どれくらいのサイズで投影できるのか、音質はどうかなど、細かい感想を紹介しているため、室内プロジェクターで映画を楽しみたい人にとって大変参考になるPR動画となっています。

実用性が伴う商材をユーチューバーにPRしてもらう際は、丁寧にレビューができ、メリット・デメリット含めて訴求できる人を起用するのが効果的です。

良いところだけではなくデメリットも正直に紹介してくれるユーチューバーの言葉は視聴者の共感が促され、購買にもつながりやすくなります。

関連記事
欲しくなる!生活家電のインフルエンサーマーケティング事例10選

 

7. ゆっこロードショー【おすすめ映画紹介】

youtube-movie-review-influencer-yukko-roadshow

画像:ゆっこロードショー【おすすめ映画紹介】|YouTube

続いてご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)は、「ゆっこ」さんが運営されているゆっこロードショー【おすすめ映画紹介】」です。

YouTubeチャンネル:
ゆっこロードショー【おすすめ映画紹介】|YouTube

チャンネル登録者数:
約5.4万人(2021年7月現在)

ゆっこロードショー【おすすめ映画紹介】」では主にゆっこさんがおすすめする映画を紹介する動画が投稿されています。

映画紹介に特化しているため、新しい映画を探す際に大変おすすめのYouTubeチャンネルです。

最新の映画情報から旧作まで幅広い作品が紹介されていますが、特徴的なのはジャンル別おすすめ映画の紹介動画です。

ジャンルやタイプ別に作品をまとめて作品を選抜、ランキング形式などで紹介されており、その時の気分に合わせてピッタリのおすすめ映画を探すことができます。

映画を探す際に大変役立つ本チャンネルですが、作品ごとの紹介もしっかりとされており、作品のあらすじや特徴を紹介しつつおすすめのポイントがわかりやすく述べられているので動画自体が楽しめる内容になっている点も魅力的です。

 

8. ヨーダの映画情報局

youtube-movie-review-influencer-yoda

画像:ヨーダの映画情報局|YouTube

次にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)は、「ヨーダ」さんが運営されているヨーダの映画情報局」です。

YouTubeチャンネル:
ヨーダの映画情報局|YouTube

チャンネル登録者数:
約3.7万人(2021年7月現在)

多数の映画作品やドラマ作品が紹介されている「ヨーダの映画情報局」ですが、最大の特徴は動画で扱っている作品の大部分が「MCU」作品や「STAR WARS」作品である点です。

「MCU」とは「Marvel Cinematic Universe(マーベル・シネマティック・ユニバース)」の略称です。「MCU」はアメリカの漫画出版社「マーベル・コミック」のコミック作品に登場するキャラクターにもとづいて同じくアメリカの「マーベル・スタジオ」が制作するシェアード・ユニバース作品です。

「アイアンマン」や「スパイダーマン」といったキャラクターが活躍する「アベンジャーズ」シリーズがこの「MCU」作品であり、映画シリーズとしては世界で最も大きな興行収入を記録している映画シリーズとなっています。「STAR WARS」シリーズも非常に人気が高く興行収入は「MCU」に次ぐものとなっています。

世界で屈指の人気を誇る2つの映画シリーズの情報をメインに扱い、最新情報や作品紹介、感想や考察といった動画が多数公開されている「ヨーダの映画情報局」。両シリーズのファンなら絶対に楽しめる大変おすすめの映画系YouTubeチャンネルです。

9. シネコト【映画・海外ドラマレビュー】

youtube-movie-review-influencer-cinekoto

画像:シネコト【映画・海外ドラマレビュー】|YouTube

次にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)は「シネコト」さんが運営されている映画紹介・レビューYouTubeチャンネルシネコト【映画・海外ドラマレビュー】」です。

YouTubeチャンネル:
シネコト【映画・海外ドラマレビュー】|YouTube

チャンネル登録者数:
約1.3万人(2021年7月現在)

シネコト【映画・海外ドラマレビュー】」ではメジャー・マイナーを問わずシネコトさんが面白いと感じた映画・海外ドラマ作品の紹介・レビュー動画を公開されています。

本チャンネルの特徴はシネコトさんが海外に在住されており、海外では公開されているものの日本では未公開の作品が多く扱われている点です。

日本でも公開が予定されている作品や未だ邦題が設定されておらず公開未定の作品も紹介されており、最新の海外作品の情報をいち早く得ることができます。

作品の紹介・レビューは

  • 未視聴者に配慮したネタバレなしの内容
  • 視聴済みの人や問題のない人向けの詳しいネタバレありの内容

とがわかりやすく分けられています。作品によっては紹介部分とレビューの部分で動画を分けて公開しているものもあり、視聴者が自身の求める情報だけを得ることができるようしっかりと配慮されています。

紹介・レビュー部分の内容もとても理解しやすく映画に対しての興味がかきたてられるものになっており、独自の視点で語られる作品の特徴やどういった点が面白かったかなど大変参考になります。

シネコトさんご本人の知識の深さ、映画や海外ドラマへの愛が感じられるチャンネルです。

10. 浅井ラム映画レビュー【知的風ハット】

youtube-movie-review-influencer-asai-ram

画像:浅井ラム映画レビュー【知的風ハット】|YouTube

最後にご紹介するYouTubeで人気の映画レビューユーチューバー(YouTubeチャンネル)は、「浅井ラム」さんが運営されている映画紹介・レビューYouTubeチャンネル浅井ラム映画レビュー【知的風ハット】」です。

YouTubeチャンネル:
浅井ラム映画レビュー【知的風ハット】|YouTube

チャンネル登録者数:
約12.1万人(2021年7月現在)

こちらのYouTubeチャンネルも多数の映画の紹介・レビュー動画が公開されているのですが、「浅井ラム映画レビュー【知的風ハット】」はここまでご紹介したYouTubeチャンネルとは一線を画す非常にユニークな映画系YouTubeチャンネルです。

それは主に扱っている作品がサメ映画・B級映画・Z級映画作品であるという点です。


多額の予算と長期間の撮影期間を設けて制作され世間で大きな話題となる映画作品と比較して、低予算・短期間で制作された映画作品は俗にB級映画と呼ばれます。

予算の少なさ・撮影期間の短さなど制作環境に余裕がないことから品質の低い作品が多く、世間的にも高い評価を得ることは少ないB級映画。中でも特に品質が低く映画としての体裁が保てていない作品などはZ級映画と呼ばれることもあります。

サメ映画とはその名の通りサメを題材としたパニック映画作品のことであり、著名な作品としては「ジョーズ」や「ディープ・ブルー」などが挙げられます。

著名なサメ映画の大ヒットを経てサメは動物系パニック映画作品の代表格になり多数のサメ映画が製作されるようになりましたが、実態は低予算で制作された粗製の作品が多く、現在ではサメ映画はB級映画の代名詞と言われるようになりました。

しかしながら、B級・Z級・サメ映画作品はその独特な魅力から一部でカルト的な人気を博しており、非常に熱心な愛好家も少なくありません。

浅井ラムさんもそんな愛好家のひとりであり、様々な作品の紹介・レビュー動画を公開しています。チャンネル登録者数も非常に多く、その数は2021年2月現在で11万8,000人に上ります。

メジャーな映画では刺激が得られないという方は、是非チェックしたい映画レビューユーチューバーです。

まとめ

movie

YouTubeで人気の映画紹介・レビューユーチューバーおよびYouTubeチャンネルをご紹介いたしました。

冒頭でも触れましたが、昨今の新型コロナウイルス感染症の流行により多くの人々が外出を自粛するようになり、休日を自宅で過ごすようになりました。様々な企業が映像配信サービスを提供するようになり自宅に居ながら映画を鑑賞するのが大変容易になったおかげで、休日の過ごし方は自宅で映画鑑賞という人も大変多くなりました。

現在のところ映画紹介・レビューユーチューバーと企業のタイアップ事例は数が少ないですが、映画というコンテンツと相性の良い業界は少なくありません。ご紹介した中にも映画を鑑賞しながら食べられる食品や、映画鑑賞をより快適に楽しめる環境を作り出すマルチメディア家電というような直接映画と関係のない業界の事例もあります。

人々の映画への興味が高まっている今こそ、映画紹介・レビューユーチューバーを起用してのインフルエンサーマーケティングの実施を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事
【ジャンル別】おすすめインフルエンサー(インスタグラマー,ユーチューバー)紹介リンク集

 

▼あわせてチェック▼
インフルエンサーマーケティングの基礎から成果を出す実践方法のすべて

▼無料のインフルエンサーマーケティングセミナー▼
【無料】インフルエンサーマーケティングセミナー/個別相談・サービス説明会申し込みページ

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、インフルエンサーマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に8,000件以上の支援実績がございます。

  • 施策目的に最適な「本物の」ユーチューバーキャスティング
  • ユーチューバーのマネジメント
  • PR実施ディレクション
  • 下書きチェック、ステマ防止
  • 効果分析レポーティング

まで、ワンストップで提供させていただきます。

ユーチューバーの過去PR成果データも豊富に蓄積されていますので、高い成果が期待できる目的に沿ったユーチューバー選定・施策の実現が可能です。

貴社に親和性の高いユーチューバーの紹介とお見積も無料でご提供しておりますので、是非お気軽にご相談ください。

希望のインフルエンサーが見つかります

 

⇒ インフルエンサー見積シミュレーターは こちら

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事