news-tiktok-inventory-filter-top

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

Top画像:TikTokインベントリーフィルターの導入により、ブランドセーフティとブランド適合性への取り組みをさらに強化|TikTok for Business

 

2022年7月、TikTokはTikTokコミュニティをより安全に利用できるようにするための「TikTokインベントリーフィルター」を新たに導入したことを公表しました。

「TikTokインベントリーフィルター」の導入で、おすすめフィードでのインフィード広告の隣に表示されるコンテンツをコントロールすることができるようになります。

「TikTokインベントリーフィルター」は高度な機械学習を搭載しており、テキスト、オーディオ、ビデオ、画像などを最新技術と積み重ねたデータをもとに分析し、UGCを大まかに分類した上で、広告を最も相応しいインベントリー層に割り当てることが可能です。

また、UGCの分類はリアルタイムで学習され、トレンドに合わせて随時最適化させることができます。

広告主は、フル、標準、限定の3つの階層の動画にアクセスすることが可能でTikTok広告マネージャーから希望する階層を選択することができるのです。

現在は25カ国のマーケット、15以上の言語でのみ利用可能となっていますが、今後のアップデートで更なる機能の拡大が期待されます。

 

「TikTokインベントリーフィルター」の導入の背景には、「ブランドの多様化」があります。

ブランドによって特徴、目標、価値基準が異なるため、広告を出す際にそれぞれに相応しい環境をカスタマイズできることでより効果的なPRを行うことができるのです。

例えば、家族向けのブランドは、軽度であったとしても暴力的描写を含む動画に隣接した広告は表示させてくないかもしれません。

逆に、アクション映画の宣伝であれば多少の暴力的描写を含む動画の横に表示させることでPR効果を高めることができる可能性があります。

上記の例のように、それぞれのブランドにとって相応しい広告を打ち出していくことができる「TikTokインベントリーフィルター」。

TikTok PulseBranded Missionなどの商品で「TikTokインベントリーフィルター」をデフォルト機能とする予定もあるとのこと。

全ての広告主は、TikTokでより効率的に広告を打ち出すことが可能になるでしょう。

 

関連記事

 

▼おすすめ資料をダウンロードする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、TikTokマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に豊富な支援実績がございます。

  • TikTokアカウント運用代行
  • TikTok広告運用・分析改善
  • TikTokキャンペーン実施
  • TikTokインフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なTikTokマーケティング支援が可能です。是非お気軽にご相談ください。

具体的なアドバイスも無料でしています

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事