sns-account-seminar

世界中には様々なSNSがありますが、中でも世界最大の規模を誇るのがFacebookです。

世に知られるSNSの中で最も多くのユーザーを抱えているFacebookは広告を掲載する場として大変魅力的で、多くの企業が広告を出稿しています。

今回はFacebook広告の種類や特徴、広告の出稿方法と手順を解説してまいります。

Facebookとは?日本国内利用者(ユーザー)数データも紹介

facebook-logo

Facebook広告についての解説の前に、まずはFacebookというSNSについて簡単にご紹介いたします。

Facebookとは

Facebookとは2006年9月26日に公開されたSNSです。Facebookを開発・運営しているアメリカのFacebook社は2004年2月4日、当時ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグ(現会長兼CEO)と友人によって創業されました。

FacebookはTwitter・Instagram・LINEと共に「四大SNS」として数えられており、その中でも最大のユーザー数を誇ります。

SNS名称 LINE Facebook Twitter Instagram
月間ユーザー数 2.17億 22.3億 3.26億 10億
発表時期 2017年1月 2018年7月 2018年10月 2018年6月

上表は四大SNSの全世界における月間ユーザー数です。Facebookの月間ユーザー数は2018年7月の時点で22.3億人です。次にユーザー数の多いInstagramは2018年6月時点で10億人となります。発表時期に1か月の違いはあるもののその差は非常に大きく、Facebookはまさに世界最大のSNSといえます。

Facebook日本国内利用ユーザー数は2800万人

日本国内においてもFacebookは大変人気のあるSNSで、日本国内のユーザー数は2800万人に上ります。

SNS名称 LINE Facebook Twitter Instagram
月間ユーザー数 7,800万 2,800万 4,500万 2,900万
アクティブ率 96.6% 56.1% 70.2% 84.7%
発表時期 2018年10月 2017年9月 2017年10月 2018年11月

※アクティブ率は「12のメジャーなSNSのアクティブ率を比較してみた+MixChannel【2015年6月版】」より引用

表は四大SNSの日本国内における月間ユーザー数です。LINEやTwitterには及ばないもののFacebookはInstagramと同等のユーザー数を誇ります。昨今ではFacebook離れが進んでいるとは言われているものの、年間で200万人のユーザー数増加を記録するなど、ユーザー数は未だ増加傾向にあります。

ご紹介したユーザー数の記録と表は下記の記事より引用いたしました。四大SNSのユーザー数と利用企業数について比較しておりますので、今回の記事と併せてぜひご覧ください。

【最新Excelデータ配布中】主要SNSのユーザー数と利用企業数の比較(Facebook, Twitter, Instagram, LINE)

Facebook広告とは?概要と費用の課金方式

instalab-facebook-like

Facebook広告とは具体的にどういうものなのでしょうか。まず、Facebook広告の特徴と費用の課金方式について解説してまいります。

参考:facebook business 広告主様向けヘルプ「広告」(参照2019年1月28日)facebook business 広告主様向けヘルプ「基本」(参照2019年1月28日)

Facebook広告の特徴やメリット

まず初めにFacebook広告とは何か、どんな特徴があるのかご紹介します。

Facebook広告とはFacebook内に出稿される広告のことです。

ただし、広告が配信される場所はFacebook内だけではありません。

Facebook社がサービスを提供しているMarketplace(マーケットプレイス)への出稿やMessenger(メッセンジャー)受信箱への広告配信、Audience Network(オーディエンスネットワーク)に登録されているアプリやサイトへの出稿も可能です。

さらに、2016年には同社の抱える人気SNSであるInstagramへも広告を出稿できるようになりました。

FacebookやInstagramといった人気SNS上やその枠を超えて広く広告を配信できることがFacebook広告の大きな魅力です。

※Instagram広告の詳細については【完全ガイド】Instagram広告の導入と運用に必要なノウハウを全て解説の記事にて詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

 

また、Facebook広告の大きなメリットとして、世界中のFacebookユーザーのデータを活用した詳細なターゲティングができる点も挙げられます。

もともとFacebookは実名登録制のSNSであり、ユーザーの人生の過程(学生~社会人、所属する企業やコミュニティなど)もデータとして把握できます。それらのデータを生かして広告配信のターゲットを細かく設定できることは他のSNSプラットフォームにはない大きな強みとなっています。

Facebook広告費用の課金方式

Facebook広告にかかる費用は入札制となっており、落札され金額により費用が決定されます。

予算は広告キャンペーン作成時に「1日の予算」または「掲載期間の通算予算」のどちらかを指定することができ、予算設定金額の範囲内で費用が発生します。予算の金額や消化スピードはいつでも調整が可能です。

Facebook広告における主な課金対象は以下から選択することができます。

  • クリック課金:広告に掲載されているリンククリックの単価(CPC)ベースで課金。広告のリンクがまったくクリックされなかった場合は課金されません。
  • インプレッション課金:ニュースフィードやタイムラインなど、ユーザーの画面に広告が表示された回数(インプレッション数)1,000件当たりの単価(CPM)ベースで課金。広告がまったく表示されなかった場合は課金されません。

この他にも選択した目的ごとに、

  • アプリのインストール(CPI):広告からアプリがインストールされるごとの課金
  • ページに対するいいね!:広告主のFacebookページの「いいね!」が押されるごとの課金
  • 投稿に対するエンゲージメント:広告主の投稿の「いいね!」が押されたり、コメントやシェアがされるなどのエンゲージメントごとの課金
  • 動画の再生:広告の動画が10秒以上再生されるごとに課金。10秒以下の動画の場合、動画が最後まで再生されると課金

などの課金対象を選択できる場合もあります。

Facebook広告の配信目的の種類(マーケティングの目的)

広告を配信するターゲットのフェーズにより、Facebook広告の配信目的(マーケティングの目的)を以下から選択することができます。

認知(自社製品を知ってもらうフェーズ)

  • ブランドの認知度アップ:反応を示す可能性の高いユーザーに広告を表示し企業やブランドの認知度アップを促します。
  • リーチ:より多くのユーザーに広告を表示しリーチ増加を促します。

検討(製品理解を促し、他社製品と比較検討するフェーズ)

  • トラフィック:ユーザーを広告に記載したリンク先に誘導します。
  • エンゲージメント:広告主の投稿に対するエンゲージメント増加を促します。
  • アプリのインストール:ユーザーをアプリストアに誘導しアプリの購入とインストールを促します。
  • 動画の再生数アップ:投稿した動画の再生数増加を促します。
  • リード獲得:リードの増加を促します。
  • メッセージ:ユーザーをFacebook Messengerに誘導し、製品・サービスの購入や問い合わせを促します。

コンバージョン(製品を利用・購入してもらうフェーズ)

  • コンバージョン:ウェブサイトやアプリでの会員登録や製品の購入、資料請求といったコンバージョンの増加を促します。
  • カタログからの販売:ターゲットに合わせて広告主が作成したカタログの製品が広告に表示され、購入を促します。
  • 来店数の増加:近隣のユーザーに店舗やイベント会場をアピールする広告を表示し来店を促します。

 

尚、選んだマーケティングの目的によって、活用できる広告フォーマットが変わってきますので留意しておきましょう。

Facebook広告で選べる広告フォーマットの種類

internet-ads

それではFacebook広告の広告フォーマットの種類について解説してまいります。

画像広告

画像広告は画像付きの投稿で構成された広告のことです。ユーザーにとって一目で分かりやすい画像や写真を使用することで、企業やブランドの認知度を高めたり、理解を深めてもらったりといった目的に向いている広告フォーマットです。

広告はFacebookとInstagramのモバイル版およびPC版のニュースフィードに表示されます。

facebook-ad-picture画像引用:広告フォーマットのタイプ|facebook business 広告主様向けヘルプ

画像広告は上図のような形になります。

画像広告に使用される画像は審査プロセスの対象となり、画像に含まれるテキストの量が調査されます。

審査で画像テキストが多過ぎると判定された広告は承認されずリーチが制限される場合があります。画像内のテキストはできる限り少なくするのが望ましいです。

画像内に含まれるテキスト量をチェックするFacebook テキストオーバーレイツールがFacebook公式で用意されているので、画像広告作成の際にはチェックするようにしましょう。

広告に使用する画像にテキストを多く含まざるを得ない場合は例外として認められる場合もあります。一般的な例外は以下のとおりです。

  • 本の表紙やアルバムのカバー
  • 製品画像(ロゴ部分のアップは認められません。製品全体が表示されている画像のみが対象です。)
  • ゲーム
  • イベントのポスター

加えてチャートやグラフ、雑誌や新聞の紙面、映画やテレビ番組などのポスターも例外に含まれます。「利用規約」などのような法的記述についても、広告内の製品に適用されるものであるため例外とみなされます。

対してテキストベースのロゴ、透かし、数字などはいずれもテキストとみなされるため承認されない可能性が高くなります。

画像広告の課金は前述の選択肢の中から事前に広告主が選択し設定したタイミングで発生します。

カルーセル広告

カルーセル広告は、1つの広告に複数の画像や動画、見出しを表示することができ、それぞれにリンクやコールトゥアクション(CTA)を併せて表示することができる広告フォーマットです。

広告はFacebookとInstagramのモバイル版およびPC版のニュースフィードに表示されます。

カルーセル広告はトラフィック・コンバージョン・アプリのインストール・エンゲージメントの広告目的を選択した際に使用でき、複数の製品を掲載し紹介や説明をすることができるほか、製品をメインとしない不動産やサービス、イベントなどをはじめとする様々な広告を行うこともできます。

facebook-ad-carousel画像引用:広告フォーマットのタイプ|facebook business 広告主様向けヘルプ

カルーセル広告は上図のように「カルーセルカード」と呼ばれる複数の画像が横並びに表示されます。

スマートフォンやタブレットの場合はスワイプ、PCの場合は矢印ボタンをクリックすることでカルーセルカードをスクロールして見ることができます。

全く別の画像や動画を並べることもできますし、ひとつの大きな画像を分割して表示したり、一連の流れの画像を並べてストーリー仕立てにしたりということも可能です。

カルーセル広告に使用される画像も画像広告と同じく、画像内に含まれるテキスト量が審査されます。テキスト量が多過ぎる画像がひとつでも含まれていると投稿全体が影響を受けますので注意しましょう。

カルーセル広告の課金も画像広告と同様、事前に広告主が設定したタイミングで発生します。

コレクション広告

コレクション広告は動画やスライドショー、画像からなる大きなメインビジュアルと4枚の画像を組み合わせた広告フォーマットです。

スマートフォンやタブレットなどのモバイル環境に特化しているのが特徴で、ビジュアル中心の没入感の高さでユーザーの目を引きます。広告はFacebookのニュースフィードに表示され、タップすると読み込みが高速なフルスクリーン表示に切り替わります。

facebook-ad-collection

画像引用:広告フォーマットのタイプ|facebook business 広告主様向けヘルプ

コレクション広告は広告の目的で「トラフィック」「コンバージョン」「カタログからの販売」「来店数の増加」のうちいずれかを選択した際に使用できます。製品に高い関心を持つユーザーに働きかけウェブサイトやアプリでの購入に誘導できることから小売業やECに最適です。

コレクション広告には以下の4つのキャンバステンプレートが用意されており、目的に応じて1つを選択して使用できます。

製品の販売(グリッドレイアウト)

  • ユーザーが多くの製品を見られるように紹介したい場合
  • 広告のメインとして使用できる動画や画像、スライドショーがあり、関連製品と一緒に紹介できる場合
  • カタログと4点以上の製品をセットで広告に使用したい場合
  • ウェブサイトやアプリにユーザーを誘導しアクションを促したい場合

facebook-ad-collection-grid-layout画像引用:コレクション広告のテンプレートを選択します|facebook business

商品の販売(ライフスタイルレイアウト)

  • 写真で製品を紹介し魅力を伝えたい場合
  • 既存の製品カタログのデジタル版を作成したい場合
  • 強力なブランドメッセージをユーザーに伝え、製品の発見と購入を促したい場合

facebook-ad-collection-life-style-layout画像引用:コレクション広告のテンプレートを選択します|facebook business

ビジネスをアピール

  • ブランドや製品、サービスを見つける魅力的な方法を提供したい場合
  • ブランドや製品、サービスなどのストーリーをユーザーに伝えられる一連の画像・動画がある場合
  • ユーザーをウェブサイトやアプリに誘導し、詳細情報を得るように促したい場合

facebook-ad-collection-business-appeal画像引用:コレクション広告のテンプレートを選択します|facebook business

新規カスタマー獲得

  • アクションを促すモバイル向けランディングページでコンバージョンの増加を促したい場合
  • 幅広いユーザーに対して製品やサービスを紹介できる一連の画像・動画がある場合
  • ユーザーをウェブサイトやアプリに誘導し、特定のアクションを実行することを促したい場合

facebook-ad-collection-new-customer画像引用:コレクション広告のテンプレートを選択します|facebook business

 

キャンバステンプレートを使用しない場合は、コレクション広告のかわりにカスタムキャンバスレイアウトを使用することもできます。

コレクション広告にかかる費用は事前に広告主が設定したタイミングで課金されます。

動画・スライドショー広告

動画広告とスライドショー広告はともに動画を用いる広告フォーマットで表現力の高さが最大の特徴です。文章はもちろん画像と比較しても抜群に表現力が高く、短い時間で多くの情報をユーザーに伝えることができます。

動画による広告はFacebookにおいてとても注目度が高い広告方法といえます。広告は動画・スライドショーともにスマートフォンやタブレット、PCのFacebookやInstagram上で自動再生され、ループ再生されます。

Facebook動画広告のイメージ▼facebook-ad-video 画像引用:広告フォーマットのタイプ|facebook business 広告主様向けヘルプ

Facebookスライドショー広告のイメージ▼facebook-ad-slideshow画像引用:広告フォーマットのタイプ|facebook business 広告主様向けヘルプ

動画広告とスライドショー広告の違いは動画の作成方法です。動画広告は一般的な動画による広告であるのに対して、スライドショー広告は3枚から10枚の画像をつなげて作成した動画による広告です。

スライドショー広告は動画広告と比較して撮影の手間が少ない他、ファイルサイズが小さくデバイスの種類や性能、通信回線の質を比較的問わない傾向にあります。

動画広告は広告の目的にブランドの認知度アップ・リーチ・アプリのインストール・トラフィック・エンゲージメント・リード獲得・メッセージ・動画の再生数アップ・コンバージョン・来店数の増加を選択すると使用することができます。

スライドショー広告は全ての広告目的で使用することが可能です。

広告の目的の中でおすすめのものは、適切なターゲットに広告を表示し動画の再生数増加を促す「動画の再生数アップ」と、ブランドの認知度向上を目指し広告を思い出す可能性の高いターゲットにリーチする「ブランドの認知度アップ」です。

動画広告・スライドショー広告ともに使用する動画はFacebookに定められた広告ポリシーを遵守し作成しなければなりません。違反することのないよう十分に注意しましょう。

動画広告とスライドショー広告にかかる費用は事前に広告主が定めたタイミングで課金されます。

ダイナミック広告

ダイナミック広告はここまでご紹介した広告とは異なる性質を持った広告フォーマットです。

ダイナミック広告では宣伝したい製品ごとに個別に広告を作成するのではなく、はじめに製品カタログを作成しておき、宣伝する製品の画像や詳細などをそのカタログから自動で使用する広告テンプレートを作成します。

ダイナミック広告の最大の特徴は、ユーザーのインターネット利用履歴をトラッキングし、それぞれのユーザーが興味や関心を持っている製品に合ったものを作成したカタログから自動で選択し「おすすめ製品」として広告を表示する点です。

facebook-ad-dynamic画像引用:自動車業界向けダイナミック広告を設定する|facebook business 広告主様向けヘルプ

ダイナミック広告の見た目はFacebookやInstagram、Audience Networkの画像広告やカルーセル広告、コレクション広告と全く同じものです。広告が表示される場所も他の広告フォーマットと同様、Facebookのフィード上です。

ウェブサイトやアプリでユーザーが閲覧したことがある製品やカタログで人気のある製品、ターゲット層や類似の利用者がFacebookやウェブサイトでアクションを実行した製品などは特におすすめの対象となりやすい傾向にあります。

これらの特徴から、ダイナミック広告は以下のような目標の達成に向いています。

  • より多くのユーザーにリーチ:ウェブサイトやアプリの利用履歴の有無にかかわらず、個々のユーザーの興味・関心にあわせて広告を表示できます。
  • 購入の完了を促す:ウェブサイトやアプリの閲覧履歴はあるものの、製品の購入には至らなかったユーザーをリターゲットし、改めて製品の購入を促します。
  • 新たな潜在顧客の発見:ターゲティングを幅広く行うことで、ウェブサイトやアプリの利用履歴がなくとも製品や類似の製品に興味を示したユーザーにリーチします。
  • 場所を問わずにリーチする:FacebookやInstagram、Audience Networkを通じてモバイルやPCといった環境を問わず利用者に広告を表示します。
  • クリエイティブを効率的に使用する:初めに作成するカタログというクリエイティブのみで、カタログ内のすべての製品を宣伝できます。製品ごとに個別の広告を作成する必要はありません。

前述のとおりダイナミック広告を作成するには初めにカタログを作成しなければなりません。カタログについては下記リンクの公式ヘルプページに詳しい説明がございますのでご確認ください。

カタログについて|facebook business 広告主様向けヘルプ

その他、広告キャンペーンの効果測定や最適化、ターゲット層の構築に利用できるウェブサイト用のjavascript「Facebookピクセル」の埋め込みと、アプリ広告の効果をトラッキングできる「Facebook SDK」の設定も行う必要があります。FacebookピクセルとFacebook SDKの詳細は下記リンクの公式ヘルプページにてご確認ください。

製品向けダイナミック広告用にFacebookピクセルやFacebook SDKを設定する|facebook business 広告主様向けヘルプ

Facebook広告の出稿方法と手順

hands-woman-laptop-notebook

続いてFacebook広告の出稿方法と手順について解説してまいります。

広告用の画像や動画クリエイティブを作成しておく

まず初めに広告の目的と選択する広告のフォーマットに合わせて広告用の画像や動画といったクリエイティブを作成しておきましょう。

クリエイティブの種類ごとに広告ポリシーや推奨の形式が定められており、審査も行われます。問題無く出稿が行えるよう、あらかじめ確認のうえクリエイティブを作成しましょう。

以下のリンクで、各広告クリエイティブの仕様を確認できますので、ご活用ください。

Facebook広告ガイド|facebook business

Facebook広告作成ページを表示する

Facebook広告作成ページはFacebookのマイページから表示することができます。

自身のアカウントにログインし、右上にあるメニューボタン(▽)をクリックするとメニューが表示されます。メニュー内にある「広告を管理(掲載)」をクリックしましょう。

facebook-page

 

Facebookの広告マネージャーが起動しますので、「+作成する」ボタンをクリックします。

facebook-ad-manager-1

 

Facebook広告作成用ページが表示されますので、広告を作成していきます。

マーケティングの目的を選ぶ

Facebook広告作成ページでは初めにマーケティングの目的を選びます。画像のように一覧が表示されますので、利用したい目的を選択しましょう。

Instagram-ad-make

先にも紹介しているように、マーケティングの目的は以下の項目から選ぶことができます。尚、選んだ目的によって活用できる広告フォーマットが変わります。

  • ブランドの認知度アップ
  • リーチ
  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数アップ
  • リード獲得
  • メッセージ
  • コンバージョン
  • カタログからの販売
  • 来店数の増加

広告セット名、ゴールの詳細設定

マーケティングの目的を選んだら、まず、今回作成する広告の名前を設定します。

キャンペーン名や期間など、管理しやすい広告名称を設定しましょう。

次に、その広告のゴールの詳細を設定します。

facebook-ad-make-1

上の画像では「トラフィック」となっていますが、最初に選んだマーケティングの目的によって内容が変わりますので、それぞれ自分が広告を出す目的にあわせて設定しましょう。

また、ここではダイナミッククリエイティブとクーポンの設定もすることができます。

  • ダイナミッククリエイティブ
    あらかじめカタログに製品を複数設定しておくことで、見ているユーザーに最適な広告が自動的に表示されるようになります
  • クーポン
    あらかじめクーポン広告を設定しておくことで、広告と一緒にFacebookのフィード上にクーポンが表示されるようになります

ターゲット(オーディエンス)を設定する

続いて、広告のターゲット(オーディエンス)を設定します。

facebook-ad-make-audience

オーディエンスの設定では下記の項目を設定することができます。

  • カスタムオーディエンス
    メールアドレス、携帯電話番号、FacebookユーザーIDまたはアプリのユーザーIDなどを使用して、広告を表示したいオーディエンスを作成したり保存することができます
  • 地域
    国、市区町村、郵便番号などの情報からターゲットを絞ることができます
  • 年齢
    ターゲットとする年齢層を設定できます
  • 性別
    すべて、男性、女性から選ぶことができます
  • 言語
    特定の言語を使っているユーザーを絞ることができます。たとえば、日本に住んでいて英語を話している人など
  • 詳細ターゲット設定
    ユーザーの趣味、関心、興味などからターゲットを絞ることができます
  • つながり
    自分のFacebookページに「いいね!」した人、自社が提供しているアプリを使用した人、イベントに参加する人などをフィルタリングすることができます

リーチしたいユーザー層に合わせてターゲット設定を行いましょう。

尚、広告作成画面の右側にはオーディエンスの広さや潜在リーチ、推定リーチの数が表示されるので参考にしながら設定すると良いでしょう。

facebook-ad-make-audience-2

広告を配信する場所の設定

次に広告を配信する場所を設定します。

facebook-ad-make-place

  • 自動配置(推奨)
    Facebookのシステムが広告の表示効果を最大化するように自動的に配信場所を最適化してくれます
  • 配置を編集
    Facebook、Instagram、Messengerなど、広告の配信先を自分で細かく選ぶことができます。

予算と掲載期間の設定

広告の予算と掲載期間を設定していきます。

facebook-ad-make-budget

  • 広告配信の最適化
    ランディングページビュー、リンクのクリック、インプレッションなど、目的に応じてどのように広告を配信するかを設定できます。
  • コストコントロール
    クリック平均単価を設定することができます。
  • 予算の設定
    予算の設定方法は「1日の予算」と「通算予算」の2通りの設定方法があります。「1日の予算」では1日あたりに使用できる予算が設定可能で、金額の下限は100円となります。
    広告が配信され消化金額が設定した予算に達した場合、その時点でその日の広告配信は停止されます。
    全体の広告配信期間のうちに使用できる予算が決まっているようなときは「通算予算」を選択し金額を設定します。
  • 掲載期間の設定
    掲載期間の設定は期間を定めず継続して広告の掲載を行う「広告セットを今日から継続的に掲載する」と「開始日と終了日を設定」の2通りから選択し設定を行います。
    予算の設定で「通算予算」を設定した場合は広告スケジュールの項目を設定することができます。
    常に広告を配信する設定はもちろん、広告の配信を行う曜日と時間を細かに設定することが可能です。

広告クリエイティブを設定する

ここまでの設定が完了したら最後に広告クリエイティブの設定を行います。

アイデンティティの設定

作成したクリエイティブを選択する前にアイデンティティの設定を行います。

facebook-ad-make-identity

アイデンティティの設定とは、どのFacebookアカウントから広告を出稿するのかの設定です。

広告を出したいFacebookアカウントおよびInstagramアカウントを選択しましょう。

広告形式の選択

facebook-ad-make-identity

広告形式の設定では先にご紹介した広告フォーマットの中から使用したいものを選択します。目的に応じて最適なものを選びましょう。

インスタントエクスペリエンスを追加
インスタントエクスペリエンスとは、モバイル用のランディングページ表示機能です。あらかじめ作成しておくことで、ユーザーにストレスなく自然な流れでランディングページを表示させることができます。

詳しくは以下のページを参照ください。

インスタントエクスペリエンスについて|facebook business 広告主様向けヘルプ

広告クリエイティブの選択、見出し、CTA、テキスト設定

ここであらかじめ作成しておいた画像や動画などの広告クリエイティブを選択、確認します。

facebook-ad-make-ad-creative-1

画面左でクリエイティブを選択し、右側に実際に広告として配信されたときのプレビューが表示されます。

プレビューを参照しながら作成した広告がどのように表示されるのかを確認し、併せて広告に掲載したいリンクのURL、見出しやCTA、テキストも設定します。

CTAや広告のテキスト内容によって広告効果が大きく左右されるので、効果的なものを設定することが大切です。

また、広告プレビューは配信場所ごとにどのように表示されるのかを確認できます。モバイルとデスクトップそれぞれのニュースフィードでどのように表示されるか、ユーザーにとって魅力を感じられるような広告になっているかなどを確認しましょう。

ここで思うように広告が表示されていない場合はクリエイティブを調整して再度アップロードします。尚、クリエイティブをアップロードする際にもクリエイティブの推奨要件が表示されるので、不備のないように確認をしておきましょう。

広告の最終確認、配信

すべての設定が終わったら、最後に広告テキストの設定と広告のプレビューを確認します。

広告内容の確認が完了し問題がないようであれば「注文確定」ボタンを押しましょう。審査が完了、承認され次第、設定したスケジュールに応じて広告の配信が開始されます。

広告の設定が無事に完了すると、Facebook広告マネージャーに作成した広告が追加されます。

配信途中でも予算や配信期間の変更などを行うことができますので、運用している中で最適化していくことができます。

facebook-ad-manager-2

以上が、Facebook広告の設定と配信方法になります。

まとめ

facebook-box

Facebook広告のご紹介と解説をしてまいりましたがいかがでしたでしょうか。

国内外に非常に多くのユーザーを抱えるFacebookは広告を掲載する場として大変有力です。

実際、すでに多くの企業がFacebook広告を利用しています。

非常に細かな設定が可能で目的に応じて様々な広告を掲載することができるFacebook広告。正しく運用することができれば大きな広告効果をもたらしてくれるでしょう。

本メディア「インスタラボ」を運営するFind Modelでも、SNS広告運用やインフルエンサー活用などのSNSマーケティングで力添えできますので、お気軽にご相談ください。

⇒ Find Modelの詳細については こちら

 

Facebook広告と相性の良い「Instagram広告」の出稿方法については【完全ガイド】Instagram広告の導入と運用に必要なノウハウを全て解説の記事にて詳しく解説しています。

また、SNS広告として人気の「Twitter広告」の作成・配信方法についてはTwitter広告の特徴とメリットや作成方法をわかりやすく解説の記事にて説明していますので併せてご活用ください。

「インスタグラムのマーケティング活用」、何から取り組めば良い?とお悩みの企業担当者の方へ
instagram-icons

今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営する株式会社Find Modelは、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にインスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

殿堂入り記事
おすすめの記事