explanation-of-content-marketing1

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

みなさんは、コンテンツマーケティングというマーケティング手法をご存知でしょうか。

コンテンツマーケティングとは、コンテンツをうまく活用させることで顧客に価値を提供し、購買へ繋げるマーケティングの手法です。

デジタルマーケティングが企業の集客や売り上げ向上に重要となっている近年では、コンテンツマーケティングの必要性が高まっています。

本記事では、コンテンツマーケティングについてわかりやすく解説。

コンテンツマーケティングの基礎知識に加えて、メリットやデメリットについても併せてご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください!

コンテンツマーケティングとは

explanation-of-content-marketing11

コンテンツマーケティングとは、コンテンツをうまく活用して顧客に価値を提供するマーケティング手法のこと。

コンテンツは、テキストや動画といったものから説明会など顧客が求めているコンテンツであればその内容は多岐にわたります。

コンテンツマーテティングを活用することで、自社の見込み顧客のニーズを満たし、ゆくゆくは自社のファン化を促すことができます。

例えばコンテンツマーケティングでは、

  • 自社コスメ動画の配信
  • インテリアマガジンを見込み顧客へ郵送

といったようなものが挙げられます。

上記に共通していることは、見込み顧客に対して有益となるコンテンツを発信している点です。

自社の商品・サービスの宣伝だけに終始した広告コンテンツなどは、見込み顧客ファーストで生み出されるコンテンツではないので該当しません。

コンテンツマーケティングでは、短期的な利益を目指すより中長期的な利益の獲得のためのマーケティング手法なのです。

コンテンツマーケティングのメリット

explanation-of-content-marketing111

コンテンツマーケティングのメリットとして、

  • 顧客ロイヤリティの醸成につながる
  • コンテンツを資産にできる
  • SNSとの親和性が高い

といった特筆すべき点が挙げられます。

以下で具体的にご紹介していきましょう。

顧客ロイヤリティの醸成につながる

顧客ロイヤリティとは、顧客が企業に対して抱いている愛着や信頼のこと。

コンテンツマーケティングでは、顧客ニーズを満たすコンテンツを発信することに重きを置きます。

よって、顧客からしてみると「自分に役立つ情報をこんなにも発信してくれる素敵な企業だ」といったように愛着や信頼を抱くきっかけとなるのです。

コンテンツマーケティングを通して、顧客ロイヤリティを高めることで直接的・間接的競合他社との差別化にも繋がります。

コンテンツを資産にできる

コンテンツマーケティングで発信するコンテンツは、広告とは違ってコンテンツが資産化することによる効果を享受することができます。

発信するコンテンツには蓄積効果があると言われることがあるように、顧客のニーズを満たし続けるコンテンツの価値は減っていくものではないのです。

コンテンツという資産を通して、関連する他の自社商品やサービスに積極的に興味を持ってもらえることも。

資産化したコンテンツは、広告を配信するだけではリーチすることのできなかった市場に存在する見込み顧客にまでリーチすることもあります。

顧客ニーズを満たし続けるコンテンツを通して、顧客との接点を持ち続けることができる点がコンテンツマーケティングのメリットと言えるでしょう。

SNSとの親和性が高い

顧客にとって有益なコンテンツの配信は、SNSを通して行うことでより拡散力を持ったコンテンツへと昇華します。

例えば、Twitterのような拡散力に優れたSNSで公開された自社商品を用いた美味しそうなレシピ動画などは、リツイートによって商品を知らなかった層にまで拡散されることがあります。

SNSで配信された動画が一度人気になると、何百万回もの再生がされることから分かるように、SNSを活用することによる波及力を背景にしたマーケティングを行うことができるのです。

コンテンツマーケティングのデメリット

explanation-of-content-marketing1111

コンテンツマーケティングのメリットとして、

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 短期的な効果測定が難しい

といった点が挙げられます。

以下で具体的にご紹介していきましょう。

効果が出るまで時間がかかる

コンテンツマーケティングは、最初に想定した効果が発現するまでに時間がかかるといったデメリットがあります。

例えば、SNSを活用して顧客に有益な情報を発信するコンテンツマーケティングでは、定期継続した情報発信が欠かせません。

SNSユーザーに「ためになるアカウントだ!」という印象を抱かせるためには、一朝一夕では達成できるものではないので、継続したSNS運用が必要です。

コンテンツマーケティングの性質上、コンテンツが幅広い顧客に有益な資産化するようなコンテンツに生成するまでには、作成期間も含めて相応の時間が必要なのです。

 

関連記事

Twitter運用における「KGI」と「KPI」とは。設定方法を詳しく解説

短期的な効果測定が難しい

コンテンツマーケティングは、他のマーケティング活動と比較して、効果測定が困難であるといったデメリットがあります。

web広告を出稿した場合には、出稿する前と後とで企業への問い合わせがどのくらい増加したかなど具体的に効果測定を行うことが可能です。

しかしコンテンツマーケティングでは、短期的な効果を想定したものではないため、発信したコンテンツによってすぐに顧客からのアクションを期待することができないこともあり、効果をすぐに測定することが難しいのです。

コンテンツマーケティングの効果測定を確認するためには、「商品の売上を前年比20%アップさせる」といったようにあらかじめ明確なKGIの設定が欠かせません。

コンテンツマーケティングの効果の発現には、少なくとも1年間くらいを想定した上で、セッション数やリード獲得数などの指標に基づいた効果測定を実施しましょう。

【重要】コンテンツマーケティングの成功ポイント

explanation-of-content-marketing111111

コンテンツマーケティングを成功させるためには、自社がコンテンツを発信したいターゲットを明確にすることが何より大切です。

コンテンツマーケティングでは、短期的な利益の獲得よりも中長期的な成果を獲得することを目的としたマーケティング手法になります。

よって、web広告を配信することによって一時的に顧客を集客するといった短期的な戦略よりも、顧客との中長期的な健全なコミュニケーションを構築していく必要があるのです。

中長期的な成果の達成のためにも、自社がリーチしたいターゲット像をあらかじめ明確にした上でコンテンツを発信していくことが重要です。

ターゲット像を明確にした後には、競合他社のマーケティング戦略を分析しておくことも大切です

競合他社のマーケティング戦略を分析することで、自社が発信しているコンテンツの顧客に対する充足度を把握することが可能に。

具体的には、競合他社の

  • SNSやwebメディアの運用状況
  • 開催しているイベント

など定期的に発信されていて、力を入れていると予想されるコンテンツをチェックしてみましょう。

コンテンツマーケティングの成功には、ターゲット像を明確に定めることによる初期段階での準備と、競合他社の分析という定期継続したリサーチが必要不可欠なのです。

まとめ

explanation-of-content-marketing11111

本記事では、コンテンツマーケティングについて解説してきました。

コンテンツマーケティングの基礎知識から成功のポイントについてお分かりいただけたのではないでしょうか。

デジタルマーケティングの中でも、コンテンツマーケティングは近年ますます注目を浴びています。

ぜひ本記事を参考にして、効果的なコンテンツマーケティングを施策してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

あわせて読みたい▼

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、SNSマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • SNSアカウント運用代行
  • SNS広告運用・分析改善
  • SNSキャンペーン実施
  • インフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なSNSマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

SNS運用・マーケティングのご相談はこちら

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事