youtube-video-upload

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

大人気の動画共有プラットフォームであり、もはや普段の生活に浸透している存在となっているYouTube。

多くの人々が使用しているYouTubeでは、動画を視聴するだけでなく配信する人々が増えています。

今回は、そんなYouTubeにて

  • PCからYouTubeに動画を投稿する方法
  • スマホアプリからYouTubeに動画を投稿する方法

をわかりやすくご紹介していきます。

YouTube動画を投稿する前の準備

video-camera

最初にYouTube動画の投稿にあたって必要なものを紹介していきます。

以下の素材を用意しておきましょう。
  • 動画:実際にYouTube上に上げるための動画
  • サムネイル画像:ユーザーに動画の内容を一目で伝えるための画像。
  • 終了画面:動画の最後に表示される画面

サムネイル画像は、動画の検索結果一覧に表示される画像であり、サムネイル画像の良し悪しによって動画の再生率が大きく変わります。

終了画面は動画の最後に、視聴者を目的のアクションをとってもらうためのCTA(コール・トゥ・アクション)です。

たとえば、チャンネル登録や高評価をお願いしたり、おすすめのYouTube動画を紹介して次の動画へ誘導するなどYouTubeチャンネルを盛り上げるために重要な要素となります。

動画投稿の手順

youtube-ad-upload

次に実際に動画を投稿するまでの手順を簡単に紹介します。

  1. 動画の撮影、編集
  2. タイトル、説明、サムネイル画像、視聴者の設定
  3. 動画の要素の決定
  4. 公開設定と日時の設定
  5. 動画のアップロード

それぞれの手順について詳しく説明していきましょう。

【1. 詳細の設定】YouTube動画の投稿手順

初めにYouTube動画の投稿手順の中の、詳細設定について説明します。

YouTubeホーム画面の右上の「+」マークをおします。

youtube-movie11

 

動画のアップロードと書かれた画面が出てくるので、"ファイルを選択”からYouTubeに上げたい動画を選択してください。

youtube-movie12

 

動画を選択すると、以下のような詳細設定の画面に移ります。

"タイトル”では、動画の内容を表すタイトルを100文字以内で入力します。

"説明”では、視聴者の方に向けて伝えたい動画の内容やメッセージを紹介してください。

"サムネイル”では、動画の内容が一目でわかるサムネイル画像を選択/アップロードします。

youtube-movie13

 

動画を集め視聴者の方がコンテンツを見つけやすくするのに役立つ"再生リスト”を選択した後、動画が子供向けのものかどうかを選択してください。

年齢制限の設定では、動画の視聴対象を成人の方のみに制限するかしないかの選択をします。制限した場合、広告による収益化の制限などが行われます。youtube-movie14

 

"有料プロモーション”では、動画が第三者からの対価を受けて制作した動画か申告します。有料プロモーション動画である場合はチェックをしてください。

視聴者の方に有料プロモーションが含まれていることを知らせるメッセージが表示されます。

youtube-movie15

なお、を報酬受け取って何らかのモノ・コトをプロモーションしている動画であるにも関わらず、そのことを隠してプロモーションを行うと「ステマ(ステルスマーケティング)」となりますので、注意しましょう。

 

"チャプターの自動生成を行う”をチェックすることで、チャプターごとのプレビューが表示され視聴者が視聴したい部分を簡単に見ることができます。

"タグ”では、コンテンツを検索でヒットしやすくすることができる動画に追加できる説明キーワードのような役割を果たします。

"言語とキャプションの認定”では、動画で使用している言語と字幕の認定を設定します。

"撮影日と場所”では、実際に動画を撮影した日と場所の追加を行うことができます。追加することで、視聴者の方が場所の検索から動画を見つけることができます。
youtube-movie16

 

"ライセンス”は、自分の動画にクリエイティブ・コモンズの CC BY ライセンスを適用することができます。(※クリエイティブ・コモンズとは、動画を他の人が使用できる範囲を示す著作権に関する規格です。)

"カテゴリ”を追加することで、視聴者が動画を見つけやすくすることができます。

"コメントと評価”では、実際に視聴者の方が動画を見た際の反応を知ることができる機能です。コメントの表示や、コメント欄の並べ替えを設定することができます。

youtube-movie17

 

【2. 動画の要素の設定】YouTube動画の投稿手順

次にYouTube動画の投稿手順の中の、動画の要素の設定について説明します。

youtube-movie19
"字幕を追加”では動画に字幕を入れることができるため、より多くの視聴者の興味を引くことができます。"終了画面の追加”では動画の最後に表示する画面によって関連コンテンツのプロモーションを行うことができます。"カードの追加”では動画の途中で、動画に関連したコンテンツをプロモーションすることができます。

【3. 著作権のチェック】YouTube動画の投稿手順

次にYouTube動画の投稿手順の中の著作権のチェックについて説明します。投稿したい動画に著作権を侵害する要素がないか、動画の公開が制限される可能性のある問題がないかどうかをYouTubeによってチェックする機能です。

著作権で問題がない場合は"問題は検出されませんでした”という文字が表示されます。

youtube-movie21youtube-movie20

【4. 公開設定】YouTube動画の投稿手順

次にYouTube動画の投稿手順の中の公開設定について説明します。

"公開設定”では、

  • 非公開:自分と自分の選択したユーザーのみが動画を視聴することができる
  • 限定公開:動画のリンクを知っているユーザーが動画を視聴することができる
  • 公開:制限なしに全員が視聴することができる

の3つから選択することができます。

"スケジュールを設定”では、動画を公開する日付を事前に選択することができます。

youtube-movie22

【5. 動画公開】YouTube動画の投稿手順

全ての設定が完了したら右下の"保存”をタップします。

動画が自分のYouTubeチャンネルに投稿されますので、確認してみましょう。

 

スマホのYouTubeアプリから動画をアップロードする手順

スマホのYouTubeアプリから動画をアップロードする手順も簡単に紹介しておきましょう。

YouTubeアプリ下の「+」をタップ

youtube-movie1

 

「動画のアップロード」をタップ

youtube-movie2

 

カメラロールから投稿したい動画を選び、「次へ」をタップ。

youtube-movie3

 

動画の詳細を入力します。タイトル、説明、公開設定をしましょう。

youtube-movie4

 

「説明を追加」は、タップすると、説明入力画面になります。

youtube-movie5

 

PCの手順場合と同じく、公開設定を選びましょう。

youtube-movie6

 

スケジュール予約して公開したい場合は、投稿予約する日時を指定します。

youtube-movie7

 

視聴者層も選択しましょう。

youtube-movie8

最後に「動画をアップロード」をタップすれば動画投稿完了です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はYouTubeに動画を投稿するやり方についてご紹介しました。

YouTubeで動画を配信することでより多くの人々に自身の作成した動画の魅力を届けることができます。

ぜひYouTubeにて動画を投稿する際は、今回ご紹介した記事を参考に活用してみてください。

あなたにおすすめの関連記事