youtube-shorts-housing-2

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

現在、短い尺で楽しめるショートムービー機能の需要がSNS上で増加しています。

多くの情報が行き交うなかで、いかにコストパフォーマンスよく有益な情報を得ることができるかが重視されていることが理由かもしれません。

YouTubeにもショートムービー機能の波が訪れ、最大60秒までの縦画面の動画を楽しめる機能として「YouTubeショート」がリリースされました。

今回は、そんなYouTubeショートの機能を活用した不動産系のチャンネルを5選ご紹介します。

通常の動画投稿とどのように使い分けてショート動画を活用しているかといったポイントもふまえてご紹介していきますので、是非ご一読ください。

【事例】YouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネル5選

youtube-shorts-housing-1

それでは早速、YouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネル5選をご紹介していきます。

アパートメントラボ - Apartment Labo.

最初にご紹介するYouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネルは、アパートメントラボ - Apartment Labo. です。

Youtube-shorts-accounts-housing-5

画像:アパートメントラボ - Apartment Labo. | YouTube

アカウント:アパートメントラボ - Apartment Labo. | YouTube

登録者数:8.9万人(※2022年9月現在)

アパートメントラボ - Apartment Labo.さんのチャンネルは、「もっと気軽に見学できるようにしたい」という声に応えようと、元不動産屋の主夫の方が開設したチャンネルです。

賃貸アパートの内見動画がメインですが、家族構成の変化で購入を検討している人に向けて「戸建・タワマン・リノベーション物件」なども紹介しています。

映像の撮り方や編集にもこだわられており、実際に室内を歩いているようなカメラワークや、室内の仕組みが細部までチェックできるような撮影をしていることがわかります。

YouTubeショート動画からもその編集・撮影技術の高さは伺えます。

通常の動画投稿同様隅々まで閲覧できるような撮影を行っていながらも、短尺であるショート動画の特性を踏まえ、早送りの部分と通常速度の部分をうまく組み合わせた編集を行っています。

また、部屋の特徴やメリットを、映像に合ったタイミングで画面に表示させることで、物件の情報もユーザーにしっかりと発信している点もポイントです。

ショート動画のキャプション内にはロングverのURLを張ることでより長い尺で撮影した通常の動画投稿を閲覧することができ、動画のキャプションから物件の詳細情報を閲覧することができます。

上記の例ように、導入としてYouTubeショート動画を活用し、部屋決めを行うまでの導線づくりを行うことで、よりエンゲージメント力の高いチャンネルを作成していきましょう。

88チャンネル

次にご紹介するYouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネルは、88チャンネル です。

Youtube-shorts-accounts-housing-4

画像:88チャンネル | YouTube

アカウント:88チャンネル | YouTube

登録者数:1.18万人(※2022年9月現在)

88チャンネルは、愛知県名古屋市にある注文住宅の工務店、八'家(はちや)のYouTubeチャンネルです。

このチャンネルでは、八'家で建てられた家を紹介しています。

住宅工務店による家紹介ならではの、使用している木材などの素材についての説明や紹介を行っている点が特徴的です。

"実際に注文住宅を建てたオーナー様に聞いた!家づくりに関する「やってよかったことベスト9」"といった、企画性の高い動画の投稿も行っており、家づくりについての様々な情報を知ることができます。

上記のYouTubeショート動画では、室内のルームツアーを早送りで紹介し、必要な情報は字幕にて解説しています。

通常の動画投稿ではナレーションを入れて細かい情報までゆっくりと解説していましたが、ショート動画では、最低限の情報を簡潔にまとめて文字にすることで、短い尺でも物件の概要が分かるような動画づくりがなされています。

また、ノーカットにより歩いている導線を分かりやすくしていることで、部屋の配置を想像しやすくしている点もポイントです。

ショート動画作成の際は、上記のように短い尺という点を生かせるような編集を行っていきましょう。

関連記事

【話題】企業のYouTubeショート動画活用事例

RoomPa|賃貸&売買物件をご紹介

続いてご紹介するYouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネルは、RoomPa|賃貸&売買物件をご紹介 です。

Youtube-shorts-accounts-housing-3

画像:RoomPa|賃貸&売買物件をご紹介 | YouTube

アカウント:RoomPa|賃貸&売買物件をご紹介 | YouTube

登録者数:5.22万人(※2022年9月現在)

RoomPa さんのチャンネルでは、関東&関西エリアを中心にお洒落なお部屋を紹介しています。

通常投稿の動画では、”巨人と暮らせるお部屋!?”や、”まるでジブリ!”といった目を引くタイトルの投稿が多く見られ、紹介している物件も一風変わったお部屋が多く、エンターテイメント性もある物件紹介動画であることが伺えます。

上記のYouTubeショート動画でも、”夢の国に住めちゃう?!テーマパークのようなお部屋をご紹介!!”と題し、一風変わったオシャレな内装の物件をルームツアーのような形で紹介しています。

動画内では、ジェスチャーを通して楽し気に部屋を紹介する女性の様子や、テレビ番組のような明るいナレーションによって”ワクワク感”を演出しており、コンテンツとしても楽しめるショート動画となっています。

一方、動画内のキャプションでは物件の詳細情報を掲載しているほか、物件についての相談ができるLINEのURLも掲載しているため、物件について気になったユーザーがすぐに問い合わせをできるシステムが出来上がっています。

ショート動画では、キャッチ―さやコンテンツ力の高さを押し出すことでより多くのユーザーに閲覧してもらうことが有効ですね。

【プレジオ】賃貸マンション大阪

次にご紹介するYouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネルは、プレジオ】賃貸マンション大阪 です。

Youtube-shorts-accounts-housing-2

画像:プレジオ】賃貸マンション大阪 | YouTube

アカウント: プレジオ】賃貸マンション大阪 | YouTube

登録者数:7250人(※2022年9月現在)

プレジオは、洗練された外観や居室内のデザインのヨーロピアンスタイルとアジアンスタイルが主流の、大阪都心を中心に展開している賃貸マンションブランドです。

YouTubeチャンネルでは大阪の賃貸マンションを紹介しています。

その物件ならではのポイントや立地・周辺環境など様々な切り口から魅力を説いているのが特徴的です。

内見紹介以外にも、部屋の収納グッズ紹介を行う動画も投稿しているなど、部屋にまつわる様々な情報を提供しています。

上記のYouTubeショート動画では、”インテリアが映えるホワイト空間”として、部屋の内装を歩き回る形で紹介しています。

キャプション内には問い合わせLINEやURLの記載がされおり、動画閲覧からの導線づくりもしっかりされております。

一方、上記のショート動画は、動画撮影時のNGテイクを投稿しております。

【プレジオ】賃貸マンション大阪 のYouTubeショートでは、動画撮影時のオフショットも多く投稿しており、スタッフのキャラクター性が分かるようなコンテンツも多くあります。

同じような投稿に感じてしまいがちな物件紹介の動画投稿の中で、上記のようなショート動画が入ることで、ユーザーも他の不動産系チャンネルとの違いを認識できるだけでなく、人間性が分かることによって信頼感が生まれるといった効果もあります。

実際に、ショート動画の閲覧数を比較した際、物件紹介のショート動画よりもオフショットの方が多く再生されていることが分かりました。(※202年9月現在)

ショート動画を作成の際は、情報を盛り込みすぎず、コンテンツとしても楽しめる動画を作成していきましょう。

部屋まるチャンネル

最後にご紹介するYouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネルは、部屋まるチャンネル です。

Youtube-shorts-accounts-housing-1

画像:部屋まるチャンネル | YouTube

アカウント: 部屋まるチャンネル| YouTube

登録者数:6360人(※2022年9月現在)

「部屋まる。」は、関東(1都3県)唯一の賃料6万以下専門店で、格安物件数最大級、手厚いサポートと豊富な実績が特徴です。

チャンネルでは、格安デザイナーズ物件や、超お得物件、変わった物件など、様々な物件情報を発信しています。

YouTube以外にも、TikTok・Instagram・Twitterなど、SNSに力を入れています。


通常投稿では、スタッフが司会者のような形で進行を行い、駅から物件に向かう様子をバラエティ番組のように撮影しています。

スタッフのキャラクター性も伝わるためユーザーにも親近感がわきやすく、また、エンターテイメント性も高いため、現在は部屋探しに興味がないというユーザーからも閲覧してもらう効果が期待できます。

上記はYouTubeショート動画です。

YouTubeショートでは、通常の動画投稿を短く編集し、テレビ番組のCMのような動画を投稿しています。

サムネイルには”あなたなら住めますか?”といったキャッチ―な謳い文句が盛り込まれていることで、ショート動画の閲覧を訴求しています。

また、動画の最後には”全貌はYoutubeで公開中”という字幕があり、通常の動画投稿の閲覧へ流入を促していることが分かります。

上記のように、通常の動画投稿への閲覧を促す手段としてYouTubeショート動画を使用することも有効な活用方法の1つです。

まとめ

youtube-shorts-housing-3

YouTubeショート動画の活用が上手い不動産系チャンネル5選をご紹介いたしましたが、いかがでしたか。

不動産系のチャンネルは、物件紹介という特性上似た動画になってしまいがちですが、それぞれ特徴を生かすことで他チャンネルとの差別化を図っていることが伺えました。

YouTubeショートを活用することで、更に多くのユーザーからの閲覧を訴求し、チャンネルのファンを獲得していきましょう。

あわせて読みたい

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、YouTubeによる動画マーケティング支援が可能です。

多数の実績を作り出したSNSマーケティングのプロが、

  • 目的(認知~販促・購買)に最適なYouTube施策立案
  • YouTube動画コンテンツ企画~作成
  • YouTube広告運用
  • 人気ユーチューバーによるコラボPR

など貴社の目的に最適なSNSマーケティング支援をさせていただきます。

「そもそもYouTubeを活用して何ができるの?」といったご質問にもお答えできますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事