TikTok-icon

誰もがSNSで情報発信、収集を行うようになった現代、企業がSNS上でキャンペーンを行うという手法は、今や当たり前となりました。

TwitterやInstagramなど有名なSNSは数多く存在しますが、中でも近年急激に成長したのが「TikTok」です。

まだまだ若いSNSであるTikTokで、一体どのようなプロモーションが行われているのでしょうか。
今回は、TikTokにおけるキャンペーンについてご紹介します。

TikTokとは?

TikTok-hashtag

概要

TikTokは15秒から1分の動画を撮影、編集し投稿する動画投稿専用のSNSです。
元々は中国の「Bytedance」社が始めたサービスであり、日本国内では2017年8月からサービス開始、2018年にはテレビCMも放送されるようになりました。

アジア圏で絶大な人気を誇っており、全世界ユーザーはなんと10億人。
日本国内にも950万人のアクティブユーザーが存在しています。

TikTokの特徴

TikTok-logo

TikTokの最大の特徴は動画投稿専用である点です。
TikTokでは動画の撮影や編集、投稿までを全てアプリ内の一連の流れで行うことができます。

撮影の際は、アプリ内に搭載されたカメラで15秒から1分のショートムービーを撮影し投稿します。
TikTokのカメラには輪郭を細く見せる機能や、肌が白く見えるフィルターが搭載されており、手軽に「映える」動画を撮ることができます。
編集はTikTokが用意しているフィルターやスタンプを利用することで、撮影した動画を簡単にデコレーションすることができます。
また、TikTokは音楽聞き放題サービスと業務提携しているため、25,000曲以上の豊富な楽曲をBGMに使用することができます。

動画の編集と言うと難しく聞こえてしまいますが、TikTokでは誰もが簡単に投稿までの作業を楽しむことができます。

TikTokでキャンペーンを行うメリット

twitter-analysis

動画投稿専用のTikTokでプロモーションを行うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
実際に注目すべきポイントを見ていきましょう。

若い世代に訴求しやすい

TikTok-hashtag5

TikTokは、10~20代の若者の利用が非常に多いSNSです。
近年は幅広い世代に利用されていますが、中高生の利用が特に多く、彼らを中心にTikTokが広まったといっても過言ではありません。

利用者の年齢層が偏っているイメージがあるため、一見プロモーションには不向きに見えますが、若年層をターゲットユーザーにしている施策では非常に高い効果が期待できます。
炭酸飲料やドラマの宣伝など、若年層が好みそうなコンテンツに関してはTikTokでの宣伝は非常に効果的です。

また社会人よりも自由な時間が多い学生は、1日の視聴回数が多くなる傾向があるため、それだけ商品やサービスをアピールする機会を多く作ることができます。

拡散力が高い

TikTok-hashtag4

TikTokの動画は15秒~1分のショートムービーです。
1本の再生時間が短いのでいつでもどこでもサクサク見ることができます。
また、YouTubeのように10分以上の長い動画もないため、通信制限もあまり気になりません。
TwitterやInstagramなどのSNSをチェックする感覚で、通勤、通学や休み時間に動画を楽しむことができます。

また、再生時間が長かったりテーマが重かったりするコンテンツはSNS上で広まるのが基本ですが、TikTokは再生時間や編集機能の仕様上、楽しいコンテンツになりやすいというのも特徴です。
気軽に学校や職場でその場で動画を見せておすすめできるため、リアルな口コミでも拡散できます。

コストがかからない

instagram-unity7

動画投稿というと、ほとんどの場合動画編集が必要になります。
特に企業のプロモーションやキャンペーンのように、拡散されやすいコンテンツを作るためにはクオリティの高い動画である必要があります。

TikTokは、撮影や編集、投稿までの一連の流れをアプリ内で完結できます。
編集作業もTikTokが用意しているものを使用するため、なにを使うかに迷う必要がありません。
また、15秒~1分に収まる動画になるため一回の撮影時間も少なく、撮影が負担にならないのも特徴です。

TikTokキャンペーン事例

instagram-manual6

TikTokでは、実際にどんなキャンペーンが行われているのでしょうか。
ここからは、実際の企業の活用事例についてご紹介します。

星のドラゴンクエスト「#なりきりスライム」

こちらはスマートフォン用アプリゲーム「星のドラゴンクエスト」がTikTokで行ったキャンペーンです。

TikTokで用意した専用の楽曲「なりきりスライム」とスライムのスタンプを使った動画を、「#なりきりスライム」のハッシュタグを付けて投稿することでキャンペーンに参加できます。
参加したユーザーの中で上手にスライムになり切れている人の動画はWeb CMに起用されるという特典が約束され、実際に作成されたCMが公開されました。

いわゆるハッシュタグチャレンジという形式のキャンペーンとなっていて、指定したハッシュタグとテーマに沿ってユーザーに動画を投稿してもらうことでプロモーションに繋げます。
企業側は動画コンテンツを用意する必要がなく、投稿されたユーザーの動画自体が宣伝になります。
また参加者が多ければ多いほど投稿数も増えるため、より多くのユーザーに届く可能性を高めます。

ローソン「チーズミルクティー」

lawson_tiktok (1)

こちらはLAWSONが行った「チーズミルクティー」という新商品に関するキャンペーンです。

キャンペーン期間中に、LAWSONの公式アカウントをフォローし、対象の投稿にコメントするだけで応募が完了するというシンプルなものです。
ユーザーが動画を投稿する必要がないため参加ハードルが低く、抽選で1名に10,000円分のQUOカードが当たるという特典でより多くのユーザーがコメントしました。

このキャンペーンを行うことでフォロワーを増やし、自社商品の宣伝を以前より多くのユーザーに届けることができました。

Relux「#Relux思い出 TikTokキャンペーン」

Relux-tiktok (1)

ホテル・旅館の宿泊予約サービスRelux(リラックス)が行ったキャンペーンです。

キャンペーン期間中に、宿泊したホテルや旅館に関する投稿を行うことで応募できます。
投稿には、宿泊した施設の位置情報と「#relux思い出」のハッシュタグを付けることが条件でした。
参加者したユーザー全員にReluxで使える5%offクーポン、さらに抽選で5名に指定施設の無料宿泊券が当たる魅力的な特典もあり、多くのユーザーが投稿を行いました。

位置情報をつけて投稿された旅館は投稿自体が宣伝となり、Reluxはサービスを利用するきっかけを作ることができる、双方にとって有益なキャンペーン内容となっています。

映画 えんとつ町のプぺル「#ハロウィンプぺル」

 

@poupellemovie『映画 ##えんとつ町のプペル』 akaneさん振付お手本動画🎃〜3人ver〜 ##ハロウィンプペル ハッシュタグチャレンジ開催中✨ ##TikTokハロウィン ##12月25日公開 ##西野亮廣 ##akane ##HYDE##プペル ##ハロウィン ##HALLOWEENPARTY ##ダンス動画♬ Halloween Party - Poupelle Version - HYDE

「映画 えんとつ町のプぺル」もTikTokのキャンペーンを利用しています。

映画の公開を記念し行われたキャンペーンは、オープニング主題歌をBGMとして利用することで動画を投稿したユーザーの中から、抽選で5名に原作者のサイン入りシナリオ本をプレゼントするという内容です。

映画の宣伝でTikTokのキャンペーンが行われたパターンがほとんどなく、斬新なプロモーションとなっています。
TikTokのキャンペーンは、ユーザーの投稿自体が宣伝になるため、映画公開に合わせてキャンペーンを行うことで、作品のアピールを多くのユーザーに行うことができます。

TikTokのキャンペーンは他にも数多くの成功事例が存在します。
他記事でも事例を詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

関連記事
Z世代(10代~20代)の心をつかんだ企業のTikTokキャンペーン成功事例5選

まとめ

今回は、TikTokのキャンペーンについてご紹介しました。

ユーザー参加型でキャンペーンを行うことができるTikTokは、ユーザーが楽しく参加することができ、企業側もコストや手間を抑えてプロモーションを行うことができます。
また、映画やホテル予約サイトのように、今までTikTokでプロモーションを行ってこなかったジャンルの企業が次々に参入しつつあります。
今後、TikTokでのキャンペーンはますます盛り上がりを見せていくことでしょう。

logo_instalab

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、SNSマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に5,500件以上の支援実績がございます。

  • 人気のTikToker(ティックトッカー)/TikTokインフルエンサーを起用してキャンペーンを拡散させたい
  • ハッシュタグチャレンジなどTikTok広告により多くのファンに広く情報をリーチさせたい

など、TikTok活用マーケティングをご検討の際には、本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelがキャスティングや広告運用、効果計測までワンストップでお手伝いさせていただきますのでお気軽にお声がけください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

あなたにおすすめの関連記事