インスタグラム広告の費用|課金方法や単価、およその出稿予算を解説

月間アクティブユーザーが10億人を突破したインスタグラム、若い女性を中心に爆発的な伸び率を見せています。

今回ご紹介するのは、その設定方法によっては100円から広告の出稿が可能となったインスタグラム広告。今では流行の波に乗ろうと、多くの企業が広告活用を行なっています。

また、広告の出稿料金も広告サイズに関係なく、お手頃な価格から手が出せるようになったのも出稿する企業が増えた要因の一つと言えるでしょう。

しかし、実際どのくらいの費用をかければ広告の効果が期待できるのか分からない方は多いと思います。

そこで今回は、インスタグラム広告の費用、また費用対効果を上げるためのポイントについて、ご紹介します。

また、PDF版の完全マニュアルの無料ダウンロードをご希望の方は下記よりダウンロードが可能です。

▲PDF版の完全マニュアルを無料配布中です▲

達成したい目的によって広告の出稿金額は変動する

目的に応じて予算が変動
広告出稿を検討する際、目的に応じて出稿金額が変動します。この章では、認知の拡大とコンバージョンという2軸から広告費用について説明しています。

目的は認知の獲得|月額数十万〜数百万円が目安、低予算の場合はターゲットを絞る必要あり

まず、認知獲得を目的として広告を出稿するケースをみていきます。

認知獲得のためには、多くのターゲットユーザーに認知をしてもらわなければいけないため、ある程度まとまった金額が必要となります。

そのため、どのような施策を行うのかにも金額は変動しますが、数十万円〜数百万円(月額費用)が広告の効果を実感できるおおよその予算でしょう。

広告に割ける予算が少ない場合、誰に認知してもらいたいのかを決め、ターゲットを絞る必要があります。

ターゲットを絞る場合、例えば「大宮に住む女子大学生で、都内の大学に通っている」というように、確実に認知してもらいたいターゲット像を詳細に作り上げましょう。

目的はコンバージョンの獲得|低予算でも確実に成果を出すことは可能

キャンペーンへの応募、商品の購入、アプリのインストールなどのコンバージョン獲得を目的にする場合、単価をしっかり決めて広告を配信することで低予算でも確実に成果を出すことができます。

ただし、予算をある程度かける方が、オーガニック流入の可能性や頻度が高まるため、広告効果は最大化しやすくなります。

ここでのオーガニック流入とは、例えば広告を見た人が実際にアプリをインストールした後に友人に勧めることや、キャンペーンに応募したことをSNSに投稿し、その投稿を見た別の人もキャンペーンに参加する…というような広がりによる目的達成を指します。

インスタグラム広告にかかる費用は?広告の費用は4つに分かれる

広告は予算に応じる

インスタグラム広告費用は、以下4つの課金方法に分かれています。

・CPM:インプレッション数に応じて料金が発生する
・CPC:広告がクリックされるたびに料金が発生する
・CPI:アプリがインストールされるたびに料金が発生する
・動画広告:動画再生時間に応じて料金が発生する

それぞれ単価を目安としてご紹介しておりますが、商材や訴求したいターゲットによっても大きく異なるため、あくまで参考程度にご覧ください。

CPMは、1リーチあたり0.5〜1円が目安

CPMはCost Per Milleの略で、インプレッション数に応じて料金がかかる課金方法です。

インスタグラム広告でインプレッションとしてカウントされるのは、広告がユーザーのフィードに表示された回数。

Cost Per Milleは1,000回表示あたりの広告コストのことなので、フィード上に広告が1,000回表示されると広告費が発生します。

この課金方法は認知目的の広告出稿に適しています。

CPCは、1クリック40〜100円が目安

CPCはCost Per Clickの略で、広告がクリックされるたびに広告料が発生する課金方法です。

設定したウェブサイトやアプリダウンロードサイトへのリンクがクリックされると料金が発生。

自社サイトやダウンロードサイトへの誘導や商品の購入を目的にしている場合に効果が期待できる課金方法です。

CPIは、1インストール100〜150円が目安

CPIはCost Per Installの略で、アプリがインストールされるたびに広告料が発生する課金方法です。

アプリのインストールを促すキャンペーンで効果を発揮します。

動画広告は、1再生 4〜7円が目安

動画広告を設定する場合は動画再生時間に応じて広告料が発生する課金方法を選択できます。

再生数が合計10秒以上、またはほとんど再生されると広告費が発生します。

動画広告を出している場合は内容を見てもらうことが重要なので、CPMよりも再生数に応じて料金が発生する方がおすすめです。

費用対効果を最大化させるためにおさえておきたい4種類のインスタグラム広告

まとまった金額を広告に投資するのであれば、費用対効果が高い広告手法を選びたいですよね。

インスタグラム広告には4つの種類があります。それぞれの特徴を生かすことで費用対効果の良い広告を打ち出すことが可能です。

自社の出稿目的や費用と照らし合わせ、相性の良い広告の種類について学びましょう。

写真広告|インスタグラムでは定番の広告手法

写真広告

出典元:Instagramでブランドを構築|Instagramビジネス

1枚の写真を広告として表示することができ、インスタグラム広告で最も基本的な広告の種類といえます。

写真広告の場合、正方形もしくは縦長、横長の長方形の画像を使用することができます。

推奨サイズは正方形ですが、訴求力が高いと判断したサイズ、画像を使用しましょう。アプリのインストールリンクやウェブサイトへのリンクも掲載可能です。

動画広告|ゲームや動画アプリの広告に特に適している

動画広告

出典元:Instagramでブランドを構築|Instagramビジネス

最大30秒の動画を広告として設定することができます。動画広告の場合、ゲームアプリや料理動画アプリ、ライブ配信アプリ等の広告に適しています。

動画広告もアプリのインストールリンクやウェブサイトへのリンクも掲載可能です。

カルーセル広告|複数枚の写真で多角的なアピールが可能

カルーセル広告

出典元:ストーリーをより詳しく伝えて訴求|Instagramビジネス

カルーセル広告とは、複数の画像をカルーセル表示させる広告です。

ハウツーコンテンツ、パノラマ画像等、複数の写真を使う方がより効果的にアプローチできるのであればこちらを選ぶべきでしょう。

ただし、写真広告と異なりカルーセル広告では正方形サイズの画像しか使用できません。

広告作成の際にはその点に注意しましょう。

ストーリー広告|フルスクリーンの画像、動画でアピール可

ストーリー広告

出典元:Instagramでブランドを構築|Instagramビジネス

ストーリー広告は、タイムラインではなく投稿されたストーリー内で表示されるため自然に広告を表示できます。

リーチ、動画の再生数アップ、コンテンツへの流入、コンバージョン、アプリのインストール、ブランドの認知度アップなどを目的に広告のターゲットを設定できる機能があります。

スマホ画面をフルに使った画像または15秒以内の動画を使用できます。

現段階ではストーリー広告からwebサイトへの送客等はできず、リーチ目的のみでの利用が可能です。

費用対効果の良い広告を出すための知識についてはこちらの記事も合わせてご確認ください。

まとめ

セルフサーブ型広告が提供されているインスタグラムでは100円からインスタグラム広告が利用可能になりました。

ただし、例えばクリック単価100円の広告でマンションを売ろうとすると、広告が配信状態になっていても予算がほとんど消化されずに配信されません。

それは、広告のクリック率が芳しくないことから、インスタグラム側で表示優先順位を下げられてしまうためです。

つまり、広告効果を期待して広告をインスタグラムに出稿する以上、安さばかりに注目するのは得策とは言えません

インスタグラム広告の利用を検討する場合、自社の商材とターゲットに対し、効果が最大化される広告の種類と課金方法、そして必要な予算を決定することが大切です。

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、インスタグラム広告の運用代行を承っていますので、お気軽にご相談ください。

1,500件以上の実績を作り出したインスタグラムマーケティングのプロが、広告クリエイティブや運用を最適化しブランド価値を高めるお手伝いをさせていただきます。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

インスタグラム広告とあわせて、インフルエンサーを活用したマーケティングを行いたいとお考えの方は、基礎から応用まで5分で理解するインフルエンサーマーケティングのページもご覧ください。

 

【参考URL一覧】
出典元:Instagram Blog
出典元:instagram公式サイト

あなたにおすすめの関連記事

0からでも理解できる!インスタグラム広告完全ガイドブック
いまなら無料配布中!

今話題のインスタグラムに広告を出稿しよう!とは言ったものの、ターゲットの選定から広告クリエイティブの作成など考えることは多岐に渡ります。

インスタグラムのユーザー数は3300万人を超え注目を浴びていますが、普段使っているバナー画像を使って出稿を行っても全然成果につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

SNS特にインスタグラムにおいてはクリック率の高い広告を作成・運用するためには特別なナレッジが必要となります。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、インスタラボ監修の「インスタグラム広告完全ガイドブック」を無料ダウンロードしてください!

完全無料でダウンロードできるこのガイドブックでは

インスタグラム広告を活用した具体的な事例を掲載
インスタグラム広告を制作する際に効果を最大化する具体的なノウハウ・ナレッジ
インスタグラム広告を出稿するまでの手順マニュアル

などを余すこと無く公開しています。

ぜひこの機会に無料PDFをダウンロードしてください!

殿堂入り記事
おすすめの記事