2月14日はバレンタインデーです。世界各地でカップルの愛の誓いの日とされるバレンタインデーは、日本においても女性が気になる男性にチョコレートをプレゼントする日として定着しました。

近年はチョコレート以外のプレゼントや、仲の良い女性同士で「友チョコ」をプレゼントし合ったりと一層の盛り上がりを見せており、人気SNS「Twitter」においてもバレンタインデーにはバレンタインに関わる様々な投稿で賑わいます。

今回はTwitterでも話題になるバレンタインをテーマにして開催されたTwitterキャンペーン・プロモーションの事例をご紹介してまいります。

工夫されている事例もあわせて紹介していますので、自社でTwitterキャンペーンを実施する際のヒントとしてお役立てください。

Instagramキャンペーンについてはこちら▼
【年間・シーズン】Instagramキャンペーン・プロモーション事例リンク集

バレンタインをテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーション事例

valentines-day-present

それでは早速、バレンタインをテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーションの事例をご紹介してまいりましょう。今年2019年に開催されたキャンペーン・プロモーションの中から6つの事例をご紹介いたします。

1. ポッキー 「『#ポッキー何本分』 バレンタイン Twitterキャンペーン」

twitter-campaign-valentines-day-pocky画像:ポッキー何本分 バレンタインTwitterキャンペーン|Pocky

初めにご紹介するのは食品メーカー「江崎グリコ株式会社」の人気チョコレート菓子「ポッキー」の「『#ポッキー何本分』 バレンタイン Twitterキャンペーン」です。

こちらのTwitterキャンペーンは期間ごとにお題が3種類用意されており、それぞれ参加の条件と当選賞品が異なっていました。

公式Twitterアカウント(@PockyJPN)をフォローの上、ポッキーの公式Twitterアカウントが投稿するお題に従ってリツイートや答えのツイートをすることで応募する形式となっており、応募者の中から抽選で144名にバレンタイングッズがプレゼントされました。

 

【第1弾】リツイートキャンペーン
お題:ポッキーを2本足してハートを作れるかな?
賞品:ハートポッキー作成キット(111名)


 

【第2弾】ツイートキャンペーン
お題:ポッキー2本分の時間で大切な人に気持ちを伝えよう
賞品:ポッキーオリジナルペアマグカップ(22名)


 

【第3弾】ツイートキャンペーン
お題:バレンタインの日にポッキー2本分のビックリ!! 箱を開けた2人が驚いた理由とは??
賞品:“チェキ” instas mini 70N レッド(11名)


本Twitterキャンペーンは、期間限定の2本増量パッケージのテーマを前面に押し出した内容になっています。

リツイートキャンペーンは1.8万以上のリツイートを獲得し、大きな人気となりました。また、第1弾~第3弾のそれぞれのキャンペーンでは、自由度の高いお題を提供することで、ユーザーのツイートやコメントを活性化させ大きな話題を生み出しています。

Twitterはユーザー同士のゆるい繋がりにより、気さくなコミュニケーションを生み出せるSNSですので、そのメリットを上手く活用している点は非常に参考になります。

その上で、キャンペーン期間中、第1弾から第3弾までのお題ごとに「ハートポッキー作成キット」「ポッキーオリジナルペアマグカップ」「“チェキ” instax mini 70N レッド」と異なるプレゼントを用意し、内容となっており、ユーザーが好みのお題・賞品を選んで応募することができるように工夫もされていました。

以下のような「ハートポッキー作成キット」をはじめとしたそれぞれの賞品も写真映えが狙えるものであるため、当選した後も賞品についての写真や動画投稿をユーザーがしたくなる工夫も意識されています。

twitter-campaign-valentines-day-pocky-2画像:ハートポッキー|Pocky

キャンペーンに自由度をもたせ、Twitterユーザーのコミュニケーションを活性化させ、賞品到着後もさらにユーザーの投稿(UGC)を増やして自社ブランドについての話題作りを狙っている、総合的に考え込まれたバレンタインのTwitterキャンペーン事例と言えるでしょう。

2. 三越のバレンタイン Twitterフォロー&リツイートキャンペーン・Instagram投稿キャンペーン

twitter-campaign-valentines-mitsukoshi-2画像:三越のバレンタイン Twitterフォロー&リツイートキャンペーン・Instagram投稿キャンペーン|日本橋三越本店

続いてご紹介するのは、日本橋三越本店が実施した「三越のバレンタイン Twitterフォロー&リツイートキャンペーン・Instagram投稿キャンペーン」です。

こちらのキャンペーンは

  • 【PART1】#三越スイーツコレクションキャンペーン
  • 【PART2】#三越フラワーバレンタインキャンペーン

の2つに分かれているキャンペーンで、キャンペーン参加の条件を満たした上で日本橋三越本店に行くことで、【PART1】ではチョコレートが、【PART2】ではバラ一輪がプレゼントされました。

また、こちらのキャンペーンはTwitterとInstagramのいずれかから応募することができるキャンペーンとなっています。

Twitterからの応募条件は、日本橋三越本店の公式Twitterアカウント(@mitsukoshi_nh)をフォローの上、キャンペーンツイートをリツイートすることで完了となります。

Instagramからの応募条件は、日本橋三越本店の公式Instagramアカウント(@mitsukoshi_nihombashi)をフォローの上、キャンペーン期間中に行われているイベント会場の様子やスイーツの商品写真をハッシュタグ「#三越のバレンタイン」を付けて投稿することで参加完了となりました。

 

TwitterとInstagarmで参加可能なキャンペーンとすることで、双方のSNSユーザーが対象者となり、どちらかのSNSで実施するよりもキャンペーン参加者の増加を狙うことができます。

また、店舗への集客を上手く行っている点も参考になります。キャンペーン賞品は日本橋三越本店を訪れなくては手に入らず、キャンペーン期間中に特別イベントを開催しているため店舗へ足を運ぶ動機も上手く作っています。

Twitterキャンペーン開催期間はバレンタインデーの1~2週間前となっており、店舗に来てくれた人にバレンタインに向けた商品購入を意識させている点も見逃せません。

SNSを活用したキャンペーンによりO2O(Online to Offline)施策として店舗への集客を促し売上につなげる、実店舗を構えている企業にとって大変参考になるTwitterキャンペーン事例です。

関連記事
自社の店舗をインスタグラムで話題にして集客成功させるコツ

 

3. クックパー 「『#クックパーでくっつかない』 バレンタイン フォロー&リツイートキャンペーン」

twitter-campaign-valentines-day-cookper画像:#クックパーでくっつかないバレンタイン フォロー&リツイートキャンペーン

続いてご紹介するのは「サランラップ」や「ジップロック」といった製品で知られる企業「旭化成ホームプロダクツ株式会社」が開催した「『#クックパーでくっつかない』 バレンタイン フォロー&リツイートキャンペーン」です。

こちらは旭化成ホームプロダクツから発売されている製品ブランド「クックパー」がテーマのキャンペーンで、同社が運営する料理レシピ・保存テク情報サイト「裏ワザレシピ」の公式Twitterアカウント(@urawaza_recipe)をフォローの上、下記キャンペーンツイートをリツイートすることでキャンペーンに応募することができました。

賞品には「クックパー クッキングシート」「クックパー フライパン用ホイル」各1箱がセットになった「『クックパーでくっつかない』セット」と「入浴剤『スウィーツメゾン』プチマカロンフィズ2個入り×2セット」が用意され、応募者の中から抽選で100名にプレゼントされました。

こちらのキャンペーンの特徴は公式アカウントのフォローと対象アカウントのリツイートだけで簡単に応募できる点と応募してすぐに抽選結果のリプライが届く点です。

気軽に利用できる点が好まれているTwitterですので、キャンペーンも気軽に応募できるものが好まれる傾向にあります。実際、キャンペーンツイートは1.1万以上のリツイートを獲得し大きな人気となりました。

対象ツイートはキャンペーン期間中に合計8回投稿されており、その都度応募・抽選の機会があった点もキャンペーンの魅力と言えるでしょう。

PRしている製品はお菓子作りの際にも便利な製品で、キャンペーンサイトには様々なお菓子のレシピも紹介されました。レシピには「裏ワザレシピ」へのリンクが設置されており、オウンドメディアへの集客もしっかりと行われています。

バレンタインとお菓子作りのテーマもあわさり、自社製品の魅力を上手くあわせたTwitterキャンペーン事例です。

関連記事
流入増大!オウンドメディア集客にSNSインフルエンサーを起用するメリット

 

4. Tポイント 「フォロー&リツイート バレンタインキャンペーン」

twitter-campaign-valentines-day-tpoint画像:Tポイント公式Twitter バレンタインキャンペーン

次にご紹介するのはカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が展開するポイントサービス「Tポイント」の「フォロー&リツイート バレンタインキャンペーン」です。

こちらのキャンペーンは、Tポイントの公式Twitterアカウント(@tpoint)をフォローの上、下記キャンペーンツイートをリツイートすることで応募することができる「フォロー&リツイート」キャンペーンで、応募者の中から抽選で500名に「サーティワンアイスクリーム 500円ギフト券」がプレゼントされました。

本Twitterキャンペーンで特徴的なのはその当選者の多さです。

合計500名に当選のチャンスがあるということで、「自分も当選できるかも!?」とユーザーの期待感を高めてキャンペーン参加者の増加につなげることができます。

実際、本Twitterキャンペーン投稿は5.1万件を超えるリツイートを獲得し、すさまじい話題となりました。

フォロー&リツイートキャンペーンはTwitterでは定番のキャンペーン手法です。ユーザーが簡単に応募することができることから高い集客力が期待でき、自社アカウントとTwitterユーザーとのタッチポイントを増やすことができます。Twitterにおいては気軽に応募できるキャンペーンが人気なのでおすすめの手法です。

さらに、本事例のようにキャンペーン当選者を多くすることで参加者の興味を掻き立てるなど、シンプルな工夫でもキャンペーン参加を促進できますので、さまざまなアイデアを組み込んでTwitterキャンペーンの実施を検討してみましょう。

アイデア創出の関連記事
絶対参考になるInstagramキャンペーンマーケティングの成功事例14選

 

5. 「怪盗グルー」シリーズ/ミニオン 「ミニオンだらけのバレンタインチョコプレゼント! Twitterフォロー&RTキャンペーン」

twitter-campaign-valentines-day-minion画像:ミニオンだらけのバレンタインチョコプレゼント!Twitterフォロー&RTキャンペーン実施中!!

次にご紹介するのは、人気アニメーション映画「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター「ミニオン」の「ミニオンだらけのバレンタインチョコプレゼント! Twitterフォロー&RTキャンペーン」です。

こちらのキャンペーンも先にご紹介したTポイントの事例同様の「フォロー&リツイート」キャンペーンです。ミニオンの公式Twitterアカウント「ミニオン・ファンクラブ」(@minion_fanclub)をフォローの上、上記のキャンペーンツイートをリツイートすることでキャンペーンに応募することができ、応募者の中から抽選で5名に賞品がプレゼントされました。

賞品はバレンタインにちなんだ「ミニオン チョコ4点スペシャルセット」となっており、ミニオンのチョコレートグッズが4種類も貰えるファンにはたまらない内容でした。

自社製品をTwitterキャンペーンの賞品にすることで、現在獲得しているファンの顧客ロイヤルティを高める効果があります。

汎用的な賞品券も多くの人の魅力となりますが、自社製品を賞品としてプレゼントすることでブランド想起にもつながるため、ファン育成およびファンとのコミュニケーションを目的としたTwitterキャンペーンを行う際に有効となります。

6. DiDi (ディディ)「DiDiバレンタインキャンペーン」

twitter-campaign-valentines-day-didi-taxi画像:大阪において「DiDiバレンタインキャンペーン」を実施|DiDi

最後にご紹介するのはAI(人工知能)によるタクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」の「DiDiバレンタインキャンペーン」です。

DiDiの公式Twitterアカウント(@didijapan)をフォローの上、上記のキャンペーンツイートをリツイートすることでキャンペーンに応募することができ、応募者の中から抽選で10名に「Amazonギフト券(500円分)」がプレゼントされました。

タクシー配車アプリのキャンペーンということでキャンペーンツイートにはアプリのダウンロードページヘのリンクも設置されています。

不特定多数の人が使うサービスの場合は、先ほどのミニオンの事例とは反対に、「Amazonギフト券」といった汎用的な賞品券も有効となります。

キャンペーン期間中、大阪市内ではバレンタイン仕様のラッピングがされた5台の「チョコレートタクシー」も走行し、運転手からオリジナルパッケージのチョコレートが貰えるキャンペーンも同時開催されており、Twitterと現実の両方でアプリのプロモーションが行われました。

シーズンに関係なく活用される製品やサービスの場合でも、バレンタイン仕様のラッピングをするといった季節的なイベントを取り込むことで年間を通してプロモーション活動を行うことができます。

タクシーのようなローカル要素の強い商材の場合は、その地域の特徴的なイベントなどと組み合わせてもよいでしょう。

販促カレンダーなどを活用しつつ、世間の需要が高まるものに「乗っかる」形で年間の宣伝プランを立てることも、Twitterキャンペーンを成功させるために重要となります。

まとめ

valentines-day-chocolate-2

2019年に行われたバレンタインをテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーションの事例を6つご紹介いたしました。バレンタインということで、定番のチョコレートやお菓子に関連するキャンペーンが多く見られます。チョコレートやお菓子以外にも、日本においてバレンタインにはプレゼントをするという文化のため、様々な製品をPRすることができます。

ご紹介した事例は「フォロー&リツイート」形式のキャンペーンが多いですが、これは先述のとおり応募の簡単さ・気軽さがTwitterユーザーから支持されるためです。高い集客力とそれに伴うフォロワー数増加が期待できるため「フォロー&リツイート」キャンペーンはおすすめの手法です。しかしながら、同種のキャンペーンが様々な企業によって開催されるため、賞品をはじめキャンペーン内容で工夫を凝らすことが重要です。

Twitterでバレンタインをテーマにしたキャンペーン・プロモーションを行う際には、Twitterユーザーの嗜好や需要をしっかりと把握し、他社とは違うユニークで魅力的なキャンペーンを目指しましょう。企画・検討の際にはぜひ、今回の記事をご活用ください。

logo_instalab

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、

  • 人気インフルエンサーを起用したSNSキャンペーン集客・拡散
  • 4大新聞社や大手ニュースサイト掲載率の高いプレスリリース配信によるキャンペーン拡散
  • SNS広告や企業SNSアカウント運用による認知拡大やファン獲得

など、デジタルマーケティングでお力添えさせていただきます。お悩みの際にはお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

 

Instagramキャンペーン事例集・お役立リンクはこちら▼

 

あなたにおすすめの関連記事

「SNSマーケティング」何から取り組めば良い?
とお悩みの企業担当者の方へ

自社でもSNSを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、自社アカウントの運用やSNS広告など、その手法は多岐に渡ります。

なんとなく自社公式アカウントを開設してみても、思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

その一方、SNSの利用者は7200万人を超え、SNSをうまく活用することができた企業は認知拡大や売上増加の大きなチャンスを掴んでいます。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「SNSマーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営する株式会社Find Modelは、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にSNSを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

殿堂入り記事
おすすめの記事