youtube-setting

【便利!】インフルエンサーマーケティング見積シミュレーター
⇒ツールの利用はこちら


 

今や個人も企業も活用しているYouTubeチャンネル。ユーザーに好まれる動画を投稿することを優先するあまりYouTube設定を見逃していませんか?

基本的な設定をしっかり行うだけでおすすめや、他動画の似た動画に表示されやすくなることもありますので、すでに運用中の方も今から始められる方も自身のチャンネルがちゃんと設定しているか今一度チェックしましょう。

まだチャンネルを開設していない方はこちらをチェック▼

【初心者必見】今更聞けないYouTubeのチャンネル開設方法完全版2021

プロフィール画像の設定方法

プロフィール画像の設定

プロフィール画像とは、YouTube上で動画のタイトル横に表示されるだけでなく、コメントする際やコミュニティを投稿する際にも非常に重要です。チャンネルの顔になりますので必ず設定しましょう。

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズからブランディングをクリックします。

3 - 一番上の写真から画像アップロードより画像を設定します。

youtube-setting

設定をする前にはYoutubeのコミュニティーガイドラインをしっかり確認し、遵守しましょう。

プロフィール画像の推奨サイズ

サイズ:800 X 800 ピクセルの画像

ファイル形式:JPG、GIF、BMP、PNG(アニメーションは不可)

画像容量:4MB以下

プロフィール画像は正方形でアップロードできますが実際にアイコンになるのは円形です。デザインする場合は角が削られますので注意しましょう。

バナー画像の設定

バナー画像とは、ユーザーがチェンネルに訪問した際にトップに表示される画像です。どういった動画を投稿しているチャンネルなのかをプロフィール画像と一緒に設定する必要があります。

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズからブランディングをクリックします。

3 - 一番上のバナー画像から画像アップロードより画像を設定します。

youtube-setting

バナー画像の推奨サイズ

最小アップロードサイズ:アスペクト比が16:9の2048×1152px
TVサイズ:2560×1440px
PCサイズ:2560×423px
タブレットサイズ:1855×423px
スマホサイズ:1546×423px
最小サイズ(安全領域):1235×338px

ファイル形式:JPG、GIF、BMP、PNG

画像容量:6MB以下

バナー画像はユーザーが視聴する端末で表示領域が異なります。以下の画像を目安に設定していきながらそれぞれの端末で確認しましょう。

チャンネル名やロゴなど大事なものは、最小サイズに収まるようにします。

youtube-setting

透かし画像の設定

透かし画像とは、投稿した動画の右下に表示されるもので、チェンネルの登録に誘導したり、ブランディングとして活用できます。ただしスマホを縦で見ているユーザーや子供向け動画には表示されない場合があります。

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズからブランディングをクリックします。

3 - 一番上の動画の透かしから画像アップロードより画像を設定します。

youtube-setting

透かし画像の推奨サイズ

最小サイズ:150×150px

ファイル形式:JPG、GIF、BMP、PNG

画像容量:1MB以下

透かし画像をアップロードすると、動画に表示させるタイミングを設定できます。

タイミングは動画の最後開始位置を指定動画全体から選び変更をクリックすると設定完了です。

youtube-setting

名前・説明の設定方法

チャンネル名の設定

チャンネル名をころころ変えることはないと思いますが、どうしても変更しなきゃいけない時は以下の手順で設定できます。

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズから基本情報をクリックします。

3 - 名前の欄に変更したいチャンネル名を入力し、右上の公開をクリックして完了です。

youtube-setting

説明の設定

説明欄にチャンネル全体や、投稿者の情報を入力することができます。ユーザーはチャンネルに興味を持った際に訪れる可能性があるので優先度は高くないですが可能な限り設定も設定しておきましょう。

ユーザーはチャンネルに飛んだ後、一番右にある「概要」にから確認することができます。

概要には説明の他に、チャンネル登録日や、総再生回数、WebサイトやSNSのリンクを表示させることができます。

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズから基本情報をクリックします。

3 - 説明の欄に情報を記載し、右上の公開をクリックすれば完了です。

youtube-setting

URLの設定

YouTubeチャンネルの初期URLは割り当てられたものになりますが、基準を満たすことによりカスタマイズすることができます。

カスタマイズURLの設定基準

1.チャンネル登録者数が 100 人以上であること
2.チャンネルを作成してから 30 日以上経過していること
3.プロフィール写真がアップロードされていること
4.バナー画像がアップロードされていること

引用:チャンネルURLについて

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズから基本情報をクリックします。

3 - チャンネルのカスタムURLを変更するをクリックすると現在のチャンネル名がURLになっているものと、自身で入力するものから選択できます。

youtube-setting

4 - 右上の公開をクリックし設定完了です。

リンクの設定

リンクはYouTubeチャンネルの概要に表示され、WebサイトやSNSにユーザーを誘導することができます。

また、パソコンから視聴しているユーザーにはトップのバナー画像の上にも表示されるため、他のSNSを活用されてる方は設定しましょう。

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズから基本情報をクリックします。

3 - +リンクを追加をクリックすると表示名とURLを入力できますので、それぞれ入力し完了です。

TwitterやInstagramなどSNS名を表示名に入力すれば勝手にアイコンが表示されるようになっています。

youtube-setting

チャンネル名・概要の多言語化の設定

YouTubeは世界中のユーザーが視聴しているため、チャンネル名と概要を多言語に設定することができます。

特定の国をターゲットにする場合はその国の言語に、世界中を視野にいれるのであれば英語で設定すると国外からの視聴も増えやすくなるでしょう。

1 - YouTubeにログインし、右上のプロフィール画像からYouTubeスタジオへ移動します。

2 - 左メニューのカスタマイズから基本情報をクリックします。

3 - +言語を追加をクリックし、翻訳言語を選択するとチャンネル名チャンネルの説明を変更できるようになります。

youtube-setting

まとめ

YouTubeチャンネルを始める際の絶対にやるべき設定方法をお伝えしました。

おざなりになりがちな設定ですが、設定すればユーザーに対して導線を作れたり、おすすめや似た動画などに表示されやすくなる可能性もありますので、ぜひ行ってみてください。