【かんたん解説】いま流行りのTikTokハッシュタグチャレンジとは。成功事例もご紹介!

企業のマーケティング戦略において、近年では主流となりつつあるSNSマーケティング。
TwitterやFacebookといった大人気SNSの成長とともに、SNSマーケティング市場は盛り上がっていきました。

多くの人々に利用されている人気のSNSの中でも、最近では若者に大人気でホットなSNSと言われているTikTokはご存知でしょうか。

本記事では、企業がTikTokのハッシュタグチャレンジを活用することで得られるメリットと、その成功事例についてご紹介していきます。

TikTokとは

TikTok-hashtag

TikTokとは、自身が撮影・制作した動画を投稿するSNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことです。
YouTubeのように比較的長めの動画を投稿するスタイルとは違い、15秒〜1分ほどの比較的短めの動画の投稿をメインとしたSNSです。

TwitterやInstagramといった人気のSNSのほとんどは、IT超大国であるアメリカで誕生し成長していきました。
しかし、有名SNSの一端を担うTikTokはなんと中国で生まれたSNSなのです。
中国の大手テクノロジー企業であるByteDance社が2016年に開発し、運営を開始しました。
動画投稿の手軽さから、その人気は瞬く間に広がっていき、2018年にはアクティブユーザー数が5億人に達成したと言われています。

@hikakinセイキン本人のグルメレースwww ##セイキン ##ヒカキン ##youtuber♬ セイキングルメレース - 【てぃㄘょ】


ユーザーは、動画を投稿する際にTikTok内に備わっている様々な編集機能を使うことができます。
倍速など動画の再生スピードを変えたり、数多くの曲の中からBGMを決定したり、特殊エフェクトを使ったりと多種多様な編集が可能です。

このように、誰もが気軽に動画編集・動画投稿できる点が既存のSNSと一線を画しており、大人気SNSと成長していきました。

TikTokハッシュタグチャレンジとは

TikTok-hashtag1

国内でも若者を中心に大人気のTikTok。

そんなTikTokを企業がSNSマーケティングの一端として活用するケースが増えてきています。

企業がTikTokを活用して、自社の商品・サービスをプロモーションする際にはハッシュタグを活用することがたいへん有効です。

ハッシュタグとは、「#」記号の名称です。
TikTokをはじめとする様々なSNSにおいて、ユーザーはハッシュタグを使った投稿スタイルでSNSを利用することが多いです。
ミルクティーを検索したいユーザーが、「#ミルクティー」と検索したいワードの前にハッシュタグを入れて検索します。
すると、様々なアカウントが投稿したミルクティーに関する投稿を一まとめに閲覧することが可能となるため、たいへん便利です。

TikTokにおいてもハッシュタグ投稿は盛んです。
ハッシュタグチャレンジとは、企業のSNSアカウントが、ハッシュタグをビジネスに利用していく企画のことを言います。

企業が自社商品やサービスのプロモーションのために、TikTokユーザーに対してハッシュタグがついた特定の文章の投稿を促します。
ユーザーは、ハッシュタグのついた特定の投稿をするだけで、企業がプロモーションのために開催しているキャンペーンに参加できるのです。

TikTokでは様々な企業が、ハッシュタグを活用して、ユーザーにハッシュタグチャレンジを促すことで認知度向上や売り上げ拡大につなげています。

【重要】TikTokハッシュタグチャレンジのメリット

TikTok-hashtag2

様々なSNSにおいて利用されているハッシュタグ機能。

TikTokにおいてもハッシュタグを用いた投稿スタイルにはたいへん人気があります。
TikTokを活用する企業アカウントが、ハッシュタグを用いてユーザー参加型の企画を展開していくハッシュタグチャレンジ。
多くのTikTok企業アカウントが、様々なハッシュタグチャレンジを施策して、その認知度向上や売り上げアップにつなげています。

企業がTikTokにおいてハッシュタグチャレンジを利用することで、

  • 拡散力を高められる
  • UGCが生まれやすい

といったメリットがあるのです。

拡散力を高められる

TikTok-hashtag4

ハッシュタグチャレンジを活用することで、普段の投稿とは違う飛躍的な拡散が期待できます。

TikTokの企業アカウントが自社の商品・サービスをユーザーに対してプロモーションしていく際には、ユーザーに見られやすく拡散されやすいような動画投稿を心がけます。
TikTokにおいてはその手軽な動画編集のしやすさから、ユーザーにウケの良いテンポがある動画投稿で、人気投稿を生成している企業アカウントが多くあります。

しかし、どれほどユーザーにウケの良い動画を投稿してもその拡散力には限界があります。
TikTokの企業アカウントが投稿した動画は、基本的には、自社アカウントをフォローしてくれているユーザーにしか届かないからです。
自社アカウントのフォロワー以外にも認知度を高めていくためには、創意工夫して作成した動画をただ投稿していくだけでは非効率です。

ハッシュタグチャレンジを利用することで、自社アカウントのフォロワー以外を巻き込み、様々なユーザーへとリーチすることが可能になるのです。

ユーザーはハッシュタグチャレンジに参加することで、企業アカウントが作成したいわゆる公式動画の二次創作となる動画を作成し投稿していきます。
動画投稿の前にハッシュタグをつけるだけで、キャンペーン参加がたいへん手軽に行えます。
ハッシュタグチャレンジを利用したキャンペーンは、ユーザーに対して企業の生成コンテンツの認知度拡散、また商品・サービスへの認知度拡散にも貢献していくのです。

UGCが生まれやすい

TikTok-hashtag5

ハッシュタグチャレンジを活用することは、UGCが生まれやすいといったメリットがあります。

UGCとは、User Generated Contentの略です。
日本語では、ユーザー生成コンテンツと訳される、主にSNSを話題にした文脈で登場することが多いキーワードです。

UGCは、企業が作成したコンテンツではなく、一般のユーザーが作成したコンテンツである点が特筆すべき点です。
一般のユーザーが作成したコンテンツとは、具体的には個人のSNS投稿、ブログや写真、動画など一般消費者自らが作成し発信するコンテンツを指します。

SNSを活用して企業がマーケティングを行っていくSNSマーケティングと呼ばれる手法が近年では一般的な企業活動の一部となってきています。
その理由の一つに、SNSを活用することで、企業が莫大な広告宣伝費をかけることなく、一般消費者にプロモーションをすることができるといった点が挙げられます。

従来のテレビCMや新聞広告とは違い、SNSにおいて企業アカウントを開設し、自社商品・サービスのプロモーションをしていくことは基本的に無料となります。
このように費用をかけずに一般消費者にリーチできる点はたいへん魅力的です。
しかし、SNSを通した露骨な宣伝はユーザーに嫌われるコンテンツになりうるデメリットもあるのです。
個人間同士のやりとりを基本とするSNSにおいて、企業アカウントからの露骨な宣伝投稿は、広告臭が強く忌み嫌われる対象になりやすいのです。

一方でUGCでは、ユーザーが自ら企業による宣伝の一端を担うことになるので、広告臭のない宣伝としてユーザーの間で広まっていきます。

TikTokにおけるハッシュタグチャレンジでは、

  1. 企業アカウントによるハッシュタグチャレンジの広告を発見する
  2. 他のユーザーやインフルエンサーのハッシュタグチャレンジ投稿を閲覧する
  3. 企業アカウントの公式動画を閲覧する
  4. ユーザー自身が動画を制作・投稿しハッシュタグキャンペーンに参加する
  5. 他のユーザーがその投稿を発見する

といったように、ユーザー自身による企業の商品・サービス宣伝の好循環が出来上がっていくのです。

このような好循環が生まれ、広告臭のない宣伝が行われる理由にはハッシュタグチャレンジの参加の容易さ・手軽さがあると言えます。

【事例】TikTokハッシュタグチャレンジの成功事例

企業がTikTokのハッシュタグチャレンジを活用することで、得られるメリットとその重要性についてお分かりいただけたでしょうか。

それでは実際に、TikTokのハッシュタグチャレンジをうまく活用している企業アカウントの事例をご紹介していきましょう。

ドミノ・ピザ

 

@ssshinako今年もドミノ・ピザのウルトラチーズ🧀💓大好きなチーズがビヨーーーンって伸びてサイコーすぎ😭一緒についてくるメイプルソース🍯つけて食べても👌💜チーズがどこまで伸びるか勝負だ😎##ドミノチーズ100万 ##pr♬ うるとらちーず - うじたまい

こちらは若者に人気のYouTuberである「しなこ」さんのTikTokアカウントです。

TikTokドミノ・ピザ公式アカウントは、「#ドミノチーズ100万」といったハッシュタグキャンペーンを開催しました。
新商品の発売に伴い、チーズの魅力あふれる動画投稿をユーザーに競い合わせて、優勝者には「ドミノ・ピザの東京本社で一日働いてもらい、その報酬に100万円をお支払いする」といった企画でたいへん人気を博しました。

しなこさんをインフルエンサーに起用することで、#ドミノチーズ100万キャンペーンの知名度向上につなげました。

インフルエンサーを含めた様々なTikTokユーザーが、このキャンペーンに参加することで、ドミノ・ピザによる新商品の知名度・売り上げ向上につながった参加にしたい事例です。

TikTokハッシュタグチャレンジまとめ

TikTok-hashtag6

TikTokにおけるハッシュタグチャレンジについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

若者を中心に、いまもっとも盛り上がりを見せているTikTokを企業が活用するケースが今後もますます増えていくでしょう。

企業がTikTokを活用してマーケティングを行う際には、ハッシュタグキャンペーンを施策することがたいへん効果的です。

企業がTikTokでハッシュタグキャンペーンを施策することで、

  • 拡散力を高められる
  • UGCが生まれやすい

といったメリットを享受することができるのです。

ぜひ、本記事を参考にしてTikTokを活用した効率的なSNSマーケティングを展開していきましょう。

logo_instalab

SNSマーケティング専門メディア「インスタラボ」では、TikTokマーケティングのリーディングカンパニーとしてナショナルクライアントを中心に5,500件以上の支援実績がございます。

  • TikTokアカウント運用代行
  • TikTok広告運用・分析改善
  • TikTokキャンペーン実施
  • TikTokインフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング分析レポート

など、その時必要なTikTokマーケティング支援が可能です。

是非お気軽にご相談ください。

具体的なアドバイスも無料でしています

⇒ Find Modelの詳細については こちら

お電話でのお問い合わせはこちら▼
050-3184-0601

あなたにおすすめの関連記事