influencer-questionnaire-eyecatch

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

インフルエンサーマーケティング事業を運営しているFind Modelは、2022年5月31日、自社インフルエンサーネットワークに登録しているインスタグラマー(Instagramフォロワー1万人以上)を対象に「インフルエンサー実態調査」を行いました。

本アンケート調査では、

  • インスタグラマーの平均年収・PR活動開始時期
  • インスタグラマーを本業としている方のお仕事実態
  • インスタグラマーのお友だち事情
  • リール投稿事情
  • 他InstagramでのPR施策

など、普段は伺い知ることのできないインスタグラマーの舞台裏について直接お聞きしました。

4月に行ったアンケートに引き続き、今回もなんと約400名のインスタグラマーの方々にご協力いただくことができました。

気になるインスタグラマー・インフルエンサーのお仕事の実態が分かる、Find Modelならではのアンケート内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

関連記事

目次

アンケートに回答してくれたインスタグラマーの概要

influencer-questionnaire5

アンケートの内容に入る前に、まずはアンケートに回答してくださったインスタグラマーの概要をご紹介します。

男女比

今回ご協力いただいた全インスタグラマーの男女比は以下の通りです。

女性が87.6%、男性が12.1%と女性が男性を大きく上回る結果となりました。

 

gender-ratio

年齢比

今回ご協力いただいた全インスタグラマーの年齢比は以下の通りです。

ages-ratio

 

30代が52.6%と最も高く、20代が30.7%、40代が15.2%とそれに続く形となりました。

なんと、アンケートにお答えいただいたインスタグラマーの半分以上が30代の方という結果となりました。

フォロワー数比

今回ご協力いただいた全インスタグラマーのフォロワー数比は以下の通りです。

follower-rate

10,000〜29,999フォロワーの方が60.1%と最も多い結果となりました。

59,999フォロワー以下の方で8割以上を占めることとなった一方で、120,000フォロワー以上の方にもご回答いただいており、マイクロインフルエンサーからマクロインフルエンサーまで幅広い層の方からご回答いただけたことが分かります。

なお、全インスタグラマーの平均フォロワー数は38,140人でした。

ジャンル比

今回ご協力いただいた全インスタグラマーのジャンル比は以下の通りです。

Category-rate

 

今回のアンケートでは「ライフスタイル」の割合が最も高く22.9%、「美容/メイク」が18.0%、「アパレル」が16.0%とそれに続く形となりました。

男女比・年齢比の結果から回答者には30代女性が最も多く含まれていることが分かりますので、ジャンルの割合もその事実を反映したものとなっています。

インスタグラマーの平均年収・PR開始時期 

influencer-questionnaire4

お待たせしました、それではアンケートの実施結果についてご紹介していきます。

本パートでは、回答いただいたインスタグラマーのフォロワー数ごとの平均年収・PR活動開始時期などについてご紹介します。

インスタグラマーの平均年収

今回ご協力いただいたインスタグラマーのフォロワー数ごとの平均年収は以下の通りです。

follower-based-income-bar-graph

本アンケートでは、年間の「インスタグラマーとしての」収入についてお伺いしました。

副業としてインスタグラマーをされている方も多いので、平均年収は40万円代から600万円以上までとかなり幅広くなっており、全体の平均年収は116.3万円となりました。

また、フォロワー数3万人未満のマイクロインフルエンサーの平均年収は41.5万円、12万人を超えるパワーインフルエンサーの平均年収は637.1万円に上ることが分かりました。

本グラフを見ると、フォロワー数と年収は比例関係にあることが分かります。

特に12万フォロワー以上になると平均年収が跳ね上がっていることから、アカウントのフォロワーを10万人以上にすることが年収を大幅にアップさせる鍵だと言えそうです。

 

関連記事

【完全版】売上とフォロワー増やすInstagramアカウント運用マニュアル

Instagramアカウントの開設時期・PR活動開始時期

回答インスタグラマーのアカウント開設時期・PR活動開始時期に関するデータは以下の通りです。

pr

Instagramの日本語版サービスが提供され始めたのは2014年の2月ですが、それ以前からアカウントを開設していたインスタグラマーがなんと19.2%もいることが分かりました。

このことから、流行に敏感な方々がインフルエンサーとして現在活躍していらっしゃることが分かりますよね。

PR案件を受けているインスタグラマーの数は、2020年まで毎年増加していましたが、2021年は減少する結果となりました。

また、アカウント開設からインスタグラマーとしてPR案件を実施するようになるまでは、平均して2年かかることが分かりました。

本業インスタグラマーのお仕事実態 

influencer-questionnaire1

本パートでは、インスタグラマーを本業としている方の平均フォロワー数・ジャンル比・平均/最高年収をご紹介します。

アンケートにおける本業インスタグラマーの割合 

main-business-instagrammer-ratio

アンケートにご協力いただいた方の中で、本業としてインスタグラマーの活動をされている方は13.4%となりました。

一方で、副業としてインスタグラマーのお仕事をされていらっしゃる方は86.6%となっており、副業としてインスタグラマー活動を行なっている方が多数派であることが分かりました。

以下は今回アンケートに回答してくださったインスタグラマーの職業内訳ですが、このグラフを見ると、副業インスタグラマーには「会社員」「主婦」の方が多く含まれていることが分かります(「インスタグラマー」は本業インスタグラマーを指します)。

instagrammer-occupation-ratio

本業インスタグラマーの平均フォロワー数

本業としてインスタグラマーのお仕事をされている方のフォロワー数に関するデータは以下の通りです。

main-business-instagrammer-numbar-of-follower-table

本業としてインスタグラマーの活動を行なっている方の平均フォロワー数は73,270人でした。

この数字は、回答インスタグラマー全体の平均フォロワー数(38,140人)を大きく上回っています。

このことから、本業としてインスタグラマーを行なっている方のフォロワー数は全体的に高い基準にあることが分かります。

ジャンル比 

本業としてインスタグラマーの活動を行われている方が取り扱っているジャンルの割合は以下の通りです。

main-business-instagrammer-genre

トップにランクインしたのは「ライフスタイル」で23.1%、「美容/メイク」「子供/子育て」が共に21.2%、「アパレル」が13.5%とそれに続く形となりました。

冒頭でご紹介した「全インスタグラマーのジャンル比」と大きく変わらない結果となっており、本業と副業の間で発信する情報のジャンルにほとんど差がないことが分かります。

平均年収・最高年収(Instagramのみ・全SNS総合)

本業インスタグラマーの「Instagramを通じて」得た年収に関するデータは以下の通りです。

instagrammer-annual-income

本業インスタグラマーの平均年収は約411.9万円で、本業インスタグラマーは副業インスタグラマーの約6.5倍もの年収を得ていることが分かりました。

一方、最大年収が3,000万円(本業インスタグラマーの方でした)であることを考えると、本業インスタグラマーの間でも年収にかなりばらつきがあることが分かります。

また、本業インスタグラマーの「全SNSを通じて」得た年収に関するデータは以下の通りです。

main-business-instagrammer-annual-inocome-table

最大年収は変わらない一方、平均年収は増加していることから、他のSNSからも同時に収入を得ている本業インスタグラマーの方が多くいらっしゃることが分かります。

しかしながら、Instagramのみで600万円以上の年収を得ている本業インスタグラマーの方も数人いらっしゃいました。

以上のことから本業インスタグラマーにおいても、年収や各SNSを通して得る収入の割合が様々であることが分かります。

インスタグラマーの友だち事情 

influencer-questionnaire2

本パートでは、インスタグラマーの友だち事情についてご紹介します。

インスタグラマーの平均友だち数

numbar-of-friends-ratio

「インスタグラマーのお友だちは何人いますか?(※Instgramのお友だちのみ、他SNSのインフルエンサー含まず)」という質問に対しては「1〜9人」が24.0%と最も多く、「10〜19人」が23.5%、「0人」が19.6%、「40人以上」が15.5%とそれに続く形となりました。

なお、友だちの平均人数は18.9人でした。

インスタグラマーの友だち数に関する結果で最も興味深かった点は、「100人以上友だちがいる」と回答された方がなんと24名もいらっしゃったことです。

このことから、発信する情報のジャンルや年収だけではなく、友だちの数も0人から100人以上までインスタグラマーによって様々であることが分かります。

他インスタグラマーと知り合ったきっかけ(どこで知り合ったか)

instagrammer-friends-bar-graph

「お友だちのインスタグラマーとどうやって知り合い(つながり)ましたか?」という質問に対しては「SNS」が39.6%と最も高く、「仕事」が20.5%、「身内(家族や友人など)」が18.0%、「イベント」が16.2%、「モデル仲間」が5.8%とそれに続く形となりました。

知り合ったきっかけについては、以下のようなコメントが寄せられました。

コメントをもらったり、イベントであったことがあった為」(30代女性・美容/メイク系インスタグラマー・10.7万フォロワー)

 

魅力があるなぁと思って私から声をかけて、一緒にお仕事しました^^」(30代女性・料理/グルメ系インスタグラマー・5.5万フォロワー)

 

「同じ趣味で、同じような発信をしていたためやり取りをしていくうちに」(30代女性・工作系(ペーパークラフト)インスタグラマー・3.3万フォロワー)

 

やはり、Instagram上やインスタグラマーとして行う仕事・参加するイベントを通じて繋がることが多いということが分かります。

インスタグラマーは自身の趣味・好きなことをテーマにして情報発信している場合がほとんどなので、同ジャンルのインスタグラマーと自然に距離が近づく傾向にあるようです。

友だちとのコラボでPRしてみたいジャンルの割合 

instagrammer-collaboration-genre-bar-graph

「お友だちインスタグラマーと一緒に仕事をするとしたら、どんなお仕事をやってみたいですか?」という質問に対しては「観光・旅行」が20.4%と最も高く、「グルメ」が16.8%、「アパレル」が10.3%、「イベント」が8.0%とそれに続く形となりました。

コラボでPRしてみたいお仕事のジャンルについては、以下のようなコメントが寄せられました。

ワイワイしたイベントだったり複数人じゃないと映えない案件など」(30代女性・ライフスタイル系インスタグラマー・3.6万フォロワー)

 

どこかへ旅に行く、家の中でおうちパーティするなど」(40代女性・ライフスタイル系インスタグラマー・16.7万フォロワー)

 

双子コーデなどのファッション系」(30代女性・美容/メイク系インスタグラマー・1.2万フォロワー)

 

コラボ動画」(30代男性・ペット系インスタグラマー・2.3万フォロワー)

 

ライブ配信や、同じテーマでやるメイクリレーなど」(20代女性・美容/メイク系インスタグラマー・3.2万フォロワー)

 

本アンケートでは、複数人でワイワイ楽しめる「観光・旅行」や「グルメ」に多くの支持が集まりました。

「アパレル」や「美容」のジャンルをピックアップしたインスタグラマーも、やってみたい企画として「コラボ服」や「コラボ配信」などを挙げており、このことから、大多数のインスタグラマーが、「他インスタグラマーとのシナジー」を意識して回答していたことが分かります。

実施したいジャンルとして「コラボ動画」を挙げているインスタグラマーの方もいらっしゃいましたが、最近のInstagramではリール動画が注目を集めているため、その影響を受けて、リール動画におけるコラボ投稿も増えるだろうと予想されます。

リール投稿について 

influencer-qustionnaire7

リールは、Instagramにおける動画投稿機能の一つです。

リール機能を使って動画を投稿すると、リール専用タブや発見タブで表示されるため、フォロワー以外にもリーチすることができます。

新たなフォロワー獲得のために重要になるリール機能ですが、インスタグラマーはどの程度リール機能を活用しているのでしょうか。

本パートでは、リール投稿に関するインスタグラマーへのアンケート結果をご紹介します。

リール投稿をしているインスタグラマーの割合 

reels-ratio

「普段リール投稿はしていますか?」という質問に対して、回答インスタグラマーの53.4%が「はい」、46.6%が「いいえ」と答え、回答が二分される結果となりました。

 

関連記事

わかりやすい!Instagram「リール(Reels)」の使い方をシンプルに解説

リールを投稿する頻度 

reels-frequency-ratio

投稿していると回答した方のリール投稿頻度については、「月に数回」が70.0%と最も高く、「週に2〜3回」が15.0%、「週に1回」が10.6%とそれに続く形となりました。

「週に1回以下」が全体の8割以上を占める結果となり、インスタグラマーがリール投稿をする場合、投稿頻度はそれほど高くないということが分かります。

リール投稿時に気をつけていること(複数回答可) 

isntagrammer-reels-points-ranking

リール投稿時に気をつけていることとしては、「短い時間」が16.4%と最も高く、「見栄え」が14.0%、「選曲」が9.7%、「テンポ」が8.7%とそれに続く形となりました。

リール投稿時に気をつけているポイントについて、インスタグラマーからは以下のようなコメントが寄せられました。

最後まで見てもらえるように時間は30秒以内を目安にしています。」(30代女性・子育て系インスタグラマー・3.1万フォロワー)

 

最初3秒でみたくなるようにする」(30代女性・料理/グルメ系インスタグラマー・6.6万フォロワー)

 

サムネで惹かれるようにしています」(20代女性・料理/グルメ系インスタグラマー・2.2万フォロワー)

 

音楽のチョイスが映像と合っているか」(40代女性・ペット系インフルエンサー・3.8万フォロワー)

 

テンポ良く最後まで見たいと思わせる編集を心がけています。」(30代女性・美容/メイク系インフルエンサー・1.2万フォロワー)

 

リールはTikTokに似たフォーマットであるため、多くのインスタグラマーが「テンポがよく」「インパクトのある」「短尺の」コンテンツを作成するために努力していることが分かりました。

リール作成に使用するアプリ (複数回答可)

instagrammer-applications

リール作成に使用するアプリとしてインスタグラマーから支持を得た主なものは「Inshot」「capcut」「iMovie」でした。

「InShot」が45.4%と最も支持され、「capcut」が28.5%、「iMovie」が22.2%とそれに続く形となりました。

Inshotは特に文字入れに強みを持っているアプリで、TikTokの動画編集にもよく使われます。

文字色やフォントの変更・アニメーションの追加など、文字に対して様々な編集ができることから最多の支持を集めたと考えられます。

トリック動画のようなコンテンツをリールで投稿したいか

instagrammer-reels-trick

トリック動画的なリール投稿をやってみたいですか?という質問に対して、回答インスタグラマーの53.4%が「興味がある」と答えました。

トリック動画とはテクニックを利用して撮影される動画で、視聴者にマジックを見ているような驚きを与えるものを指します。

例えば、以下のような動画が「トリック動画」と呼ばれます。

SNS映えすることから、注目を集め続けている動画スタイルの一つです。

View this post on Instagram

 

A post shared by Karen X (@karenxcheng)

トリック動画は驚きを与えることから、視聴者からの反応が得られやすい動画コンテンツです。

アンケートでは、「トリック動画を投稿したことはないが、興味はある」という人が大半を占め、興味はあるものの実際の投稿には至っていないインフルエンサーがほとんどであることが分かりました。

リール投稿を行うPR案件を積極的に引き受けたいか 

reel-pr-ratio

リール投稿のPR案件は積極的にやりたいですか?という質問に対して、回答インスタグラマーの55.4%が「はい」、44.6%が「いいえ」と答えました。

アンケート結果を詳しく見てみると、普段リール投稿をしていないインスタグラマーさんの多くが本質問に対して「いいえ」と答えていらっしゃいました。

PR投稿では普段の投稿雰囲気を壊さないことが重要です。

そのため、普段リール投稿をしないインスタグラマーさんにとっては、リールでのPR案件は少しハードルの高いものになっているのだと考えられます。

逆に、普段からリール投稿をしているインスタグラマーさんにとっては、比較的引き受けやすい案件になっているのでしょう。

他InstagramでのPR施策

influencer-questionnaire3

本パートでは、Instagramのフィード投稿・リール投稿以外のPR施策についてのアンケート結果をご紹介します。

アフィリエイトを実施しているインスタグラマーの割合・やってみたいアフィリエイト案件のジャンル

affiliate-ratio

「アフィリエイト案件(固定報酬なしのアフィリエイトPR)をやっていますか?」という質問に対して、回答インスタグラマーの45.1%が「はい」、54.9%が「いいえ」と答え、アフィリエイトPR案件をやったことがないインスタグラマーが過半数を占めるという結果となりました。

affiliate-genre-ratio

どんなアフィリエイト案件であればやってみたいですか?」という質問に対しては「グルメ」が12.1%と最も高く、「美容」が10.1%、「アパレル」が5.7%とそれに続く結果となりました。

やってみたいアフィリエイトPR案件に関しては、以下のようなコメントが寄せられました。

「グルメやコスメでオーガニックや無添加のもの。本当に良いもの。」(30代女性・子育て系インスタグラマー・2.6万フォロワー)

 

「お肉全般」(20代女性・料理/グルメ系インスタグラマー・1.5万フォロワー

 

「質のいいスキンケア」(20代女性・美容/メイク系インスタグラマー・1.6万フォロワー)

 

自分が本当におすすめできるもの、または信頼性があるもの」(30代女性・ライフスタイル系インフルエンサー・1.5万フォロワー)

 

このように、ご自身のアカウントのテーマと相性の良いジャンルをピックアップしているコメントが全体として目立ちました。

グルメ・食品系のアフィリエイト案件は、想定される案件の幅が広(食材・ミールキット・オーガニック食品など)、幅広いジャンルのアカウントに馴染みやすいことから多くのインスタグラマーにピックアップされたと考えられます。

また、「本当に自信を持っておすすめできる/興味がある製品しかやりたくない」という趣旨のコメントも多く見受けられました。

テーマと合わない製品・質の十分でない製品を紹介すると、アカウントの魅力やフォロワーからの信頼が失われてしまうというのがその理由として主に挙げられていました。

セミアフィリエイトを実施しているインスタグラマーの割合 

semi-affiliate-ratio

「セミアフィリエイト案件(固定報酬ありのアフィリエイトPR)をやっていますか?」という質問に対しては、回答インスタグラマーの50.5%が「はい」、49.5%が「いいえ」と答え、回答がほぼ二分されるという結果となりました。

semi-affiliate-ratio

どんなセミアフィリエイト案件であればやってみたいですか?」という質問に対しては、「美容」が11.3%、「グルメ」が10.8%、「アパレル」が9.8%となりました。

やってみたいセミアフィリエイトの案件に関しては、以下のようなコメントが寄せられました。

「韓国スキンケア、韓国コスメ、医薬部外品のスキンケア」(30代女性・美容/メイク系インスタグラマー・1万フォロワー)

 

自分が本当に良いと思ったもののみやりたいです。」(30代女性・アパレル系インスタグラマー・38.4万フォロワー)

 

フォロワーさんの得になりそうなもの。自信を持ってすすめられるもの」(30代女性・美容/メイク系インスタグラマー・2万フォロワー)

 

こちらもアフィリエイトと同様、自身のアカウントのテーマに合っている製品や、インスタグラマー自身が自信を持ってすすめられる製品なら案件を受けたいというコメントが大多数を占めました。

このことから、多くのインスタグラマーにとって「アフィリエイト」と「セミアフィリエイト」を受ける基準に大きな違いはなく、どちらも「アカウントの世界観にあっているか」「商材の質は十分か(フォロワーからの信頼を失わないか)」という2点が重要な基準になることが分かりました。

インスタライブでPR案件を実施しているインスタグラマーの割合 

semi-live-ratio

インスタライブのPR案件をやっていますか?(※ライブコマース含む )という質問に対して、回答インスタグラマーの99.3%が「いいえ」、6.7%が「はい」と答え、インスタライブのPR案件をやったことがないインスタグラマーがほとんどを占めることとなりました。

semi-live-ratio

どんなインスタライブのPR案件であればやってみたいですか?」という質問に対しては「グルメ」が9.3%と最も高く、「美容」が5.2%、「アパレル」が4.6%とそれに続く結果となりました。

やってみたいインスタライブのPR案件に関しては、以下のようなコメントが寄せられました。

飲食関係のグルメリポート」(30代女性・旅行/お出かけ系インスタグラマー・1.2万フォロワー)

 

アパレルや美容など、PR感のあまりない無理のないもの」(30代女性・ライフスタイル系インスタグラマー・4.3万フォロワー)

 

ライブprも好きなものであれば熱量高めに使いたい」(20代女性・美容/メイク系インスタグラマー・2.6万フォロワー)

 

「なんでもチャレンジしたいです。」(30代女性・フィットネス系インスタグラマー・2.7万フォロワー)

 

どの案件でも断ります」(20代女性・美容/メイク系インフルエンサー・1.7万フォロワー)

 

インスタライブのPR案件に関しては、まだまだ実施機会も少なく、抵抗感があるインスタグラマーさんが多い一方で、「なんでもやりたい」「どんなジャンルでも引き受けたい」と回答しているインスタグラマーさんや、やってみたい企画を具体的にコメントしているインスタグラマーさんも多くいらっしゃいました。

インスタライブを使ったPRに対してのスタンスは、インスタグラマーによって全く異なっていることが分かります。

アンバサダーとしてPR案件を実施しているインスタグラマーの割合 

ambassador-ratio

一定期間に複数回PR投稿を行うアンバサダー案件はやっていますか?という質問に対して、回答インスタグラマーの60.6%が「はい」、39.4%が「いいえ」と答え、アンバサダーとして PR案件を実施したことがあるインスタグラマーが過半数を占めることとなりました。

ambassador-ratio

どんなアンバサダー案件であればやってみたいですか? 」という質問に対しては「アパレル」が17.5%と最も高く、「グルメ」が12.9%、「美容」が10.1%とそれに続く結果となりました。

やってみたいアンバサダーPR案件に関しては、以下のようなコメントが寄せられました。

洋服やグルメ旅行など、楽しそうな案件であれば」(30代女性・子育て系インスタグラマー・5.1万フォロワー)

 

大阪のレストラン又はカフェのPR」(40代女性・料理/グルメ系インスタグラマー・3.6万フォロワー)

 

ファッション、コスメ、カフェ、サウナ」(20代女性・アパレル系インスタグラマー・3.1万フォロワー)

 

美容やコスメ関係」(20代女性・美容/メイク系インスタグラマー・3.4万フォロワー)

 

アンケート結果を見てみると、回答インスタグラマーの中には、アンバサダーのPR案件だけは受けている(アフィリエイト・セミアフィリエイト・インスタライブは全て未実施)という方も多くいらっしゃいました。

また、アンバサダー案件未実施のインスタグラマーからも、やってみたい案件ジャンルには具体的な回答がありました。

このことから、アンバサダーをやったことがないインスタグラマーもジャンルや条件が合えば、アンバサダー案件を実施する意向があることが分かります。

以上のことから、アフィリエイト・セミアフィリエイト・インスタライブと比べると、アンバサダーPR案件はハードルが低く、インスタグラマーから広く受け入れられているということが分かりました。

まとめ 

influencer-questionnaire6

本記事では、Find Modelに登録する約400名に行なった「インフルエンサー実態調査」の結果を詳しくご紹介しました。

本アンケート調査では、

  • インスタグラマーの平均年収・PR活動開始時期
  • インスタグラマーを本業としている方のお仕事実態
  • インスタグラマーのお友だち事情
  • リール投稿事情
  • 他InstagramでのPR施策

など、普段は聞けないインスタグラマーのお仕事事情や交友関係について、インスタグラマーに直接お伺いしました。

Find Modelではインフルエンサーを起用したマーケティング事業を運営しており、訪問型PR施策や、インスタグラマーによるレビュー投稿などのプロジェクトを実施してきました。

インフルエンサーマーケティンングの企画〜実施までトータルでサポート致しますので、SNSを活用したPR施策をお考えのご担当者様はぜひお気軽にご連絡ください。

あわせて読みたい▼

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、SNSマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • SNSアカウント運用代行
  • SNS広告運用・分析改善
  • SNSキャンペーン実施
  • インフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なSNSマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

SNS運用・マーケティングのご相談はこちら

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事