twitter-promotion

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

皆さんは日ごろTwitterを使っている中で、「広告」というものを意識したことはありますか?

YouTubeであれば動画の途中に広告動画が流れるので気づきやすいですが、Twitterにも広告は数種類存在します。

そんな中でも一番オーソドックスなTwitter広告が「プロモツイート」です。

本記事ではプロモツイートについて、その特徴やメリット・デメリットについてお伝えします。

 

関連記事

インフィード広告とは?メリットやポイントについて解説します!

プロモツイートの特徴

twitter-promotion

画像:Appleのプロモツイート

現在、Twitterのプロモーションの種類は大きく分けて

  • プロモツイート
  • フォロワー獲得広告
  • Twitterテイクオーバー
  • Twitterライブ
  • Twitter Amplify

の5種類に分かれ、プロモツイートは最も一般的なTwitter広告です。

プロモツイートとは「通常のツイートと同様にタイムラインや検索画面に表示される広告」(上記画像参照)を指します。

通常のツイートとは異なり、アカウントのフォロワー以外のタイムラインにも表示されます。

さらに、検索結果や他のユーザーのプロフィール画面にも表示されるので、見かけるチャンスは多いです。

テキストのみでの出稿も可能ですが、多くの場合で画像、動画、カルーセル等を組み合わせた形で配信しています。

さらにTwitter側は、プロモ広告の表示方法についても十分に配慮し、利用者が1日に目にするプロモ広告の数を制限しています。

ユーザーはプロモツイートの下部にある「プロモーション」の表示で判断することができ、表示された広告に興味がない場合ツイートの右上にある…をクリックして [この広告に興味がない] をクリックすると、タイムライン上で非表示にできます。

プロモツイートのメリット・デメリット

twitter-promotion

メリット

ユーザーへのリーチがしやすい

通常の広告と異なり、他のフォロワーのツイートとまぎれる形で現れるため、広告として嫌悪感を持たれにくくなります。

さらにはアルゴリズムで分析し、広告主のビジネスやブランドに関心を持ちそうなユーザーのタイムラインを選んでプロモツイートが出るので、リーチがしやすくなります。

2次拡散が見込める

プロモツイートにもいいね・RT(リツイート)・返信などのアクションを行うことが可能であり、2次拡散により費用以上の広告効果が生まれる可能性があります。

いわゆる「バズり」の状態に入ると、従来のアルゴリズムではつかめない新規ユーザーを生み出す可能性もあるのです。

認知度の上昇

プロモツイートを使用すると、企業の新製品や新サービスなどの認知度が上がりやすい傾向にあります。

特に、知名度の高い企業は信用度も高く、プロモツイートも読まれやすくなります。

また知名度の低い企業であっても、目的によって様々なキャンペーンから広告主に合うものを選択できるため、自社のホームページやアプリへ誘導することで認知度を上げることができます。

低予算から始められる

情報が拡散されていっても、2次拡散以降は費用がかからないため、少ない費用で効果が得られやすいのも大きな特徴です。

そもそもテレビCMや雑誌への広告掲載と比べて入札単価が低いため、少ない予算でもプロモツイートを始められます。

デメリット

タイムライン上に現れるためアクセスしてもらいやすくなる半面、広告だと気づいた瞬間に「騙された」と感じてしまう人も多くいます。

アクセスする瞬間が最も期待が高まっているので、広告だと気づいた時の落差が大きいのがその要因でしょう。

それだけに、プロモツイートの内容には「読んでタメになった」「オトクな情報が得られた」というプラスが必要となります。

 

プロモツイートの成功例

twitter-promotion

画像:15秒最適化で高い完全視聴率を記録!大阪ガス事例に学ぶ、Twitter動画広告の可能性

プロモツイートについて、その成功例「Daigasグループのキャンペーン」をご紹介します。

Daigasグループの大阪ガスマーケティングは、ご家庭向けにガスや電気などのエネルギー、それらを扱う機器、その他暮らしに関するサービスを提供する大阪ガスの基盤会社として、2020年4月に設立されました。

2021年に「大阪ガスの電気」の料金新プランとして、「契約期間中はずっと大阪ガスがAmazonプライム年会費を負担し続ける」という「スタイルプランP」を開始しました。

それまでDaigasグループは広告を打つ際、検索連動型広告を中心に展開していましたが、本プランでは動画を使ったTwitterのプロモツイートを使用することで潜在層へのアプローチを試みたのです。

動画はテレビCM用に作った広告素材を活用し、他社のTwitter広告を参考に、動画領域の上下にキャンペーン情報の帯を付け、今がお得であることを訴求しました。

さらにテキストで「Amazonプライム年会費を大阪ガスが負担」と書くことで、動画を見る前にユーザーに訴えかけています。

twitter-promotion

画像:15秒最適化で高い完全視聴率を記録!大阪ガス事例に学ぶ、Twitter動画広告の可能性

その結果、プロモツイート出稿期間は明らかに検索数・契約数が上昇し、効果的な宣伝であったことが明らかとなりました。

まとめ

twitter-promotion

本記事ではTwitterの広告の中でも最もメジャーな「プロモツイート」についてご紹介させていただきました。

一口にプロモツイートと言っても様々な種類があり、どのような画像・動画を使うか、テキスト部分でいかに嫌悪感を避けつつユーザーを引き付けるか、といった工夫が必要です。

企業の広報担当者は上記のメリット・デメリットや成功例を参考に、プロモツイートを検討してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

あわせて読みたい

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Twitterキャンペーン支援が可能です。

たとえば

  • 人気インフルエンサーの口コミでTwitterキャンペーンを広く拡散
  • Twitterユーザーへ直接届けるD2Cプレスリリース配信
  • Twitter広告・企業Twitterアカウント運用によるファン獲得

など、Twitterマーケティングでお力添えさせていただきます。

Twitterキャンペーンでお悩みの際にはお気軽にご相談ください。

事例・見積・企画提案も無料でご案内しています

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事