japanese-kimono-woman

Instagramで新規リーチが取れる「リールの使い方完全ガイド」を無料配布中!
⇒今すぐダウンロードする


 

子どもから大人としての新しい一歩を踏み出す日、「成人の日」。

コロナ禍によって例年通りの成人式を迎えられない新成人も数多く、心苦しい状況が続きましたが、そんな中でも「成人式」に関するプロモーション活動に力を入れている企業・団体が目立ちます。

今回はそんな成人式をテーマに実施された企業・団体によるTwitterキャンペーン・プロモーションの事例を5つピックアップしてご紹介してまいります。

特徴や工夫されているポイントも併せてご紹介していきますので、成人式をテーマにしたTwitter施策を検討される方は是非ご活用ください。

成人式をテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーション事例

coming-of-age-ceremony-profile

それでは早速、成人式をテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーションの事例を5つご紹介してまいります。

mille 福袋の先行予約開始しました

まず最初にご紹介する成人式をテーマにしたTwitterキャンペーンは、milleが実施した「新成人応援プレゼント企画」です。

アクセサリー製作を行う「mille」は、おとぎ話をモチーフに様々なアクセサリーや小物などを作成しています。

昔寝る前に読んでもらった優しいおとぎ話を思い出せるようなアクセサリーを提供するというコンセプトです。

こちらのキャンペーンは、「着物気分な和風のブローチを抽選でプレゼント」するという内容。

対象となる2021年に成人式が中止になり楽しみにしていた振袖が着れなくなってしまった女性を対象に、抽選で3名にプレゼントするというものです。

応募条件としては、

  • フォロー
  • リツイート
  • 新成人の抱負をリプライ
  • プレゼント到着後に紹介可能
  • 応募者本人のタイムライン上に2件以上の連続した企画応募履歴がない
  • 鍵アカウントではない
  • 個人情報のやりとりができる
  • 無断転載に反対だと表明している方

上記の条件で参加が可能になります。

 

このTwitterキャンペーンでは「懸賞目的ではないユーザーに確実にレビューを投稿してもらうための条件を揃えている」という工夫が見られます。

フォローリツイートのみで参加できるプレゼント企画と比較すると、多少条件が多いように見えますが、鍵アカウントや懸賞目的のアカウントも多数存在するので、確実に商品のレビューを拡散できるように応募条件の時点でこのようなアカウントを省いている狙いが伺えます。

このことで純粋にプレゼント企画に応募してきたユーザーのみを対象にキャンペーンを実施できるので、届けたいターゲットとなるユーザーにTwitterキャンペーンに参加してもらう効率的な方法だといえるでしょう。

一方で、Twitterキャンペーンの参加条件を厳しくしすぎると、言うまでもなく参加ハードルが高くなり集客力が弱くなるのでその点はバランスをみて条件を整えることが大切です。

また、リプライで新成人の抱負を投稿してもらい、新成人としての気持ちも言語化してもらうように促しています。

コメントを残してもらうことで、新成人本人の気持ちも高まるとともに、企業としてはユーザーとの親密なコミュニケーションを図ることができます。

SNS上でのコミュニケーションは、応募者をファン化させるための施策としてだけでなく、リプライを増やすことでキャンペーンツイート自体を話題化することにもつながります。

KURAND

次にご紹介する成人式をテーマにしたTwitterキャンペーンは、KURANDが実施した「 TEHAJIME(テハジメ)無料プレゼントキャンペーン」です。

coming-age-ceremony-profile-1

画像:成人式キャンペーン|KURAND HP

 

お酒の専門通販サイト「KURAND」は、全国の様々な小さな酒蔵と一体となって自由な発想でお酒をつくり、そのこだわりや技などをストーリーとして伝えることを目的に、気軽に楽しく、色々なお酒と出会えるきっかけを作ろうということをコンセプトとしています。

このTwitterキャンペーンは、日本酒に初めて出会うという方に、最初の一杯として飲んでもらいたいお酒として「TEHAJIME(テハジメ)」という日本酒を新成人にプレゼントするという内容になっています。応募者の中から抽選で500名が選ばれます。

応募条件としては、

  • 2020年4月2日〜2021年1月11日までに20歳になった方
  • オンラインストア「KURAND」の新規会員登録をされた方
  • Twitter、Instagram、TikTokのいずれかのアカウントをお持ちの方
  • 当選した方は、SNS投稿(Twitter、Instagram、TikTok)のいずれかで、「TEHAJIME(テハジメ)」の写真と共に「#KURAND」「#成人式」のハッシュタグを付けてレビューを投稿すること

上記の条件で参加が可能になります。

 

このキャンペーンの良いポイントとしては、

  • ハッシュタグを活用し、商品の情報やレビ成人式をテーマにしたューを拡散している
  • Twitterやその他SNSからサイトの会員登録への導線作りがされている

このような工夫が見られます。

ハッシュタグの機能を使うことで、当選した500名のユーザーが取った写真がSNS上に拡散されることになります。

SNSを活用したマーケティング施策において、近年重要な要素となっているのが、クオリティの高い「UGC(ユーザー生成コンテンツ)」を獲得するというものです。

公式からの情報発信だけではなかなか拡散が難しい中で、ハッシュタグを利用し多くのユーザーに情報発信をしてもらうことで拡散能力は飛躍的に高まります

SNSを入口とし、新成人のためのお酒というプレミア感のある商品をプレゼントに設定することで、サイトの新規会員登録のハードルを低くすることが可能です。

単純にフォロワー獲得や情報拡散のみならず、SNSから新規会員登録に繋げる工夫は、SNSの効率的な活用方法としてぜひチェックしたいポイントです。

関連記事
【お酒・アルコール 編】Instagramキャンペーン・プロモーション事例まとめ

 

ワイナリーこのはな

続いてご紹介する成人式をテーマにしたTwitterキャンペーンは、ワイナリーこのはなが実施した「新商品の発売に先駆けてのプレゼント企画」です。

ワイナリーこのはな」は、自社畑で収穫した山葡萄交配種で自社ブランドの「鴇(トキト)ワイン」を製造販売しているワイナリーです。

このキャンペーンでは、新成人に向けた新商品「鴇ヤマ・ソービニオン」発売を記念したプレゼント企画で、対象は新成人に限らず20歳以上であれば応募可能となっており、その中から抽選で3名にプレゼントされます。

応募条件としては、

  • 20歳以上の方
  • ワイナリーこのはなのアカウントをフォローした方
  • キャンペーンの投稿をリツイートした方
  • 始めてワインを飲んだ時の感想をリプライ

上記の条件で参加が可能になります。

 

このキャンペーンの良いポイントとしては、

  • リプライでコメントを促すことで、「ワイン」という飲み物対してのハードルを下げ、興味を持たせている
  • 既存のハッシュタグ「#おうち成人式」を付けて投稿を拡散している

このような工夫が見られます。

初めてお酒を飲む新成人はお酒に関する知識も浅く、「ワインってどんな感じなんだろう」という不安や疑問を抱えている方も多くいます。

そんな中、このキャンペーンでは「初めてワインを飲んだ時の感想」をリプライしてもらうことで、新成人に対して、ワインを飲んでみようという興味を高め、自社の製品を購入するきっかけへと導いているのです。

近年SNS上での宣伝においては、企業の情報よりも一般ユーザーのレビューの方が信頼性が高い傾向にありますので、このことを利用した施策であるとも言えます。

 

また、既存のハッシュタグを付けることで、「#おうち成人式」にまとめられている同様のテーマの企業ツイートや人気のツイートに混ざることもできるため、このハッシュタグを入口にワイナリーこのはなに行きつくきっかけの幅を広げている点も参考にしたいポイントです。

新成人を対象とした新商品のキャンペーンであるにも関わらず、20歳以上の全年齢を対象としたプレゼント企画であるため、成人済みのワイン好きの方にも刺さりやすい企画内容と言う点も見逃せません。

ワインをたしなんでいる人も最初のワインの一口を思い起こしながら楽しんでもらえるような工夫は、好感が持てる参考にしたい点と言えるでしょう。

ブライダルハウス マリエ

続いてご紹介する成人式をテーマにしたTwitterキャンペーンは、ブライダルハウスマリエが実施した「公式アンバサダー プチmaliEhime」です。

ブライダルハウス マリエ」は、愛媛県松山市の衣装レンタル・フォトのお店です。ブライダルハウスですが、成人式振袖や卒業式袴のレンタルもしています。

このキャンペーンは、高校生限定で振袖試着体験レポートをしてくれる公式アンバサダーを募集する企画を検討している際に投稿されたものです。こちらの企画はユーザーの反応を見て実施するかを決定するというものでした。

このキャンペーンの参考にしたいポイントとしては、

  • リツイートなどを活用し、ユーザーのリアクションが良い企画を実際に行っている
  • インフルエンサーを取り込む施策

このような工夫が見られます。

こちらの投稿では、親しみやすい文面といくつかのハッシュタグを用いてユーザーとの積極的なコミュニケーションを図っています。

このように、アンケート機能を使ってユーザーの反応を促すことで、ユーザーの意見を直接反映した企画や商品開発に活かすことができます。

 

続いてこちらの投稿では、お笑い芸人の「サンシャイン池崎」さんのTwitter上での企画に参加した投稿で話題作りをしています。

サンシャイン池崎さんが公式企業をフォローする企画「#サンシャイン池崎秋の公式企業フォロー祭り」にハッシュタグを付けることで参加しており、実際にサンシャイン池崎さんからフォローが返ってきていました。

このようにインフルエンサーや芸能人を巻き込んだ話題作りは、新成人などの若い層をターゲットにした場合、非常に効率的なアプローチ方法と言えます。

設定したターゲット層における最新の流行やニュースをチェックし、投稿内容に盛り込んでキャンペーンを企画したり、投稿内容に反映するという点は、ぜひ参考にしたいポイントです。

関連記事
【ジャンル別】おすすめインフルエンサー(インスタグラマー,ユーチューバー)紹介リンク集

 

TENDERLY

最後にご紹介する成人式をテーマにしたTwitterキャンペーンは、TENDERLYが実施した「2021Xmasプレゼント企画」です。

TENDERLY」は、パーティーで使用できる海外の個性的なドレスワンピース通販ショップ。結婚式などのパーティーから成人式の二次会で着られるようなドレスのラインナップが豊富です。

このTwitterキャンペーンは、TENDERLYで一番人気のドレスワンピース「Stdl265」を抽選で5名様にプレゼントするという内容。

応募条件としては、

  • TENDERLをフォローしている方
  • キャンペーンの投稿をリツイートした方

上記の条件で参加が可能になります。

 

このキャンペーンの良いポイントとしては、

  • ハッシュタグ利用でターゲット層を幅広く設定
  • フォロー&リツイートのみで参加できるため、参加ハードルが低い

このような工夫が見られます。

本Twitterキャンペーンはクリスマス企画として実施されていますが、直後に成人式を控えている人向けに「#成人式」というハッシュタグをつかって興味関心を引いています。

また、「#成人式」だけでなく、「クリスマス」「結婚式」「謝恩会」など様々なワードとハッシュタグを用いることで、購入意欲のあるユーザーの流入口を大きく設定している点でも、認知度向上の施策としての工夫が見られました。

TENDERLのように、「キャンペーンをすることで達成したい目標」を明確にしておくことさえできれば、的を絞った応募条件でなくともマーケティング施策を成功させることができます。

Twitterキャンペーンで人気の「フォロー&リツイートキャンペーン」はユーザーにとって最も参加ハードルが低く、その分参加人数も多くなる傾向にあるため、自ずと情報拡散能力も高くなります。

認知度向上を目的としたキャンペーンであれば、このように参加ハードルを低く設定することは非常に重要なポイントです。

まとめ

今回は、成人式をテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーションの事例を5つご紹介してまいましたが、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した事例からもわかるように、目的やターゲット層を明確に設定し、それに見合ったTwitter上の機能を活用することでより良いマーケティング施策を打ち出すことができるのです。

ぜひ今回の記事を参考に、成人式をテーマにしたTwitterキャンペーン・プロモーションを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい

 

instalab-logo-from-202101

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでは、Twitterキャンペーン支援が可能です。

たとえば

  • 人気インフルエンサーの口コミでTwitterキャンペーンを広く拡散
  • Twitterユーザーへ直接届けるD2Cプレスリリース配信
  • Twitter広告・企業Twitterアカウント運用によるファン獲得

など、Twitterマーケティングでお力添えさせていただきます。

Twitterキャンペーンでお悩みの際にはお気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事