explanation-of-digital-marketing1

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

近年では、企業のマーケティング活動において「デジタル」マーケティングというキーワードが盛んに囁かれるようになりました。

デジタルマーケティングとは、文字通りITやインターネットなどのデジタルを用いたマーケティング手法のことです。

AI技術も発達している現代のデジタル社会においては、デジタルマーケティングの重要性はますます高まっています。

そこで本記事では、抑えておきたいデジタルマーケティングの重要事項についてわかりやすく解説!

デジタルマーケティングで注目されている手法についても併せてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

デジタルマーケティングとは

explanation-of-digital-marketing11

デジタルマーケティングとは、デジタル技術を活用することによるマーケティング手法の総称です。

デジタルマーケティングという言葉には、デジタルを活用したあらゆるマーケティング活動が含有されているため、相当に広い領域にわたるマーケティング活動を指します。

例えば、「SNSマーケティング」はSNSを活用したマーケティングに特化した活動のみを指します。

一方、デジタルマーケティングはSNSマーケティングを含有している、より上位のマーケティング概念ということになります。

また、デジタルマーケティングでオンライン上で行われる情報収集だけでなく、リアルな現実世界での消費者の行動容態などのデータをも収集します。

オフラインの店舗に訪れた消費者の購買履歴や、イベントの来店データなどもデジタルマーケティングの調査対象となるため、デジタルマーケティングがいかに幅広い概念を含有しているかが分かりますね。

デジタルマーケティングは、実際に活動を行なっている企業によって、どこまでが同概念に含まれるかが若干異なることもあります。

よってデジタルマーケティングは、企業が行うプロモーション活動から消費者が実際に商品を購入・サービスを利用するまでの流れに、「デジタル」を活用したデータを組み合わせることがデジタルマーケティングと呼ばれるマーケティング活動と捉えると理解しやすいでしょう。

デジタルマーケティングを実施する重要性

デジタルマーケティングには、一体どのような重要性が存在するのでしょうか。

デジタルマーケティングは、私たちのほぼ全ての生活にデジタル技術が活用されている現代において、欠かせない存在となっています。

例えば、多くの日本人がインターネットに触れている現代では、デジタルマーケティングの一環である「webマーケティング」を行うことで、簡潔にかつスピーディーに多くの消費者へと情報を届けることができます。

explanation-of-digital-marketing112

画像:総務省|令和3年版 情報通信白書|インターネットの利用状況

上記は、総務省が令和3年に発表した日本国民のインターネット利用状況に関する調査結果です。

同調査によると、2020年には日本人の約83.4%が個人でインターネットを利用していることがわかりました。

日本人の多くが利用しているデジタル環境を活かして、web広告を出稿したりSNSアカウント運用を行うことで、企業の最適なマーケティング活動が実現するのです。

web広告の代表的な形態である「リスティング広告」や「ディスプレイ広告」を出稿して、どのくらいのネットユーザーにリーチすることができたのかといった「データ」を収集することもデジタルマーケティングの真髄です。

スマートフォンの普及によって、ますますデジタルと現実の垣根が低くなっている現代では、デジタルを活用した様々なマーケティング手法を展開することが企業の必須事項と言えるでしょう。

【必見】デジタルマーケティングの代表的な手法

explanation-of-digital-marketing111

デジタルマーケティングは、デジタルを活用したあらゆるマーケティング活動であることがわかりました。

幅広い概念を持つデジタルマーケティングの中で、実際に多くの企業に利用されている主なデジタルマーケティング手法にはどのようなものがあるのでしょうか。

本パートでは、代表的なデジタルマーケティングの手法についてご紹介していきます。

webサイト運用

デジタルマーケティングを実施しているほとんどの企業が、webサイトの運用を行なっています。

webサイト運用では、自社の商品やサービスを紹介するホームページに加えて、商品購入サイトなど多岐にわたるwebサイトが展開されています。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、企業がSNSを活用することによって自社の売上や集客につなげるマーケティング活動のこと。

企業に主に利用されるSNSとして、

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok
  • LINE
  • YouTube

などが挙げられます。

 

関連記事

【最新Excel配布中】日本・世界のSNSユーザー数まとめ(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE,TikTok)

デジタル広告

デジタル広告とは、リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告といったデジタル上の広告全てを含有する総称です。

多くの消費者がインターネット環境を利用する現在において、ネット上に表示される広告は消費者の目につきやすく、効果的な広告効果を生み出します。

 

関連記事

【2022年最新版】SNS広告のトレンドが丸わかり!人気のSNS広告3選

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、消費者に対して特定のコンテンツを発信することによって成果を期待するマーケティング活動のこと。

発信されるコンテンツは、顧客の潜在ニーズを満たすような情報価値の高いものであるべきとされます。

よってコンテンツマーケティングでは、短期的な利益の獲得よりも中長期的な視点で、顧客ロイヤリティを高めることなどに重きが置かれています。

Eメールマーケティング

Eメールマーケティングとは、企業が消費者に対してメールを配信することでコミュニケーションを実現させるマーケティング活動のこと。

Eメールマーケティングは、メールマーケティングとも呼ばれ、主にメルマガ配信が主流です。

新商品の情報やお得なクーポンの配布などをメールを通して行うことで、自社の売上や集客率の向上につなげることを目的としています。

消費者情報の収集にコストをかけることなく、消費者のメールアドレスを獲得するだけで、一斉にメルマガなどの形態でマーケティングを行うことができる点で、便利なマーケティング手法です。

アプリマーケティング

アプリマーケティングとは、スマートフォンなどで配信されるアプリを活用して消費者とコミュニケーションを行うマーケティング活動のこと。

アプリを介して、消費者とリアルタイムでのコミュニケーションを実現させることができる点も特徴的です。

アプリを利用している消費者のデータを収集することができるため、自社アプリの場合には、消費者のデータを独占して活用することができるといったメリットも。

IoT活用

IoTとは、Internet of Thingsの略称で、身の回りのものがインターネットに接続されていることを指します。

例えば、最近では車がインターネットと接続することにより、緊急時などに自動的にオペレーションセンターへとつながります。

身の回りのものがIoTでつながることにより、人々の行動容態などの膨大なデータが収集されるため、蓄積された膨大なデータを活用した分析などが可能になります。

まとめ

explanation-of-digital-marketing11111

本記事では、デジタルマーケティングについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

デジタルマーケティングは、IT技術やネット環境が発達してる現代ではますます重要なマーケティングとして位置付けられていくでしょう。

デジタルマーケティングの定義は、その含有する概念の広さから、マーケティングを施策する企業にとって幅広い解釈がされます。

ぜひ本記事を参考にして、デジタルマーケティングについての理解を深めていただけますと幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

あわせて読みたい▼

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、SNSマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • SNSアカウント運用代行
  • SNS広告運用・分析改善
  • SNSキャンペーン実施
  • インフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なSNSマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

SNS運用・マーケティングのご相談はこちら

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事