Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

何かと比較されがちなピンタレストとInstagram。

両者は、写真/動画共有サービスとして国内だけでなく、世界中に多くのユーザーをかかえる人気SNSです。

近年では、多くの企業が集客に活用する媒体としては、Instagramを選択しがちです。

しかし、ピンタレストを活用した集客にはInstagramにないメリットがあるのです。

本記事では、ピンタレストとInstagramの違いについてご紹介するとともに、両者を相互利用する際のメリットについてもご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

ピンタレストとは?

the-difference-between-pinterest-and-instagram1

ピンタレストは、世界に4億人以上のユーザーを抱える画像/動画共有サービスです。

自分が画像を投稿することはもちろん、他社が投稿した画像を保存することも可能です。

ピンタレストの一番の特徴は、ピンタレスト外のweb上の画像もかんたんに切り抜いてピンタレスト内に保存することができる点です

ピンタレスト上にアップロードされた画像/動画を保存することを「ピン」機能と呼びます。

そして、保存した画像は、「ボード」と呼ばれるカテゴリー別のファイルのようなものに自由に振り分けることができます。

他ユーザーがピンした画像を自分のポードにピンする機能を「リピン」といい、他ユーザーが投稿した画像からお気に入りの画像を発見する機会も多くあるSNSなのです。

 

関連記事

【かんたん解説】Pinterest(ピンタレスト)とは?基本の使い方から活用事例まで

ピンタレストとInstagramの違い

the-difference-between-pinterest-and-instagram11

ピンタレストとInstagramは、両者ともに画像や動画といった視覚的情報を共有して楽しんだり、他ユーザーとやり取りするSNSです。

両者の特徴から同一視されてしまいがちですが、実はピンタレストとInstagramには明らかな相違点がいくつか存在するのです。

ピンタレストには、

  • 未来志向の利用者が多い
  • ストック型
  • 投稿に外部リンクを貼れる

といったInstagramとの相違点があります。

 

関連記事

【完全版】売上とフォロワー増やすInstagramアカウント運用マニュアル

未来志向の利用者が多い

ピンタレストの利用者には、未来志向の利用者が多いと言われます。

ピンタレストの利用者は、今後訪れたい旅行先の情報や手に入れたい商品の情報を収集するために利用しているケースが多いのです。

一方でInstagramでは、過去や現在の情報に対してアクションを行うことが多いのです。

Instagramの利用者は、実際に訪れた場所の画像を投稿したり、他人がやっている事柄に対していいねを送ったりしてInstagramを利用しています。

Instagramでは、すでに起きた事柄を投稿して承認欲求を得ることを目的とする利用者が多い一方、ピンタレストでは、自分が未来で行う事柄に資する利用を行う利用者が多いといった相違点があるのですね。

ストック型

ピンタレストは、ストック型のSNSであると言われます。

ピンタレストに投稿した画像は、長くピンタレスト内に残るといった特徴があります。

お気に入りの画像を収集することを目的とした利用者が多いため、何ヶ月前に投稿された画像であっても閲覧や保存がされることが多いのですね。

一方、Instagramはフロー型のSNSであると言われ、投稿したコンテンツがすぐに消費されてしまう特徴があります。

24時間で投稿が消えるストーリーズに見られるように、Instagramのコンテンツは新鮮さが求められるのです。

投稿に外部リンクを貼れる

Instagramの投稿には、基本的に外部リンクを貼ることができません。

仮に投稿に外部リンクを記載したとしても、うまくリンク化されずに、ワンタッチでサイトに移行することができないのです。

一方で、ピンタレストの投稿には、外部リンクを貼ることができます。

ピンタレストでは、投稿に自由に外部リンクを貼ることができるため、画像を通した宣伝活動を容易に行うことができます。

ピンタレストを活用することで、自社サイトや商品購入ページなどに容易に誘導することができるのですね。

ピンタレストとInstagram相互利用のメリット

the-difference-between-pinterest-and-instagram1111

ピンタレストとInstagramの相違点について解説してきましたが、両者にはそれぞれにはない魅力的な特徴を抱えています。

ピンタレストとInstagramを相互利用することによって、両者のできること・できないことを補完しあうことが可能に。

実際にピンタレストでは、Instagramからピンを作成して、Instagramに投稿をすることができるのです。

ピンタレストとInstagramの相互利用は、ピンタレストの公式サイトでも紹介されており、

①Instagram 上で「・・・」ボタンをタップ
②「リンクをコピー」を選択
③Pinterest を起動させるとポップアップで表示される「コピーしたリンクを保存しますか?」をタップ
または Pinterest アプリの右上「+」ボタンをタップ、「ウェブサイトから追加」からピン作成
④画像を選択、保存先のボードを選択して完了

引用:INSTAGRAM からピンを作成する方法 | Pinterest

といった簡単な手順も公開されています。

ユーザー数の観点では、国内/世界ともにユーザーの数はInstagramに分があります。

ピンタレストをInstagramと並行して利用することで、両者の特徴を補完し合えるだけでなく、より多くのユーザーに対して投稿したコンテンツを訴求することが可能になります。

ピンタレストとInstagramは、元々のSNSとしての特徴が似ているため、両者を利用しているユーザー間にも違和感なく受け入れられるでしょう。

ピンタレストとInstagramの相互利用は、個人だけでなく企業アカウント運用においてもおすすめできる施策なのです。

まとめ

the-difference-between-pinterest-and-instagram11111

今回は、ピンタレストとInstagramの違いについてご紹介してきました。

ピンタレストとInstagramには、共通点もありますが、使い方によって棲み分けができることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、ピンタレストというSNSを活用した集客の魅力についてもご紹介しました。

全世界に4億人以上のユーザー数を抱えるピンタレストは、企業のSNSマーケティングに活用される事例が増えてきています。

日本でも今後利用者が増えると予想されるため、今のうちからピンタレストの運用をご検討してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい▼

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、SNSマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • SNSアカウント運用代行
  • SNS広告運用・分析改善
  • SNSキャンペーン実施
  • インフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なSNSマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

SNS運用・マーケティングのご相談はこちら

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事