youtube_superthanks

【便利!】インフルエンサーマーケティング見積シミュレーター
⇒ツールの利用はこちら


 

様々なジャンルの動画を観ることができる、全世界で人気のYouTube

現在は動画投稿だけでなく、クリエイターがリアルタイムでライブを行うことができる「YouTubelive」や、1分以内の短い動画投稿ができる「YouTubeshort」等の新機能も追加されており、ますます盛り上がりを見せています。

そんなYouTubeに、新たに追加されるのが「SuperThanks」という機能です。

2021年7月にリリースされた機能なので、まだ聞いたことのない方も多いのではないでしょうか。

新しい機能にこそ、有益な使い方が隠されているかもしれません。

そこで今回は、YouTubeの新機能である「SuperThanks」についてしっかりと紹介していきます。

Super Thanks とは

superthanks-youtube

SuperThanksは、YouTubeの視聴者がクリエイターが投稿している動画に一定の金額を送ることができる機能です。

SuperThanksには200円から5,000円までの4段階の金額が設定されていて、ユーザーは金額を選んでクリエイターを支援することが可能になっています。

使い方としては、まずSuper Thanksを購入して、メッセージを添えて投げ銭を行います。

すると「Thanks!」とアニメーションGIFが追加で表示されます。そして、購入した証としてコメントは色付けされて、コメント欄にハイライト表示にされます。また、投げ銭の特典としてはクリエイターがこのコメントに返信することが可能になっています。

YouTubeはこれまでにも、クリエイターが収益を得ることができるようなSuper ChatやSuper Stickersなど機能をリリースしてきました。

SuperThanksも、同じようにファンがクリエイターを支援する仕組みとして活用することができます。

しかし、これでは他の違いが分かりにくいかと思います。そこで次に、同じくYouTube上でクリエイターに投げ銭ができる機能である「Super Chat」との違いについて紹介していきます。

Super Chatとの違い

「SuperChat」と「SuperThanks」との一番の大きな違いは、投げ銭ができる場所が違う、という点です。SuperChatはYouTubeliveの中で投げ銭ができます。

対して、SuperThanksは、通常の投稿度動画に対して投げ銭ができる、という点が今までのサービスとの1番の違いになります。

SuperChatは、YouTubeliveやプレミア公開の中で投げ銭ができる機能になっています。

ユーザー側は「お金」という形で応援したい配信者を直接応援することができます。

クリエイター側としては、SuperChatの導入によってより収益を得やすくなりました。

しかし、誰でもこの機能が使えるわけではありません。条件としては、

 

①チャンネル登録者数が1000人以上であること

②直近12か月の動画総再生時間が4000時間以上であること

③18歳以上であること

 

こちらの条件を満たすことで、クリエイターはSuperChatにより収益を得ることが可能になります。

ユーザー側としては、SuperChatによりコメントを添えて投げ銭をしたことが配信者に伝わるのでlive中にリアルタイムでお礼を言われることや、名指しでコミュニケーションを取ってもらうことがあるかもしれません。

金額として送れる範囲は100円〜50000円までとなっており、 ユーザーは応援しているというアピールにもなります。

クリエイター側はリアルタイムで視聴者からの応援を受けることができるので、モチベーションアップにも繋がります。

また、金額によってコメントの表示時間が変わるので、ファンの熱意の判断もしやすくなるというメリットもあります。

他の収益方法

最後に、新しい方法であるSuperThanksや、SuperChat以外にできる収益方法をご紹介します。

superthanks-youtube

SuperStickers

まずご紹介するのは「superstickers」です。

こちらはSuperChatと同様に、YouTubeliveやプレミア公開の中で投げ銭が行えるサービスです。

違いとしては、SuperChatのようなコメントの代わりに、動きがあり色付きのステッカーを購入して、投げ銭を送ることが可能になっています。

SuperChatよりも、より目立つステッカーを使ってクリエイターに投げ銭を行うことが可能になっています。

広告掲載

次は最もメジャーな方法である、YouTubeに公開した動画コンテンツに広告を掲載するという方法です。

公開した動画に広告を掲載して、その広告掲載料を得る、という仕組みになります。

YouTubeが普及して、影響力が強くなったことにより、現在ではYouTubeで広告出稿を行う企業が増えてきました。

実際、有名クリエイターの多くは、この方法によって収益を得ています。

チャンネルメンバーシップ

次は、チャンネルメンバーシップによる方法です。

チャンネルメンバーシップは、ファンクラブのようなイメージで、視聴者がそのチャンネルのメンバーになることによって、クリエイターが用意した特典を受けられる仕組みのことです。

メンバーとなった視聴者は、メンバー料金として毎月料金を支払うことになります。

そして、このメンバー料金がクリエイター収益になる、という仕組みです。

クリエイターは、チャンネルメンバーレベルを5段階で設定することが可能になっており、そのレベルに応じた月額料金と特典を設定ができます。

メンバーシップは、多くの有名ユーチューバーが活用していますが、多くの視聴者に登録してもらうには、無料で視聴できる動画以上に「お金を払う価値がある」と思ってもらう必要があります。

ここでの収益化を目指すのであれば、まず登録者を増やし、その先のアクティブなユーザーを獲得することが大切です。

今後のSuper Thanksの使われ方

今までの、SuperChatやSuper Stickersなどの投げ銭の機能は、チャンネルのファンによる課金を前提としていました。

しかしSuperThanksは「動画への評価」としての課金という意味合いが強いため、ファンとの直接交流を目的としないクリエイターにも収益の可能性が広がります。

例えば、実際に動画を見てみて、気に入ったミュージックビデオにSuperThanksを送ったり、自分が有益だと思った情報を提供している動画にSuperThanksを送ったり…などと、その動画自体に投げ銭を送ることが可能になります。

チャンネル登録者数の増加というよりも、動画単体でのバズを狙える可能性も出てきます。

そして、この新しい機能を使うことで、クリエイターは収益を得る手段がさらに増えると同時に、視聴者との関係も強化できるという点がポイントになってきます。

まとめ

インフルエンサーという立ち位置は、信頼してくれる人やファンや、支持してくれるフォロワーが増えることで、結果的に多くの人に影響を及ぼすことが可能になってきます。

その関係の構築には、やはりコメント返しや質問返しなど、何らかの形でフォロワーとのコミュニケーションをとることがが重要になってきます。

そのために、クリエイターの方やYouTube本記事で紹介した「SuperThanks」や、そのほかの方法を是非活用していただいて、よりよい認知拡大やバズの手助けにしていただければと思います。

合わせて読む▼

【厳選】英語学習に最適!!英語が学べるおすすめのYouTube(ユーチューブ)チャンネル5選

【厳選】料理好き必見!!おすすめの人気料理系YouTuber(ユーチューバー)5選

【厳選】旅行好き必見!!おすすめの人気旅行系YouTuber(ユーチューバー)5選