youtube-logo-cube

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

いまや多くの人々の生活の一部となっている“YouTube”。 そんなYouTubeには生活を彩る多くの便利な機能が秘められています。

普段の暮らしをより便利に楽しくするアイデアとして、今回はYouTubeの「見たことのないおすすめ動画」の機能についてご説明していきます。

いつも見ている動画とは少し違ったものが見たい、、、新しい発見をしてみたい、、、どんどん素敵なYouTuberの方のチャンネルを見つけ出したい!そんな思いを抱いている方はぜひ触ってみたい機能です。

きっと新しいお気に入りの動画コンテンツと出会うことができますので、ぜひ活用してみてください。

YouTubeの「見たことのないおすすめ動画」とは

youtube_newtoyou_Image

YouTubeの「見たことのないおすすめ動画」とは、文字通り、自分のお気に入りに合わせて自動的に見たことのない新しくて面白い動画を表示してくれる機能です。

YouTubeのホーム画面を開くと、自身の登録しているチャンネルの動画や高く評価した動画、自身の興味・関心のあるものに関連した動画が多く出てきます。

それらの動画の一番上の“トピックバー”には、「料理番組」や「美容に関するヒント」、「音楽」、「ペット」などの様々なジャンルのキーワードが複数並べられていますね。

「見たことのないおすすめ動画」はYouTubeのTOP画面上部のトピックキーワードの一覧の中に表示されています。

まったく知らなかった、という人も多いのではないでしょうか。

YouTubeのホーム画面に表示される情報

YouTubeのホーム画面(YouTubeアプリでは左下のホームアイコン)には、そもそも多くの情報が表示されています。

たとえば、

  • 自身が実際に登録しているYouTuberの方々のチャンネル
  • 話題のYouTubeショート
  • アルゴリズムが判断したあなたにおすすめの動画
  • 高く評価した動画に深く関連した動画
  • よく検索して視聴している動画

など。さらに動画だけでなく、よく購入されている商品に関連したおすすめアイテム、アプリのおすすめ、検索履歴に基づいた広告も表示されています。

YouTubeの「見たことのないおすすめの動画」は新しいクリエイターとのマッチング機能のようなもの

YouTubeの「ホーム画面」ではYouTubeのアルゴリズムが判断したおすすめのコンテンツ、特に、あなたが見たことのあるYouTubeクリエイターの動画がメインとして表示されやすくなっています。

一方で、YouTubeの「見たことのないおすすめの動画」では、あなたのYouTube動画の好みをもとに新しいYouTube動画(クリエイター)との出会いを提案してくれます。

ですので、YouTubeの「見たことのないおすすめの動画」はさながら「あなたとYouTubeクリエイターとのマッチング機能」といえるでしょう。

YouTubeの「見たことのないおすすめ動画」を見る方法

さて、それではここからはYouTubeの「見たことのないおすすめの動画」を見る方法について紹介していきます。

といってもとても簡単です。まずYouTubeのアプリを開きましょう。

次に、前述したYouTubeのホーム画面を開き、上のトピックバーの中にある「見たことのないおすすめの動画」のアイコンをタップします。

youtube-new-to-you-1

 

すると、今までの動画にかわって、自身の興味のある動画に関連しているけれど見たことのない動画が多く出てきます。

youtube-new-to-you-2

 

※スマホアプリでも同様に、ホーム画面上部にあるトピックキーワードから「見たことのないおすすめの動画」をタップすることでまだ出会ったことのない新しい動画が表示されます。

YouTubeの「見たことのないおすすめ動画」を見るべき理由

youtube-popping-up-icons

YouTubeの「見たことのないおすすめ動画」の機能を使うことでどんなメリットがあるのか、といった疑問に対して、視聴者・クリエーターの視点でお答えしていきます。

視聴者にとってのメリット

YouTubeの「見たことのないおすすめの動画」を見ることで、登録しているチャンネルやよく見ている動画に加えて、まだ見たことのない動画や初めて知ったチャンネル、YouTuberの方々を知ることで新しい発見ができ、お気に入りのチャンネルを多く増やすことができます。

今まで興味のあった動画に関連したものはもちろん、まったく違うジャンルの魅力を知ることのできる良い機会にもなります。

自分がフォローしているYouTubeのクリエイターが動画を更新していないときは過去の動画を見ることも多くあるかもしれませんが、「見たことのないおすすめの動画」によって新しいクリエイターを発見するきっかけとなり、YouTubeの世界を広げることができます。

クリエーターにとってのメリット

視聴者の方々だけでなく、YouTube上で動画を配信し視聴回数を高める目的を持つクリエーターの方々にとっても「見たことのないおすすめの動画」の機能にはメリットがあります。

「見たことのないおすすめの動画」の機能によって、自身のYouTubeチャンネルの登録や高評価などをまだしていない人々にも自身の動画がおすすめされる可能性があるからです。

以前より、多くの視聴者の方のホーム画面に動画があがることで、幅広く自身のチャンネルを知ってもらえることはもちろん、再生回数をあげることはもちろん、興味を持ってチャンネル登録してくれるきっかけにもつながります。

「見たことのないおすすめ動画」の他にYouTubeで動画を楽しむ方法

youtube-display

今回はYouTubeの「見たことのないおすすめ動画」の機能を使った新しい動画と出会う方法についてご紹介しましたが、他にもさまざまな方法で動画を楽しむことができます。

多くの方法がある中で、3つご紹介していきましょう。

チャンネル登録

まず初めにご紹介するものは、「チャンネル登録」を用いて視聴する方法です。

自身の好きなYouTube動画のクリエイターのホーム画面を開くと「チャンネル登録」と書かれたボタンキーがあります。

「チャンネル登録」のキーをタップすると「チャンネル登録」という文字が「登録済み」に変更し、好きなYouTubeクリエイターのチャンネル登録者になることができます。

チャンネル登録をすることで、自身のホーム画面にそのYouTuberの方々が配信する動画が流れてくるようになり、新しい動画やおすすめ動画をすぐに視聴することができます!

関連動画

次にご紹介する方法は「関連動画」についてです。

自身の興味のある動画をタップすると、PCでは動画の右横、スマホアプリでは動画の下に「その動画に関連した動画」が一覧で表示されます。

また、動画を再生し最後まで視聴すると自動的に見ていた動画に関連している動画が再生されます。(※連続再生ONにしている場合)

ノンストップで関連動画を見ることができるのはとても魅力的ですね。「関連動画」でも「見たことのないおすすめ動画」同様に、今まで見たことのなかった視聴者の興味のありそうな動画も発見することができます。

検索

最後にご紹介する方法は「検索」を使っての方法です。

PCでは上部の検索ボックス、スマホアプリではホーム画面右上の虫眼鏡のマークの「検索」を押すと、自身の気になるYouTubeのチャンネル名はや動画のタイトルをすぐに検索することができます。

また、チャンネル名や動画のタイトル名がわからなくても、関連キーワードを打つことで自身の求める動画を簡単に見つけることもできてしまうためとても便利。

さらに、以前検索したキーワードが履歴として表示されるので、ワンタップで見たい動画に飛べることも魅力の一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、YouTubeの「見たことのないおすすめ動画」についてご紹介しました。

実際に「見たことのないおすすめ動画」の機能が追加されたことでYouTubeコミュニティでは

「この機能のおかげで素敵な動画やチャンネルを見つけることができた!」

「リフレッシュになる!」

「多くのユーザーに自身の動画を見てもらえるようになった!」

というコメントが多くみられました。

今までは、既に登録していたチャンネルやよく視聴していた動画に関連したものを中心に見ることが多く、検索しない限り全く新しいものに出会える機会が多くはなかったはずです。

しかし、新たな機能が加わったことにより、YouTubeの中の世界をより広く知ることができるようになっただけでなく、「見たことのないおすすめの動画」の機能がきっかけで新たな趣味や楽しみが増え、いつも以上に生活の質があがった人も多いはず!

どんどん新しい動画やYouTubeチャンネルを見つけていきたい!普段とは違った動画をみてみたい!もっとYouTubeを楽しみたい!という方はぜひ今回ご紹介した機能を参考に活用してみてはいかがでしょうか。

そのほかにも、YouTubeにはさまざまな便利な機能がたくさん詰まっているので、気になった方はどんどん知識を身に着けていってくださいね!

 

参考
"New to you" - Discover more content on the YouTube homepage|YouTube Help

あなたにおすすめの関連記事