世界中で人気の動画共有サービス「YouTube」。日本においても6,200万人以上が利用しており、幅広い世代の人々から親しまれていますが、スマートフォンをはじめとしたモバイル機器で気軽に利用できることから、若い世代の利用者は特に多くなっています。

近年、若い世代に向けたマーケティングにYouTubeを利用する企業が増えていますが、自社でYouTubeチャンネルの開設や動画の作成・投稿、広告の掲載の全てを行うのは多くの手間と時間がかかってしまいます。そこでぜひとも検討したいのが「ユーチューバー」を起用してのインフルエンサーマーケティングです。

今回はユーチューバーについての簡単な解説と、若年のYouTube利用者の中でも多くの割合を占める20代の若者から人気を集めているユーチューバーをご紹介してまいります。

YouTubeを活用した動画マーケティングについては以下のYouTube動画マーケティング3つの手法の特徴と成功事例、効果を出すポイントなど徹底解説の記事に詳しくまとめておりますので、併せてご覧ください。

ユーチューバーとは

woman influencer

ユーチューバーとは、動画共有サービスYouTube上で独自制作の動画を公開し、動画から得られる広告収入を主な収入源としている人々のことです。

特に人気の高い有名ユーチューバーは、自身のYouTubeチャンネルに数十万から数百万と多くのチャンネル登録者がおり、世間に大きな影響を与える「インフルエンサー」としての性質を持っています。

施策にユーチューバーを起用することで、ユーチューバーが元々抱えているチャンネル登録者や新たに興味を持ってユーチューバーの動画を視聴するYouTube利用者にリーチすることができることから、近年ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングに着目する企業が増えています。

20代から人気の女性ユーチューバー5名と企業とのタイアップ事例

それでは20代の若者に人気のユーチューバーを紹介してまいりましょう。ユーチューバーのご紹介と併せてそれぞれのユーチューバーが公開した企業とのタイアップ動画もご紹介いたします。まずは女性ユーチューバーからご紹介いたします。

1.木下ゆうか

youtuber-yuka-kinoshita画像:Yuka Kinoshita木下ゆうか|YouTube

YouTubeチャンネル
Yuka Kinoshita木下ゆうか
木下ゆうかのゆるちゃん!/YukaKinoshita 2nd

まず初めにご紹介する女性ユーチューバーはユーチューバーのマネジメント事業を行っている企業UUUM株式会社所属の「木下ゆうか」です。

綺麗な外見からは想像できないような大食いを得意としているフードファイタ兼ユーチューバーで、YouTubeに公開している動画も大食い動画がメインです。その他には新商品や料理、お店の紹介動画なども公開しており、見ていて爽快なその食べっぷりから20代を中心として幅広い世代から人気を集めています。

チャンネル登録者数は、大食い動画や料理などに関する動画を公開しているメインチャンネルで511万、日常動画やペットの動画、旅行先での動画などを投稿しているサブチャンネルで25万の計536万となっています。これは日本国内で単独で活動している女性ユーチューバーのなかで最も多い数です。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】木下ゆうか×セブンイレブン

大食いで人気の「木下ゆうか」は企業とのタイアップ企画も食事に関するものがほとんどです。こちらはセブン-イレブン・ジャパンとのタイアップ企画動画となります。

動画の内容はコンビニエンスストア「セブン-イレブン」で人気の商品上位25品、約7,000kcalを食べるというもの。自身の思い出や経験を交えて商品について解説しながらモリモリと商品を食べていく様は観ていてすがすがしさすら感じさせるほどです。明るい性格と丁寧なトークも魅力的ですね。

この動画の再生回数は2019年3月現在で約196万5千回で、「いいね」の数は1.8万人となっています。

2.あやなん(しばなんチャンネル)

youtuber-shibanan-channel画像:しばなんチャンネル|YouTube

YouTubeチャンネル
しばなんちゃんねる
しばなんといっしょ!

次にご紹介する女性ユーチューバーは「しばなんチャンネル」で活動中の「あやなん」です。

「しばなん」はユーチューバーのマネジメント事業を行っている株式会社Kiii所属のグループユーチューバーで、旦那さんである「しばゆー」と奥さんの「あやなん」の夫婦2名で活動しています。「しばゆー」は別の人気グループユーチューバー「東海オンエア」のメンバーでもあります。

ギャグを言ったりボケたりする「しばゆー」とそれに対してノリの良いツッコミを返す「あやなん」の息の合ったやり取りが魅力であり、中高生から特に高い人気を集めています。お子さんの「ポンス」くんが誕生してからは家族3人の仲睦まじい様子や子育て動画、悩みについてなどの動画も公開されるようになり、20代から30代の女性からも多くの共感を得ています。

メインチャンネルとサブチャンネルの合計チャンネル登録者数が309万にも上る人気のユーチューバーです。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】しばなんチャンネル×dショッピング

こちらは「しばなん」とNTTドコモがサービスを提供しているECサイト「dショッピング」のタイアップ企画です。

クリスマスということで「しばゆー」が「dショッピング」を利用して購入したものを「あやなん」にプレゼントするという設定の動画で、「dショッピング」の便利さやキャンペーンを紹介しつつ「しばなん」らしいノリの良いやり取りをする企業案件ながらも楽し気な動画となっています。息子さんの「ポンス」くんも楽しそうにしているのが観ていて微笑ましいのも良いですね。

この動画は2019年3月現在で約277万5千回再生されており、「いいね」の数も3.9万という高評価を受けています。

3.バイリンガール 吉田ちか

youtuber-biingirl-chika-yoshida画像:バイリンガール英会話|Bilingirl Chika|YouTube

YouTubeチャンネル
バイリンガール英会話|Bilingirl Chika
ちか友留学生活

続けてご紹介する女性ユーチューバーは「バイリンガール 吉田ちか」です。

生まれは日本ながらもアメリカで育ち、大学の卒業と共に日本に帰国した帰国子女の「バイリンガール 吉田ちか」は日常で使えるネイティブな英会話を紹介する動画を中心に公開されています。旅行で使える英会話やビジネス英会話なども公開されている他、自身の日常生活や海外での生活についての動画も公開されています。

「バイリンガール英会話|Bilingirl Chika」は楽しく英会話を学べるアカデミックなチャンネルとして、英会話を学びたいという意識の高い20代の若者を中心に人気が高まっています。

「バイリンガール 吉田ちか」はYouTubeで2つのチャンネルを開設しており、英会話に関する動画が公開されている「バイリンガール英会話|Bilingirl Chika」のチャンネル登録者数は2019年3月現在で134万、世界中の留学生の留学生活に関する動画を共有している「ちか友留学生活」のチャンネル登録者数は2.6万となっており、合計で136.6万となっています。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】バイリンガールちか×Visa

こちらの動画は「バイリンガール 吉田ちか」とクレジットカードをはじめとしたの決済手段の国際的ブランドを運営するVisaのタイアップ企画です。

「バイリンガール 吉田ちか」が1人で4役を演じながら、ハワイ旅行中のローカルな楽しみ方やVisaを利用したお得なサービスなどを紹介するというストーリー仕立ての動画となっています。動画の構成や編集技術など持ち前のネイティブな英会話と合わせて大変クオリティが高く、観ていてとても面白く大変高い訴求力を持った動画に仕上がっています。

この動画の再生回数は2019年3月現在で28万超、「いいね」が付けられた数は7千を超えています。動画のクオリティを高く評価するという内容のコメントも多く、非常に評価の高いタイアップ動画であることがわかります。

4.関根理沙

youtuber-risa-sekine画像:SekineRisa|YouTube

YouTubeチャンネル
SekineRisa
Sekine Risa Hazard

続いてご紹介する女性ユーチューバーは「関根理沙」です。

現役で看護師の仕事を続ける傍らUUUM所属のユーチューバーとしても活動しており、抜群のルックスと破天荒ともいえる性格から若者を中心に人気のユーチューバーです。「関根理沙」は主にメイク動画やコスメ・アイテムの紹介動画を公開している美容系ユーチューバーです。サブチャンネルではゲームの実況動画なども公開しています。

2019年3月現在のチャンネル登録者数はメインとサブの両チャンネル合計で137万となっています。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】関根理沙×+ea is(プラスエアアイズ)

こちらの動画は「関根理沙」と温感炭酸オールインワン美容液「+ea is(プラスエアアイズ)」のタイアップ企画動画です。

動画が公開された時期が花粉症の季節であるということで、タイアップしている商品を使用しているシーンも含めながら自身が花粉症対策に行っている朝のルーティーンを紹介しています。ちょっとしたストーリー仕立てになっており、別撮りの解説が付けられている点が面白いですね。

その後はタイアップ商品の説明や実際に使用した感想などの解説になっており、1つの動画が二部構成のようになっているのもユニークで、丁寧な動画作りに好感が持てます。

この動画の再生回数は2019年3月現在で57万8千再生を超えており、「いいね」の数も約7,000と高評価です。

5.さぁや

youtuber-saaya

画像:YouTube、さぁや saaya|YouTube

YouTubeチャンネル
さぁや saaya
さやぴんく(さぁや2nd)

最後にご紹介する女性ユーチューバーはUUUM所属の「さぁや」です。

マルチビューティー系ユーチューバーを謳う美容系ユーチューバーで、可愛らしい容姿が目を引きます。確かなメイク技術で誰もが参考にできるメイクやヘアーの美容系動画を主に公開していることから、10代・20代の若い女性から支持を集めている他、弟やペットと仲良く遊ぶ動画なども公開しています。

サブチャンネルも解説しており、そちらではゲーム実況動画や食レポ動画、バラエティ動画などを公開しており、そちらでも多くのファンを獲得しています。

2019年3月現在でのメインチャンネルのチャンネル登録者数は114万、サブチャンネルは26万となっており合計すると140万となります。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】さぁや×ビューティーアート専門学校、ウェディング&ブライダル専門学校

こちらの動画は「さぁや」とビューティーアート専門学校、ウェディング&ブライダル専門学校のタイアップ企画動画です。

動画の内容は「さぁや」がビューティーアート専門学校の在校生にブライダルメイクをしてもらったり、花嫁衣装の着付けなどをしてもらいながらビューティーアート専門学校やウェディング&ブライダル専門学校の特徴や雰囲気、解説をしていくというものです。美容系ユーチューバーならではの視点でトークを行っており、ビューティーアート専門学校とウェディング&ブライダル専門学校の魅力をわかりやすく紹介しています。

この動画の再生回数は2019年3月現在で約78万2千回で、「いいね」の数は1.1万となっています。

20代から人気の男性ユーチューバー

次は20代の若者に人気の男性ユーチューバーをご紹介してまいります。こちらもあわせてタイアップ企画をご紹介いたしますのでぜひご覧ください。

1.はじめしゃちょー

youtuber-hajimesyacho-画像:はじめしゃちょー|YouTube

YouTubeチャンネル
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー2(hajime)
はじめしゃちょーの畑

初めにご紹介する男性ユーチューバーはUUUM所属の「はじめしゃちょー」です。

「はじめしゃちょー」は日本国内でトップクラスの人気を誇るユーチューバーで、3つあるチャンネルのチャンネル登録者数は2019年3月現在メインチャンネルが769万、「はじめしゃちょー2(hajime)」が234万、「はじめしゃちょーの畑」が149万の合計1,152万となっています。

メインチャンネルではドッキリ動画や実験動画などのバラエティー系の動画、商品紹介動画などを投稿し、サブチャンネルでは日常をネタにした動画やゲーム実況動画・「はじめしゃちょー」の趣味でもあるカードゲームの動画などを公開しています。3つ目のチャンネルである「はじめしゃちょーの畑」では共に動画制作を行っている仲間たちとの日常の様子を動画としてこうかいしています。

10代~20代の若者を中心に幅広い年齢層から圧倒的な人気を集めている「はじめしゃちょー」は、まさに日本を代表するトップユーチューバーのひとりといえるでしょう。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】はじめしゃちょー×日本財団『10億円会議キャンペーン』

こちらの動画は「はじめしゃちょー」と日本財団『10億円会議キャンペーン』のタイアップ企画動画です。

動画の内容はシャッター街となってしまい寂れてしまった商店街に皆で協力して絵を描き、それをきっかけに街の活気を取り戻していこうというものです。「はじめしゃちょー」が過去に公開した動画や考案したキャラクターの絵を皆で描き上げた他、日本財団がどういった活動をしている財団であるのかの解説も行っていました。

こちらの動画は本日2019年3月22日に公開されたばかりの動画です。しかしながら公開されて3時間経過した時点で再生回数はなんと7万5千回を突破しており、「いいね」の数は1万を超えています。トップユーチューバー「はじめしゃちょー」の影響力の高さはまさに驚異的であるのがはっきりとわかります。

2.HIKAKIN

youtuber-hikakin画像:HikakinTV|YouTube

YouTubeチャンネル
HikakinTV
HikakinGames
HIKAKIN
HikakinBlog

次にご紹介する男性ユーチューバーはUUUM所属の「HIKAKIN」です。

「HIKAKIN」はUUUM株式会社のファウンダー(創立者)で最高顧問の役職にも就いています。日本におけるYouTuberの第一人者ともいえる「HIKAKIN」はYouTuberで活動し始めた当初、ヒューマンビートボックスの動画を主に公開していました。徐々にファンを増やしながらバラエティー動画や商品紹介、音楽やゲームの実況動画など様々なジャンルの動画を公開するようになり、更に多くの人気を得てトップユーチューバーのひとりとなりました。

異なるジャンルの動画を公開する4つのチャンネルを開設しており、現在のメインチャンネル「HikakinTV」のチャンネル登録者数は718万、ゲームの実況動画を主に公開している「HikakinGames」は414万、ヒューマンビートボックスなどの音楽関係の動画チャンネルである「HIKAKIN」は235万で、日常のちょっとした小ネタなどの動画を公開している「HikakinBlog」は54万となっており、各チャンネルのチャンネル登録数を合計するとその数は1,421万にも上ります。

ファン層は小学生や中学生が多くの割合を占めていながらも、20代やそれ以上の年齢層からも多くの指示を集めており、家族みんなで食卓を囲みながら観られるようなコンテンツを提供していきたいと「HIKAKIN」は語っています。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】HIKAKIN×バズーカキャンディブランズ

こちらの動画は「HIKAKIN」と様々な形のキャンディを販売しているバズーカキャンディブランズのタイアップ企画動画です。

動画の内容はバズーカキャンディブランズのキャンディ「スライダーズプッシュポップ」を電動ドリルのチップの先に固定し、電動ドリルによって高速回転するキャンディを舐めるというもの。高い年齢層の大人が観ると首をかしげてしまう人も多いかもしれませんが、失礼ながら一見おバカに見えてしまう内容でも実現してみせるのが「HIKAKIN」が低年齢層の視聴者から人気である理由です。

普通は考えても実行しようとしない、もしくは実行できないことを本当に実行するのが「HIKAKIN」の凄いところです。

こちらの動画は一見すると低年齢層向けで実際間違いのないことでもあるのですが、20代以上の大人でも子ども時代に食べたキャンディを思い出したり、子どもの頃欲しかったけれど微妙に価格が高くて親に買ってもらえなかったなど自身の子どもの頃を懐かしむコメントも多く見られました。好みはあれど子どもが観ても大人が観ても楽しい動画作りができるのもまた「HIKAKIN」の凄い点です。

この動画の再生回数は2019年3月22日現在で約817万4千回で、「いいね」の数は5.6万となっています。

3.Fischer's‐フィッシャーズ‐

youtuber-fischers画像:Fischer's‐フィッシャーズ‐|YouTube

YouTubeチャンネル
Fischer's‐フィッシャーズ‐
Fischer's‐セカンダリ‐

続いてご紹介するのは「Fischer's‐フィッシャーズ‐」です。

「Fischer's‐フィッシャーズ‐」も先にご紹介した2名のユーチューバーと同じくUUUM所属のユーチューバーです。中学生からの幼なじみである「シルクロード」「マサイ」「ンダホ」「ぺけたん」「ダーマ」「ザカオ」「モトキ」の男性メンバー7名からなるグループで、メンバーたちの軽快なトークと掛け合いが魅力のグループユーチューバーです。

「スリル満点!やんちゃ系YouTuber集団」「思い出系ネットパフォーマンス集団」の謳い文句のとおり、まるで子ども時代に戻ったようなやんちゃな内容のバラエティ動画やチャレンジ動画、ドッキリの動画やホラー動画などを主に公開しており、騒々しいながらも観ていると自然に笑みが浮かぶような楽しい動画作りが魅力です。

中高生を中心に人気を集めている他、自身の子ども時代を懐かしむ20代をはじめとした大人からも支持を集めており、メインとサブの両チャンネルを合わせたチャンネル登録数は764万にも上ります。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】Fischer's‐フィッシャーズ‐×ゼブラデルガード

こちらの動画は「Fischer's‐フィッシャーズ‐」とゼブラ株式会社の販売するシャープペンシル「デルガード」のタイアップ企画動画です。

「デルガード」は「芯が折れない」が謳い文句の製品で、この動画ではサイコロを転がして目に出た本数の「デルガード」を使用して「芯が折れない」を実証する、という内容になっています。

サイコロを転がして出たのは100本の目だったので「デルガード」を100本束ねて絵を描くことになったのですが、なんとお題は「ハエ」。「Fischer's‐フィッシャーズ‐」らしい掛け合いをしながらメンバーの「ンダホ」が「ハエ」を描いたのですが、案の定よくわからない絵が完成しました。それでも「デルガード」の芯は1本も折れずチャレンジは達成となりました。

朝5時に動画の撮影をしていた「Fischer's‐フィッシャーズ‐」メンバーは皆疲れ気味の様子でしたが、100本のシャープペンシルを束ねて「ハエ」の絵を描くという、着地点の見えない内容でもメンバーのトークと掛け合いで動画を面白くできるのは凄いですね。

この動画の再生回数は2019年3月現在で約364万回、「いいね」の数は2.1万と非常に高評価となっています。

4.東海オンエア

youtuber-toukai-on-air画像:東海オンエア|YouTube

YouTubeチャンネル
東海オンエア
東海オンエアの控え室

次にご紹介するユーチューバーはUUUM所属の「東海オンエア」です。

「東海オンエア」は愛知県岡崎市を拠点に活動するグループユーチューバーで、「てつや」「しばゆー」「りょう」「としみつ」「ゆめまる」「虫眼鏡」の男性6人がメンバーです。「天才」がキャッチフレーズの「東海オンエア」はメンバーが集まってネタを出し合う「ネタ会議」を行っており、そこで決められた内容をネタにした動画を公開しています。

他のユーチューバーがやっていないような個性的な企画の動画を多く投稿しているのが「東海オンエア」の特徴で、そこが彼らの人気の理由でもあります。6人のメンバーもそれぞれ大変個性的で個性的なメンバーが行う個性的な企画の数々が10代・20代の若年層を中心とした視聴者の支持を集めています。

2019年3月現在の「東海オンエア」のチャンネル登録者数はメインチャンネルが426万、サブチャンネルが209万となっており合計すると638万となります。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】東海オンエア×ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて

「東海オンエア」がコラボレーションしたのは株式会社スクウェア・エニックスが発売するゲームソフト「ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて」です。

動画の内容は「東海オンエア」のメンバーがゲームソフト「ドラゴンクエスト」のキャラクターに扮して「実写版 ドラゴンクエスト」を再現というものです。合成や特殊効果などの編集で「ドラゴンクエスト」を再現しているのですが、中でも面白いのが随所に散りばめられた「ドラゴンクエスト」の「お約束」です。

選択肢で「いいえ」を選び続けても「はい」を選ぶまでイベントが先に進まなかったり、毒の状態異常の継続ダメージの再現や民家に勝手に侵入しツボを割ったりアイテムを取ったりといった「お約束」を再現した部分では、「ドラゴンクエスト」シリーズのファンやプレイ経験者の多くが思わず笑ってしまったことでしょう。動画内で勇者が魔王を倒した際の断末魔が「ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて」の発売日の周知になっているのも印象的ですね。

動画を面白くしようという丁寧な工夫がしっかりと凝らされている点が好印象なタイアップ企画動画ですね。

この動画の再生回数は2019年3月現在で約441万回で、「いいね」の数は9.2万となっています。

5.SEIKIN

youtuber-seikin画像:SeikinTV|YouTube

YouTubeチャンネル
SeikinTV
SeikinGames

最後にご紹介する男性ユーチューバーはUUUM所属の「SEIKIN」です。

「SEIKIN」は歌や面白い商品の紹介、料理などバラエティに富んだ動画を公開するメインチャンネルと、主にゲームの実況動画を公開するサブチャンネルの2つのチャンネルを開設しています。「SEIKIN」も「HIKAKIN」の影響もあるのか主に小中学校といった低年齢層からの人気が特に高いです。しかしながら、その丁寧な動画作りから来る動画の質の高さと誠実そうなキャラクターから20代からの人気も同様に高くなっています。

「SEIKIN」はマルチミュージッククリエイターとして活動しており、自身が作詞作曲を手掛け、実の弟「HIKAKIN」のメインチャンネル「HikakinTV」で公開した「YouTubeテーマソング」は2019年3月現在の再生回数がなんと約8,152万回、「いいね」の数は44万にもなるなど凄まじい人気と高評価を得ています。

メインチャンネル「SeikinTV」のチャンネル登録者数は2019年3月現在で350万、サブチャンネルの「SeikinGames」は124万で合計474万となっています。

【企業とのコラボ・タイアップ事例】SEIKIN×FIAT500X

こちらは「SEIKIN」と「FIAT500X」のタイアップ企画動画となります。提供はFCAジャパン株式会社です。

動画の内容は「SEIKIN」が奥さんの「ポンちゃん」と一緒に「FIAT500X」に乗ってドライブするというもの。車好きというだけあって注目するポイントや運転した感想もとてもしっかりしています。自身の曲を熱唱しながら「ポンちゃん」と一緒にドライブする様子や到着した先でのピクニックなどとても夫婦仲良く微笑ましいです。動画を視聴していて思わず微笑んでしまった方も少なくないでしょう。

得意な歌も交えて終始楽しそうに外出を楽しむ「SEIKIN」と「ポンちゃん」の様子を観ているとタイアップしている「FIAT500X」に対しても良いイメージが持てるのが素晴らしいです。プラスの印象が強くマイナスの印象は少ない、素晴らしいタイアップ企画といえます。

2019年3月現在、この動画の再生回数は約432万回、「いいね」の数は3.3万となっています。

まとめ

marketing-laptop

20代から人気の高いユーチューバーをご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか。ユーチューバーはYouTubeでインフルエンサーマーケティングを行う際に大変頼りになる存在です。しかしながら、ユーチューバーごとに得意とする動画のジャンルや動画制作の方法、抱えているファンの層は異なります。

ユーチューバーを施策に起用するときにまず大切なのは自社がマーケティングを行いたい商材とユーチューバーの相性です。

20代の若者に対するユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングを企画する際にも、他社の実践した事例から成功のポイントを学ぶことも非常に有効ですので、ぜひとも今回の記事を参考としてご活用ください。

 

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでも人気ユーチューバーのキャスティングが可能です。

自社のPRしたい商材とターゲットのイメージをお伝えいただくことで、施策に最適な人気ユーチューバーをご紹介させていただきますのでお気軽にご相談ください。

1,500件以上の実績を作り出したSNSマーケティングのプロが、施策に最適なユーチューバーの提案、PRの実施から効果分析レポートまでワンストップで提供させていただきます。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

あなたにおすすめの関連記事

日テレ アックスオン & FindModel プロデュース

「インスタグラムのマーケティング活用」、何から取り組めば良い?とお悩みの企業担当者の方へ

今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営する株式会社Find Modelは、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にインスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

おすすめの記事