Instagram運用における広告の基本理解!(基本中の基本のみ)

ビジュアル重視のSNSであるInstagramを利用した広告は、ユーザーに視覚的に訴えることができる有効な手段です。

Instagramは今や、個人の投稿するだけでなく、各企業がプロモーションを行う場という側面も持ち合わせています。

Instagram側も、広告や宣伝のための様々な手法を展開しており、商品やサービスを知ってもらうためのツールとしての利便性もどんどん高まってきています。

今回は、Instagram運用における広告の概要と各広告ごとの特徴についてご紹介します。

Instagramで広告を出すメリット

white-board

Instagramは写真や動画の投稿が必須な点や、投稿をシェアする機能が存在しないことなど、他のSNSの機能とは少々異なった特徴を持っています。

ここでは、そんなInstagramで広告を出すメリットを見ていきましょう。

商品に触れる機会を作れる

instagram-reels

Instagramでは、ユーザーやハッシュタグをフォローして、自身の好みや興味に合わせて繋がります。

Twitterのように、タイムラインに他ユーザーがいいね!した投稿などは流れてこず、自分が選んだコンテンツだけを閲覧できます。

いうなれば、自分のためだけのメディアを作ることができるということです。

ユーザーの好みに合わせた広告を流すことができれば、広告をみたユーザーが興味を持ちやすく、商品を見てもらえる可能性が高まります。

たとえば、

  • 化粧品やスキンケアの広告⇒美容に関心のあるユーザー
  • 衣類や靴などの広告⇒ファッショに関心のあるユーザー

など、ターゲットユーザーを絞って広告を流すことで、自社の商品に触れる機会を作ることができます。

興味を持ってくれそうなユーザーをターゲットにできる

sns-target

では、実際にどのようにターゲットユーザーを見つけていくのでしょうか。

Instagramの管理は、実名制のサービスを行っているFacebookが行っています。

InstagramはFacebookと同じプラットフォームで管理されているため、正確で多彩な情報に基づくターゲティングが可能となっています。

Instagramに備わっている機能によって、興味をもってくれそうなユーザーを絞り込むことができるため、効率的な広告運用を行えます。

商品の購入までダイレクトに進める

online-shopping

Instagramにはショッピング機能というものが存在します。

ショッピング機能とは、投稿内の商品の詳細を閲覧することができ、そのまま購入まで進むことができる機能です。

ショッピング機能の登場もあり、現在Instagramは商品購入の場としても利用されています。

広告にもショッピング機能を付けることは可能なため、ユーザーにとって魅力的な広告を流すことができれば、そのまま購入までのシームレスな流れを作ることができます。

Instagram広告の種類

presents

Instagramの広告は大きく分けて

  • ストーリーズ広告
  • フィード広告
  • 発見タブ広告

の3種類が存在します。

それぞれの特徴を見極め、適切な広告を選んでいきましょう。

ストーリーズ広告

instagram-ad-stories

画像:Instagramでブランドを構築|Instagram Business

ストーリーズ広告は、Instagramのストーリーズに配信できる広告のことです。

ストーリーズ広告の最大の特徴は、広告を全画面表示させられる点です。

ダイナミックに表示させることができるので、ユーザーの印象にも残りやすくなります。

また、スワイプアップすることでダイレクトにリンクへ移行することができるので、サイトへのアクセス数増加や、そのまま購入まで進むことも期待できます。

フィード広告

instagram-account-agent

フィード広告は、Instagramのタイムラインに表示させる広告です。

フィード広告には、

  • 写真広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告

の4つの種類があります。

運用や商品の種類によって、効果的な広告は異なります。

それぞれの広告の特徴を見ていきましょう。

写真広告

instagram-ad-feed

画像:Instagramでブランドを構築|Instagram Business

写真広告は1枚の写真とテキスト(文章)を使って配信する、最もシンプルな広告です。

画像の下にCTAボタン(商品の詳細)を掲載できるので、ユーザーの興味関心を惹ければそのままページにアクセスすることができます。

フィード広告は通常の投稿に混じって表示されるので、広告感を感じさせずに見てもらうことができます。

写真広告は規約上、画像内のテキストを20%以内に収める必要があるので、注意しましょう。

動画広告

instagram-ad-video

画像:Instagramでブランドを構築|Instagram Business

動画広告は、120秒までの動画を利用する広告で、写真よりも注目されやすい特徴があります。

動画広告はユーザーが再生ボタンを押す必要がなく、画面内に表示されると自動的に再生されます。

動画はミュート(無音)状態がデフォルトなので、音がなくてもわかるような内容であることが重要です。

また、写真広告と同様に、動画内のテキストは規約上20%以内に収める必要があります。

カルーセル広告

カルーセル広告は、複数の写真や動画を組み合わせて配信する広告のことで、横にスワイプすることで複数のコンテンツを閲覧できます。

複数の写真や動画を使えるので商品の詳細やコンセプトを伝えやすいという特徴があります。

ただし、ユーザーがスワイプをしないとコンテンツを表示させられないので、ユーザーが見たくなるような内容で作成する必要があります。

カルーセル広告も同様に、写真や動画内のテキストは規約上20%以内に収める必要があります。

コレクション広告

instagram-ad-collection

画像:Instagramでブランドを構築|Instagram Business

コレクション広告は商品カタログを表示させることができる広告で、ユーザーの購買意欲を高めやすい特徴があります。

ECサイトとInstagramを連携させている場合は、非常に有効な広告になります。

コレクション広告で表示された商品はすぐに購入できる仕組みになっているので、購入までのハードルを下げることもできます。

発見タブ広告

instagram-ad-discover-tab

画像:Instagramでブランドを構築|Instagram Business

発見タブ広告は、発見タブに表示されるタイムラインに配信することができる広告です。

発見タブ広告は写真と動画を使用でき、ユーザーの興味関心に合わせて配信させることができます。

フィード広告ではユーザーがフォローしているアカウントの投稿に混じって配信されますが、発見タブ広告はユーザー自身が興味関心のある内容を探しているところに配信するため、フィード広告よりもユーザーの反応を獲得しやすい可能性があります。

Instagram広告の出し方

男女 会議

Instagramで広告を配信するためには、Facebookページとインスタグラムアカウントを連携する必要があります。

ページとアカウントの準備ができたら、「Facebookビジネスマネージャー」から設定を行います。

実際の詳しい手順については別記事でご紹介していますので、そちらをご参照ください。

別記事:【簡単図解】Instagram広告の特徴と出し方の手順をわかりやすく解説|インスタラボ

まとめ

今回は、Instagram運用における広告の特徴についてご紹介しました。

Instagram広告の種類にも種類があり、具体的なメリットも広告ごとに異なります。

それぞれの長所を理解し、ターゲットユーザーに適切にアプローチできれば、効果的に広告運用が期待できるでしょう。

より詳しい内容や、広告掲載の手順を知りたい方は下記の別記事にて紹介していますので、是非ご覧ください。

別記事:【簡単図解】Instagram広告の特徴と出し方の手順をわかりやすく解説|インスタラボ

logo_instalab

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Instagramマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に5,500件以上の支援実績がございます。

  • Instagramアカウント運用代行
  • 効果的なハッシュタグ選定
  • 投稿写真・動画作成
  • Instagram広告運用
  • Instagramキャンペーン
  • 効果分析レポート

など、その時必要なInstagram支援が可能ですので、是非お気軽にご相談ください。

具体的なアドバイスも無料でしています

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事