2018年9月20日、インスタグラムはDM(ダイレクトメッセージ)にGIF画像を添付できる機能を新たに追加したことを発表しました。インスタグラムアプリを最新バージョンに更新することで使用することができるようになります。

GIF画像とは?

GIF画像とは、画像をコマ割りして連続再生したものです。動画と静止画の中間で、動く画像とイメージしてもよいでしょう。

インスタグラム上でつながっていることで直接メッセージを送り合うことができる「ダイレクトメッセージ機能」。

今まではテキストメッセージに加えて静止画像や動画を送ることしかできませんでしたが、今後はGIF画像をメッセージとして送ることができるようになりました。今回のアップデートによってコミュニケーションの幅が新たに広がることになります。

・リリース情報リソース
Say it with GIFs in DMs|Instagram

インスタグラムDM(ダイレクトメッセージ)にGIF画像を添付して送る方法

インスタグラムDM(ダイレクトメッセージ)でGIF画像を送る方法は、具体的に以下の手順になります。

  1. フィードの右上にある「紙飛行機」ボタンをタップします。
  2. ユーザーネームやグループ名をタップし、スレッドを開きます。また、右上の「+」ボタンをタップすると、新しいスレッドを始められます。
  3. [メッセージを書く…]と書かれているスペースの横にある「GIF」ボタンをタップします。
  4. GIFを検索するか、左にスワイプして他のGIFを表示します。また、[ランダム]をタップすると、検索ワードに関連のあるGIFがランダムに送信されます。
  5. GIFを1つ選んでタップすると、すぐに送信されます。

順を追って説明していきましょう。

 

まず、フィード上の右上にある「紙飛行機」ボタンをタップします。すると一覧が出てくるのでメッセージを送りたい相手をタップしましょう。新しい相手に送りたい場合は右上の「+」ボタンをタップしてください。メッセージを送りたい相手が決まっている場合は、相手のプロフィール画面から「メッセージ」ボタンをタップすることでも、同じようにメッセージを送る画面になります。

instagram-message-gif

 

次に、「メッセージを書く…」と書かれているボックスの中の「GIF」ボタンをタップします。すると、メッセージ欄の上にGIF画像一覧が表示されます。ここから送りたいものを選んでタップすることで、メッセージの相手にGIF画像を送信することができます。

instagram-message-gif2

 

また、自分の好きなGIF画像を検索して送信することもできます。

検索ボックスに好きな言葉を入力すると、そのキーワードに合わせてGIF画像が新たに表示されます。その中から気に入ったものをタップすることで、相手にGIF画像を送信することができます。

instagram-message-gif3

 

さらに、自分でGIF画像を自分で選ばずランダムに送信することもできます。

GIF画像の一覧左に表示されている「ランダム」ボタンを押すと確認画面が表示されるので、「送信」ボタンを押しましょう。キーワードに合わせてランダムに選ばれたGIF画像を送信することができます。

instagram-message-gif4

 

いかがでしたか。

今回のアップデートでインスタグラムのダイレクトメッセージ機能を使ったコミュニケーションの幅が広がりました。個人的に相手とのコミュニケーションを楽しむ際に、大いに活躍してくれそうです。

ただ、ポップな印象が強いので、ビジネスで送るのには向いてないでしょう。仕事のやりとりの場合は、丁寧にテキストメッセージを送るとよさそうです。

「インスタグラムのマーケティング活用」、何から取り組めば良い?とお悩みの企業担当者の方へ
instagram-icons

今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。

何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。

インスタラボを運営する株式会社Find Modelは、

ナショナルクライアント様を中心とした事例・実績は1500件以上
インスタグラムに特化した国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ
企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート

豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。

ぜひこの機会にインスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

殿堂入り記事
おすすめの記事