big-date15

【無料】Instagramリールの使い方マニュアル資料プレゼント
⇒ダウンロードはこちら


 

近年においてよく囁かれるようになった「ビッグデータ」という用語。

「なんとなくIT用語ということは分かるけど・・・」とビッグデータの意味を具体的に説明できる方は多くないのではないでしょうか。

本記事では、ビッグデータという用語について分かりやすくご説明するとともに、ビッグデータ活用のメリットや活用事例も併せてご紹介していきます。

関連記事

【かんたん解説】DX人材とは!?DX人材に求められる役割についても分かりやすく解説!

【かんたん解説】ビッグデータとは

big-date14

ビッグデータを直訳すると、「大きい/ 多量なデータ」といったところでしょうか。

直訳の通り、ビッグデータとは大量のデータのことを言うのかというと、実はそれだけでは十分ではありません。

IT用語として使われる「ビッグデータ」とは、Volume(量)・Velocity(処理速度)・Variety(種類)という3つの要素を含む様々な形・性格・種類のデータのことを指します。

より多くのVariety(種類)を含み、そのVolume(量)がどんどん増加していきそのVelocity(処理速度)がとてつもなく速いデータのことをビッグデータと呼ぶのです。

総務省によるビッグデータの説明では、

ビッグデータは、どの程度のデータ規模かという量的側面だけでなく、どのようなデータから構成されるか、あるいはそのデータがどのように利用されるかという質的側面において、従来のシステムとは違いがあると考えられる。

引用:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc121410.html

以上のような定義づけがされています。

つまり、ビッグデータとは私たちの日々の生活において膨大に生成・蓄積されていく様々な形式・種類のデータのことを意味する用語となります。

そしてビッグデータが普及していった背景には、

  • SNSの普及に伴う人々が使うデータ量の莫大さ
  • その莫大なデータ量を収集し、格納できるフレームワークが開発された

といった要因が関わっているのです。

ビッグデータ活用のメリット

big-date13

ビッグデータを活用することで、

  • 新規ビジネスを開拓できる
  • リアルタイムで精度の高い分析ができる
  • 実行した後の検証が簡単にできる

といった特筆すべき3つのメリットが挙げられます。

以下でそれぞれご紹介していきましょう。

新規ビジネスを開拓できる

ビッグデータに含まれている様々なデータを活用することで、既存の問題に対する思いもよらない解決策を得ることが可能です。

ビッグデータに含まれるデータ同士の関係性から新たなビジネスのヒントになることがあります。

リアルタイムで精度の高い分析ができる

ビッグデータは従来のデータと比較しても、オンラインで様々な箇所から様々なデータを収集し、瞬時にデータの更新・分析をすることが可能です。

例えば、「一般消費者が求めている商品」や「売れ筋商品」などのデータを従来のデータよりも格段に早く、また精密に分析することができるので、より正確な情報をベースに課題解決に生かせることができます。

実行した後の検証が簡単にできる

ビッグデータを活用し、新たなビジネスやサービスを実行した後にはその「効果」を簡単に検証することが可能です。

ビッグデータの中には既にデータの把握方法や検証方法が含まれています。
そのため効果検証をするためのデータ分析ですら、ビッグデータを活用することで簡単に行うことができるのです。

ビッグデータの活用事例

big-date1

デジタル社会において、様々なシーンで活用されているビッグデータ。

ここでは、私たちの日常においてビッグデータが活用されている有名な事例をご紹介していきましょう。

SuicaやPASMOなどの電子交通カード

SuicaやPASMOなど、私たちが駅の改札を通過する際に使用する電子交通カードにもビッグデータが活用されています。

電子交通カードには、電車に乗る利用者の支払いに使われるだけでなく、タッチした際の利用者の情報が鉄道会社にデータとして送られる仕組みになっています。

また電子交通カードでショッピングをした際には、「どのような人物が」「何を購入したのか」などのデータが送信され、ビッグデータとして蓄積していくのです。

防犯カメラ

かつては防犯を抑止するためだけに活用されていた防犯カメラは、いまでは膨大なビッグデータを収集するための手段としても活用されています。

店舗内の防犯カメラには、「カゴに大量入れた商品」「一旦カゴに入れたけど棚に戻して買わなかった商品」など客の購買行動に関するデータを保存し、ビッグデータとして蓄積されていくものも存在します。

Nシステム

Nシステムとは、警察が監視目的で設置している「自動車ナンバー自動読取装置」のことです。

Nシステムによって、高速などを走行中の車のナンバーを瞬時に読み取ることができ、操作中の車両との照合を行うことができます。

ビッグデータ活用によって、犯罪リスクの低下に役立てることもできるのです。

ビッグデータとは まとめ

big-date2

ビッグデータについて、そのメリットや活用事例を併せてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

私たちの日々の生活において膨大に生成・蓄積されていく様々な形式・種類のデータとして、重要な役割を果たすビッグデータはデジタル社会において不可欠な存在です。

本記事を読んで、少しでもビッグデータについて具体的なイメージを抱くことができるようになっていただいたら幸いです。

instalab-logo-from-202101

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、Instagramマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に5,500件以上の支援実績がございます。

  • SNSアカウント運用代行
  • SNS広告運用・分析改善
  • SNSキャンペーン実施
  • SNSインフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なSNSマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

具体的なアドバイスも無料でしています

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事