alcohol-cocktail

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

この記事はInstagramにおいて、アルコール(その他制限付きコンテンツ)関連のPR投稿をするにあたり、オーディエンス制限について説明いたします。

メタ社の「ブランドコンテンツポリシー」に沿い、年齢制限の対象であるコンテンツのPRを行う際は、投稿が閲覧されるオーディエンスの年齢制限を設定する必要があります。
※年齢制限をつけていない場合にメタ社の「ポリシー違反」として投稿が削除されるケースが弊社で確認されています。 

 

関連記事
Instagramブランドコンテンツのタイアップ投稿タグについて詳しく解説

【Find Model会員様限定記事】PRに関する注意事項

Instagram年齢制限の対象であるコンテンツ

一般的には「アルコール」は一番身近な年齢制限ありの商材になるかと思いますが、
下記の商材も投稿閲覧オーディエンスの年齢制限設定が必要になるためPR時には十分ご注意ください。 

  • 購読サービス 
  • 金融商品や金融サービス、保険商品や保険サービス 
  • 美容処置およびダイエット 
  • 家族計画と避妊

引用先: メタ社 | ブランドコンテンツポリシー 

投稿が削除されてしまったアルコール関連の事例やキーワード

弊社事例・写真

  • 写真にお酒が映り込んでいた 
  • アルコール類に見える缶ジュースが写っていた 

文章 

  • キーワード:「お酒」「カクテル」「アルコール」 
  • ハッシュタグ:お酒に関するタグ(上記キーワードなど) 

 

年齢制限設定方法・アルコール関連商材の場合

PR投稿前の設定方法

  1. PR投稿を作成
    「タイアップ投稿ラベルを追加」→「ブランドパートナーを追加」をタップ
  2. ブランドパートナー(広告主アカウント)を追加し、 画面内下部、「オーディエンスの制限を追加」をタップ
  3. 「最低年齢」→「国ごとの最低年齢」追加と進み、「日本」を選択
  4. 最低年齢を「20」と設定

完了 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本記事では、Instagramにおいて、アルコール(その他制限付きコンテンツ)関連のPR投稿をするにあたり、オーディエンス制限についてご紹介いたしました。

アルコール関連商材の場合は、本文(ハッシュタグ含む)・画像などに「アルコール」に関する内容があるとInstagramのポリシー違反となり、投稿削除の対象となります。

インフルエンサーとしてPR投稿をする際、お仕事内容として指示されていなくても、ご自身のアカウントを守るため、ファンの方々のためにも、InstagramでPR投稿をする際は事前にブランドコンテンツポリシーの確認をしましょう。

せっかく制作を頑張ったクリエイティブを削除されないためにもメタ社のブランドコンテンツポリシーを遵守して投稿をしましょう。

今回紹介したInstagramブランドコンテンツポリシー内容・オーディエンスの年齢制限の設定方法は、皆様の今後のプロモーション活動に少しでもお役に立てば幸いです。