大晦日・正月に始まり年明けからのシーズンは多くの行事が行われますが、学生の方々にとっては受験や卒業に向けて大変忙しいシーズンでもあります。

受験や卒業は世間で毎年大きく取り上げられる話題であり、SNSにおいても多くのユーザーが受験や卒業に関する投稿を行い賑わいを見せます。企業にとってもアピールを行う絶好のタイミングであり、毎年様々な企業が受験や卒業をテーマにしたキャンペーンやプロモーションを行っています。

今回は中でも卒業をテーマにしたキャンペーン・プロモーションに着目し、人気SNS「Twitter」において行われた企業のキャンペーン・プロモーションの事例をご紹介してまいります。キャンペーン・プロモーションの詳細やユニークである点・工夫されている点を併せてご紹介してまいりますので、自社キャンペーン・プロモーションを開催する際の参考としてぜひ、ご活用ください。

卒業をテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーション事例

graduation-congratulations

それでは早速、卒業をテーマにして行われた企業のTwitterキャンペーン・プロモーションの事例をご紹介してまいります。今年2019年に行われたものの中から5つの事例をご紹介いたします。

1. SNOW 卒業式に撮るなら? #えらんでスノー Twitter フォロー&リツイートキャンペーン

はじめにご紹介する卒業をテーマにしたTwitterキャンペーンは、顔認証システムを利用して撮影した写真を半自動的に加工・編集することができるスマートフォン用アプリ「SNOW」のキャンペーン「卒業式に撮るなら? #えらんでスノー Twitter フォロー&リツイートキャンペーン」です。

キャンペーン応募者の中から抽選で1000名にコンビニエンスストア「ファミリーマート」で利用することができる「コーヒー引換券(税込100円)」が当たるキャンペーンであり、「SNOW」の公式Twitterアカウント(@SNOW_jp_SNOW)をフォローの上、上記のキャンペーンツイートをリツイート、アンケートに回答することで応募することができました。

「フォロー&リツイート」形式は手軽に応募することができるため、Twitterにおいて非常に人気の高いキャンペーン形式です。応募したその場で抽選結果がわかる「インスタントウィン」形式というのも良い点で、当選した場合のプレゼントも同様にその場でもらえる点は大変魅力的ですね。

アンケートもTwitterのアプリを利用したものであり、ボタンをタップするだけで回答することができるためユーザーへの負担が少なく、キャンペーンの集客確保とアンケートの回答数確保を両立しています。

アンケート機能を利用した広告はInstagramやYouTubeでも広く活用されています。こうした広告主とのコミュニケーションを可能とする「インタラクティブ(相互的な)」広告は、タップやいいね、リツイートなどユーザーのの反応を促しやすいためTwitterキャンペーンでも効果的です。

「SNOW」は女子中高生を中心とした学生からの人気が非常に高いアプリで、学生との関連性の高い「卒業」は非常に相性の良いテーマです。手軽さを好む人が多いTwitterユーザーに好まれるキャンペーン形式と合わせて、卒業をテーマにしたTwitterキャンペーンを行う際には大変参考になる事例と言えます。

関連記事
Twitter広告の特徴とメリットや作成方法をわかりやすく解説

 

2. 妖怪ウォッチ メダルウォーズ 妖怪のしわざキャンペーン第3段 卒業式で起こった妖怪のしわざ 投稿キャンペーン

卒業をテーマにしたTwitterキャンペーンの2つめは、スマートフォン用人気ゲームアプリ「妖怪ウォッチ メダルウォーズ」が開催したTwitterキャンペーン「妖怪のしわざキャンペーン第3段 卒業式で起こった妖怪のしわざ 投稿キャンペーン」です。全3段で行われた「日常で起きる困ったことは全て妖怪のしわざ!? キャンペーン」の第3段目であり、ユーザーの経験した「卒業式で起こった妖怪のしわざ」が募集されました。

キャンペーンには「妖怪ウォッチ メダルウォーズ」の公式Twitterアカウント(@yokai_medalwars)をフォローの上、上記のキャンペーンツイートをリツイート、卒業式で起こった妖怪のしわざ!!と感じたことをハッシュタグ「#妖怪のしわざ」を付けてツイートすることで応募することができ、応募者の中から抽選で1名に「最新式Bluetoothイヤホン」が、10名に「Amazonギフト券1,500円分」がプレゼントされました。

ゲームやアニメが人気の「妖怪ウォッチ」シリーズ。「妖怪のしわざ」という言葉は大変話題となり、シリーズのキャッチフレーズとなりました。アプリ自体の高い人気もさることながら、シリーズのキャッチフレーズをテーマにしたキャンペーン名や内容で集客効果を高めています。

企業やブランド、商品のキャッチフレーズを活用したTwitterキャンペーンは話題性の高まりから認知拡大や集客効果の向上が望めますので参考にしたいポイントです。

複数回に分けたキャンペーン開催もテーマやプレゼントを複数用意することで訴求するユーザー層を広げることができるため参加者増加が期待できます。チャンスを増やすことで前回のキャンペーン応募者が次回のキャンペーンにも注目し応募や情報拡散をしてくれる可能性が高い点も大きなメリットです。

また、お題をもとに指定のハッシュタグをつけた投稿をユーザーに促している点もポイントです。自社に関するハッシュタグ付きの投稿が増えることで、上手くすればTwitterのトレンドにも乗り爆発的に拡散される可能性も生まれます。

ユーザーが気軽に楽しめて広がりのあるお題であれば話題にもなりやすいため、Twitterキャンペーンを実施する際に意識するとよいでしょう。

関連記事
企業のTwitterマーケティング手法3つの特徴と成功事例、効果を出すポイントを徹底解説

 

3. JOGGO 封筒女子部 卒業祝いキャンペーン

続いてご紹介する卒業にまつわるTwitterキャンペーンは、様々な革製品を販売する「ジョッゴ株式会社」と封筒メーカー「株式会社ムトウユニパック」のコラボプレゼント企画「JOGGO 封筒女子部 卒業祝いキャンペーン」です。応募者の中から抽選で3名に「グリーティング封筒」と「ラウンドファスナー財布」のセットがプレゼントされました。

キャンペーンには「ジョッゴ株式会社」の公式Twitterアカウント(@joggo_custom)と「株式会社ムトウユニパック 『封筒女子部』」の公式Twitterアカウント(@futoh_joshibu)をフォローし、上記キャンペーンツイートをリツイートすることで応募することができました。

 

さらに、フォロー&リツイートに加えてユーザーの卒業に関する思い出をハッシュタグ「#JOGGO封筒女子卒業祝」を付けてツイートすることで抽選の当選確率が上昇するという特典がありました。

複数企業によるコラボレーション企画は、自社にはいない相手企業のファンやフォロワーに訴求することができるため集客と新規顧客獲得に貢献してくれます。

ハッシュタグ付き投稿で当選率が上がるという点もユニークなアイデアで、手軽に応募できる「フォロー&リツイート」の利点を活かしつつ、応募者のツイートによる宣伝効果も得られる大変興味深い手法です。

また、Twitterキャンペーンに関するハッシュタグ付き投稿を自社のサイト等で紹介させてもらうコンテスト企画などもアイデアとして面白いでしょう。

卒業シーズンは様々なストーリーが生まれる季節であり、ユーザーの投稿は読み物としても面白いものが集まりやすいため、一つのコンテンツとして楽しんでもらえますし、サイトへの導線づくりとしても活用できます。

Twitterキャンペーンを行うテーマに沿って様々な応用ができますので、企画の際にいろいろと検討してみましょう。

4. タイ国際航空 セントレア発 TGでら夜便 Twitterキャンペーン

次にご紹介する卒業をテーマにしたTwitterキャンペーンは、タイ王国最大の航空会社「タイ国際航空」が開催した「セントレア発 TGでら夜便 Twitterキャンペーン」です。

こちらのキャンペーンは「タイ国際航空」のセントレア(中部国際空港)を0時30分に出発するバンコク・スワンナプーム国際空港行きTG647便の利用者を対象としたTwitterキャンペーンで、卒業旅行や春休みの旅行者をターゲットとしています。

キャンペーンには対象の航空券を購入の上、「タイ国際航空 中部地区」の公式Twitterアカウント(@Thaiairways_NGO)をフォロー、上記のキャンペーンツイートをリツイートし、ツイートに記載されているURLにある応募フォームから必要事項を入力することで応募することができました。

応募者の中から抽選で、

  • 1等「名古屋マリオットアソシアホテル ペアディナー券(1組2名)」
  • 2等「タイレストラン スコンター ディナー券 1万円分(10名)」
  • 3等「タイ国際航空 オリジナルラゲッジタグ(50名)」

がプレゼントされました。

Twitterキャンペーンは、Twitterの拡散性を利用してキャンペーン参加者をなるべく多く募ることが一般的ですが、こちらは自社の航空チケットを買った人を応募対象としている珍しい事例です。

航空サービスにプレゼントキャンペーンという付加価値を設けて潜在顧客のチケット購入を促すキャンペーン事例ともとらえられますが、実のところは既存顧客ロイヤルティ向上(ブランドのファン化)が主な目的と言えるでしょう。

チケットカウンターなど現地で抽選の上プレゼントを渡すよりも、TwitterキャンペーンとすることでSNSでの情報拡散性とエンタメ性が高くなります。当選者は旅行に加えて満足度が高まるため良質な口コミが期待できるのが大きなメリットです。

当選者は喜びの感想とあわせてサービスについても言及してくれる可能性も大きく、投稿を見たユーザーへの訴求力も高まるため有効な口コミマーケティング手法と言えるでしょう。

卒業シーズンといえば卒業旅行の需要も増えますので、競合他社との差別化を図りつつ売上増加とファン獲得に効果が見込まれるTwitterキャンペーンです。

関連記事
口コミマーケティングで押さえるべき8つの成功事例をご紹介

 

5. ザ・ヴィラ前浜ビーチ 女子学生卒業旅行限定 宿泊割引キャンペーン

twitter-campaign-the-villa-okinawa-miyakojima画像:女子学生卒業旅行限定 宿泊割引キャンペーン|The Villa OKINAWA MIYAKOJIMA

最後にご紹介する卒業をテーマにしたTwitterキャンペーンは、沖縄県宮古島の宿泊施設「ザ・ヴィラ前浜ビーチ」が開催した「女子学生卒業旅行限定 宿泊割引キャンペーン」です。

「ザ・ヴィラ前浜ビーチ」は2020年2月にオープンの新しい宿泊施設で、オープン企画として「ゴルファー限定」「女子学生限定」「ダイバー限定」などターゲットを限定した複数のTwitterキャンペーンを実施しています。

当キャンペーンの内容は卒業旅行で「ザ・ヴィラ前浜ビーチ」に宿泊する女子学生の宿泊料金が40%割引されるというもの。「ザ・ヴィラ前浜ビーチ」の公式Twitterアカウント(@thevillamaehama)をフォローの上、上記キャンペーンツイートをリツイート、応募フォームに必要事項を入力することで応募することができ、先着10名の応募者が当選となりました。

「ザ・ヴィラ前浜ビーチ」は2019年8月から公式Twitterアカウントを運営しており、2020年1月現在のフォロワー数は約6,000人となっています。キャンペーンの効果もあり非常に早いペースでフォロワーが増加しています。

TwitterだけでなくInstagramにおいても同様のキャンペーンを開催しており、そちらもすでに約1万名のフォロワーを獲得しています。ターゲットとする女子学生に人気のInstagramでもキャンペーンを行うことで、Twitter以外のユーザーも集客しているのは参考になります。

また、本Twitterキャンペーンは「先着で」当選者が決定する点も大きな特徴です。先着当選の条件にすると、ユーザーは急いでキャンペーンに参加するため、大きな初速をもって申込者=旅行予約者を増やすことができます。

さらに、「実際に宿泊している様子をSNSに投稿すること」も当選条件となっており、当選者として訪問してくれた人にSNSでレビューをしてもらう設計がされています。SNSで現地の素晴らしさを訴求してもらうことで、他のユーザーにも興味を持ってもらえるスキのないキャンペーンです。

企業のイベントや店舗のオープニングキャンペーンをTwitterで行う際にはぜひとも参考にしたい事例です。

まとめ

academy-graduation

今年2019年に行われた卒業をテーマにした企業のTwitterキャンペーン・プロモーションの事例を5つご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。Twitterにおいては応募が手軽でユーザーにも好まれる「フォロー&リツイート」キャンペーンの事例が多いですが、今回ご紹介した事例はいずれも様々な工夫が見られるものでした。

2019年12月現在、Twitterにおける卒業をテーマにしたキャンペーン・プロモーションの事例は意外に数が少なく、旅行業界による卒業旅行キャンペーンなど限られた業界の事例が多く見られます。一方で、現実においては毎年、様々な企業や店舗が卒業をテーマにしたキャンペーンやプロモーションを行っています。

記事の冒頭でも申し上げたとおり、卒業シーズンは企業によるアピールの絶好のタイミングと言えます。この機会にぜひ、卒業をテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーションの開催を検討してみてはいかがでしょうか。

Instagramキャンペーン事例集・お役立リンクはこちら▼

logo_instalab

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、

  • 人気インフルエンサーを起用したSNSキャンペーン集客・拡散
  • 4大新聞社や大手ニュースサイト掲載率の高いプレスリリース配信によるキャンペーン拡散
  • SNS広告や企業SNSアカウント運用による認知拡大やファン獲得

など、デジタルマーケティングでお力添えさせていただきます。お悩みの際にはお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

あなたにおすすめの関連記事

「インスタグラムのマーケティング活用」、何から取り組めば良い?とお悩みの企業担当者の方へ
instagram-icons

今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー(株))は、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にインスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

殿堂入り記事
おすすめの記事