いきなりですが皆様はインスタグラム広告のKPIを適切に設定できていますか?ただ単に写真を投稿して広告を打ち出していてもKPIが無ければインスタグラム広告がどれだけ効果を発揮しているのかもわかりませんし、改善のためのアクションを打つこともできません。最悪のケースだと、長年インスタグラムで広告を打ち続けていたにも関わらずそれがすべて無駄になっていたということにもなりかねます。そこで今回はインスタグラム広告を出稿する前に、決めておきたい基本的なKPI設計についてご紹介します。KPIを適切に設定するだけで改善点が見え、広告の成果をさらに高めることができます。

確認!インスタグラム広告のKPI設定とは?

インスタグラムや他のSNSマーケティングでKPIの設定は非常に重要です。KPIとは「Key performanxe indicator」の略で、日本語で重要業績評価指標となります。簡単に言いますとゴールに向かってちゃんと進んでいるかを判断するための指標ということです。

KPIと一緒に覚えておきたいのがKGIです。KGIは「key Goal Indicator」の略になります。KPIがゴールまでの途中経過を判断する指標であるのに対し、KGIはそのゴールが達成されているかどうかを判断する基準です。

出稿したインスタグラム広告の効果を最大限に上げるためにはこういった目標設定が必要になります。惰性でインスタグラム広告を出稿してもKPIやKGIがしっかりと設定されていないとその広告の効果は測定できず、結果として無駄な広告費を使ってしまったりすることがあります。

広告の目的によってKPI設定を使い分ける

インスタグラム広告を出稿する前に決めておきたいのが広告の目的です。その広告の目的によってKPI設定の具体的な指標は変わってきます。大体の広告の目的は2つに分かれます。1つはブランディング目的。広告により自社商品の認知度やメッセージをインスタグラムを使ってユーザーに広めていく目的です。もう1つはダイレクトレスポンス広告によってユーザーにリンクをクリックさせ、外部サイトに誘導することです。この2つでKPI設定を使い分けることが最も効果的です。

ダイレクトレスポンス広告の場合

ダイレクトレスポンス広告の場合だとアプリインストール単価やコンバージョン単価、誘導単価と言ったクリック率に還元できる数値を指標にするのが効果的だと思われます。

ブランディング目的の広告の場合

ブランディング広告の場合、「広告を閲覧したユーザーのブランドに対する評価やイメージが見ていないユーザーとどう異なるか?」、「広告を閲覧したユーザーの態度に変化があったか?」等を調査する必要があり、反応を数値で評価することは難しくなります。広告自体が見られていないと無意味になるので、まずインプレッション数等を見る必要があります。ユーザの印象がどう変わっているのかはブランド関連ページのいいね数やシェア数で評価することができます。更に、広告を閲覧したユーザーをターゲットにしたアンケートを実施してそこの評価を定量的に分析する手段等も評価方法として考えられます。

目的が決まったらインスタグラム広告のKPIを設定する

インスタグラムの広告の目的別のKPIを見てきましたが、目的とは無関係に、広告掲載の際には必ず監視しておきたい基本的なKPIが存在します。基本的なKPIとして次の3つがあります。

フォロワー数

インスタグラムにおいてアカウントのフォロワーの数が多いのは、それだけ人気がありファンが多いということになります。フォロワー数が増えれば増えるほど、新商品情報やキャンペーン情報、イベント情報などの影響力はどんどん大きくなります。フォロワー数の目標数値のKPI設定は必須と言ってもイイでしょう。

エンゲージメント

エンゲージメントとはインスタグラムの投稿に「いいね」や「コメント」がついていることを言います。このエンゲージメントの目標数値も決めておくことで「ユーザーを喜ばせられるコンテンツはなにか?」「投稿の頻度はどれぐらいがベストか?」「投稿するベストな時間帯はいつか?」といった疑問が解決し、改善のためのアクションが打ちやすくなります。

自社関連のハッシュタグでの投稿数の多さ

ハッシュタグは人気度を表すわかりやすい指標になります。これもKPI設定において具体的な数値を決めておきたい項目です。たとえばインスタグラムの検索エンジンに「ユニクロ」といれるとユニクロのハッシュタグのついた投稿数が「780,202件」と出ます。これはそれだけのユニクロのファンがいるという指標にもなるのです。こういった自社関連のハッシュタグをユーザーがつけたくなるようなブランドイメージの良さや、認知度を増やすことも必要になってきます。

まとめ

インスタグラム広告を出稿する前に決めておくべきKPI設定について重要なポイントをまとめてみました。インスタグラム広告を出稿しているけど成果が出ないという場合、KPIを見直してみることが改善に繋がるときがあります。改善の余地がある箇所に関してはKPIとして改善数値を挙げることにより、具体的にどのくらい改善を目指すのかが明確に把握できます。目的に合ったKPIの数値の設定をするには、現在のKPIや過去の成果も把握して取り組みましょう。

「インスタグラム広告」、何から取り組めば良い?
とお悩みの企業担当者の方へ

今話題のインスタグラムに広告を出稿しよう!とは言ったものの、ターゲットの選定から広告クリエイティブの作成など考えることは多岐に渡ります。

インスタグラムのユーザー数は2000万人を超え注目を浴びていますが、普段使っているバナー画像を使って出稿を行っても全然成果につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

SNS特にインスタグラムにおいてはクリック率の高い広告を作成・運用するためには特別なナレッジが必要となります。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営する株式会社Find Modelは、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングからSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にインスタグラム広告の実施を検討していきましょう。

おすすめの記事