year-end-sales

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

皆さんは1年の中で個人消費が最も増える月をご存じでしょうか?

正解は「12月」です。

12月はクリスマスやお正月の準備、そして旅行や帰省などで財布のひもが緩みます。

さらに多くのサラリーマンにとってはボーナス月にもあたるため、大型家電などの購買率も上がります。

そのため、この年末商戦は実店舗・ネットショッピングのどちらにも影響が大きく、様々な企業がプロモーションに力を入れます。

このプロモーションにいかにして注目を集めるかが、年末商戦を勝ち抜くカギと言えます。

さらにこの施策によって、自社のSNSのフォロワーが増え、SNS上での今後の影響力拡大にもつながるのです。

本記事では、年末商戦を勝ち抜くためのSNSプロモーションの方法をご紹介します。

 

ローンチの前後も重要

year-end-sales

商品を売るためには発売直後の「ローンチ」も大切ですが、発売前の「ティザー」や発売後の「サステイン」も重要です。

ティザーはいわば商品発売前の宣伝で、上手く期待を高めることができれば、SNS上には「楽しみ」「気になる」という声が増え、情報がどんどん拡散されていきます。

そのためには「期間限定」を全面的に押し出し、予感させるチラ見せ投稿やクイズ形式での投稿で期待感を煽るといいでしょう。

サステインはローンチでの盛り上がりの継続のために重要で、年末だけ注目されるという状態を脱する必要があります。

そのためにはより良いハッシュタグの設定や、インフルエンサーに協力してもらうPRなども有効でしょう。

このように、ティザーで期待を高め、ローンチのタイミングで話題を最大化し、サステインで話題の継続を図ると、年末商戦のPRとしては成功であるといえるでしょう。

年末商戦のキーワード

year-end-sales

年末商戦を制するためには、それに適したキーワードを盛り込む必要があります。

高級食材・高級品

年末年始は、クリスマスケーキやおせちを自宅で豪華に楽しむ人が増えると見込まれます。

特に百貨店では予約獲得に向けたプロモーションを強化。

例えば昨年の年末、西武池袋本店では「クリスマスケーキの予約が10月末で前年の約2倍、おせちの予約は前年同時期の約1.5倍で推移しており、単価の高い商品が好調」との結果が出ていました。

2020年から始まったコロナによる巣ごもり需要はいまだに高く、そのうえ外出自粛などで消費が抑制されたことでもたらされた「強制貯蓄」が積み上がった結果、家の中で楽しめる食事にお金をかけているようです。

また三越伊勢丹ではクリスマスプレゼントとして、宝飾品のEC販売はコロナ禍前の19年を上回って推移し、中でもファッション関連商品は前年比2割増の伸びを見せました。

これには他人へのプレゼントのほかに、1年間頑張った自分自身へご褒美として買っているパターンも多いようです。

実際、2019年の調査では「他人へのプレゼント」が36%に対し、「自分へのプレゼント」が61%と、大きく上回る結果となりました。

旅行関連の商品

今年10月11日から「全国旅行支援」がスタートしました。

これは政府の財政支援を受けて各都道府県が実施している「県民割」が全国版になったものです。

宿泊料金に対しての割引支援が中心で、飛行機や新幹線を使ったり、旅行客が少ない平日に旅行をすると補助額が上乗せされます。

旅行代金の40%相当が割引され(交通付旅行の場合、1泊あたりの上限8,000円)、GoToトラベルのように、現地で使える地域クーポン券(平日は3,000円分、休日1,000円分)が付与されます。

最大で受けられる1泊あたりの補助額は、交通付の平日旅行で11,000円(割引8,000円+平日クーポン3,000円)で、1回の旅行で7連泊までが対象となり、利用回数に制限はありません。

この施策により、昨年末と比べて旅行者が大幅に増加すると考えられます。

そのため、ホテルや旅館、レジャー施設の売り上げは上がると予想されますが、同時にスーツケースやネックピローなどの旅行関連グッズも需要が高まると予想されます。

車での旅行が増えると、カー用品の需要も高まるでしょう。

新商品

年末年始は新商品をチェックすることが多い時期であり、その傾向は年々高まっています。

昨今ではコロナ禍によりECサイトの普及に拍車がかかり、新商品もECサイトやSNSでチェックする人が増えました。

新商品は今やネット上で大々的にアピールしたほうが売り上げアップにつながるのです。

歳末セール

家電やパソコンなどの高額商品は、特に急ぎでない場合、どうしても「値段が下がるまで待とう」と考えがちです。

実際、全世界でテクノロジー商品の購入を見送った人のうち、キャンペーンを待っている人の割合は45%にも上ります。

そんな時はセールになるのを待つことになりますが、特に年末は歳末セールがあるため、その時期まで待つ人が多いのです。

年末とは少しずれますが、amazonはブラックフライデーとサーバーマンデーを11月末に開催するため、その時期の売り上げが大幅に伸びます。

 

年末商戦に向けた準備の手順

year-end-sales

年末商戦は最も消費が見込めるだけに、事前準備も念入りにする必要があります。

ここでは手順を追ってご紹介していきましょう。

①ターゲットとなる時期を決める

一口に「年末商戦」と言っても、仕掛けるべき時期は商品にとって異なります。

もしクリスマスケーキの予約販売開始はおおよそ10月半ばから11月頭なので、それよりも1か月以上前から準備しないと間に合わないでしょう。

他にも、海外向けに商品を展開するのであれば、先述のブラックフライデーとサーバーマンデーを意識すべきです。

ここで注文期限や配送情報、返品規約など、販促キャンペーンに盛り込むべき情報を検討し、最も適したイベントに焦点を当てて販促キャンペーンを実施するようにしましょう。

②具体的なキャンペーン内容を決定する

「キャンペーン」とはいっても、その種類は

  • 値引きやクーポン配布などの「金銭面でのサービス」
  • 期間限定商品・1個買うともう1個プレゼントなどの「物品でのサービス」
  • コンテストの実施やクイズ正解者へのプレゼントなど「能動的に動いた参加者へのサービス」

などに分けられます。

キャンペーンを決める際には、購入者の気持ちになって魅力的な内容の提供を心がけましょう。

また、実際のキャンペーンの内容よりもそのキャンペーンの宣伝方法によって成功が大きく左右されることもあるので、宣伝の方法も念頭に入れたキャンペーンにしましょう。

③ECサイトの設定を行う

ネット通販で商品を購入する際は、顧客の興味を引き続けて購入につなげることが成功の鍵となります。

ディザー・ローンチ・サステインのすべてを満たすため、以下のような施策を試みてみましょう。

  • 退出時のポップアップ画面
  • サイト上の通知配信
  • ポイントカードシステム
  • クーポンコード
  • チャットボット

また、年末商戦の時期はあらゆる方面からのアクセスが殺到する可能性を考え、ECサイトのメンテナンスも事前に実施しておきましょう。

①~③までを9~10月までに済ませておくと余裕が生まれます。

④SNS投稿の準備

日本で人気のSNSと言えばTwitter・Instagram・TikTokですが、それぞれでユーザー層が異なります。

大まかに分けると、Twitterは全年齢に人気、Instagramは若い女性を中心として人気、TikTokはZ世代に人気があります。

それぞれのユーザー層に合わせた投稿をするようにしましょう。

また、各SNSサイトのユーザーの活動ピーク時間の把握や、パフォーマンスの良いコンテンツの分析も大事です。

そしてこの時期に年末商戦用のビジュアルを撮影し、編集して準備しておきましょう。

⑤注文期限の設定と配達時期の調整

クリスマスケーキはクリスマスまで、おせちは大晦日までに届かないと意味がなく、時期がずれてしまうとクレームに発展してしまいます。

特に年末は配送会社も多忙なため、事前に調整することが大切です。

〇日に出荷するためには×日に作り始めなければならない、そのため△日までの注文を受け付ける、と逆算し、スケジュールを決定しましょう。

注文期限の伝達はECサイトだけでなく、SNSのプロフィール画像やカバー画像、宣伝向けコンテンツなども利用しましょう。

⑥宣伝の実行

ここまでの準備を10月に行い、ハロウィンが過ぎる11月に実行に移しましょう。

この宣伝の効果を最大限にするためにも、最もターゲット層にリーチをしやすい日時で、配信をスケジュール予約しましょう。

調査の結果、SNS投稿のタイミングは

  • Twitter:月から水 正午から13時
  • Instagram:火、木、金 正午

がおススメとされていますが、他の要素(重大事件や災害の発生など)も考慮に入れて最終決定するようにしましょう。

そして、投稿すれば終わりというわけではありません。

顧客からのコメントや返信、質問などが来た場合、タイムリーに答える必要があります。

この時間までをスケジュールに組み込み、一日の特定の時間をコメント返信や顧客対応の時間と元々定めておくことがおススメします。

また、誹謗中傷などが来た場合は、SNS運営に通報するなど、しかるべき対応を取りましょう。

 

まとめ

year-end-sales

いかがでしたでしょうか?

年末商戦は多くの企業が繁忙期のため、準備にも時間が必要です。

しかしこの準備をしっかりとすれば、知名度が上昇し、年末だけでなく通年で売り上げが上昇する可能性を秘めています。

話題となりそうな要素を盛り込みつつ、SNSでの拡散力が上がるような戦略を考えてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、インフルエンサーマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • 施策目的に最適な「本物の」インフルエンサーキャスティング
  • インフルエンサーのマネジメント
  • PR実施ディレクション
  • 下書きチェック、ステマ防止
  • 効果分析レポーティング

まで、ワンストップで提供させていただきます。

インフルエンサーの過去PR成果データも豊富に蓄積されていますので、高い成果が期待できる目的に沿ったインフルエンサー選定・施策の実現が可能です。

貴社に親和性の高いインフルエンサーのリストとお見積も無料でご提供しておりますので、是非お気軽にご相談ください。

希望のインフルエンサーが見つかります

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事